CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« ダンスチーム 関西京都今村組 | Main | 夏休み »
昼夜逆転と起立性調節障害[2019年07月21日(Sun)]


不登校になると、昼夜逆転はよくあることで
皆が活動する日中は、辛いからとか
登校する子どもたちの声を聞きたくないとかbhj.jpg
夜間、ゲーム仲間がいるからとか
きりがないくらい沢山の要因があります。

一部の保護者のかたは、
起立性調節障害を疑われるかたもいらっしゃいます。
事実、最近は診断が多くなってきているそうです。
起立性調節障害については以前記載させていただきましたが
以下の項目に当てはまる方が可能性ありと言われています。

・立ちくらみやめまいがある。
・立ち上がった時に気分が悪くなったり失神したりする。
・入浴時や嫌なことがあった場合に気分が悪くなる。
・動悸、息切れがする。
・朝、なかなか起きれず午前中調子が悪い。
・顔色が青白い。
・食欲不振
・腹痛がある。
・倦怠感がある。
・頭痛がある。
・乗り物酔いがある。

小中学生の子どもさんは、一部小児科で相談できますが
専門医の予約はだいたい2〜3ヶ月待ちです。
又、大阪の南森町に専門医がおられると聞いております。

不登校の子どもを持つ保護者の方は、仕方がないことですが
どうしても理由を見つけたいあまり

起立性調節障害と思いたいと言うかたも多分におられます。

マザーリーフには、
実際に、子どもさんが起立性調節障害であり克服された方がおられます。
お気軽に、ご相談下さいにこにこ
Posted by hahaちゃん at 00:00 | 雑記 | この記事のURL
この記事のURL
http://blog.canpan.info/motherleaf/archive/2162
マザーリーフWebsite


最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
リンク集
検索
検索語句
<< 2019年08月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
fuwa_b2.gif http://blog.canpan.info/motherleaf/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/motherleaf/index2_0.xml