CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

もりっと仙台森づくり

植林・下草刈り・間伐・自然観察・クラフトなどもりっと仙台自らの実践とサポートの様子を淡々と?綴っていきます。森の健康を取り戻す試行錯誤の道のりになるかも?平成20年6月17日


<< 2019年08月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
平成30年度仙台市森林アドバイザー養成講座(第16期)受講生
しいたけの森「下刈り指導」 (07/06) 野沢 俊哉
会報2月号が出来ました (02/03) 6期生 橋 良行
泉ヶ岳・やすらぎの森 (11/26) 橋 
会報4月号ができました (05/01) 10期 おおさき
第9回定時総会が開催されました (04/07) 9期生の一人
第7回定時総会が開催されました (04/29) 水谷
光環境はどうなったか (03/15) まちづくりの会みずすまし管理人
里山管理基礎講座の報告 (11/10) 樋渡善一
6周年CD (09/02) 管理人
チェーンソーワーク研修(2) (05/06)
最新トラックバック
光環境はどうなったか [2011年03月09日(Wed)]
 北区0.6haで400本伐採して光環境はいかほど改善した
のでしょうか?
数量化する技術は持ち合わせていないので林冠の写真を撮って
おきました。魚眼レンズはないので普通のデジカメ写真です。

作業区画北区の左からA、B、C地点です。




左が2010年11月7日撮影、右が2011年3月5日撮影
施業の前後で枝葉のある部分と空が見える部分(林冠の空隙)を
比較すると、このくらいが限度でしょうか?
5年もしたら抜き伐りが必要になることでしょう。

A地点



B地点



C地点



樹冠〜樹冠とは,樹木の枝や葉の茂っている部分をいいます。
  その形が冠状に見えることからその名が付いたといわれています。
林冠〜林冠とは,森林において樹冠同士が並び,横に相接して
  森を覆う層のことです。
樹冠率〜樹冠率とは,単位面積あたりの樹冠の占めている部分が
 どのくらいあるかを示す割合のことです。
【スギ花粉とCO2をきるきるプロジェクトの最新記事】
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント
皆さん御無事でしょうか?
俺は、なんとか無事に過ごしております。
他に、野瀬さん・狩野さん・加納さん・徳山さんが無事だそうです。
大変な状況下ですが、このブログを見ることの出来るひとは、コメントを書き込んで、安否確認に利用してはどうでしょうか?
Posted by:水谷  at 2011年03月15日(Tue) 15:19
プロフィール

仙台市森林アドバイザーの会さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/morittosendai/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/morittosendai/index2_0.xml