CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
プロフィール

森の安全を考える会さんの画像
<< 2015年02月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
リンク集
記事カテゴリ
最新記事

http://blog.canpan.info/morinoanzen/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/morinoanzen/index2_0.xml
タグクラウド
こちらでも情報を公開しています。是非ご利用ください。
facebook
http://www.facebook.com/morinoanzen
twitter
@morinoanzen
【活動報告】定例森林内作業(2日目):花咲き山整備:道づくり [2015年02月08日(Sun)]
2日目の当初の予定は、澤乃井御岳フィールドでの道作り(補修)でしたが、林道およびフィールドに残雪が多く安全を優先し、活動場所を花咲き山に変更としていました。

2日目の花咲き山では、昨日階段がきれいになったため、その周りの雑木を切り落とし、更に階段が映えるようにしました。
DSCN5823s.jpg

前日(7日)からの宿泊組みを入れて8名での活動です。
DSCN5824s.jpg

朝からぐずついた空模様で、前日の天気予報でも天気が崩れる予報となっていました。
DSCN5826s.jpg
11時頃には、雨が激しくなったため後片付けをして、12月の活動に引き続き、室内で夢マップについて皆で語り合いました。

DSCN5829s.jpg
DSCN5831s.jpg
夢の一つである『忍者体験』が出来る山について、初参加の方より大きな関心がありました。

<花咲き山 夢マップ>
DSCN6018s.jpg

気が付くと外は雨から雪に変わっていました。
DSCN5832s.jpg

次回の定例活動は4月4日、5日になります。

(伊藤)
【活動報告】定例森林作業(1日目):花咲き山整備:道づくり [2015年02月07日(Sat)]
1日目は、前回12月の活動で皆で語り合った夢マップ実現の一歩として花咲き山での道作りを行いました。

今回の参加者13名、年齢も10代から70代と幅広い方々が参加してくださいました。
IMG7775s.jpg
まずは、本日のリーダーである伊藤より、一日の作業説明と準備体操を行います。
チームを2チームに分けて作業を開始します。

本日手がける道は、過去に一度つくったもののメンテナンスが悪く朽ちて締まっているところから開始します。
IMG7777s.jpg
こちらが作業前の状態

使い物にならない古い階段を撤去し(一部は使えるのでそのままに)、まずは、留木である短管と横木を置いて、階段としての様子を確認します。
IMG7779s.jpg

男手による短管の打ち込み(はっきり言って土木作業です。笑)
IMG7782s.jpg

短管をある程度打ち込んだら、横木を置いてみて確認します。
IMG7783s.jpg
短管が出過ぎていれば、もう少し打ち込みます。

別の角度から、良い感じです。
IMG7787s.jpg

横木の位置決めをしたら、土留めをします。
IMG7798s.jpg IMG7833s.jpg
大きく口が開いてしまっている場合は、石を入れて土が流れないようにしていきます。

完成したところ。
IMG7797s.jpg

昼食は、今月は初日のお昼から賄い付きで、武家屋敷特製?カレー。
もちろん、みんなで楽しくわいわいしながら、美味しく頂きました。
IMG7819s.jpg

午後からも引き続き作業を行います。
IMG7845s.jpg
カレーの匂いに誘われてか?作業の様子を偵察にきた怪しい影が(笑)

予定通り15時にすべての作業を完了いたしました。
IMG7855s.jpg
こちらは作業後の写真です。頭から2枚目の作業前写真と比べ通りやすくなった様子がうかがえるかと思います。

遠くから参加してくれた学生さんはここでお別れ。
DSCN5800s.jpg
一日お疲れ様でした。

残った面々は、夕食を囲みながら地元のお酒に舌鼓を打ちつつ、今日の作業の振り返りや、これからの花咲き山について大いに語りました。
DSCN5822s.jpg

本日は、たくさんの方に参加いただき、1日で35段の階段を作りことができました。
2チームに分かれて、役割分担を決め、学生さんを始め初参加の方も含め、みながイイ汗をかくことができ、最後の35段目が出来上がった時はなんとも言えない充実感が満ちていました。

(伊藤)
2月の定例活動:定員に達しました [2015年02月02日(Mon)]
2月の定例活動ですが、おかげさまで定員に達しました。

ただし、8日(日)のみ、2名空きがあります。
詳細はお問い合わせください。

定例森林内活動(2月度):道づくり
http://blog.canpan.info/morinoanzen/archive/345
スタッフ研修:探鳥会 [2015年01月31日(Sat)]
本日、スタッフと有志の方々と「探鳥会」のためのスキルを磨きました。
今回の講師の先生は、山階鳥類研究所の齋藤武馬先生。

ホリデー快速の中で一緒になると、もうそこから探鳥会は始まっているようです。
DSC2755s.jpg

全員集まったので、改めて双眼鏡の使い方、フィールドブック(野鳥ブック)の使い方を習います。
DSCN5712s.jpg

ルート選定もあったので、2つのチームに分けて探鳥を開始します。
ひとつは、JR青梅線御嶽駅から御岳山岳鉄道滝本駅までバスで移動し、表参道を登りながら御岳ビジターセンターまでの区間を探鳥するコース
DSCN5725s.jpg

もうひとつは、御嶽駅から御岳渓谷を通り、滝本駅まで探鳥し、ケーブルカーに乗って御岳ビジターセンターに行くコース
DSCN5718s.jpg

当日天候も良く、景色も最高です。
DSCN5742s.jpg

途中、蝋梅も咲き始めた参道を通りながら鳥を探します。
DSCN5744s.jpg

先週降った雪に、前日の雪が重なって参道以外の道はこのとおり。
DSCN5749s.jpg

ここ最近の気温の低下の上に、吹きっさらしの風が強いので手水のひしゃくはこのとおり。
DSC2773s.jpg

ホリデー快速で帰れるように、15時過ぎに切り上げて下山しました。

講師を囲んでの記念撮影
DSCN5763s.jpg

本日観察できた鳥(アイウエオ順)
ウソ、エナガ、カヤクグリ、カワウ、カルガモ、シジュウカラ、ジョウビタキ、チュウサギ、ハクセキレイ、ハシボソガラス、ヒガラ、ヒヨドリ、ホオジロ、メジロ、ヤマガラ 計15種

本日参加したスタッフ+有志と終了後に意見交換を行い、今後の活動としての探鳥会について、意見を出し合いました。
その意見を分析し、今後の活動に役立てていきたいと考えています。

(森中)
2月の定例活動:定員に近づいています [2015年01月29日(Thu)]
2/7〜8に開催いたします、定例森林活動2月度につきまして、まもなく定員に達しそうです。

1/28現在で、2/7(土)は残り2、2/8(日)は残り3となっております。
参加を検討されている方は、お早めのお申し込みをお願いいたします。

詳細は、http://blog.canpan.info/morinoanzen/archive/345
森林ボランティア応急救護講習−上級救命講習会− [2015年01月24日(Sat)]
―森づくり活動の中で、危険な場面に出会ったことはありませんか?
 ―目の前で事故が起こったとき、大切な仲間を助けられますか?

森づくり活動は、常に危険と隣り合わせです。
自主活動の時、主催したイベントの時、「まさか」の事態は突然訪れます。
その時の対応は、所属団体やあなたの責任問題に大きな影響を与えることがあります。この講習会を通じ、団体の枠組みを越えて、森づくり活動の安全を考えながら、事故のない活動を続けていきたいと考えています。
仲間を救うために、そして、あなた自身の身を守るために、一人でも多くの方のご参加をお待ちしております。

DSCN4079s.jpg
昨年の様子

【日時】 2015年 3月15日(日) 9:30〜17:30(8時間)

【講習場所】東京消防庁 秋川消防署

【講習内容】 上級救命講習
(心肺蘇生法と自動体外式除細動器(AED)使用方法、大出血時の止血法、異物除去要領、傷病者管理法、外傷の手当要領、搬送法を学ぶコースです。
普通救命講習を受けていない方でも受講できます)

【持ち物】筆記用具

【参加費】(上級救命講習代、事務手数料含む)
3100円(講習テキスト、三角巾、レサコ含む)

【集合場所】9:25 現地集合
※駐車スペースがありませんので、車でのご来場はご遠慮ください。

【定員】20人(最小催行人数10人、また定員になり次第締め切り)
※なお、今年度より最小催行人数制にて開催とさせていただきます。
万が一最小催行人数を満たない場合は、中止とし別途ご連絡させていただきます。

【申込み方法】
申し込みフォームからお願いいたします。
http://facilitater.cafe.coocan.jp/morinoanzen/entry_bls.html

なお、申込みフォームが利用できない方はメールでも受け付けます。
名前、年齢、性別、住所、連絡先(当日連絡の付く電話番号又は携帯メール)、メールアドレス、当日の交通手段、所属団体名をご連絡ください。

【締切】 2015年2月27日(金)
    ※定員に達した場合、事前に締め切ります。

【企画・主催】 森の安全を考える会

【協力】 秋川消防署

【問い合わせ】 森の安全を考える会
事務局電話:090-5428-1422 (森中)
事務局:info@morinoanzen.com
blog http://blog.canpan.info/morinoanzen/
RSS http://blog.canpan.info/morinoanzen/index1_0.rdf
facebook http://www.facebook.com/morinoanzen
Twitter @morinoanzen

※山岳救助隊隊員に、山での事故対処法などの質問がありましたら、事前に取りまとめ回答をお願いいたしますので、聞いてみたいことがある方は、あらかじめ質問をお寄せください。
※この講習会は、秋川消防署により特別に開催していただいております。

昨年の森林ボランティア応急救護講習
DSCN4080s.jpg
御岳山 [2015年01月18日(Sun)]
先週の記事の話題にしました踏査を行ってきました。

対象は、今月末に予定しているスタッフ研修のためのものです。
「えっ?スタッフ研修にまで踏査する必要があるの?」と言われそうですが、年末年始の降雪の状態も知りたかったため実施しました。

自宅を6時にでて、一路御岳山の滝本駅を目指します。
DSC_2652s.jpg

始発こそ逃しましたが、8時台のケーブルカーでケーブルカー駅に到着。
寒い・・・ -3℃を指しています。
雲ひとつ無い快晴でしたので、遠くはスカイツリーや赤城山まで見渡せます。
DSC_2654s.jpg
年末から何度かの降雪のため、除雪されていないところには雪が残っています。

それでも参道はすべて除雪されているため、多少氷結している部分に気をつけるだけで快適に歩けます。
DSCN5631s.jpg

しかし、ちょっとでも参道から外れた山道になると一転し、10cm弱くらいの積雪がありました。
用心のために軽アイゼンを装着した方が良い感じです。
DSCN5643s.jpg

今回はスタッフ研修(探鳥技術習得)のための下調べでしたので、本格的な登山という訳ではありませんので、御岳神社周辺を軽く流すだけで終了としました。
DSCN5703s.jpg



阪神淡路大震災から20年 [2015年01月17日(Sat)]
阪神淡路大震災が起こったとき、私は学生で研究室からその様子を見入っていた独りでした。
私自身、大阪出身なので、この震災で何人か友人を亡くしております。

そんな震災からもう20年になるんですね。
この年はボランティア元年と言われていますが、関西ではもともとボランティア活動は、(ボランティアという呼び名であったか関係なく)盛んだったと記憶していますので、この表現には少し違和感を覚えています。

a0002_005508_m_s.jpg

確かに、これまで個々の活動をおこなってきたボランティア団体については、横の繋がりを気にしながらの初めて活動となってと思いますし、この年以降、設立されたボランティア団体も多かったのではないかと思います。

私たち森の安全を考える会も、前身の活動体としては、森林だけに限らず、すべてのボランティアの安全を考えたいと思っていました。
その中から、一番身近であった森林ボランティアから手始めに始めただけのことです。

WS-KYT.jpg

当会もこの日を意識した団体(初期の頃から開催している上級救命講習は、1/17に近い日を開催日として設定しています)ですが、当会も10年を過ぎ、これからもできるだけ、様々な活動で有意義な情報を提供できるようにしていきたいと思います。

なんだか新年の挨拶みたいになりましたが、阪神淡路大震災で亡くなられた方々に哀悼の意を表します。
踏査 [2015年01月10日(Sat)]
踏査(とう さ field survey)とは、辞書で調べて見ると、
=======================================
・実際にその地へ出かけていって調査すること。「史跡を―する」「実地―」
広辞苑 第六版
=======================================
・実際その場所に行って調べること。「実地踏査」
新明解国語辞典 第七版
=======================================
となっています。

私たちが新たなフォールドで活動を始める際、自然体験イベント等を実施する際の事前調査は重要な役割を持っています。

ひとつは、実際のイベントを行うに当たってスタッフがどのような場所なのか、リスクとなり得るものはなにか。をあらかじめ知る点で、当日のスケジュールやどのような点に注意が必要か等の計画を立てることができます。

また、もうひとつが、万が一活動にてアクシデント(死傷事故等)が発生し、刑事もしくは民事訴訟となった場合、事前の踏査の実施がその結果を大きく左右することになるようです。
【活動案内】定例森林内活動(2月度):道づくり [2015年01月03日(Sat)]
2月の定例森林作業は、土曜日に花咲き山、日曜日に澤乃井御岳フィールドで作業を行います。

DSCN4111s.jpg

DSCN4114s.jpg

前回の活動で作成した花咲き山のデザインを元に道づくりの作業を行います。
また、日曜日も道づくり(補修)作業を行います。

1泊2日の活動となりますが、いずれか1日だけの参加も可能ですので申し込み時にその旨お書きください。

日時
2015年2月7日(土) 9:30〜8日(日) 16:30

場所
7日:花咲き山(東京都西多摩郡日の出町大久野)
8日:澤乃井御岳フィールド(東京都青梅市御岳)

集合
7日:JR青梅線 青梅駅 9:00集合
 電車の場合、特別快速 ホリデー快速おくたま 1号が便利です。
(新宿11番線07:44発−立川08:11−拝島08:27−青梅08:43)
8日:JR青梅線 御嶽駅 9:10集合
 電車の場合、特別快速 ホリデー快速おくたま 1号が便利です。
(新宿11番線07:44発−立川08:11−拝島08:27−青梅08:43−御嶽09:00着)

作業内容
1日目 道づくり・他
2日目 道づくり(補修)


持ち物
作業着または汚れても良い服(長袖、長ズボン)、軍手、タオル、帽子、昼食、飲み物、雨具(レインコート等)
宿泊者は、バスタオル、就寝衣類、常服薬等
・体温調節がし易い服装(前開きシャツ等)をご用意ください。
・汗をかきますので、水分を余裕を持ってご用意ください。普段の飲量の2倍程度をめやすにしてください。
・昼食、飲み物ですが、フィールド近辺には売店などがございません。
 御嶽駅前、青梅駅前のセブンイレブンが一番近いコンビニになります。

参加費
1泊2日参加
一般2000円、学生1000円(保険代も含む)
7日のみ参加の場合
一般1000円、学生500円(保険代も含む)
8日のみ参加の場合
一般/学生1000円(保険代も含む)

雨天時
小雨天決行(雨天時は、当日朝下記までお問合せください)

定員
10人(定員に達し次第締め切ります)

申込み方法
申し込みは、申込みフォーム:http://www.morinoanzen.com/mail/entry.html からお願いいたします。

申込みフォームが利用できない方はメールまたは電話でも受け付けます。
申込みメール:info@morinoanzen.com
電話 : 090-5428-1422 (森中)
 お名前、年齢・性別、住所、連絡先(当日連絡の付く電話番号または携帯メール)、
 メールアドレス、当日の交通手段、所属団体名等を、ご連絡ください。

申込み期限 2月5日(木)

日程
1日目
 09:00 JR青梅駅集合
 09:40 受付・準備体操
 10:00 プログラム1:道づくり
 12:00 昼食
 13:00 プログラム2:道づくり
 15:00 片付け(1日目のみ参加者解散)
 16:00 着替え・入浴
 17:30 プログラム3:未定
 19:00 夕食
      夕食後、囲炉裏部屋で懇親会(自由参加)
 23:00 消灯
2日目
 06:00 起床・着替え・荷物整理・室内清掃
 07:00 朝食
 08:20 宿舎出発
 09:00 JR御嶽駅集合
 10:00 プログラム4:道づくり
 12:00 昼食
 13:00 プログラム5:道づくり
 15:00 片付け・着替え
 16:30 JR御嶽駅解散
※天候等の諸条件により変更することがあります。

共催
NPO法人 日の出太陽の家ボランティアセンター 花咲き山整備隊

問い合わせ
森の安全を考える会 090-5428-1422 (森中)
■事務局:info@morinoanzen.com
blog http://blog.canpan.info/morinoanzen/
RSS http://blog.canpan.info/morinoanzen/index1_0.rdf
facebook http://www.facebook.com/morinoanzen
Twitter @morinoanzen
続きを読む・・・
| 次へ