CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2019年07月 | Main | 2019年09月 »
不登校とPTSD その2[2019年08月24日(Sat)]

不登校のきっかけとなったいじめや暴行により
PTSDを発症される場合があります。

こちらでも、具体的例を挙げます。

症例
部活動内で、酷い嫌がらせがあったそうです。
子どもさん本人、保護者のかたに心配かけたくないという思いがあったり
先生に相談したら『言いつけた!』と
余計にいじめが加速すると思い、一人耐えていましたが

嫌がらせからだんだんエスカレートし、最後は暴行にいたります。

骨折や、顔に傷をおい初めて問題となります。
そのときにはもう、
人が、後ろに立つだけでも怖さを覚えるほどでした。
不登校になって少し落ち着くも
悪夢をみたり、学校の前を通るだけで嘔吐し始めたそうです。

一つの事に集中して考える事も出来なくなり
不安が強くなる・・・
小さなきっかけで、立っていられなくなったり眠れなくなる。

このような状態が続き
病院に行き、不登校のきっかけとなったいじめや暴行が原因と思われる
PTSDと診断されます。

此方の方も数年通院し、症状がましになり
PTSDと上手くつきあえるようになったそうです。

今回の『不登校とPTSD』は、承諾頂いたかたの実体験を768.png
それぞれ、記載させていただきました。

通院し、PTSDとわかるまでもですし
わかってからも大変な苦労をされています。

しかし、努力を重ねて皆さんPTSDと上手くつきあい
現在、日常生活を送られています。

どんな場合でも、希望はあります。
焦らず、ゆっくりいきましょう顔1(うれしいカオ)
Posted by hahaちゃん at 00:00 | 学び | この記事のURL
| 次へ
マザーリーフWebsite


最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
リンク集
検索
検索語句
<< 2019年08月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
fuwa_b2.gif http://blog.canpan.info/motherleaf/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/motherleaf/index2_0.xml