CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«みやぎアピール大行動2017 報告B アピール行進・アピールコール  | Main
プロフィール

みやぎアピール大行動実行委員会さんの画像
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
リンク集
http://blog.canpan.info/miyagidaikoudo/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/miyagidaikoudo/index2_0.xml
みやぎアピール大行動2018 開催します! [2018年08月16日(Thu)]
ブログの更新が1年近く滞ってしまいましたが、ふたたび再開したいと思います。

昨年10月のアピール大行動から10ヶ月ガ経過しています。
この間の活動については、継続的にアップしていきたいと思います。

実行委員会の活動も13年目を迎え、12回目の大行動を行ないます。

みやぎアピール大行動2018
 なくていいいのちなんてない! いま自由と生存を考える


 日時:2018年9月24日(月) 12:50(開場12:20)
 場所:せんだいメディアテーク・オープンスクエア
資料代:500円
 内容:13:30 アピール大集会
     第一部 講演
         講師:立岩真也氏(立命館大学大学院先端総合学術研究科  教授)
     第二部 当事者アピール
    15:50 アピール大行進(デモ行進)
      せんだいメディアテーク〜仙都会館
      ※手話言語通訳、パソコン要約筆記あります。

優生思想、社会的入院、身体拘束、虐待、尊厳死、隔離、強制不妊手術、出生前診断・・・。
命は等しく尊重されているでしょうか? わたしたちは本当に自由でしょうか?

2014年に障害者権利条約を批准し、2016年4月には障害者差別解消法が施行されました。
一方で同じ年の7月26日に、相模原障害者殺傷事件が起きました。
繰り返し報じられる痛ましい障害者虐待事件。施設入所している身体障害者・知的障害者は約20万人、1年以上の長期入院をしている精神障害者は約20万人もいます。
障害のある人が排除されている現実は、今も日本の社会にあるのです。

また、かつて、子どもを産んでよい人/産むべきでない人を分け、法律により子どもを産めなくする手術が行われていました。その優生保護法は1996年に母体保護法に変わりましたが、被害を受けた人は今も苦しい思いでいます。また、現在も出生前診断という形で、命の選別は行われています。

そうした現実に目を向け、今回は生存学がご専門の立岩真也さんをお招きして、
わたしたちのいのち・生存・自由について深めたいと思います。
障害のあるなしにかかわらず、いのちが等しく尊重されるために!
大切な存在であるあなたと、わたしたちが、ともに生きる社会をつくっていくために!

2018アピールチラシ 完成版.pdf

文責:及川
Posted by みやぎアピール大行動実行委員会 at 15:23 | NEWS!! | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/1382781

コメントする
コメント