CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
プロフィール

森の安全を考える会さんの画像
<< 2017年10月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
リンク集
記事カテゴリ
最新記事

http://blog.canpan.info/morinoanzen/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/morinoanzen/index2_0.xml
タグクラウド
こちらでも情報を公開しています。是非ご利用ください。
facebook
http://www.facebook.com/morinoanzen
twitter
@morinoanzen
【書籍紹介】危険生物〜ファーストエイドハンドブック〜陸編 [2017年05月20日(Sat)]
私たち森林ボランティアは、基本野外での活動になります。
野外では様々な動植物生物に出会うと共に、その一部には危険な動植物に出会ってしまうことも大いにあり得ます。
今回はそんな時に役立つ書籍の紹介です。
先日5月9日に文一総合出版社から刊行されました「危険生物〜ファーストエイドハンドブック〜」を紹介いたします。

著者:NPO法人 武蔵野自然塾
出版社: 文一総合出版 (2017/5/9)
ISBN-13: 978-4829981474
定価:1600+税 円

表紙   背表紙   裏表紙
危険生物〜ファーストエイドハンドブック〜表紙.jpg 危険生物〜ファーストエイドハンドブック〜背表紙.jpg 危険生物〜ファーストエイドハンドブック〜裏表紙.jpg


掲載されている動植物約120種と私たちが森林の中で出会う動植物のほとんどが網羅されています。
本書籍の特色は、被害に遭ったときに最初にすべき対処法 “ファーストエイド"だけにとらわれず、「ゼロエイド」(予防法)や、「セカンドエイド」(その後の対処)についても記載されているところだと思います。
また、傷痕からの被害の検索や緊急時に役立つ道具の紹介、応急救命法の講習会等の情報も載っています。

本書をAmazonで見てみる。

NPO法人 武蔵野自然塾
http://www.shizenjuku.org/
【活動案内】竹林整備活動 [2017年04月30日(Sun)]
花咲き山にて3月まで竹林整備隊として活動していた竹林整備を今年度より引き継ぎ活動いたします。

花咲き山の竹林は、この2年間竹林整備隊によって整備が進められてきて、かなり整備が進みました。
まだ、一部について、スギ人工林への侵入があるので、これらの間伐を中心に、不定期ですが活動を進めて行きます。

DSCN9533s.JPG

日時:2017年5月28日(日) 10:00〜15:00

場所:花咲き山(東京都西多摩郡日の出町大久野)

集合
JR五日市線 青梅駅 9:00 ※いつもの場所と時間、路線が異なります
または、現地に9:30集合
電車の場合、特別快速 ホリデー快速おくたま 3号が便利です。
(新宿11番線07:44発−立川08:11−拝島08:27−青梅08:43着)

内容:竹の間伐
安全活動:林内での心肺蘇生法

持ち物
作業着または汚れても良い服(長袖、長ズボン)、軍手、タオル、帽子、昼食、飲み物、雨具(レインコート等)
・体温調節がし易い服装(前開きシャツ等)をご用意ください。
・汗をかきますので、水分を余裕を持ってご用意ください。普段の飲量の2倍程度をめやすにしてください。
・昼食、飲み物ですが、フィールド近辺には売店などがございません。
 青梅駅前のセブンイレブンが一番近いコンビニになります。

参加費:1000円(保険代含む)

雨天時:小雨天決行(雨天時は、当日朝下記までお問合せください)

定員:10人(定員に達ししだい締め切ります)

申込み方法
申し込みは、申込みフォーム:http://www.morinoanzen.com/mail/entry.html からお願いいたします。

申込みフォームが利用できない方はメールまたは電話でも受け付けます。
申込みメール:info@morinoanzen.com
電話 : 090-5428-1422 (森中)
お名前、年齢・性別、住所、連絡先(当日連絡の付く電話番号または携帯メール)、メールアドレス、当日の交通手段、所属団体名等を、ご連絡ください。

申込み期限:5月26日(金)

問い合わせ
森の安全を考える会
事務局電話:090-5428-1422 (森中)
事務局メール:info@morinoanzen.com
Web Site: www.morinoanzen.com
blog http://blog.canpan.info/morinoanzen/
facebook http://www.facebook.com/morinoanzen

エピペン安全性情報(4/3更新) [2017年04月04日(Tue)]
Pfizer社からエピペンの自主回収に関する情報:2017/4/3(更新)
----------------------------------------------------------------------
エピペン(R)注射液0.3r 自主回収の対象ロット追加について

報道関係各位
2017年4月3日
ファイザー株式会社


ファイザー株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:梅田一郎)は、蜂毒、食物および薬剤等に起因するアナフィラキシー反応に対して使用される、アナフィラキシー補助治療剤「エピペン(R)注射液0.3mg」の一部製品に作動不良の可能性が生じたため、厚生労働省が定めるクラスTの製品自主回収を3月13日*から開始しておりましたが、本日よりその対象ロットを追加いたします。

海外製造元において継続的に調査をした結果、患者様の安全を最大限重視した措置として追加で回収することにいたしました。日本において新たに回収対象となるロットの製造番号は、PS00025A(使用期限:2017年10月末日)です。弊社は日本において当該ロット10,103本を2016年6月6日から7月26日にかけて医薬品卸売販売業者へ出荷しておりますが、これを含め、国内外において回収対象ロットで作動不良の報告は受けておりません。

なお、他の製造番号の0.3mg製剤および0.15mg製剤は回収の対象外です。

患者様、医療関係者の皆様で以下の製造番号・使用期限が記載されている製品をお持ちの方に、速やかに同製品を受け取った医療機関/薬局に製品の交換をお申し出いただき、代替品と交換するまでは、手元に対象製品を保管していただくよう、引き続き情報提供を進めてまいります。

*海外において正常に投与できなかったとの報告が2件あり、原因を調査した結果、医薬品注入器に使用した一部の部品に不具合が認められたことから、緊急の措置として、調査を並行しつつ、エピペン注射液0.3mgの製造番号 PS00019A(使用期限:2017年4月末日、出荷本数:5,974本)を対象に3月13日より自主回収を進めております。

【回収対象製品】

4月3日追加案内
「エピペン注射液0.3r」製造番号:PS00025A、使用期限:2017年10月(末日)

3月13日案内済み
「エピペン注射液0.3r」製造番号:PS00019A、使用期限:2017年4月(末日)

【当該製造番号および使用期限の記載場所】

外箱及びペン本体に製造番号及び使用期限が記載されています

【写真】(エピペン(R)注射液0.3mgの外箱写真)箱の側面に記載されています
01_epipen_03mg_box.jpg
製造番号:PS00019A 使用期限:2017年4月
02_epipen_03mg_side01.jpg
製造番号:PS00025A 使用期限:2017年10月(4/3追加分)
03_epipen_03mg_side02.jpg

【写真】(エピペン(R)注射液0.3mgの本体写真)ペンの裏側に記載されています
製造番号:PS00019A 使用期限:2017年4月
製造番号:PS00019A
製造番号:PS00025A 使用期限:2017年10月(4/3追加分)
製造番号:PS00025A


【専用ダイヤルの開設】
本回収にあたり、患者様、医療関係者の皆様からのお問い合わせを受けるための専用ダイヤル「エピペン回収特設窓口」を開設しています。

<エピペン回収特設窓口>
電話番号:0120-665-766  受付時間:平日(月〜金) 9:00〜17:30

報道発表:http://www.pfizer.co.jp/pfizer/company/press/2017/2017_04_03.html

詳しくは、http://www.epipen.jp/170403/EPN27H002C.pdf
上手く表示出来ない場合はこちらを利用ください(EPN27H002C.pdf:576kb)

エピペンWebSite:http://www.epipen.jp/
【活動案内】定例森林内作業:4月 [2017年04月02日(Sun)]
暖かくなったかと思えば、真冬のような冷え込みとなったり、春先の天気は変わりやすいですね。
そんな中?4月の活動案内です。

DSCN9150s.JPG

日時:2016年4月16日(日) 10:00〜15:00
  ※いつもの第4日曜日ではありません。

場所:澤乃井御岳フィールド

集合
JR青梅線 御嶽駅 9:10
または、現地に9:30集合
電車の場合、特別快速 ホリデー快速おくたま 3号が便利です。
(新宿11番線07:44発−立川08:11−拝島08:27−青梅08:43−御嶽09:00着)

内容:道づくり・ボサ刈り
安全活動:未定

持ち物
作業着または汚れても良い服(長袖、長ズボン)、軍手、タオル、帽子、昼食、飲み物、雨具(レインコート等)
・体温調節がし易い服装(前開きシャツ等)をご用意ください。
・汗をかきますので、水分を余裕を持ってご用意ください。普段の飲量の2倍程度をめやすにしてください。
・昼食、飲み物ですが、フィールド近辺には売店などがございません。
 御嶽駅前のセブンイレブンが一番近いコンビニになります。

参加費:1000円(保険代含む)

雨天時:小雨天決行(雨天時は、当日朝下記までお問合せください)

定員:10人(定員に達ししだい締め切ります)

申込み方法
申し込みは、申込みフォーム:http://www.morinoanzen.com/mail/entry.html からお願いいたします。

申込みフォームが利用できない方はメールまたは電話でも受け付けます。
申込みメール:info@morinoanzen.com
電話 : 090-5428-1422 (森中)
お名前、年齢・性別、住所、連絡先(当日連絡の付く電話番号または携帯メール)、メールアドレス、当日の交通手段、所属団体名等を、ご連絡ください。

申込み期限:4月14日(金)

問い合わせ
森の安全を考える会
事務局電話:090-5428-1422 (森中)
事務局メール:info@morinoanzen.com
Web Site: www.morinoanzen.com
blog http://blog.canpan.info/morinoanzen/
facebook http://www.facebook.com/morinoanzen
エピペン(R)注射液0.3r 自主回収情報 [2017年03月19日(Sun)]
ファイザー社のエピペン(R)注射液0.3r(製造番号:PS00019A)自主回収(クラスT)について
----------------------------------------------------------------------------------
報道関係各位
2017年3月13日
ファイザー株式会社

ファイザー株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:梅田一郎)は、蜂毒、食物および薬剤等に起因するアナフィラキシー反応に対して使用される、アナフィラキシー補助治療剤「エピペン(R)注射液0.3mg」の一部製品に作動不良の可能性が生じたため、厚生労働省が定めるクラスTの製品自主回収を本日から開始いたします。回収となるエピペン(R)注射液0.3mgの製造番号はPS00019A(使用期限:2017年4月末日)です。

この度、弊社が日本で製造販売するエピペン注射液0.3mgと同一の製造番号の製品において正常に接種できなかったとの海外報告が2件ありました。調査したところ、医薬品注入器に使用した一部の部品に、不具合が発生したことが原因と判明しました。この部品を使用した製品は世界で1ロット(81,694本)であり、本ロットのうち日本では5,974本を2016年1月28日から3月24日にかけて医薬品卸売販売業者に出荷しておりました。現時点で日本において同様の報告はありませんが、当該製造番号の製品使用時に正常に作動しないおそれがあり、接種できない可能性があるため、万全を期して自主回収することにしました。

他の製造番号の0.3mg製剤および0.15mg製剤は回収の対象外です。

患者様、医療関係者の皆様で以下の製造番号・使用期限が記載されている製品をお持ちの方は、速やかに同製品を受け取った医療機関/薬局に製品の交換をお申し出いただくように、今後情報提供を進めてまいります。

【回収対象製品】
「エピペン(R)注射液0.3r」製造番号:PS00019A、使用期限:2017年4月(末日)

【当該製造番号および使用期限の記載場所】
外箱及びペン本体に製造番号及び使用期限が記載されています

【写真】(エピペン(R)注射液0.3mgの外箱写真)箱の側面に記載されています
01_epipen_03mg_box.jpg
製造番号:PS00019A 使用期限:2017年4月
02_epipen_03mg_side01.jpg

【写真】(エピペン(R)注射液0.3mgの外箱写真)ペンの裏側に記載されています
製造番号:PS00019A 使用期限:2017年4月
03_epipen_03mg_number01.jpg

【専用ダイヤルの開設】
本回収にあたり、患者様、医療関係者の皆様からのお問い合わせを受けるための専用ダイヤル「エピペン回収特設窓口」を開設いたしました。

<エピペン回収特設窓口>
電話番号:0120-665-766  受付時間:平日(月〜金) 9:00〜17:30
【活動案内】竹林整備3月 [2017年03月05日(Sun)]
花咲き山にて、当会が竹林整備隊として活動する最後の回になります。(竹林整備は関わり方を変えて4月以降も継続されます)
これまで整備してきた箇所について、伐り残った竹の間伐、伐り倒した竹の整理整頓を中心に活動します。
また、余裕があれば、焚き火サイトの化粧柵準備をおこないます。

DSCN9257s.JPG

日時:2017年3月12日(日) 9:00〜15:00

場所:花咲き山(東京都西多摩郡日の出町大久野)

集合
JR五日市線 秋川駅 9:00 ※いつもの場所と時間、路線が異なります
または、現地に9:30集合
電車の場合、特別快速 ホリデー快速おくたま 3号が便利です。
(新宿11番線07:44発−立川08:11−拝島08:25−秋川08:37着)

内容:竹の間伐

持ち物
作業着または汚れても良い服(長袖、長ズボン)、軍手、タオル、帽子、昼食、飲み物、雨具(レインコート等)
・体温調節がし易い服装(前開きシャツ等)をご用意ください。
・汗をかきますので、水分を余裕を持ってご用意ください。普段の飲量の2倍程度をめやすにしてください。
・昼食、飲み物ですが、フィールド近辺には売店などがございません。
 秋川駅前のファミリーマートが一番近いコンビニになります。

参加費:1000円(保険代含む)

雨天時:小雨天決行(雨天時は、当日朝下記までお問合せください)

定員:10人(定員に達ししだい締め切ります)

申込み方法
申し込みは、申込みフォーム:http://www.morinoanzen.com/mail/entry.html からお願いいたします。

申込みフォームが利用できない方はメールまたは電話でも受け付けます。
申込みメール:info@morinoanzen.com
電話 : 090-5428-1422 (森中)
お名前、年齢・性別、住所、連絡先(当日連絡の付く電話番号または携帯メール)、メールアドレス、当日の交通手段、所属団体名等を、ご連絡ください。

申込み期限:3月10日(金)

問い合わせ
森の安全を考える会
事務局電話:090-5428-1422 (森中)
事務局メール:info@morinoanzen.com
Web Site: www.morinoanzen.com
blog http://blog.canpan.info/morinoanzen/
facebook http://www.facebook.com/morinoanzen
花咲き山踏査 [2017年03月04日(Sat)]
本日は、来週の花咲き山活動の踏査&柚子剪定をおこなってきました。

踏査と言っても、ほぼ毎週の様に入っている山でもありますし、今回のは間伐の対象となる竹にマーキングをおこないながら、周囲の状況を確認し、自分の脚であるくことでリスクが潜んでいないかと1箇所ずつ確認して行きました。

実際マーキングしてみると、間引くタケはまだまだあります。
DSCN9533s.JPG

合わせてスギについても、将来的に間伐する必要があるもについてマーキングしてみると、思った以上に緊急的に間伐しなくてならない樹があります。
DSCN9535s.JPG
画面左側には昨シーズンの雪害で折れたスギがそのままになっています。
右手前のスギは一見なんともなさそうですが、根元が朽ちていて何かの拍子に折れてしまうかもしれません。
そして、中央奥には倒れた竹が見られます。

このように、花咲き山はまだまだ人の手をいれていなかくてはならないところが沢山あります。

午前中は、柚子の剪定をおこないました。
相変わらずの棘の凄さです。
2017-03-04 11.31.18.jpg
なにをやるにしても、チクチク痛いです(むしろグサグサか?)

それでも何とかやり遂げ、少しはすっきりしたかな?
DSCN9532s.JPG

当日、花咲き山整備隊の活動が別の場所(フィールドの上の方)でおこなわれていました。
17141189_1297453700334612_774093184_n.jpg

ロック・ガーデンまでの道整備もかなり進んだようです。
17121456_1297453823667933_1067188892_o.jpg
道づくりは、ここで一旦終了かな?

竹林整備は、来週日曜日(3/12)です。
続きを読む・・・
【活動報告】定例森林内作業2月 [2017年02月19日(Sun)]
昨晩、都内でも激しく雪が降ったため、一瞬今日の活動は無理か?とヒヤッとしましたが、一夜明けた本日、降雪の影響はどこにいったのか、まったくもって問題ない晴天の一日となりました。

DSCN9496.JPG

ただ、足下には昨晩の雪の名残が・・・
DSCN9488.JPG

本日の活動は、予定では道づくりでしたが、参加人数が少なかったため、昨シーズンの降雪による雪害木の伐採がメインとなりました。

フィールド林道脇の50年生の立派なスギが昨年の思いたい雪に耐えきれずに頭頂から10mのところで折れてしまいました。

頭頂部は昨年4月の活動(http://blog.canpan.info/morinoanzen/archive/457)で処理を行っていましたが、下の部分はなかなか手をつけれずにそのままの状態でした。

大きな理由は胸高直径が50cm程あり、現状の道具では刃渡りが足らず伐ることが出来ませんでした。スタッフ内で検討し大径木に対応できるように、今回道具を追加しました。
このため、今月の活動で伐採処理をおこなうことにしました(ホントいうと今日に合わせて準備をしたんですが)。

受け口をつくり、追い口をシルキーの手曲がり550で伐ります。
DSCN9475.JPG

途中でくさびをいれて。
DSCN9476.JPG

中心部の最も太いところは、シルキーのカタナボーイ650を使って伐っていきます。
DSCN9479.JPG

最後は、くさびでコントロールしながら予定通りの方向へ。
DSCN9483.JPG
先端部が折れた際に、縦方向に裂けていたところに約1年の風雨(夏の台風9・11号も体験済み)に晒されてることも手伝ってか、木の先端部は倒れたショックでバラバラになりました。

切り株
DSCN9482.JPG
年輪を数えて見ると・・・63歳。
DSCN9481.JPG
1954(昭和29)年生まれですね。(植林なので厳密にはズレはあると思いますが)

この後の処理が一番大変だったりして。
DSCN9484.JPG

みなさん、お疲れ様でした。
腕の筋肉痛が出ませんように。

次回の活動は4月23日の予定です。
花咲き山整備隊運営会議 [2017年02月18日(Sat)]
本日は、花咲き山整備隊の運営会議に参加しました。
主な議題は、2017年度(2017年4月〜2017年12月※再来年度から1月始まりとするため)活動計画の詳細運営確認と中長期計画の詳細修正をおこないました。

主な変更点としては、竹林整備隊が今年度(2016年4月〜2017年3月)の活動で当初の目的を達成したため隊として解散となります。来年度以降の竹林整備は当会の活動の一部として引き続き花咲き山で実施いたします。

また、これまで森林や竹林の整備、湧水の整備をいった労働系活動が中心であった花咲き山整備隊の活動の幅を広げるために、来年度からは楽しめる活動を取り込んでいくことにしました。
まずは人気を博した柚子ジャム作りのような喰らう系イベントを増やして行く計画です。
この活動には、当会スタッフの森中がお手伝いさせていただく予定です。

花咲き山整備隊の活動の詳細は、「花咲き山リボーン」で検索
森づくり団体情報交換会 [2017年02月14日(Tue)]
今日は、森づくりフォーラム主催する「森づくり団体情報交換会」に参加しています。

16716298_1554213674606066_8809268676064168665_o.jpg

この会は、主に西多摩地域の森林ボランティア団体の方達が集まって、お互いの活動情報を共有し、問題点などをそれぞれ持ち合いながら話を進めていっています。

今日は、2回目ということで、前回の時にでた問題点、課題点をまとめ、打開策としての案を提示いただきながら話し合いをしています。

さすが、三人寄れば文殊の知恵。みなさんからいろいろな意見がでてきて、頭フル回転!
楽しいですね〜。