CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2019年05月 | Main | 2019年07月 »
後天性「内斜視」[2019年06月26日(Wed)]

若者を中心に、片方の眼の視線が内側に寄ったまま戻らなくなる
後天性「内斜視」が増えている
 先週(2019年6月)静岡県浜松市で開かれた学会では
その原因にスマホの長時間使用があると指摘する研究結果が発表された。

日本弱視斜視学会などが全国の眼科医369人を対象にした
アンケート調査では
2018年の1年間に「内斜視の若者を診察した」という回答は42%。
このうち「スマホなどの使用が関連していると思われる症例」は77%にも上った。

眼科専門医院の海谷忠良院長は
「内斜がひどければひどいほど、二重の像が離れて見える。
頭も混乱して両目で見ることが不可能になり、片目の生活になってしまいます。
人と顔を合わせたくなくなり、外にも行きたくなくなる。
精神的にもウツ状態になることもある」と指摘する。

内斜視の治療には、見え方を補正するプリズム眼鏡の使用
内直筋を緩めるボトックス注射
内直筋の位置を変える手術などがあるが
まずはスマホ使用方法を見直すことが賢明だ。
海谷医師は30分間スマホを使ったら、10分間目を休ませる「3010法則」をすすめる。



周りを見たら
皆が、スマホに夢中。
遊んでいても、マクドに居てもdpj.jpg
電車でも、歩いていても

スマホを離さない人が居たり

顔を見て話している人たちが少ないことに、驚きます。

低年齢になればなるほど
その傾向は、多いかもしれません。

便利ではあると思いますが・・・

スマホの弊害は、精神状態だけでなく
身体機能にも、悪影響を及ぼす場合があるということを
知っていただけたらと思います。
Posted by hahaちゃん at 00:00 | 雑記 | この記事のURL
| 次へ
マザーリーフWebsite


最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
リンク集
検索
検索語句
<< 2019年06月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
fuwa_b2.gif http://blog.canpan.info/motherleaf/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/motherleaf/index2_0.xml