CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« マザーリーフ定例会のお知らせ | Main | フリースクール開校 »
不登校と発達障害。[2019年03月04日(Mon)]
最近、十人に一人が何らかの発達障害にあてはまると言われています。
又、不登校やいきしぶりの子どもさんの中の
要因の一つに、何らかの発達障害の子どもさんは
比較的多くおられるといわれています。

お母さんの育て方が問題ではなく

今まで脳科学が解明されていなかっただけで
悲観的になる必要もありません。

それより、子どもさんの状態によって
どのように関わってあげたらよいか。
どのように自然に過ごすか。
どのようにしたらこの子が生きやすいかがわかり
知ることによって
子どもさんも保護者のかたも生きやすくなるでしょう。

この件で臨床心理士の川居先生とお話しました。

以下は川居先生とのお話の抜粋です。


例えば立体図形がわからない子は、方向音痴な子でしょう。

気にしなくても、沢山いますよ!
後は、子どもさんに伝えず(伝えることが鬱に繋がる場合もあります。)
子どもさんの緊張がとれ
過ごしやすいようにしてあげるのが良いでしょうね。
今は、医療も発達してるので
もし発達障害では?と不安があるなら
状態が悪いときばかりでなく
きちんと状態が良いときの話も伝えて相談するように!

両方伝えて初めて子どもさんの状態が正確わかる!のだそうです。

不安があるかたは
是非、教育研究所やその他医療機関にご相談ください。

又、マザーリーフお問い合わせ欄にて
お問い合わせいただきましたら又情報提供させていただきます!
Posted by hahaちゃん at 00:00 | 不登校 | この記事のURL
この記事のURL
http://blog.canpan.info/motherleaf/archive/1893
マザーリーフWebsite


最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
リンク集
検索
検索語句
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
fuwa_b2.gif http://blog.canpan.info/motherleaf/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/motherleaf/index2_0.xml