CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 成果物 | Main | 安全に関するグッズ»
プロフィール

森の安全を考える会さんの画像
<< 2019年01月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
検索
検索語句
記事カテゴリ
リンク集
最新記事

http://blog.canpan.info/morinoanzen/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/morinoanzen/index2_0.xml
タグクラウド
謹賀新年 [2019年01月01日(Tue)]

年賀用_20140407-004.png

あけましておめでとうございます

旧年中は、森の安全を考える会をご支援いただきありがとうございました。

本年も、より良い活動を目指していきますので、ご指導、ご鞭撻の程

よろしくお願い申し上げます。

平成31年 元旦

森の安全を考える会 代表 今泉進一
今年度の猟期が始まりました [2018年11月23日(Fri)]
今週20日にショッキングなニュースが報じられました。

============================
ハンターが猟銃誤射か 森林事務所職員が撃たれ死亡(2018年11月20日 18時08分)
20日午後、北海道恵庭市の山の中で、国の森林事務所の男性職員が鹿狩りをしていたハンターに猟銃で撃たれて死亡しました。警察によりますと、ハンターの男性は「動物と間違えて撃ってしまった」と話しているということで、警察は業務上過失傷害の疑いで事情を聴いています。
警察や消防によりますと、20日午後2時ごろ、恵庭市盤尻の山の中で「ハンターが人を撃ってしまった」と消防に通報がありました。
救急隊が駆けつけたところ、男性が腹の辺りから血を流して倒れており、ドクターヘリで病院に搬送されましたが、およそ1時間半後に死亡が確認されました。
警察によりますと、亡くなったのは林野庁の恵庭森林事務所の職員で、千歳市大和の菅田健太郎さん(38)です。
菅田さんは50代の別の職員と現場の国有林で作業をしている最中に、鹿狩りをしていたハンターに撃たれたということです。
警察によりますと、ハンターの40代の男性は、「動物と間違えて撃ってしまった」と話しているということで、警察は業務上過失傷害の疑いで事情を聴いています。
NHK News Webより
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181120/k10011717481000.html
============================

今年度の狩猟期間が11月15日から始まりました。

もちろん、狩猟者(ハンター)のみなさんにはくれぐれも誤射の無いように安全管理を徹底していただきたいですが。

私たち森づくりボランティアも、目立つ格好や、作業現場に作業中であることを明示する看板等の設置を積極的に実施し、被害を最小限に食いとどめる対応が必要です。

なお、西多摩地域の今年度の狩猟に関する情報は以下を参照ください。

東京都
青梅市、檜原村及び奥多摩町:11月15日〜2月末日
その他の地域:11月15日〜2月15日
東京都環境局 http://www.kankyo.metro.tokyo.jp/nature/animals_plants/deer/shooter.html

埼玉県
毛呂山町、越生町、嵐山町、小川町、ときがわ町、東秩父村、秩父市、飯能市、本庄市、入間市、日高市、横瀬町、皆野町、長瀞町、小鹿野町、美里町、神川町、寄居町:11月15日〜3月15日※
※2月16日〜3月15日の猟法はわな猟に限るが、わなにかかったイノシシ又はニホンジカを止めさしするための銃器の使用は認められます。
その他の地域:11月15日〜2月15日
埼玉県環境部 https://www.pref.saitama.lg.jp/b0503/top-news/syuryoukikan.html

神奈川県
神奈川県の狩猟期間は平成30年11月15日から平成31年2月15日までです。(ただし、猟区以外のニホンジカ猟は、平成31年2月末日までとなっております。)
イノシシ猟について、「神奈川県イノシシ管理計画」を策定したことにより、ニホンジカと同様に狩猟期間を平成31年2月末日まで延長しました。
各猟区で狩猟できる期間は、法に基づく、平成30年10月15日から平成31年3月15日までの期間のうち、猟区設定者が定める日となりますので、開猟日は、各猟区設定者にご確認ください。
神奈川県 http://www.pref.kanagawa.jp/docs/t4i/cnt/f986/p1172260.html

【開催延期】森林内一次救命講習会 [2018年08月25日(Sat)]
DSCN8122s.JPG

9月2日(日)に予定しておりました、森林内一次救命講習会ですが、講師都合が付かなくなったため直前ではありますが、開催延期といたします。

本年中の開催を目指し日程調整した上で、再度募集のご連絡をさせていただきます。

以上、よろしくお願い申し上げます。

森の安全を考える会 プロジェクトマネジメントチーム
【活動中止】今週末の活動について [2018年07月27日(Fri)]
今週末予定しておりました「林業体験 夏の陣I@東京・御岳山」ですが、台風12号(ジョンダリ)の明日上陸の予報確立が高まりましたので、活動は中止といたします。

いつもと違う進路を進む予報となっておりますので、みなさまもご安全にお過ごしください。
次回の活動は8/26(日)となります。
反省会という名の・・・ [2018年06月17日(Sun)]
花咲き山の「何でもやる隊」の活動後、当会と花咲き山整備隊合同の「反省会」を開催しました。

なんの「反省会」かといいますと、5/13、27にそれぞれ開催しました、森づくりフォーラム主催の「初心者のための森づくり体験会」でのスタッフによる反省会です。

まあ、どこまで「反省」するかは別にして、それぞれの回での経験や問題点を共有し、今後の活動で活用できればと。

会場は、メンバーが見つけてきた昭島アウトレットパーク内にあるSnow Peakレストラン。
カテラリーがすべてSnow Peak製品を使用し、製品を使うためのメニューも充実(笑)!
でも、お料理はしっかりとおいしかったです。

話し合いもいろいろとできて、盛り上がりました。
良かった点、改善したほうが良い点、しっかりと受け止めさせていただきました。
(ちなみに、明日は森づくりフォーラム主催の報告会があるので、そのときにも話題提供とします)

最後のほうは、赤い人がたくさん出来てしまったので、写真はこれでご勘弁・・・

DSC_9358.JPG


Snow Peak Eat
東京都昭島市田中町610-4 モリパークアウトドアヴィレッジ
TEL:042-519-7686
https://sbs.snowpeak.co.jp/eat/

【活動中止案内】6/17のハチ対策講座2018は中止です [2018年06月11日(Mon)]
今週末(6/17)開催予定でしたハチ対策講座2018ですが、6/10に参加募集を締め切りましたが、参加申し込みが無かったため、中止といたします。

キアシナガバチ

なお、ハチ対策については、今後、このブログでも掲載していきます。

事務局
5/27開催の初心者のための森づくり体験会申込みは明日まで [2018年05月19日(Sat)]
20180429-001s.jpg

さて、来週日曜日(5/27)と開催が迫ってきました、森づくりフォーラム主催の「初心者のための森づくり体験会」の申込みは明日5/20までとなっております。

今回、森の安全を考える会が担当させていただきますが、他の回とはちょっと違った体験をしていただけるようスタッフ一同いろいろと準備をしています。
当日は、安全教育の「ハチ刺傷対策」と体験作業「ボサ刈り」を体験していただく予定です。

お申し込みに関する詳細や当日の流れなどはこちらのサイトで確認してください。
https://www.moridukuri.jp/forumnews/180215.html

当日、フィールドでお会いしましょう!
ニュースレター発送 [2018年04月21日(Sat)]
本日までに2018年第1号のニュースレターを180部すべて発送終えました!

第1号は年度初めなので、以下のコンテンツになっています。
・2018年度を迎えて
・2017年度活動状況
・2018年度活動計画
・事務局から
 - スタッフ紹介
 -活動保険について
付録 2018年度活動計画表

今週中にはお手元に届くかとおもいますのでお楽しみに。
なお、今年度は3回程度の発行を予定していますので、お楽しみに。

※ニュースレターは、紙媒体のみの発行になります。
Web版等の電子版の発行は予定していません。
当会のイベント等に参加された際に、ご住所を登録していただいた方への郵送となっております。
入手方法は、定例活動等の活動へ参加する。事務局へ送付依頼する。のふたつです。

※2018年度活動計画表はこちらからダウンロード(2018年度年間計画表.pdf 28KB)することができます。

事務局へニュースレター配送を依頼する
森づくりボランティア応急救護研修の受付中 [2018年02月17日(Sat)]
先週の11日(日)でアーリーバード申込みは終了してしまいましたが、森づくりボランティア応急救護研修〜上級救命講習会〜の申込みはまだまだ受け付けています。

上級救命講習を受講し心肺蘇生法(CPR)を修得するメリットは?
救急車が要請を受けてから現場に到着するまでの平均時間は東京都内で7〜8分です。
この7〜8分の間、心肺停止した仲間をそのまま何の処置もせずに放置していたらどうなるのか?

救命曲線.jpg
これは救命曲線と呼ばれるグラフですが、心肺停止した人の命が助かる可能性は、最初の3分で2割強まで下がります。
たった3分です。

さらに都内で救急車が到着する7分後では1割を切ろうとしています。
救急車が来るまでどうして良いか分からずに過ごしてしまうだけで、仲間の命の9割は失われてしまうのです。

更に私たち森づくりボランティアの活動するフィールドは山間部が多く、救急車の到着は都心に比べて長くかかり14分以上だという意見もあります。
そのことからも傷病者を救命するためには、私たち仲間うちでの心肺蘇生(CPR)の修得が必要不可欠なのです。

森づくりボランティア応急救護研修〜上級救命講習〜の詳細はこちら。


なお、日程が合わない、遠方にて当会が開催する上級救命講習の受講が難しい方
平成30年度(2018年度) 救命講習日程表はこちらからダウンロード可能です(PDFファイル)
東京防災・救急協会のウエブサイトはこちらまで

消防庁 一般市民向け応急手当WEB講習のサイト

東京以外にお住まいの方、または活動されている方・団体は、赤十字社または各市町村の消防に関するウエブサイトなどを参考にしてください。
日本赤十字社
埼玉県
神奈川県横浜市
神奈川県川崎市
山梨県甲府地区広域行政事業組合消防本部
ごく一部の紹介だけですが、ネット検索で「○○県 救急救護」などで検索するとヒットします。

明日も雪予想 [2018年01月31日(Wed)]
明日も南岸低気圧の接近と寒気の南下に伴い、雪予報となっています。

南岸低気圧が先週よりも南を進むようなので、先週ほどの積雪量は無いようですが、沿岸沿いに数センチの積雪となるのでは無いかと予報されていますね。

先週の残雪、アイスバーン、ブラックパッチ等の上に積もりますと更に滑り安くなりますので、十分にお気を付けてください!

また、当分の間、厳しい冷え込みとなる予報なので十分に暖かくしてお過ごしください。
| 次へ