CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 学校との付き合い方 | Main | 不登校 »
お母さんきらい。[2019年05月20日(Mon)]
あるご家族の体験談です。

普段、お母さんと子どもさんは
仲良く二人でよくお話しをます。

子どもさんが行き渋りになってからも、その関係は続きましたが
子どもさんもあたりどころがなくて
よく、お母さんを睨み付けたり
文句をいったり無愛想にしていました。

担任の先生は、とても真面目で良い先生で
お母さんもかなり信頼しています。

子どもさんは、相変わらず無愛想でしたが
担任の先生が様子を聞くため呼び出したら必ず
無愛想ながら、
『嫌です。』と言わずついていき話をしたそうです。


担任の先生に
『私は、誰も信頼してないし信用していません。』と話します。
『先生もか?
『はい!誰も・・・。』
しかし、それって凄いことなんです!hjkl.jpg

色々な子どもさんがいらっしゃいますが
この子どもさんの場合や、多くの場合

そういう言葉を相手に言うと
離れていってしまうかもしれない・・・
と話さない子どもさんだそうです。

先生本人に直接話すということは
自分に対して変わらず接してくれるという安心がないと言えないことです。


次回に続く
Posted by hahaちゃん at 00:00 | 体験談 | この記事のURL
修学旅行に行けなかった。[2019年05月15日(Wed)]

修学旅行に行けなかった。
最初から『もう行かない!と割り切っていた子どもさん
それはそれで、凄く素敵だと思います。

ちゃんと自分の意思をしっかり持っているからです(^^)

ギリギリまで悩んで行けなかった
子どもさんと、保護者の皆さん
本当に苦しかったと思います。


元不登校だった方にうかがったことがあるのですが

悩んだ末、結局行けなかったあと
自分がどうしたらよいか・・・
足所とから崩れたような気持になって放心状態になったと伺いました。


行けなかった子どもさんも、凄く凄く思い悩んで
頑張ったんです!
行けなかったからと言って、絶望しなくても良いです。
修学旅行には行けなかったけど、その後学校に行けた子もいます。
体験者の方は
『今後は、二度とそんな思いをしたくないと思って、自分を変えたいと思いました!』
と、話されていました。

しかし、そこまで行くにも時間が沢山かかったそうです。
当たり前ですよね。
エネルギーを充電する時間は、しんどかった何倍も必要です(^^)

保護者の方も、あからさまに落ち込まれたそうです。
それを見て、不登校経験者の方は、一番つらかったと話されていました。
保護者の皆さんの顔をやっぱり一番見ているんですね。

だって、大好きなんだから(^^)


体験者の方の、保護者の方は
段々、気持ちを切り替えて
『大丈夫。大丈夫(^^)』と思われたそうです。cvm.jpg

そのふんわりした家の空気の中で
自然に、体験者の方も変に力が入らず
余裕が出てきたそうです。

それから、一歩ずつ一歩ずつ自分で学校に戻ってきて
今が、あります(^^)

通信高校進学後
元気に、お仕事されています(^^)/


今はしんどいけれど
少しずつ、気持ちを切り替えてください(^^)

人生は、まだまだ続きます!
ぼちぼち生きましょう(^^)/


Posted by hahaちゃん at 00:00 | 体験談 | この記事のURL
修学旅行に行った[2019年05月15日(Wed)]

今は、大学生になる
不登校経験者の子どもさん
未だに、覚えている事があるそうです。

当時は、今と違って不登校に対する認識は
あまりありませんでした。
又、周りの子どもたちに、指導もありませんでした。

その子どもさんは、とても良い先生と巡り会え
信頼を築いていた学校の先生の説得された通り
修学旅行に行くことにしました。

ドキドキしましたが
クラスの殆どの子どもさんも何もなかったように
普通に対応してくれたそうです。

しかし、先生の目が離れた時
心ない子どもさんが複数人で

『普段学校に来てないくせに、こんなときだけ来やがった!』と大声で叫んだそうです。

叫んだ子どもさんは
その年の冬、学校の3階から机を投げ落とすという
事件を起こします。
その、叫んだ子どもさんも
病んでいたのかも知れません。

子どもさんは、修学旅行に行けた後
しばらく休んで、少しずつ学校に行きだします。
信頼を築いた担任の先生との関係が続いたことが大きかったのでしょう。yjimagezzxx.jpg

修学旅行に、行ったら行ったで
その後不安になる子どもさんもお母さんも、沢山いらっしゃると思います。

しかし今は、不登校に対する認識も当時とはかなり変わり
理解ある対応をしてくださるケースが殆どです。

修学旅行をきっかけに学校に行けるようになる子どもさんも沢山居ます。


修学旅行に参加される子どもさんも
保護者の皆さんも
不安だらけでしょう。
『ただ、行って欲しい』という思いだけで動くのではなく
無理は、しないでほしいと思います。
心のままに。
もし、行く勇気が出たら
沢山ほめてあげて欲しいと思いますにこにこ

そして、修学旅行に行くかどうか
子どもさんが、どういう結論になっても
見守ってあげてください。
行けなくて、辛く落ち込んでいたらフォローしてあげてくださいねにこにこ


Posted by hahaちゃん at 00:00 | 体験談 | この記事のURL
季節外れの・・・[2019年04月24日(Wed)]

私・ひどい風邪をひきましたあせあせ(飛び散る汗)

奈良市では、季節外れのインフルエンザでDSC_0037.JPG
学級閉鎖になったそうです。

皆様ご注意ください(^^)/

明日も又、学校に訪問させていただきます。

今日は、早めに休んで・・・

(^^)/

Posted by hahaちゃん at 00:00 | 体験談 | この記事のURL
誰を恨めばいいのか誰を憎めばいいのか[2019年04月17日(Wed)]

あの時、もっと話を聞いたら良かった。
あの時、行かなくてよいと言えば良かった。
色々後悔が多くなりついつい気持ちも沈みます…

ただ、終わったことは
どうしようも覆せません。
時間を戻すことはできず
後は、ゆっくり時間をかけて
傷を癒すしかありません。

色々な先生や、可能であれば友人。
勿論、保護者の皆さんで見守る。
より沢山の方が真剣に見守ってくださるとよいと思います。

私の場合
子どもが通学していた
『ASU』の臨床心理士の先生と毎週お話していました。
子も知っていました。
『話した後帰宅すると何時からか笑顔が多かったから。楽しいのかなぁと思った。』と
ある時、子が話してくれました。

私を通じて子は
その臨床心理士の先生を信頼し
こうして保護者以外に信頼できる大人をDSC_0009.JPG
色々な状況で増やしていきました。
何より、子の担任の先生は
今も時々ランチに行くほど
子が先生を信頼し、先生も子を支えてくださっています。

又、我が家の場合
当時、子が居た小学校の教頭先生が
『ASU』の行事の度に…いや。行事がなくても顔1(うれしいカオ)あせあせ(飛び散る汗)訪れてくださいました。
今子は、その先生とずっと年賀状を交わしています。

他にも沢山
困難は、ありましたが
その分、沢山の方との出会いがありました。

『なんだかんだあったけど結果、今の人生悪くないなにこにこ

朝早くから大学に行く子に無理やり朝ごはんを食べさせていると
ふいに笑いながら話していました。

そんなことを言い出されると『又、なんかあったんか?』と一瞬ドキッとしましたが。
母から話をふったのを思い出し
ちょっと苦笑いの母でした(^-^;

人生色々これからやなぁ〜メロディ

ほな、学校いっといで〜メロディ

今日は、何時に帰れるのやら。お疲れ様〜
Posted by hahaちゃん at 00:00 | 体験談 | この記事のURL
新しい日常[2019年04月10日(Wed)]

入学式に方も多いでしょうか?
今年も沢山の方から、

『進学したよ!』という嬉しいご連絡をいただきました。
同時に、お母さんも沢山の不安で…
あるお母さんは、『押し潰されそう』というご連絡もいただきました。

皆そうです。
勿論、母も経験者です。
(blogをさかのぼっていただくと、あまりのストーカーぶりにびっくりされるかもしれません顔1(うれしいカオ)あせあせ(飛び散る汗))

『あんたの人生。お好きにどうぞ。』と子どもに話しても、内心ドキドキです。
かといって、どうしようもないんですが困り

自分の子どもは凄く心配ですし、出来ることなら
苦労はさせたくない。
『若い頃の苦労は買ってでもしろ。』と誰かが言ってたけれど
『かわれるものなら全て親がかわってやりたい!』と思います。

手も足も出せないのなら
とりあえず、日々笑顔で送り出しましょうにこにこ1554504004836.jpg

もし、子どもたちがしんどそうにしたなら
そばにいてあげてもらえたらなぁと思います。
子どもたちが愚痴や不安が言えるように。

一度には無理だから
ぼちぼちやっていったらいいんだからウインク
Posted by hahaちゃん at 00:00 | 体験談 | この記事のURL
サザエさん症候群[2019年04月06日(Sat)]
サザエさん症候群というのが一時話題になりました。

正しく、この時期は
サザエさん症候群の方が多いと…伺います。

桜をみたら悲しくなるのも
同じなんですがあせあせ(飛び散る汗)

殆どの方が何らかの変化のあるこの時期
突然、動けなくなる方は多いようです。
最近、ご連絡いただいた方は、就職して5年。thAKDRG0BF.jpg
数日前突然、仕事をやめ
部屋からもでて来ないというお話でした。
※blogに掲載する件ご承諾いただきありがとうございます。

もしかしたら、今まで頑張っていっぱい無理をして
身動きが取れなくなってしまったのかもしれない…
思い起こせば、様子がおかしいことが何度かあった。その時に何かできなかったかお母さんは毎日後悔されていたそうです。

色々お話を伺っていました。
そして、最後に
『ゆっくり休憩して又、動けるようになるまで待つ!
お母さんは、そう話されてました。

サザエさんも桜も
楽しむことが出来るように…
心の健康は一番大切ですねにこにこ
Posted by hahaちゃん at 00:00 | 体験談 | この記事のURL
スクールカウンセリング(後編)[2019年03月26日(Tue)]

子どもさんは、学校というと
敷居が高くなりますが
奈良県の場合は、教育相談所もありますのでbnbn.png
相談されても良いかと思います。

ただ、絶対に気を付けていただきたいのが
以前、保護者の同意なしにカウンセリングの内容が学校側に話されていたと言う例を伺ったことがあります。

勿論、大和郡山市の私の知る臨床心理士の先生は、
そういうことは一切ありません。

しかし、他市でそういう例があったことだけは
報告させていただきます。

その場合、臨床心理士の先生がクライアントとの
話の内容を学校側に伝えたということで訴訟問題にもなり得る話ですので
くれぐれも臨床心理士の先生との話し合いは
他言しない信頼できる先生が原則です。

しかし、保護者の方の床心理士の先生と保護者の方が話し合い
学校の先生にお伝えしていただき
よい方向になった事例も沢山あります。


そういった意味でも
保護者の方と臨床心理士の先生の相性は必然です。

他にも電話相談や
学校心理士の先生との相談等々
沢山選択肢はあります。
何が一番あうかわかりませんが。

独りで悩まず抱え込まないでいただけたらと思います。
Posted by hahaちゃん at 00:00 | 体験談 | この記事のURL
スクールカウンセリング(前編)[2019年03月25日(Mon)]

では、皆さんにとって一番身近な
スクールカウンセラーの先生について、体験談を記載させていただきます。

スクールカウンセラー
臨床心理士の先生ですがrtfh.jpg

こちらでもやはり経緯を聞いてくださり
保護者の方がの精神的苦痛
例えば、お母さんが
『お前の育て方が悪いから子どもは学校に行かなくなったんだ!
など家ぞくさんから言われることが多いのですが。

『お母さんが、悪いわけではないです。』と
きちんと納得がいくように説明してくださいます。

又、一番良いことは
学校で行われますので、子どもさんの学校への偏見や嫌な思いについて
『保護者の方が行くということは、信頼できるかもしれない。』となり
学校へのハードルが低くなる場合があります。

又、お値段も無料ですし
急に子どもさんもカウンセリングに言ってみたいといっても対応していただけます。

次回に続く

Posted by hahaちゃん at 00:00 | 体験談 | この記事のURL
臨床心理士さんと(後編)[2019年03月24日(Sun)]

Aさんが一番、安心し受診されて良かったと思われたのは

子どもさんへの具体的な声かけ対応方法
問題点の客観的に見た解決方法
学校の先生方のご苦労等々
冷静な意見をお話下さったことだようです。5435.jpg

Aさんの場合ですが
心につかえた何かが楽になったと話されていました。
何より、アドバイスいただいたお話を
子どもさんゆっくりに話すと、子どもさんが少し楽な顔になったそうです。

なかなか予約はとれませんが、こちらのお母さんは
暫く定期的に予約されたそうです。

病院での臨床心理士さんの費用は、自費になります。
病院により様々です。

医師もそうですが臨床心理士の先生も
あうあわないはかならず
あります。
見極めも大切かなぁと思います。
Posted by hahaちゃん at 00:00 | 体験談 | この記事のURL
| 次へ
マザーリーフWebsite


最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
リンク集
検索
検索語句
<< 2019年05月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
fuwa_b2.gif http://blog.canpan.info/motherleaf/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/motherleaf/index2_0.xml