CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2019年04月 | Main | 2019年06月 »
お母さんきらい。  後編[2019年05月21日(Tue)]
子どもさんは、仲良しのお母さんにも

『信用してない!』とか
『嫌いだから!』と言います。

お母さんは
『それでも、あなたのことが大好きにこにこ』と言います。

暴言をはいた日は
時間がたちふとしたとき
『お母さん、抱っこしよ!』と言います。

お母さんは、それを謝罪だと勝手に思っているそうですにこにこ

それでも、お母さんも先生も
心が凄く凄く疲れるときがあるでしょう。

お母さんと先生は
必要に応じて連絡をとりあっているそうです。
だから、お母さんも子どもさんの様子がわかり
先生にも子どもさんの状態をお話しできるので余計安心感が出るといいます。

お母さんは、当初
『嫌い』と言われたり
『家の恥やと思ってるやろ!』と子どもさんから言われたらth03IJR89P.jpg
傷つき心の奥でいつまでも、もやもやしていたそうです。

しかし、先生とお話し
学校では先生が居てくださる安心感と
あたられるということは
どれだけ言ってもお母さんや先生は
自分を見守っていてくれるという気持ちが何処かにないと言えないと気づいた時
子どもさんの態度や暴言を受け流せるようになったそうです。

そこまで割りきれるには、時間がかかるでしょう。
お母さんも先生も人間です。傷つきます。

でも、皆さんもどうか気付いてください。
子どもさんが当たってるのは
離れないという安心感で
心の中では、後悔したり謝罪しているそうです。

ある時、子どもさんは
修学旅行に行ったあと
小声でボソッと
『先生居たから、大丈夫と思った。』と言ったそうです。
先生がいらっしゃらなかったら行けてなかったんだということがわかり
お母さんは、とても感動し、感謝されたそうです。

嫌いの影に隠れた本当の気持ち。

それを知れば皆が楽になると思います。
Posted by hahaちゃん at 00:00 | 体験談 | この記事のURL
| 次へ
マザーリーフWebsite


最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
リンク集
検索
検索語句
<< 2019年05月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
fuwa_b2.gif http://blog.canpan.info/motherleaf/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/motherleaf/index2_0.xml