CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2017年03月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
保育園卒園式 [2017年03月25日(Sat)]
月のあかり職員が、PTA会長だったため、月のあかりで卒園式後の謝恩会を行って頂きました。
P1120603.JPG
栄養部門の料理でおもてなし。
P1120598.JPG
子供達の声が中庭中に響きわたり、風鈴の音が全く聞こえない状態。
P1120619.JPG
多世代交流の一環として、月のあかりを地域の皆様でご活用ください。
保護者の皆様、ご卒園、おめでとうございます。
全体研修(目標報告会) [2017年03月24日(Fri)]
平成28年度も残りわずか・・・。
今年度を振り返り、各部署の取り組んできた事を報告会として行いました。
P1120540.JPG
短期・管理・通所・栄養・看護・入所(各ユニット)相談と、各部門から、特に頑張った事の報告がありました。
P1120553.JPG
P1120568.JPG
振り返ると、開設から一年半がもうすぐ経過しようとする中、一年の四季をお客様と共に過ごし、そして、お客様の事を少しづつ知りたいと感じた職員が、様々な事にチャレンジをした事が、様々な客観的な数字からも読み取れる報告でした。
P1120577.JPG
「同じ月のあかりでも、知らない事がいっぱいあった。」「あの部署の取り組みを真似したい」などの職員からの声もあり、来年度に活かして参りたいと思います。
平成29年度 入職前新卒父兄説明会 [2017年03月20日(Mon)]
全国各地で、卒業式が行われている中、湖成会では、平成29年度新入職員として迎える事となっている職員と、その父兄を対象にした保護者説明会を行いました。
P1120474.JPG
福祉業界は良い面も悪い面も、様々なニュースで取りざたされる事が多く、この業界への将来性や働く中での不安な事が、法人としてどのようにサポートをしているのか、法人の福祉に対する姿勢をご父兄の方々にも解って頂きたいと考え、昨年度より行っております。
P1120464.JPG
アンケートの感想として、ご参加をされたご家族から「学校を出たからというだけで、社会人としては全くの白紙状態の今、このような機会を設けて頂き本当に良かったと思います。細やかな配慮が伺え、不安や心配が少し薄れた感じがします。」
新卒者から「自分の職業に対して、両親に説明をしてもらえたのは良かった。入職後の自分の姿を想像して、努力したいと改めて思いました。」
P1120490.JPG
湖成会では4月1日に入職式を行います。新しい仲間と共に、新たな目標に向かってチャレンジして参ります。
本日は説明会にご参加を頂き、ありがとうございました。
緊急時の対応 [2017年03月15日(Wed)]
月のあかりの看護師による「緊急時の対応」のテーマで研修を行いました。
P1120449.JPG
開設以来、重大事故には繋がっていない事は「職員は怖さを知っている」「看護師が早期対応出来ている」「初期対応が出来ている」とも判断できますが、「看護師に任せれば良い。」とも捉えられてしまいます。
P1120447.JPG
必要な物品はどこにあって、指示があったらどのように対応するのかを、「命を守る」仕事だからこそ、基本に立ち返り学ぶ事ができました。
準備も含め、看護師さんは伝える事に苦慮されておりました。
研修ありがとうございました。
地域支援×金華堂 [2017年03月12日(Sun)]
今年度最後の地域交流事業「知って、活かして、活かされて」を行いました。
午前中は「ふじサンサン体操」などを一緒に行い、施設内の散歩。
P1120410.JPG
お昼はバイキング。春の彩りがある食事が並びました。
P1120429.JPG
午後は富士市松岡にあります「金華堂様」より、望月様、栗田様にご講演をいただきました。
P1120437.JPG
「終活」という言葉が流行しても、その内容は様々です。講演の中では、「死」について、真剣に考えていきましょうと言ってくださいました。
P1120436.JPG
金華堂では、3ヶ月に一度「金華堂塾」を行っているとの事。詳細は直接ご連絡をお願い致します。
来年度に向けて、多世代で交流が出来る企画も考えていきます。
ありがとうございました。
全体研修(こやまケア) [2017年02月24日(Fri)]
本日の研修は「こやまケア委員」が中心となって行ってくださいました。
ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)
こやまケアとは・・「自らが受けたいと思う医療と福祉の創造」の理念のもと、「自分だったらこんなケアを受けたい」「自分だったらこんなケアは嫌だ」を総称している名称です。
P1120158.JPG
最初に、委員長の小田、副委員長の稲垣が、今年度の委員会の取り組みを発表しました。
P1120168.JPG
続いてはグループワークです。現場で起こりやすい悪い事例を委員の職員が再現し、それに合わせた「お客様の気持ち」「職員の気持ち」「ご家族の気持ち」を考え、ケアの振り返りをする時間としました。
P1120172.JPG
職員からは、「私だったら絶対に嫌」「こんな施設なら入りたくない」などの気持ちを共感ができました。
P1120174.JPG
最後に、自分のケアの振り返りとして「こやまケア10ヶ条に併せた個人評価表」を記載致しました。
P1120163.JPG
お客様の日々の暮らしを支えていく事は、簡単ではありません。日々、悩み、苦しみ、そして、お客様に救われています。「これで本当に良かったのか」と悩みますが、その悩みは「お客様にとってどう何か」をケアの中心に「こやまケア」をこれからも施設全体に広めていく活動を、委員会を中心に行っていきます。
委員会の皆様、ありがとうございました。
プリセプター・プリセプティー研修 [2017年02月21日(Tue)]
平成28年度 プリセプター・プリセプティー 研修の最終日です。
現場で直接指導をしてくれる先輩職員(プリセプター)と、今年度の入職職員、初めて仕事に就いた職員(プリセプティー)が、一年を掛けて取り組んだ事、日々の仕事で感じた事の振り返りを行いました。
P1110931.JPG
7名の職員が、一年間日々悩み、苦しみ、時には「仕事に向いていないんじゃないか」と思った事もあったと自分の気持ちを素直に話してくれました。
P1110939.JPG
その中でも、今日の日が迎えられたのは、お客様と日々を過ごす中での事や、先輩職員の支えがあった事を伝えてくれました。
P1110984.JPG
お客様との企画を通じて、自分の仕事の楽しみややりがいに気づいた事。
P1110971.JPG
他職種で一人のお客様に関わる楽しさと難しさを感じた事。
P1110994.JPG
一年のお疲れ様を込めて、法人より手作り料理を食べながら懇親会を行いました。
P1120064.JPG
プリセプターから、プリセプティーに今年一年の頑張った事や、指導をしながら自分も成長ができた事などを、手紙で伝えてくれました。
P1120035.JPG
修了証書を施設長、所長よりお渡しし、一年間の活動が終わりとなります。
P1120082.JPG
「成長」とは、日々の仕事を振り返った時に感じる事だと思います。「自信をもって仕事をしていく」ことはとても難しい事です。しかし、本日の発表を聞いて、「お客様が愛おしいという想いになった。」「仕事に来ることが楽しい」と言ってくれる職員を見て、「成長」をしている事を実感しました。
来年度も新入職員の入職が決まっています。今年のプリセプティーに来年は後輩ができるのです。一人ひとり職員の成長、その積み重ねを大切にしていきます。
法人内SW・CM研修 [2017年02月16日(Thu)]
法人職員500名。その内施設の顔として勤務をしてくれている職種。
「生活相談員」「介護支援専門員」総勢35名。
地域支援を見据えた施設の顔として、毎日奮闘をしている職種です。

法人としての研修を2回に分けて行います。本日は第1回目。
テーマ「仕事の整理と法人内コミュニュケーション」
午前は熱海伊豆海の郷名川施設長が担当。
P1000856.JPG
相談員経験の中、自分の転機になった事例を紹介して下さいました。
午後は月のあかり齊藤施設長が担当。
P1000859.JPG
同じ職種だから「わかる〜」を共有、共感し、法人内の仲間意識を高める内容でした。
P1000863.JPG
来年度も法人内連携を強め、施設の顔として活躍できるプロフェッショナルを目指していきます。
施設内研修(スキルアップ研修A) [2017年02月15日(Wed)]
P1110814.JPGH29.2.15(水)

今日は、新卒者を中心に施設内研修を行いました。
「スキルアップA研修 : 事故防止」
P1110810.JPG

今回は、実際にユニットで起きた事故を取り上げ 職員が事故を再現・・・
P1110825.JPG

研修参加職員に事故発見者となり、「事故報告書」を記入してもらうという内容でした。

「事故報告書」 何度か書いているが、なかなか書き方が分からない。記入するポイントがつかめない。原因分析が出来ない。など、ほとんどの職員が報告書の記入の仕方を勉強できておらず、今回 改めて「事故報告書の書き方」について研修を開かせて頂きました。

名演技の職員役(Aさん)・おばあちゃん役の(Mさん) どのユニットでも起こりうる転倒事故を再現してくれました。
P1110813.JPG

職員も、集中して観察し 各自それぞれの視点で事故状況を「発見」から「初期対応」まで記入し、グループワークにて事故カンファレンスを実施し 「原因考察」「改善策」を話し合いました。
同じ事故だが、グループによって考えられる原因・改善策も違い 沢山の意見が交わされていました。
P1110828.JPG

職員によって、事故の捉え方が違ったり、考え方が違う事を体験し より多くの職員同士で話し合う大切さを学んで頂けました。
今回、「事故報告書の書き方」「原因分析の仕方」「具体的な改善策の必要性」「カンファレンスの大切さ」「改善策が有効であったのかを確認する事・見直していく事」などを主に伝えさせて頂きました。

なぜ、「事故報告書」が必要なのか?大切なのか?
起こってしまった事故を、しっかりと分析し 同じ事故を繰り返さないようにする事。
何より、痛い思い・辛い思いをお客様にさせないようにする事。
私達、職員は お客様の安全な生活を守る仕事であるという事を再認識できた研修でした。

楽しい日常生活を送って頂く為には、安全な生活が送れるという事が前提にある事。
この研修を開催させて頂き、まだまだ課題はありますが 自分自身、再認識させて頂く研修になりました。

今後も、施設内研修で様々な視点で勉強会を開催し 職員の知識・技術の向上。そして、お客様の安心して過ごせる環境づくりを目指していきたいと思います。
★ お誕生日企画 ★ [2017年02月14日(Tue)]
H29.2.14(火)

今日は、「新月庵・三日月庵」の2月のお誕生日企画バースデー

6名のお客様を地域交流室にご案内しておもてなし・・・
お客様からのリクエストが多かった お寿司を振る舞いましたハート

今回の企画は、ユニットの職員と栄養課職員との合同企画
栄養課の職員がお客様の目の前で寿司を握り、直接提供。ユニット職員は、お客様と一緒にお寿司を食べながら 楽しい時間を共にし、お祝いさせて頂きました。
P1020408.JPG

いつもと違う、特別な雰囲気に お客様の眼も生き生きとし、「マグロ」「ブリ」等と嬉しそうに注文されていました。
P1000389.JPG
多めに用意していたネタも全て無くなるほどに、皆様 たくさん召し上がられていらっしゃいましたにこにこ

関わらせて頂いた職員も、お客様とゆっくり過ごす事で 会話も弾み、終始笑い声の絶えない空間となりました。
ユニットに戻られたお客様からは、「うまかった」「嬉しかったよ。」「ありがとう」と喜びの声も聞かれ、今回 この企画を立案した職員も「企画して良かった〜」「良い企画になった」とお客様と共に喜びを分かち合う事ができました。

同じ毎日の中で、いつもの仲間・いつものお客様だからこそ「 特別な日 」という1日が、より特別になるのだと感じました。
お客様とより多くの「 特別の日 」を一緒に過ごしていけるよう、頑張りたいと思います手(チョキ)


| 次へ
リンク集
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

月のさんの画像
http://blog.canpan.info/moon-light/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/moon-light/index2_0.xml