CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« イベント案内 | Main
プロフィール

森の安全を考える会さんの画像
<< 2017年10月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
リンク集
記事カテゴリ
最新記事

http://blog.canpan.info/morinoanzen/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/morinoanzen/index2_0.xml
タグクラウド
【参加報告】ビオトープ・プロジェクト [2017年08月20日(Sun)]
花咲き山のビオトープ・プロジェクト。
森林ボランティア活動といれば、スギ人工林や広葉樹林の整備が多くを締めますが、このビオトープ・プロジェクトは、湧水地を整備し水棲動植物を活性させようという、ちょっと異質な活動であるのが面白そうでこれまで参加してきました。
当初は、湧水地周りの整備ということで、ゴミ除去から下草刈り、止水などの合間を縫って動植物の観察をおこなったりしてきましたが、今回からちょっと毛色のことなった活動になりました。

本日の活動は、なんと!池作り!
要するに、湧き出た水をそのまま流すのではなく、一度溜めてから流そうと。
そして、その池には水棲動植物に棲んで貰おうと。いうことです。

さて作業の方は…
杭を打ち、板で池の枠を作って行きます。
DSCN10103s.JPG

こんな感じで…って凄い技術です。
DSCN10120s.JPG
こんなことできるのは、この活動くらいではないでしょうか?

防水シートを引く前に、岩などで穴が開かないように保護シートを敷きます。
DSCN10124s.JPG
末端処理もプロの仕事を見せてもらいました。

そこに防水シートを引いて完全に池の形を作り、そして溜まった水が地中に染み込まないようにします。
DSCN10134s.JPG

その上に更に保護シートを引きます。
DSCN10139s.JPG
これは、次の活動で荒木田土をいれて池を造成しますが、その時入れた石等で防水シートに穴が開かないようにということです。
保護シートが浮いて流されないように、石をいれて重しにしています。

そのままでは、人が渡れないので丸太橋を仮設置しました。
DSCN10145s.JPG

次回は、9月10日(日)の予定だそうです。

花咲き山整備隊:ビオトープ・プロジェクト
https://sites.google.com/site/hanasakiyamareborn/spring_water_project
【参加報告】花咲き山整備隊:ボサ刈り作業 [2017年08月05日(Sat)]
本日、日の出町で活動している花咲き山整備隊の山作業に参加してきました。

今回の作業は、ボサ刈りということですが、おもな対象木がアオキということなので(それもかなり大きくなった)各自それぞれ使いやすい道具を使っての作業になりました。

DSCN10023s.JPG

相変わらずの斜面です。
ここを横一列にならんで下からボサ刈りしていきます。
ちなみに、選ばれた道具は…
Iさん:ノコギリ
Tさん:ノコガマ、ノコギリ、剪定バサミ
Mさん:大ガマ、ナタ、剪定バサミ

午前中の2時間弱をかけて、目的の範囲を全て刈り取り完了!

DSCN10039s.JPG
花咲き山は刈り取ったボサは余りまとめずに、そのままにして置くとのこと。
そうすることで空間と隠れ場ができて、昆虫や小動物が身を隠す場所ができるとのこと。
また、大型動物(イノシシやシカなど)が(障害物となって)入りにくくできるとのことでした。
ひとつ勉強になりました。

でもまだまだボサ刈り箇所は沢山残っているようです。
DSCN10032s.JPG

これからもちょくちょくお邪魔させてもらう予定です。

花咲き山整備隊
https://sites.google.com/site/hanasakiyamareborn/
【参加報告】ヤマ仕事の道具と安全を考える [2017年05月21日(Sun)]
本日、森づくりフォーラム主催シンポジウム「ヤマ仕事の道具と安全を考える」に参加してきました。

20170521_ヤマ仕事の道具と安全を考える_ページ_1.jpg

西山 賢氏(西山商会専務取締役)
土佐高級打刃物の製造販売する西山商会による道具安全の話
<製造過程、地方性、用途、歴史など>

櫻井 充弘氏(ひろしま緑づくりインフォメーションセンター副代表)
チェンソー使用による森林作業を広島方式で統一している安全対策

羽鳥 孝明氏(グループ浜中間の会)
西多摩の山の道具 よもやま話
<昔の道具類は高価なもの、どんな道具だった?>

小林 竹芳氏(トキワ代理店)
万が一のときの保険活用

今回のシンポジウムでは、昨年の安全に関するシンポジウムとは少し毛色の違う切り口でしたが、聞き応えのある内容でした。

DSCF7828s.JPG

西山氏の講演では、日本の打刃物の現状を説明いただき、西山商会での打刃物の製造過程や、実際に使用されている所を、貴重な映像を元に紹介されると共に、安全に使用するための注意点として、
ナタの峰打ち(衝撃が直接響くので中子が折れることがある)ことや、切れない状態での使用(不必要な力がかかり危険)は、やってはならないこととして紹介されていました。
やはり、日頃の道具の手入れとともに、道具の適切な使用法をキチンと押さえておく必要があります。

ひろしま緑づくりインフォメーションセンターの櫻井氏は、広島県内の森づくり団体のネットワークの一環として安全活動を一本化し、その過程で森づくり安全技術マニュアルをもちいた審査をおこなっている。
ランク毎の審査法を使っている。ランク3(チェーンソー審査)については、139チェックポイントを用いている(なかには、ヘルメット、顔面・耳保護具、切断防護服、手袋を付けていない。受け口の深さを1/3を越える。作業がスムーズに出来ない・ツルを形成できず倒してしまう。伐倒方向のズレ等の場合は、その場で審査中止といった方法をとっている)
審査合格者へのフォローアップなど、安全に森づくり作業ができる下地作り、組織作りをおこなっていられるようです。

羽鳥氏は、西多摩地域の昔の道具について故・久保田喜助(檜原村)さんの使っていた道具を映像を踏まえてご紹介いただきました。
ハンモロ(ナタの半両刃みたいなもの)が、地域的なものだと知りました。

小林氏には、保険の特製について紹介いただき、事故とは思わぬ所に存在し、その牙は突然剥かれると言うことを体験談(ご自分のではなく、保険請求の経験として)としてお話いただきました。

ちなみに、西山商会の商品を取り扱っている西多摩地域のお店が紹介されました。
野崎かじや金物店はこちらです(Googleマップ)
所在地: 〒198-0041 東京都青梅市勝沼3丁目108
電話: 0428-22-4313

なお、故・久保田喜助さんが使用されていたヤマ道具については、「キヤシ久保田喜助の山道具目録」という資料がおのおのの会から発行されています。
キヤシ久保田喜助の山道具目録.jpg
【参加報告】森づくりフォーラム主催 森から人へ 人から森へ 〜森づくり活動の一歩先をめざして〜 [2017年02月04日(Sat)]
今日は特活)森づくりフォーラム主催のシンポジウム
森から人へ
人から森へ
森づくり活動の一歩先をめざして
に参加してきました。

2017-02-04 16.22.18.jpg

プログラム(1)「『森林づくり活動 実態調査』の分析から見えてきたこと」として、筑波大学大学院の富井 久義さんの発表では、平成27年に実施された「森林づくり活動についての実態調査」のデータ分析から見えてきた実態や問題点を的確に述べられていました。

プログラム(2)では、各団体が持っている課題に対して、課題解決に取り組む森づくり団体の発表として、NPO法人 いわて森林再生研究会、NPO法人 時ノ寿の森クラブ、NPO法人 里山倶楽部から事例の紹介を伺うことができました。

交流会にも、発表者の方々を初め、多くの参加者が顔をだし、交流を深めることができました。