CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« イライラがつのったら。 | Main | 不登校とPTSD その2 »
不登校とPTSD その1[2019年08月23日(Fri)]

真面目できちんとした子どもさんが、過去に家庭や幼稚園ytu.jpg
保育園、学校で起こった事がきっかけでPTSDとなり

それが、思春期になり
いろいろな条件・きっかけとなり
不登校となるケースがあります。

具体的例を挙げます。

症例
幼稚園で、昼食を食べ終わるまで一切席から離れるなという先生が居ました。
ストレスで嘔吐した子ども
のお皿も片付けず
そのまま座らせます。
休憩時間になっても座ったままで、トイレも行かせて貰えません。
昼を過ぎ、食器回収の時間になり
やっと立たせて貰えますが先生から叱られ、叩かれます。
威圧的で、少し間違えたり遅いと罵倒されます。
子どもたちもギスギスし、登園時に嘔吐したり夜泣きをしましたが
先生が退職され子どもさんの状態も落ち着きます。

小学校では、大人しく真面目できちんとした子で
全く保護者の手のかからない子でした。
しかし、中学になりトラブルがあって以降
学校に行けなくなりました。

精神科に受診し、初めて幼少期が原因のPTSDとわかります。
そこからは、子どもさんと一緒に長い受診の日々が始まります。

この子どもさんの場合、自分でPTSDを少しずつ克服し
自信をつけて上手くつきあえるようになりました。

不登校には、色々なケースがあります。
知識として知っていただけたらと思いますにこにこ
Posted by hahaちゃん at 00:00 | 学び | この記事のURL
この記事のURL
http://blog.canpan.info/motherleaf/archive/2226
マザーリーフWebsite


最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
リンク集
検索
検索語句
<< 2019年09月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
fuwa_b2.gif http://blog.canpan.info/motherleaf/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/motherleaf/index2_0.xml