CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«【参加報告】ビオトープ・プロジェクト | Main | mont-bellのファーストエイドポーチ»
プロフィール

森の安全を考える会さんの画像
<< 2018年12月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
検索
検索語句
記事カテゴリ
リンク集
最新記事

http://blog.canpan.info/morinoanzen/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/morinoanzen/index2_0.xml
タグクラウド
森づくりボランティア応急救護研修の受付中 [2018年02月17日(Sat)]
先週の11日(日)でアーリーバード申込みは終了してしまいましたが、森づくりボランティア応急救護研修〜上級救命講習会〜の申込みはまだまだ受け付けています。

上級救命講習を受講し心肺蘇生法(CPR)を修得するメリットは?
救急車が要請を受けてから現場に到着するまでの平均時間は東京都内で7〜8分です。
この7〜8分の間、心肺停止した仲間をそのまま何の処置もせずに放置していたらどうなるのか?

救命曲線.jpg
これは救命曲線と呼ばれるグラフですが、心肺停止した人の命が助かる可能性は、最初の3分で2割強まで下がります。
たった3分です。

さらに都内で救急車が到着する7分後では1割を切ろうとしています。
救急車が来るまでどうして良いか分からずに過ごしてしまうだけで、仲間の命の9割は失われてしまうのです。

更に私たち森づくりボランティアの活動するフィールドは山間部が多く、救急車の到着は都心に比べて長くかかり14分以上だという意見もあります。
そのことからも傷病者を救命するためには、私たち仲間うちでの心肺蘇生(CPR)の修得が必要不可欠なのです。

森づくりボランティア応急救護研修〜上級救命講習〜の詳細はこちら。


なお、日程が合わない、遠方にて当会が開催する上級救命講習の受講が難しい方
平成30年度(2018年度) 救命講習日程表はこちらからダウンロード可能です(PDFファイル)
東京防災・救急協会のウエブサイトはこちらまで

消防庁 一般市民向け応急手当WEB講習のサイト

東京以外にお住まいの方、または活動されている方・団体は、赤十字社または各市町村の消防に関するウエブサイトなどを参考にしてください。
日本赤十字社
埼玉県
神奈川県横浜市
神奈川県川崎市
山梨県甲府地区広域行政事業組合消防本部
ごく一部の紹介だけですが、ネット検索で「○○県 救急救護」などで検索するとヒットします。

トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
http://blog.canpan.info/tb/1339611

コメントする
コメント