CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 助成金の報告 | Main | 政党・国会議員・市議会・県議会まわり»
プロフィール

みやぎアピール大行動実行委員会さんの画像
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
リンク集
http://blog.canpan.info/miyagidaikoudo/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/miyagidaikoudo/index2_0.xml
村井知事との面談 [2010年08月10日(Tue)]
実行委員会では8月2日に村井嘉浩宮城県知事との面談を行いました。

 今回の面談は、アピール大行動を始めてから、大行動で採択されたアピール文を知事に直接手渡すことを続けてきた経緯から、今年もかねてから面談を要請しており、実現しました。

 今回は、「当事者の話をゆっくり聞きたい」という知事の意向もあり、2年ぶりの面談は実行委員から事務局を中心に9名が参加しました。これまでの面談では委員会全体へ参加を呼びかけ、30人前後で面談を行っていたので、次回の面談の際にはぜひ以前のように多くのメンバーと会っていただきたい、という要請をすることも目的でした。

 さて、面談は15:20〜16:00まで知事室で行いました。

【知事へアピール文を手渡し】
 代表の鷲見より、知事に対してアピール文を手渡しました。鷲見からは今後4年間県政に携わられるということで、知事の富県戦略に福祉、とりわけ、障害者福祉をも含めた形で推進してほしい、と述べました。

【知事へ当事者から要望・メッセージ】
[身体障害者の立場から]
・マンションで1日24時間の介助を受けながら生活しているが、これだけの時間は、制度上では保障されていない。残りの時間は事業所の厚意。それでも足りない場合は、ボランティアを募集している。でもなかなか集まらず、ボランティアだけでは、残りの時間をまかなえない。
・いくら地域移行といっても、その人らしい生活を支えるには、社会生活のためのサービスが必要。介助がなければ、いくら地域移行と言っても、安心して社会の中で生活をしていくことができない。施設や親元から出てくることができません。私の話は以上です。

[精神障害者の立場から]
・精神病院はよくて下宿、悪くて刑務所です。隔離・収容主義が続いてきました。世界では、当事者が安心して暮らせるように、地域で精神医療を展開している。日本では現在、精神病院は35万床あり、そのうち7万6千人が社会的入院。民間病院の粗製乱用などが原因。地域精神保健医療への大転換を望みたい。
・社会的入院者の居宅がないことが問題となっている。住宅における居宅確保が大切になってきます。グループホームや民間のアパートで、居宅確保の政策を実行してほしい。
・長期入院者を出さないように、民間病院への政治的コントロールを及ぼしてほしい。病床の削減を是非、実現してほしい。地域に出して、病床を削減する必要がある。
・精神障害者と聞くと、危ない、という差別がある。床屋や調理師など刃物を使う仕事に就けないという差別もある。このような欠格条項を取り除くために啓発活動を行ってほしい。
・仙台市以外の地域で社会的資源が不足している。特に、相談機関がほしい。病状が悪くなり、ピンチの時に相談できる機関を各地域に作ってほしい。



[知的障害者・支援者の立場から]
・障害福祉サービスの報酬単価を日額から月額へしてほしい。専門性を担保する財源がなく、正規職員を雇えない。
・障害程度区分の認定制度において知的障がい者の障がい自体が理解されていない。障害程度区分の認定調査に来る方のほとんどが、介護保険分野のケアマネージャーで、知的障がいのことを理解していない。当事者が適切なサービスを受けられず、事業所も収入減だ。
・ケアホームへの重点的支援について、設立したのちの運営に関する補助金がない。安全面確保という意味においても、県独自の運営に関する補助金制度を創設してほしい。 
・通所サービス等利用促進事業補助金を今後も、是非、継続してほしい。

・優先発注や、県庁1階で行っている物販を通年販売にしてほしい。イベントでの物販もお願いしたい。

[さいごに・事務局より]
・是非、知事に直接我々の声を聴いていただく場を継続して設けてほしい。来れなかったメンバーも含めて、声を聴いていただきたい。
・県の福祉施策を、是非、強力に推進していただきたい。特に、宮城県は仙台市と他の市町村との格差が顕著です。どの地域ででも暮らせるようにしていただきたい。

[村井知事から]、
・社会保障制度の大枠は国が決めるが、納得できる要望をいただいたので財政が厳しくとも、できることを1つ1つ取り組んでいきたい。できるところから解決していきたい
という言葉をいただきました。


 知事に対して、直接実生活・実態を話ができたことは、意義深かったとおもいます。しかし、知事の障害者福祉へのビジョン・考え方をもう少し伺いたかったと感じています。

県への働きかけについては今後も継続していきます。
Posted by みやぎアピール大行動実行委員会 at 18:05 | 仙台市長・宮城県知事との面談 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
知事面談の再要請のため県庁秘書課へ行きました [2010年06月22日(Tue)]
皆様へ。実行委員会事務局・及川です。

知事面談の再要請のため
県庁秘書課へ行きました

今週、通常国会が閉会し、障害者自立支援法改正案が廃案となりました。20日あまりの行動の結果だと確信します。

 さて、2010年6月16日(水)に知事面談の再要請のため、県庁秘書課へ行きました。遊佐県議(民主)、遠藤県議(共産)に同行いただき、実行委員会から6名が参加しました。秘書課長へ要請書を手渡し、面談を求めました。
 今後、ご協力いただいた県議とも協議しながら、事務局としても、協議していきたいと思います。
Posted by みやぎアピール大行動実行委員会 at 12:47 | 仙台市長・宮城県知事との面談 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
2010年6月2日奥山仙台市長との面談報告 [2010年06月21日(Mon)]
2010年6月2日
奥山仙台市長との面談報告

2010年6月2日に奥山仙台市長と実行委員会との面談を行いました。実行委員会からは、29名が参加し、市長以下9名の職員との面談となりました。
 この面談は、3月の大行動で採択されたアピール文を手渡し、我々の声を直接市長へ届けるために以前から申し入れをしていたものです。

↓奥山仙台市長に要望書とアピール大行動2010の報告書を手渡す鷲見代表

↓市長以下9名の職員

↓切々と自分達の生活の悲惨な状況を市長へ語る障がいメンバー達


以下、市長面談の流れとおもなやりとりについて記します

【アピール文手渡し、代表より】
面談では、アピール文を手渡した後、鷲見代表から3月21日の集会の様子が語られ、政権が交代した中での集会で期待と活気に満ちた集会となったことが報告されました。また、障害者自立支援法の改正案が、当事者にまったく知らされず突然出てきたことに触れ、仙台市では当事者の声を聞くことを基本にしてほしいと求めました。

以下の「3・21みやぎアピール大行動で採択されたアピール文」と「19項目の要望書」を市長に提出しました。

 
【身体障害者の立場から】
次に、身体、精神、知的障害の分野から、それぞれ当事者が直接市長に対して意見を述べました。
身体障害の立場から
○ 同年代の健常者のように暮らしたいと思い、重度の障害を持ちながら7年間一人暮らしをしているが、介護サービスが不足しており、必要な介助が認められていない現状がある。重度訪問介護などの正しい制度運用や詳しい説明をしてほしい。

 精神障害の立場から
○ 就労について。長期間かけて生活をリズムを就職したが、生活保護を打ち切られた。医療費などの支払いが発生したために、保護費以下での生活になった人がいる。こうしたことで就職をあきらめざるを得ない人が大勢いる。
就労支援と同時に、住宅手当などの支給を考えてほしい

 重度心身障害者の親・事業者の立場から
○ 地域生活支援事業の拡充を図ること。これなしではやっていけない。仙台市はいわゆるレスパイトケアを先進的にやっているが、ケアホームとともにまだ不十分。施設に入所させないことがノーマライゼーションを推進することではないか。

 【市長より】
○ (アピール文の要望項目である)条例の制定は、市民に理念を広めることが必要であり、差別の定義など言葉の整理も必要。職員、議会との議論も必要だと認識している。
○ 地域生活支援事業については、予算もあるので優先順位の高いほうからやっていく必要がある。
○ 当事者の意向を反映させることについては、当事者が何に課題を感じて市が何ができるかということを話をして充実させていきたい。

ここで市長は退室されました。市長からのコメントの印象としては、依然となんら変わりがないと感じました。条例についても地域生活支援事業についても、予算の制限や市民の意識等を理由にして積極的な福祉施策を実施するというような市長としての考え方が見えにくいように思いました。

 その後、仙台市の職員との意見交換に移りました。意見交換では、重度障害者の所得保障が現実的に生活保護によってなされてる現状について指摘がありました。生活保護と所得保障は、性質が違う。仙台市として生活保障の制度を作るべきだと言う意見が出ました。仙台市側としては所得保障は国の制度なので市が独自に手当てなどを行うことは考えていないということでした。
また、授産製品の販売促進については、事業所が増えていることもあるが役所での販売が減っているのでもっと増やしてほしい。また、地域生活活動センターの補助金も従前額から変わってないのでこちらも増やしてほしいという意見も出ました。
さらに、介助時間の支給決定方針が国の通知と合ってないので、通知にそった支給決定に改めてほしいとの意見が出ました。

面談においては以上のような意見の交換がありました。我々が求めていることがなかなか制度に反映されない状況があります。先ほども述べたように市としての考え方やビジョンをはっきりと福祉重視と示してほしいと思います。
今後も仙台市に対しての要請行動を続けて行きます。
(文責:及川)
Posted by みやぎアピール大行動実行委員会 at 18:12 | 仙台市長・宮城県知事との面談 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
宮城県との面談報告(平成22年2月10日実施) [2010年02月23日(Tue)]
みやぎアピール大行動事務局長 及川(2月10日の宮城県との話し合いについて報告)


宮城県との面談報告

日時:2010年2月10日(水) 11:00−12:15
場所:県庁7階障害福祉部会議室
出席者:飯嶋、井上、及川、下郡山、杉山、鷲見、高橋、永井、松本、水野、安田
県議3名
県側は鈴木部長、課長ら8名
司会:杉山

※内容については後日、掲載致します


↑面談の様子

Posted by みやぎアピール大行動実行委員会 at 18:03 | 仙台市長・宮城県知事との面談 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
宮城県と面談を行います(ご参加ください) [2010年02月05日(Fri)]
アピ−ル大行動事務局・及川より
関係者各位
2月10日(水)、宮城県と面談を行います

実行委員会では、あくまで知事本人との面談を求めておりましたが、今回は残念ながら宮城県側では、部長が対応するようになりました。

ペンギン内容は、これまで私たち(みやぎアピール大行動)が知事選以降に県へ問うてきた事項
@障害者の地域移行について
A宮城県の障害者施策について
B障害者差別禁止条例の制定について

これら3点についての協議となります。

※これまでの経過を踏まえて、ご参考までに↓
※↓ファイルを開く際にエラーが出ることがありますが何度か開くと見れます。
@知事選のときに送った質問状

A村井知事からの回答

B村井知事への再質問状

を添付します。

【県との面談 日時】※下記の通り行いますので皆様お集まり下さい。
日時:2月10日(水曜日) 11時〜
集合:10時30分 県庁ロビー
面談場所:県庁7階障害福祉部会議室


Posted by みやぎアピール大行動実行委員会 at 16:35 | 仙台市長・宮城県知事との面談 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
奥山仙台市長との面談報告 [2010年01月05日(Tue)]
アピール大行動実行委員(文責:及川事務局長)

09年12月21日実施
奥山仙台市長との面談報告


↑奥山仙台市長へ要望書を提出する鷲見代表

《当日の流れ》
■11:00 開会 
 代表あいさつ
 要望書提出
 再質問状についての説明(杉山)
 市長挨拶・市長より回答
 当会代表者よりコメント
 (麦の会、つどいの家、精神、CILたすけっと、つどいの家、なのはな会)
■11:45  19項目の要望書について当会から簡単に説明(杉山)
市側からコメント
・施策の方針
・予算要求の状況
・参加者からの要望、19項目に関連して話す。(時間の許す限り参加者全員)
⇒麦の会、つどいの家、なのはな会、司会、代表

12:00終了

《アピール大行動側 参加者》
・障害者の明日を考える市民のつどい
・CILたすけっと
・つどいの家
・麦の会
・コスモスクラブ
・宮城精神しょうがい者団体連絡会議
・なのはな会
・しょうがい福祉ネット仙台
・社保協
全9団体 30名

《仙台市側 参加者》
・奥山市長、健康福祉部長、課長、係長 他10名

《マスコミ》
・NHK
・河北新報


《内容詳細》
【冒頭】
@実行委員側の自己紹介、市長へ要望書の手渡し
A司会の杉山が以下の2点について発言しました。
・面談の申し入れから面談当日までだいぶ時間が空き、できるだけ早く面談をしたかった。が、その間何も連絡がなかった。議会等で忙しいとはいえ、進捗など連絡はほしかった。
・「要望書」について、個別の要望には答えられないということだったが、法にも質問・要請に対しては回答の義務が明記してある。我々の知る権利にも関わるので、具体的回答してほしい。

【市長の回答】
@障害者施策について
・障害者自立支援法は課題が多いと認識している。地域支援施策についてよりいっそう取り組んでいきたい。
A障害者差別禁止について
・禁止条例の制定には市民の間での盛り上がりも必要。千葉の条例なども勉強しつつ、取り組みたい。
B利用者負担について
・応能負担であるべき

上記のような回答がありました。

【当実行委員会側から以下のようなコメントがありました】
・レスパイト事業など、地域支援を予算を含めて、飛躍的に充実してほしい。地域支援は国ではなく、自治体の仕事。
・受益者負担と制度持続可能性の理論敵つながりがわからない。
・社会的入院者の退院が進んでないばかりか、予算が減らされている。
・重度障害者の地域生活を支える『重度訪問介護の運用を改善してほしい。


【市担当部署との協議】
要望書について
・予算が出ないと個別の回答はできない(市側)
・支援法の見直し、廃止に向けた運動の中で、3障害そろって要望書を出せるようになった。それに対して個別に方針を示せないか(実委側)
・地域支援というのは、地域ごとに進める市としての独自のものではないのか(実委側)
・各項目についての方針・考え方については後日回答する(市側)
・要望したことがどのように活かされているかわかりにくい。予算要求の経過を公表できないか。
・他では予算要求の状況を公表しているところはあるが、仙台市では、していない。

以上が、当日の主な議論です。

市長とは、初の面談でしたが、予定時刻を越えて、こちらの話を聞いて頂き、こちらの考えていることはある程度伝わったと感じました。
市当局については、19項目要望書についてのl個別の方針・考え方を文書でいただくということになりました。
という点においては一定の成果はある面談だったと思います。

以上で、報告を終わります。
Posted by みやぎアピール大行動実行委員会 at 18:33 | 仙台市長・宮城県知事との面談 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)