CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2017年12月 | Main | 2018年02月»
プロフィール

森の安全を考える会さんの画像
<< 2018年01月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
検索
検索語句
記事カテゴリ
リンク集
最新記事

http://blog.canpan.info/morinoanzen/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/morinoanzen/index2_0.xml
タグクラウド
明日も雪予想 [2018年01月31日(Wed)]
明日も南岸低気圧の接近と寒気の南下に伴い、雪予報となっています。

南岸低気圧が先週よりも南を進むようなので、先週ほどの積雪量は無いようですが、沿岸沿いに数センチの積雪となるのでは無いかと予報されていますね。

先週の残雪、アイスバーン、ブラックパッチ等の上に積もりますと更に滑り安くなりますので、十分にお気を付けてください!

また、当分の間、厳しい冷え込みとなる予報なので十分に暖かくしてお過ごしください。
【活動報告】竹林整備@花咲き山 [2018年01月28日(Sun)]
先週の雪がフィールド内に残っているため、間伐作業は中止にして当日集まったスタッフで雪害竹の処理のみおこなうことになりました。

先週の雪とここ最近の冷え込みで、払沢の滝も完全結氷も間近という話なので、私たちも活動前に花咲き山の隣の沢にある不動滝を見に行ってみました。
20180128-010s.jpg
日当たりがそこそこ良いので、完全結氷とはなりませんがいままで見た中ではかなりの結氷率です。不動滝の別の一面を見ることができました。

さて、花咲き山フィールドはというと、(こちらも南斜面で日当たりが良い)かなりの雪が溶けたものの林内にはパッチ状に積雪が残っている状態です。
20180128-040s.jpg
判断に苦しむところですが、比較的滑りやすい竹ですし、雪のたまり場での作業となった場合をかんがえると無理して活動するものでもないでしょうか。

フィールドを見回して、根元から倒れた竹(2017年生)がひとつと、雪の重みでかなり傾き、もし次に同程度の積雪があれば倒れそうな竹(2014年以前生)が1本あります。
今日はこの処理を中心に活動することにしました。

根元から倒れた竹は何故か斜面に対して真横に倒れていました。
もともと、そう生えていたかな?
20180128-050s.jpg

すでに倒れているので、玉切りして片付けます。
20180128-062s.jpg

傾き加減はこんな感じです。
20180128-059s.jpg
この竹の真下が炭焼き窯への通り道になっているので、伐採します。
本当であれば、山側からロープ牽引するのですが、谷側には特に何も無いので、このまま伐ることにしました。

20180128-075s.jpg 20180128-076s.jpg
伐るとさっぱりしてしまいますね。
これも玉切りにして片付けます。

竹林整備で伐った竹のほとんどは、林内の土留めなどに使われます。
特にこの場所は、左右の尾根から水が集まってくるため、ひとたび大雨が降ると集まった水が滝のように流れてしまい、麓の武家屋敷や施設に流れ込んでしまいます。
なので、ここで少しでも流れの力を減衰させてやる必要があります。
また、可能な限り地下へ浸透してくれることを期待しています。

20180128-074s.jpg
高さは出しませんが、比較的近い間隔で土留めを作って行きます。

20180128-072s.jpg
端は切りそろえて、見た目も良くします。

時間に余裕があったので、土留め処理についてスタッフ間であーだ、こーだと始まりました(笑)
末端処理
20180128-087s.jpg 20180128-085s.jpg
半分に割った竹をカケヤで打ち込み完成!
簡単な割には見た目が良い?

縦杭処理
土留めを作るときにまず縦杭を打ち込み、それに竹を横に渡していきますが、竹は滑りやすいので山側にボサや土が少ない状態ではすぐに山側に崩れてしまいます。
活動の度に治しますが、面倒なのとそもそも土留めの役目を担えなくなりますので、山側にも縦杭を打ち込み竹が崩れないようにしてやります。

ただ、必ずしも綺麗に打ち込める分けではないので、失敗すると間が空いてしまいます。
そんな時は、端材を適当な長さに切って隙間に埋めてあげれば、ほらこのとおり!(笑)
20180128-095s.jpg
コツは横に渡した竹と竹の間に端材を入れてあげればがっちりと固定されます。

次回の活動は2/24(土)です。

森づくりボランティアの救命・応急救護研修 [2018年01月27日(Sat)]
今年の森づくりボランティア応急救護研修会−上級救命講習−は、3月11日(日)に日の出町大久野にて開催準備中です。

近日中に詳細案内できるかと思いますが、受講を希望される方、興味のある方は、日程確保の上、案内をお待ちください。

#森づくり応急救護研修会 #森林ボランティア応急救護研修会 #上級救命講習 #消防庁
本日大雪予想です [2018年01月22日(Mon)]
本日は西からの南岸低気圧の接近と、寒気の南下に伴い沿岸沿いで大雪の予報になっています。

みなさま、お気を付けて!
あけましておめでとうございます [2018年01月01日(Mon)]
あけましておめでとうございます

旧年中は当会をご支援いただきありがとうございました。
本年もよろしくお願いいたします。

森の安全を考える会 代表 今泉進一


今年から定例活動の日程を以下の様にいたします。
原則毎月開催
・奇数月(1、3、5、7、9、11月)… 第4土曜日
・偶数月(2、4、6、8、10、12月)… 第4日曜日
※他の活動によって多少の調整を行うことがありますので、かならずblogやCANPANのイベント案内をご確認ください

概ねの活動計画(目安)
・冬期1〜3月…竹林整備@花咲き山:主に竹の間伐
・春期4〜6月…間伐・植林@澤乃井御岳
・夏期7〜9月…ボサ刈り@澤乃井御岳
・秋期10〜12月…ボサ刈り・道づくり@澤乃井御岳
※あくまでも目安です。天候や周辺の状況によってフィールドや活動内容の変更を行うことがありますので、かならずblogやCANPANのイベント案内をご確認ください

安全活動
森づくりボランティア応急救護研修を概ね以下の内容で開催することを計画しています
・上級救命講習会…年2回(3月、9月)
・フォローアップ研修
・定例活動時の安全活動

また、今年中にWebSite(http://www.morinoanzen.com)のリニューアルを予定しています。
リニューアルに際して、お手伝いしてくださる方を募集中です

以上、今年もよろしくお願い申し上げます。