CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
プロフィール

森の安全を考える会さんの画像
<< 2014年04月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
リンク集
記事カテゴリ
最新記事

http://blog.canpan.info/morinoanzen/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/morinoanzen/index2_0.xml
タグクラウド
こちらでも情報を公開しています。是非ご利用ください。
facebook
http://www.facebook.com/morinoanzen
twitter
@morinoanzen
【活動報告】定例森林内作業(4/6) [2014年04月06日(Sun)]
昨晩ずっと雨が降り、本日の活動は中止かな?と思われましたが、午前7時には青空も覗き、天気予報でも(上空は不安定でありながらも)曇りとの予報でしたので活動しました。

本日は、常連メンバーさんとで4人。
いつもだとできないことをやってみようとなりましたが、フィールドに珍客が!
ヘキサチューブとニホンカモシカ

スギ、ヒノキの大敵!ニホンカモシカが!
ヘキサチューブで保護されていない幼木は案の定・・・
DSCN4413s.jpg
無残にも、頭頂部だけでなく15cmまですっかり食べられてしまいました。

さて、活動としては、間伐を行いました。
まず、受け口を作ります。
伐採(受け口)20140407
受け口を作る際に、斜めに入れる時に団体によってはノコギリで入れるところが多いですが、当会は鉈を使って作ります。
伐採(受け口)20140407
できた、受け口。
伐採(受け口)2014
追い口を入れ始めましたが、思ってた以上に山側(手前側)に重心があるため、なかなか倒れません。
伐採(追い口)20140407
少し押して、バランスを谷側に持って行ってあげて無事伐採。
伐採20140407

途中、みるみる辺りが暗くなり、雨が降り始めたため一時中断し、雨宿りをしていると雨から霰へ変わって、すごい量の霰が一面を白くしていきます。
霰
霰は20分ほど降り続き、その後も、晴れたり、雨が降ってきたりを繰り返してきたので、少し早めに作業を終えることとしました。

作業終了後、2月の大雪で倒れた木をみてまわりました。
DSCN4406s.jpg
雪の重みで根こそぎ倒れたスギが、谷向こうのスギをなぎ倒していました。
そして、ぎりぎりヘキサチューブのすぐ横に倒れています。

早めに終わったので、今日は長めにミーティングを行いました。
今年度の新たな企画もいくつか上がりましたので、皆さまお楽しみに!

次の活動は、5月3日(土・祝)の植林になります。
【イベント案内】森林内活動:植林 [2014年03月22日(Sat)]
一昨年の植林のスギも落ち着いてきたので、残りの部分の植林を行います。
また、前回の植林の捕植もこの機会に実施いたします。
定例とは別になってしまいますが、ゴールデンウィークの後半の初日に植林をおこないます。

【日時】 2014年5月3日(土・祝) 9:30〜15:00

【場所】 澤乃井御岳フィールド

【集合】 JR青梅線 御嶽駅 9:10
     または、現地に9:30集合
     電車の場合、特別快速 ホリデー快速おくたま 1号が便利です。
     (新宿11番線07:44発−立川08:11−拝島08:27−青梅08:43−御嶽09:00着)

【内容】 スギ植林・ヒノキ移植
     スギ苗木、約100本を植林・捕植します。

【安全活動】 −

【持ち物】
 作業着または汚れても良い服(長袖、長ズボン)、軍手、タオル、帽子、昼食、飲み物、雨具(レインコート等)
・体温調節がし易い服装(前開きシャツ等)をご用意ください。
・かなり汗をかきますので、水分を余裕を持ってご用意ください。普段の飲量の2倍程度をめやすにしてください。
・昼食、飲み物ですが、フィールド近辺には売店などがございません。
 御嶽駅前のセブンイレブンが一番近いコンビニになります。

【参加費】1000円(保険代も含む)

【雨天時】小雨天決行(雨天時は、当日朝下記までお問合せください)

【定 員】10人

【申込み方法】
申し込みは、申込みフォーム:http://www.morinoanzen.com/mail/entry.html からお願いいたします。

申込みフォームが利用できない方はメールまたは電話でも受け付けます。
申込みメール:info@morinoanzen.com
電話 : 080-5008-8830 (今泉)
 お名前、年齢・性別、住所、連絡先(当日連絡の付く電話番号または携帯メール)、
 メールアドレス、当日の交通手段、所属団体名等を、ご連絡ください。

【申込み期限】 4月30日(水) いつもと曜日がことなります。ご注意ください。

【問い合わせ】 森の安全を考える会 080-5008-8830 (今泉)
■事務局:info@morinoanzen.com
blog http://blog.canpan.info/morinoanzen/
RSS http://blog.canpan.info/morinoanzen/index1_0.rdf
facebook http://www.facebook.com/morinoanzen
Twitter @morinoanzen
【活動案内】定例森林内活動(4月度):地ならし [2014年03月01日(Sat)]
植林にむけて準備をおこないます。
前回の植林地の上部の開いた場所を整備して、次回の植林の準備を行います。
また、食害にあって育たなくなってしまった幼木に対しても、捕植の準備を行います。
このため人出が必要です。
植林に興味がある方は是非とも参加してください!!

【日時】 2014年4月6日(日) 9:30〜15:00

【場所】 澤乃井御岳フィールド

【集合】 JR青梅線 御嶽駅 9:10
     または、現地に9:30集合
     電車の場合、特別快速 ホリデー快速おくたま 1号が便利です。
     (新宿11番線07:44発−立川08:11−拝島08:27−青梅08:43−御嶽09:00着)

【内容】 地ならし・ボサ刈り

【安全活動】 −

【持ち物】
 作業着または汚れても良い服(長袖、長ズボン)、軍手、タオル、帽子、昼食、飲み物、雨具(レインコート等)
・体温調節がし易い服装(前開きシャツ等)をご用意ください。
・かなり汗をかきますので、水分を余裕を持ってご用意ください。普段の飲量の2倍程度をめやすにしてください。
・昼食、飲み物ですが、フィールド近辺には売店などがございません。
 御嶽駅前のセブンイレブンが一番近いコンビニになります。

【参加費】1000円(保険代も含む)

【雨天時】小雨天決行(雨天時は、当日朝下記までお問合せください)

【定 員】10人

【申込み方法】
申し込みは、申込みフォーム:http://www.morinoanzen.com/mail/entry.html からお願いいたします。

申込みフォームが利用できない方はメールまたは電話でも受け付けます。
申込みメール:info@morinoanzen.com
電話 : 080-5008-8830 (今泉)
 お名前、年齢・性別、住所、連絡先(当日連絡の付く電話番号または携帯メール)、
 メールアドレス、当日の交通手段、所属団体名等を、ご連絡ください。

【申込み期限】 4月4日(金)

【問い合わせ】 森の安全を考える会 080-5008-8830 (今泉)
■事務局:info@morinoanzen.com
blog http://blog.canpan.info/morinoanzen/
RSS http://blog.canpan.info/morinoanzen/index1_0.rdf
facebook http://www.facebook.com/morinoanzen
Twitter @morinoanzen
2014年2月大雪害 [2014年02月22日(Sat)]
2/8〜9と2/14〜15にかけて45年に一度の大雪に見舞われました。
西多摩地域は60cm以上の積雪があり、今週半ばまで孤立世帯が発生する(2/20 16時に解消)という大雪害となりました。

主要道路の除雪に目処がついたとのことだったので、澤乃井御岳フィールドに状況の確認に行ってきました。

都道については除雪は行われていますが、町道や村道はまだ除雪できていない箇所もあるとのことですので、もちろん林道なんかは手つかずです。
雪に埋まった夏沢林道入り口
車で推し進められる状況ではありませんので、ここからは徒歩で入っていきます。

入ってすぐに想像以上の積雪の洗礼を受けます。
膝まで埋まる積雪量
膝まで埋まりますので60cm程ありますが、吹き溜まりなどは腰まで埋まり、ほとんどがラッセルしながら進みます。

普段は15分ほどでたどり着く現場ですが、なかなかたどり着きません。
何とか現場についていつもの広場で掘ってみると・・・
DSCN4261s.jpg
やはり50cm程度の積雪量です。

心配していたヘキサチューブの倒壊はありませんでした。
冬の澤乃井御岳フィールド(広場より)

冬の澤乃井御岳フィールド(中腹横より)

冬の澤乃井御岳フィールド(中腹より俯瞰)
とりあえず、応急処置などは必要は無いようですが、ヘキサチューブを設置しなかった幼木の姿が見えません。
以前ブログでも書きましたが、生育比較調査のため数本ヘキサチューブを設置していない幼木がありますが、それらすべてが見当たりません。

よく目を凝らして探してみると・・・
DSCN4275s.jpg
ありました。赤い丸印で囲っている所に目印の棒の先端が出ています。
恐らくこの下に埋まっているのでしょう。
時期を見て掘り出して、雪起こしをします。

他に近隣のフィールドを確認してみます。
50年生のスギ(胸高直径が30cm強)のスギが4本ほど途中でポキリと起これいました。
恐らく樹冠部の積雪の重さに耐えられなくなってのことでしょう。
DSCN4310s.jpgDSCN4313s.jpg
見事に折れています。

その他、設備などへの被害は無かったので、またラッセルをしながら(帰りは大分楽でしたが)来た道を戻りました。

(森中)
冬に欲しい便利なグッズ [2014年02月08日(Sat)]
なんでも45年に一度の大雪だったそうで、しかし1日良く降りましたが、みなさま無事にお過ごしでしょうか?
午前中、1回目の雪かきをしましたが1時間もすればたちまち積もってしまい、その後は雪かきする気力も無くなってしまいました。

そんな雪かきの中でちょいと試した道具を紹介します。
アルミ製のアルコールポット「アルポット」です。
アルポット
もともと、釣りの時の車中泊で使っていたものですが、ポット下部に装着したアルコールランプでお湯を沸かすものですが、ご飯も炊くことができる優れもので、一番優れているのは、火が表に出ていないためテントや車の中でも使用できる点です。

特に森林内で裸火を焚くことは、森林火災に繋がりかねないため、多くの団体が冬の寒い季節に参加者にどのように暖を取ってもらうか頭を悩ましている所だと思います。
かく言う森の安全を考える会でお借りしている澤乃井御岳フィールドも冬場は午前中しか日が当たらないため、お昼ご飯は日陰の中で食べることになります。(今月の活動日は暖かかったので助かりましたが…)


使い方は簡単です。
まず、ポットからアルコールランプを取り外し(写真右に写っているレバーをつまむだけで外れます)、芯の所のキャップを外します。
DSCN4217s.jpg
そして、芯に火を付けます。
この部分、小学校や中学校の頃の理科の実験で使ったアルコールランプを彷彿とさせ、まるで童心に返ったようです(笑)

アルコールランプに、ポット本体を被せるように装着し、アルミカップに水(800ccまで入ります)を入れて中蓋をしてわかすだけの簡単さ(火力の調整も、五徳のセッティングも不要です)
火が消えていないかは、下の方にあるのぞき窓から確認できます。
アルポットとワームII
ユニフレームのワームII(右)とツーショット

8分ほどでお湯が沸きます(さすがに火力は強くないため、グラグラとは沸きません)。
アルポット
写真でも分かるように、アルポットのすぐ側に燃えやすいものがあっても引火すること無く安心です。
また、本日の様に強風で吹雪いていても、ポット全体で覆われているため火が消えること無く安定した火力を発揮するため、無風時でも強風時でもお湯が沸くまでの時間は変わりません。

ちなみに、倒して締まった場合でも、アルコールランプからアルコールがこぼれて引火することもありませんでした(アルコールは定められた量以上入れてはいけません)
※本撮影に際して消火器具を準備しておく等、引火に十分配慮してしています。
危ないのでまねをしないように
また、アルコール(燃料用アルコールは、メタノールとエタノールの混合)は、融点が-97℃付近(メタノールの場合)と極めて低いため、低温時でもブチルガスの様に生ガスが吹き出て怖い思いをしたり、火力が上がらなかったりということがありません。


これから、車中泊だけでは無く、フィールドでも活躍しそうな気配がします。


アルポット
製造元:株式会社 大木製作所
http://www.ohki-tokyo.com/out.html

アルポットをAmazonで見てみる




【活動報告】定例森林内作業(2/2) [2014年02月02日(Sun)]
2014年最初の定例活動の今日は、2月とは思えない程暖かい日となりました。
本日の参加者は3人、スタッフ2人を含め5人での活動です。

今年最初の活動なので、まずは山の神様に去年のお礼と、今年1年無事に作業ができることをお願いしました。
DSCN4088s.jpg
山に捧げる御神酒はもちろん地元の澤乃井のお酒です。


この後、予定通り、道づくりと心肺蘇生法を行いました。

昨年一年間で壊れてしまった道の修繕を主に行いました。
もともと下草刈り時に倒した広葉樹の灌木を使っていたことや、水はけの悪い北斜面のため杭や横木が腐り壊れてしまっていました。
今月の活動ではスギの間伐材を分けてもらえることになりました(大野さんありがとうございます)ので、この間伐材を使用して壊れて締まった道の修繕を行いました。

下の広場で必要な大きさに切りそろえ、皮むきをして腐りにくくします。
DSCN4093s.jpg

杭は下の広場で加工しますが、臨機応変に現場でも加工して行きます。
DSCN4107s.jpg

新たに作った杭を筧で打ち込み補修をして行きます。
DSCN4111s.jpg

盛り土をし直してきれいに仕上げます。
DSCN4113s.jpg

新しい杭や、横木によって修繕された道(階段)
DSCN4114s.jpg

途中にわか雨が強くなったため雨宿りをしながら、午前中の作業はここまで。
昼食をとった後、安全活動を行いました。

森林作業中に斜面で仲間が倒れたというシチュエーションで心肺蘇生を実践として行い練習します。
DSCN4124s.jpg
駆けつける前に、必ず周囲の確認を忘れないように。
慌てて飛び込み、自ら2人目の要救護者にならないようにしてください。

斜面での心肺蘇生法が以下に困難であるかを体験してもらい、こういった森林内では、近くの林道(作業道)に搬送して心肺蘇生を行う方が安全かつ効果的です。
DSCN4129s.jpg
丁度、横へと伸びる作業道(幅60cm程度)に要救護者を搬送し、心肺蘇生を行いますが、このとき(前の写真にあるように)作業道の上下が斜面である場合は、救命講習で覚えるような要救護者の横から心肺蘇生を行うことは難しいため、足先の方から要救護者の上にまたがる様にして胸骨圧迫を行います。

訓練であっても、いろいろと取り回しに苦労しましたが、これが本番であればもっと難しくなり、日頃からの練習が重要であることを参加者みんなで経験しました。

今後、今回の様に森林内で実践的な救護活動の練習を取り込んでいきます。

次回の活動は、3月9日(日)のワークショップ「森林ボランティアみんなで考える安全活動

定例森林内活動は、4月6日(日)になります。

※本活動はオラクル有志の会ボランティア基金のサポートを受け実施しています。

【ワークショップ】森林ボランティアみんなで考える安全活動 [2014年02月01日(Sat)]
「森林ボランティアみんなで考える安全活動−安心して活動を行うには、どうすればいいの??−」
これは、ボランティアリーダだけではなく、参加者ひとりひとりが安全かつ安心して活動を行う方法を考えてみないか?という問いかけからきています。

DSCN1783s.jpg

「安全活動」については、イベント主催者やリーダに任せきりでした。
でも、リーダ達に「安全」への関心がないと、みんなが危険にさらされてしまいます。
活動に参加されるボランティアは、全員が事故やケガ無く、無事に家に帰ることを望んでいるはずです。

では、そうするにはどうすれば良いのでしょうか?
「安全活動」には、模範解答があるわけではありません。でも、みんながいろいろな「安全活動」を少しずつでも実行していることで、結果「安全」に活動ができているのだと思います。

今回のワークショップでは、そんなちょっとした「安全活動」をみんなで共有しながら、安全に活動するための計画や実際の注意点の作成方法について、まとめます。

DSCN1770s.jpg

ボランティアリーダのあなた!
・自分が行っている「安全活動」に自信がない?
・他にどんな「安全活動」があるのか知りたい。
・自分の「安全活動」をみんなに知らせたい!

ボランティアとして参加しているあなた!
・自分の身は自分で守りたい。
・リーダ任せは悪いので、自分でできることからやってみたい。
・リーダはどんなことをやっているの?

題名:森林ボランティアみんなで考える安全活動2013
−安心して活動を行うには、どうすればいいの??−

【日時】 2014年3月9日(日) 10:30〜16:00(10:00受付開始)

【場所】 秋川木材共同組合モデルハウス セミナールーム
     JR五日市線 武蔵五日市駅 から徒歩3分

【内容】 ワークショップ形式
     参加者全員でワークショップ
      ・自分たちのしていること紹介
      ・共通話題ワーク
      ・リスクマネジメント計画を作ろう!

【参加費】1500円(資料代含む)

【定 員】12人(定員に達し次第締め切ります)

【主 催】森の安全を考える会

【申込み方法】
申込みフォーム:http://www.morinoanzen.com/mail/entry.htmlからお願いいたします。

申込みフォームが利用できない方はメールまたは電話でも受け付けます。
申込みメール:info@morinoanzen.com
電話 : 080-5008-8830 (今泉)
 お名前、年齢・性別、住所、連絡先(当日連絡の付く電話番号または携帯メール)、
 メールアドレス、当日の交通手段、所属団体名等を、ご連絡ください。

【申込み期限】 2月28日(金)

【問い合わせ】 森の安全を考える会 080-5008-8830 (今泉)
事務局:info@morinoanzen.com
blog http://blog.canpan.info/morinoanzen/
RSS http://blog.canpan.info/morinoanzen/index1_0.rdf
facebook http://www.facebook.com/morinoanzen
Twitter @morinoanzen

DSCN1774s.jpg
【活動報告】森林ボランティア応急救護講習会 [2014年01月19日(Sun)]
森の安全を考える会が、森林ボランティア応急救護講習−上級救命講習会−を開催して10年を迎えることができました。
この10年で、延べ320人の方が当講習会を受講いただき、また昨年はそこから応急救護講習をもスピンアウトさせることができました。
これも偏に森林ボランティアの皆さまの安全に関する関心度が高いということを表しているのだと思います。

前置きが長くなってしましましたが、今年の森林ボランティア応急救護講習会は参加者が9名(内2名は欠席)となりました。
さらに、毎年講習を担当いただいている東京防災救急協会の方々は、東京マラソンのボランティアスタッフ向けの救命講習会へ向かわれたため、初めて秋川消防署の現役救急隊員による上級救命講習会となりました。

美人現役救急隊員による心肺蘇生法実習から。
まずは、みなさん真剣に話を聞いています。
DSCN4076s.jpg

そして、気道確保の実技に入ります。
DSCN4075s.jpg

この後、参加者全員が順番に胸骨圧迫、人工呼吸といった心肺蘇生法を実習して行きます。

そして、AEDの実習に進みます。
DSCN4079s.jpg


最近の救命講習ではやらなくなった回復体位。
回復体位
実はこれ結構重要なんです。現場で応急救護する際に心肺蘇生を行わなければならないほどの重症は状態は一生のうちあるかないかレベルですが、意識がある状態での応急救護は数多く遭遇します。
そんな時、小康状態となった要救護者に対して、この回復体位を取らせているか否かは、傷病者管理の上で重要なことです。

参加者全員で回復体位を練習し合います。
回復体位の練習

搬送法を行った後に、包帯法で締めくくり。
DSCN4085s.jpg
こちらも美女に包帯を巻いてもらって鼻の下が伸びてる代表。


さて、来年度(2014年度)から本講座の募集方法を変更します。
10月下旬に参加者募集を開始し、11月末の締切り時点で最低人数を満たない場合は秋川消防署での開催はせず、近くで行われる上級救命講習または上級救命再講習の案内だけにさせていただきます。
詳しくは、今年10月の募集案内をお待ちください。
応急救護講習 [2014年01月12日(Sun)]
本日、認定NPO法人 JUON(樹恩) NETWORK様の『第15期「森林ボランティア青年リーダー養成講座 in東京」』のひとつである応急救護講習を森の安全を考える会で受託させていただきました。

本日の講習内容は、森林ボランティアリーダーとして最低限の応急救護活動ができることでしたので、以下の内容の講習を3時間の枠で行いました。
・心肺蘇生法
  胸骨圧迫法・人工呼吸法
  AEDをもちいた心肺蘇生法
・止血法
・搬送法

受講生は20名となり、心肺蘇生トレーニングマネキン4体がフル出動となりました。

AEDをもちいた心肺蘇生法
みなさん真剣に受けています。

実技の場面では、通常森林ボランティアの装備(冬場の服の重ね着やヘルメットの着用等)をしたトレーニングマネキンをもちいて、処置の難しさを体験してもらいました。
(通常の救命講習で使われるトレーニングマネキンにはTシャツ1枚着せている状態なので、活動時の2枚3枚重ね着やボタン留めの作業着着用等といった違いを経験していただきました)
心肺蘇生法実技

搬送法では、救急隊員やレンジャー隊員が訓練で使用している搬送用人形をもちいて、意識が無い人間の状態(重さ)を体験してもらい、搬送の難しさを考えてもらいました。
搬送法説明

無事、3時間の講習を終え、すべて覚えきっていただけないかもしれませんが、今回の講習を通じていかに応急救護が難しく、普段からの取り組みが必要であるかを身をもって経験し、理解いただけたと思います。

森の安全を考える会では、このように出張講習についても対応いたしますので、お気軽にご相談ください。
ご相談フォーム


認定NPO法人 JUON(樹恩) NETWORK
http://juon.univcoop.or.jp/index.html
【活動案内】定例森林内活動(2月度):道づくり [2014年01月04日(Sat)]
2014年最初の森林内活動になります。
凛と締まった寒さの中の活動も良いものです。

昨年の活動で痛んでしまった道の補修を中心に作業を行ないますが、時間があればボサ刈りを行ないたいと思います。
安全活動は、山の中での心配蘇生法を行ないます。
ダミー人形を持ち込み、山の中で心肺蘇生は可能か?
実施するにはどのような注意点が必要かを学びます。

【日時】 2014年2月2日(日) 9:30〜15:00

【場所】 澤乃井御岳フィールド

【集合】 JR青梅線 御嶽駅 9:10
     または、現地に9:30集合
     電車の場合、特別快速 ホリデー快速おくたま 1号が便利です。
     (新宿11番線07:44発−立川08:11−拝島08:27−青梅08:43−御嶽09:00着)

【内容】 ボサ刈り・道づくり

【安全活動】 心配蘇生法(CPR)

【持ち物】
 作業着または汚れても良い服(長袖、長ズボン)、軍手、タオル、帽子、昼食、飲み物、雨具(レインコート等)
・体温調節がし易い服装(前開きシャツ等)をご用意ください。
・かなり汗をかきますので、水分を余裕を持ってご用意ください。普段の飲量の2倍程度をめやすにしてください。
・昼食、飲み物ですが、フィールド近辺には売店などがございません。
 御嶽駅前のセブンイレブンが一番近いコンビニになります。

【参加費】1000円(保険代も含む)

【雨天時】小雨天決行(雨天時は、当日朝下記までお問合せください)

【定 員】10人

【申込み方法】
申し込みは、申込みフォーム:http://www.morinoanzen.com/mail/entry.html からお願いいたします。

申込みフォームが利用できない方はメールまたは電話でも受け付けます。
申込みメール:info@morinoanzen.com
電話 : 080-5008-8830 (今泉)
 お名前、年齢・性別、住所、連絡先(当日連絡の付く電話番号または携帯メール)、
 メールアドレス、当日の交通手段、所属団体名等を、ご連絡ください。

【申込み期限】 1月31日(金)

【問い合わせ】 森の安全を考える会 080-5008-8830 (今泉)
■事務局:info@morinoanzen.com
blog http://blog.canpan.info/morinoanzen/
RSS http://blog.canpan.info/morinoanzen/index1_0.rdf
facebook http://www.facebook.com/morinoanzen
Twitter @morinoanzen

本活動は「イチから始める森林ボランティア2013」との共催になります。
| 次へ