CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 本 | Main | 学校との付き合い方 »
美味しいごはん[2019年04月11日(Thu)]

皆がしんどいこの時期
元気がでる方法がありますにこにこ

それは、『美味しいごはん』

当たり前かもしれませんが、忙しい時代です。
又、誰もが忙しい時期でもあり

なかなか食事に時間もかけれません。

食べることも片手間になっている方が多いと、よく伺います。

又、1日1食というお話も最近は特によく伺います。hjgs.jpg
あえて、特別でない
何でもない日が良いかなぁと思います。
出来る限りの人が揃って
美味しいごはんを食べる努力をしてみていただければ…と思いますにこにこ


Posted by hahaちゃん at 00:00 | 子どもへの接し方 | この記事のURL
頑張らないこと[2019年04月05日(Fri)]


保護者の皆さん
今、期待と不安で一杯でしょう。
子どもたち
不安の方が大きいかな…

マラソンは、最初から全力で走ると息切れします。
力を抜いて、頑張らず
ゆったり過ごすよう子どもたちに話してあげてください。thZP9I4IT9.jpg

無理をしたら何処かで支障が出ます。

保護者の私たちは見守るしか出来ませんが…
唯一出来ることは
『むりをしないで』と
言ってあげることくらいかなぁと思います。

桜も満開です!
急がず、慌てず、無理をせず
桜を楽しむ余裕を持ちつつ
過ごしたいですね(^^)
Posted by hahaちゃん at 00:00 | 子どもへの接し方 | この記事のURL
春の不安[2019年03月29日(Fri)]

新学期の事
新しい職場の事
ワクワクしますが
どうしても、不安になってしまいます。DSC_0039.JPG
保護者の方も同じでしょう。

不登校の方で
勿論、やっぱりいけなかった方もいらっしゃいますが
多くの方が
何もなかったように、春から出て通学するのをよく聞きます。

体験者の方に伺うと
『ここでなんとか変わらないといけないと強い意思をもった。』
『知らない人ばかりなので、比較的楽には入れた。』
『もう、不登校を辞めたいと言う強い意思があった。』等々様々です。

中学の独特の雰囲気から離れて比較的開放的になれるからかもしれません。

高校でもやっぱり出れなかったけど、大学生になってから出れた子も沢山います。

不安一杯でてきますが
心にしまって
笑顔でいてくださいね顔1(うれしいカオ)
Posted by hahaちゃん at 00:00 | 子どもへの接し方 | この記事のURL
群馬県立高校2年の女子生徒[2019年03月19日(Tue)]
群馬県立高校2年の女子生徒(17)が2月
「ネットで悪口を言われている」「先生は私の言葉を信じてくれなかった」と
訴えるメモを自宅に残し、電車にはねられ死亡した問題で
女子生徒は高校1年の時からいじめを受けていた可能性があることが明らかになった。
父親は毎日新聞の取材に「学校に相談したけれど、(対応が)ひどかった」と憤り
「こんなに悲しんでも娘は喜ばない」とつらい胸の内を語った。

県警や関係者によると、女子生徒は高校に入学後、頭痛や腹痛を訴えたり
泣きながら帰宅したりすることがあったという。

 自殺した2月1日は体調が悪く、学校を早退して病院に行った。
その後の午後7時ごろ
前橋市内の上毛電鉄・大胡(おおご)―樋越(ひごし)間の踏切近くの線路に進入。
電車の運転士が警笛を鳴らしたが、間に合わなかった。

 父親は「(学校側は)調査、調査と言うだけで時間がかかりすぎている。
はらわたが煮えくりかえっています。真摯(しんし)な対応をしてくれるのか
待っているところです」と語った。【鈴木敦子、菊池陽南子】

上記ニュースに記載されていませんが
実は、お母さんが『そんなにつらいなら学校辞めたら?』と声をかけたそうです。
それでも、彼女は学校に行ったそうです。

命を絶つくらいなら
学校になんか行かなくても良い。yjimageRIZI68ZI.jpg
いつでも何度でも、やり直せる。

言葉で伝えても
心に響かせるのはとても難しいと、感じずにはいれませんでした。

特に、追い詰められて身体に症状が出ている子どもさんは
なかなか、耳を貸せなくなります。

子どもさんが身体的に何らかの症状が出たら
くれぐれも無理をせず、休むように強く促さないといけないのか…。
本当に悩みます。

私自身も、この答えは出せていません。

Posted by hahaちゃん at 00:00 | 子どもへの接し方 | この記事のURL
不登校経験者の方と話しました。[2019年03月11日(Mon)]
着替えない
お風呂に入らない
部屋からでない
散髪、美容院に行かない

それだけ、エネルギーがないということだそうです。

不登校などは
まずそこから始まります。

ある種、上記の行動が出てきたら『しんどい』信号だという場合が多いです。

不登校経験者の方のお話を伺う機会は多いですが

辛そうというか
『痛々しく』感じます。

お風呂にも入って欲しいけど、エネルギーがたまるまで我慢。
言われないことが、th79GXEOHX.jpg
一番ホッとするそうです。


保護者の方が、言わないで我慢してくれてるのも
気が付いてるようです。

子どもたちも凄く考えてるんですね!
Posted by hahaちゃん at 00:00 | 子どもへの接し方 | この記事のURL
バレンタインハート[2019年02月14日(Thu)]

今日は、バレンタインハート
大切な子どもたちにも
チョコのプレゼントをあげてくださいね八分音符

以前、伺ったあるご家庭のお話です。
本人の承諾をいただいてますので記載させていただきます。

部屋から出ない子どもさん
部屋の前に食事を置いておくのですが
バレンタインの日に
食事と一緒にチョコを置いておいたそうです。fgj.jpg
チョコも無くなっていたと
当時喜ばれていました。

紆余曲折あり
今は、学校に通われています。
今では懐かしい思い出だそうですが、以降
毎年チョコを子どもさん皆さんにあげているそうです。

楽しいイベントは
不登校でもいきしぶりでも
引きこもりでも変わらず
してあげたいと、思います(^-^)/
Posted by hahaちゃん at 00:00 | 子どもへの接し方 | この記事のURL
ついつい重くなる[2019年01月27日(Sun)]

子どもが不登校だったり行きしぶりや引きこもってしまうと
保護者のかたも子どもさんに気を使い
かえって言葉の1つ1つが重くなってしまうことが
多々あります。

基本的に子どもさんが神経質ということは
保護者のかたも神経質な場合が多いと思います。
親子ですから(^^)

真面目に真剣に気を使って話すと、相手に全て伝わり…
子どもさんも自分を心の中で責めているのかもしれません。lkb.jpg

子どもはお母さん、保護者の方々が大好きなので悲しませたくないんです。

子どもさんの気がすむまで様子を見て挙動ひとつひとつに振り回されていない
『フリ』をしないといけないのかなぁと思います。
因みに、『マザーリーフ』ではこの事を『女優になる!』と言います(^^)
試してみてくださいね(^-^)/
Posted by hahaちゃん at 00:00 | 子どもへの接し方 | この記事のURL
はれものにさわる?[2018年12月27日(Thu)]

大掃除で忙しい最近
さて、不機嫌な子どもをどうするか…thZ0XYD3GA.jpg

勿論、お手伝いをしてもらいます!

保護者の方も、子どもさんに対して腫れ物にさわるかのごとく
気を使われる場合が多いと伺っています。

そういう時期もあるかもしれませんが
皆で掃除はしんどいですが、なかなか楽しいものです。

我が家の場合

最近、リビングの棚を捨てたり
新しい既存の棚を改良したりあちゃこちゃ落ち着きなくやってましたが
全員強制参加で片付けていました。
どんどん変わって行く家に子どもたちも少しは
楽しんでいたようです。

子どもたちの言う地獄の年末掃除。

どうせするなら楽しく皆でやりたいですね(^^)

Posted by hahaちゃん at 00:00 | 子どもへの接し方 | この記事のURL
出かける[2018年12月26日(Wed)]

学校を休んでいるからといって
家にこもってる必要はありません。

学校に行ってなくても
バスケットやサッカーのクラブチーム
少林寺や空手などお稽古にいっている子は沢山居ます。thN1XHHM6Z.jpg

閉じ籠る必要はないと思います。

生真面目な子は、学校に行ってないと
遊んではいけないと思うようですし
保護者の方も、学校の時間は
スマホやタブレットを取り上げる保護者のかたが多いようです。

スマホやタブレット目的で明らかにサボってるのであれば
取り上げも必要ですが
不登校や行き仕振りで弱っている子に対して
取り上げる必要は無いようです。

今しかできないこと
子どもさんとランチにいったり
平日の人が少ない間に遊びにいったり
色々楽しんでくださいね。

それはきっと、子どもの糧となります(^^)

年末の忙しい時
ちょっと、休憩がてら出かけてくださいね(^^♪
Posted by hahaちゃん at 00:00 | 子どもへの接し方 | この記事のURL
遠い将来 近い将来[2018年12月23日(Sun)]

二学期の終わり

中学3年生
この時期に動き出す子どもさんは比較的多いようです。7890.jpg

保護者の方もホッとしつつ
新たな心配
『このまま受験まで大丈夫かしら。』
『志望校に落ちたらどうしよう。』とか
先々を考えて不安になります。

母の経験ですが
あまり先々の事を考えても現状は変わらないようです。
その都度その都度で臨機応変に対応するしかないと
今になって思います。

子も、気付けば
高校、大学受験をしました。
心配して見守りましたが子の人生・・・。
全く、母が手を出すことはありませんでした。

多分、これからもありません。

親は、変わってやれないから
見守るしかないから。

結局、子ども自身が自分で努力して頑張るしかないんですよね。

ただ、母もこっそり先々の資料は持っています。
何かあったとき、子どもたちにアドバイスできるように。
資料を自分で揃えてくれると安心できるまでには
まだかかりそうですがあせあせ(飛び散る汗)
気長に見守るしかないです(笑)

後は、保護者以外で
子どもたちが相談できる場所を自分たちで見つけるか…
保護者と一緒に、探すか…

そう考えると
子育てまだまだ続くなぁと
ふとため息をつく日々です(;^o^)
Posted by hahaちゃん at 00:00 | 子どもへの接し方 | この記事のURL
マザーリーフWebsite


最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
リンク集
検索
検索語句
<< 2019年06月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
fuwa_b2.gif http://blog.canpan.info/motherleaf/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/motherleaf/index2_0.xml