CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2018年09月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
波田純
助けてカード (05/17) ミトタク
宮城県自閉症協会*講演会*のご案内 (11/09) ばっけ
中国映画【海洋天堂】 (08/09) qima
中国映画【海洋天堂】 (08/03) ばっけ
生活支援ニュース&報告 (04/24) 遠藤
生活支援ニュース&報告 (04/14) ばっけ
再度 安否のご連絡を! (03/30) 安田優子
再度 安否のご連絡を! (03/25) もりんが
自閉症啓発デーについて (03/18) 森川久美子
自閉症啓発デーについて (03/16)
最新トラックバック
講演会「自閉症スペクトラム 幼少期から気をつけたいこと」のご案内[2018年09月26日(Wed)]
******宮城県自閉症協会 講演会のお知らせ******

自閉症スペクトラム
幼少期から気をつけたいこと


〜強度行動障害の視点から〜

障害が重くても軽くても
強度行動障害にならない人生を考えて


今年度は、行動障害のある方への支援とその対処法を考える」 第3弾として、県内各機関を定期的に訪問し、支援者育成に携わっておられる(株)アスム療育・研修センター 臨床心理士の
猪又初恵さんをお招きします。
各支援現場から見えてきたこと、取り組みについてお話しいただきます。
強度行動障害のある方への問題行動について、どのように対応すればよいのか。
問題行動を回避するためには、どうすればいいのか。
保護者や支援者が幼児期から気をつけたいことをいっしょに学びましょう。
みなさまのご参加をお待ちしております。


講師:(株)アスム療育・研修センター 臨床心理士 
 猪又 初恵
さん
日本女子大文学部教育学科卒。在学時よりカウンセリングを学ぶ。卒業後、宮城県中央児童相談所の乳幼児精神発達精密健康診査に従事。その中で自閉症の子どもとその家族と出会い、TEACCHプログラムを知る。その後、宮城県子ども総合センタークリニック心理カウンセラー、公立中・私立小中学校スクールカウンセラー、市町村発達相談、幼児施設・成人施設のコンサルテーションなど、家族や支援者支援を行う。



●日時:平成30年11月3日(土)
    開場13:30
    開始14:00〜16:00
(質疑含)
●場所:仙台市福祉プラザ11F 第1研修室
     (仙台市青葉区五橋2-12-2)
※ 駐車場はございませんので、一般の駐車場または、公共交通機関をご利用ください。
●参加費:1,000円 
   (宮城県自閉症協会会員500円)

  当日お支払ください。
●定員:60名
(先着順・定員になりしだい、締め切らせていただきます。)

★申し込み用紙はこちら↓から
   ダウンロードできます

       2018 講演会チラシ・申込書.pdf


後援(予定)
宮城県・仙台市・宮城県教育委員会・仙台市教育委員会・宮城県発達障害者支援センター(えくぼ)・仙台市発達相談支援センター(アーチル)・自閉症ピアリンクセンター“ここねっと”・全国コミュニティライフサポートセンター(CLC東日本)・朝日新聞仙台総局・河北新報社・NHK仙台放送局・TBC東北放送・
仙台放送・宮城テレビ・KHB東日本放送

宮城県自閉症協会 事務局
〒984-0816 宮城県仙台市若林区河原町2-2-3 南材ホーム
協会携帯:080-3328-3802
ブログ: http://blog.canpan.info/miyagi


ひかり苑 公開研究会のご案内[2018年09月26日(Wed)]
平成30年度 
ひかり苑
公開研究会のご案内


                            
社会福祉法人みずきの郷
ひかり苑施設長 米倉 尚美


  初秋の候、皆様には平素より格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
おかげさまで、ひかり苑は今年度20周年の節目を迎えることができました。これも、皆様に温かくお見守りいただいたおかげ、と思っております。ありがとうございます。 
そして、今後ともお付き合いのほど、どうぞよろしくお願い申し上げます。
さて、今年度2回目の公開研究会のご案内です。
昨年度、初めての試みとしてグループディスカッションを行いましたが、これが大変好評であり、我々も多くのことを学ばせていただきました。そのため、今年度もグループディスカッションの形態をとり、参加者の皆様と一緒に、自閉症の方々への支援のありかたについて考える時間としたいと思います。

そのため、今年度も、皆さんから質問を募らせていただきます。
また、せっかく昨年度を経ての開催ですので、昨年度相談したケースについて「こんな成果があった」というご報告を頂くことでも構いません。「新たにこんな問題が出てきた」という質問もあるでしょう。「こんなやり方をしたら、とてもうまくいったので、みなさんに紹介したい」というのもありですし、「失敗から、こんなことを学びました」というご報告もありがたいです。
皆さんの日々の実践の中で培った経験や悩みを共有できる場になると嬉しいです。
どうぞ、このような趣旨をご理解の上、公開研究会へのご参加を検討いただけると幸いです。
人手不足が深刻になりつつある福祉の世界です。スタッフを研修に出すのも厳しいことと存じますが、近場で利用できる自閉症研修の場としてご活用ください。




平成30度 ひかり苑 公開研究会 要綱

                    
1.開催日時 第2回:10月24日
  (水)  10:00〜15:00
         
2.対象者  自閉症・知的障害の療育・支
       援に携わっている方
       または関心のある方  
         ※20名定員

3.開催場所  ひかり苑

4.内容  テーマ:『(続)こんなとき、
          どうしますか?』

10:00 〜12:00   ひかり苑の作業・生活
          の様子見学
12:00 〜13:00 昼休み
        (食事場面の見学可)
13:00 〜15:00 「こんなとき、どうしま
         すか?」
         ディスカッション
<15:00〜16:00 フリートーク
        (希望の方)>

5.後援 宮城県自閉症協会  
     ひかり苑保護者会

6. 会費 ¥1000(資料代・参加費)
  ※お弁当をご希望の方は、参加申込書
   にてお申し込み下さい。 
   別途500円頂きます(弁当、味噌
   汁つき)。
   (周辺に飲食店等がありませんの
   で、ご注意ください。)


7.申し込み 電話もしくはファックス、メールにてお申し込みください。
(氏名・年齢・所属・連絡先、質問をお知らせください)。

  ひかり苑公開研究会ご案内・申込書.pdf
  ↑ご案内・申込書を
   ダウンロードできます。



原則先着順とさせていただきますが、前回参加されていない事業所様を優先させていただきます。また、一事業所から多数お申し込みの場合、調整をさせていただく場合があります。ご了承ください

申し込み受付の確認は、ファックスにてお送りします。以前のように参加証のハガキはお送りしませんので、ご了承ください。

8.連絡先   〒989−3124
  仙台市青葉区上愛子字道上59−4
   社会福祉法人みずきの郷 ひかり苑
   公開研究会担当  小林 教孝      
   TEL) 022−391−1711
   FAX) 022−391−1712 
   e-mail) hikarien@topaz.ocn.ne.jp
グループホーム見学会のご案内[2018年08月24日(Fri)]
〜〜〜〜〜〜宮城県自閉症協会〜〜〜〜〜〜

手をつなぐ育成会 グループホーム
見学会のお知らせ


秋風の心地良い季節となりましたが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。
今年度、レクリエーション企画として施設見学会を開催することとなりました。社会福祉法人 手をつなぐ育成会運営のグループホームゆずの木、くりの木の二箇所を見学予定です。
当日は、現地集合・解散となりますので、公共交通機関またはお車をご利用ください。尚、お車でお越しの際は敷地内駐車場確保のため申し込みの際、担当者までお申し出くださいますようお願い申し上げます。
ご多忙とは存じますが、皆様のご参加を心よりお待ちしております。

○日時:平成30年10月12日(金)
 集合:午前10時20分
(見学10時30分〜)
(昼食12時30分〜)
 ※近隣の就労B型事業所 ソレイユ『田んぼカフェ』でランチ(700円)を予定しています。 
○場所:手をつなぐ育成会 グループホーム ゆずの木・ くりの木
仙台市太白区袋原

※現地住所の詳細は控えさせていただきます。
お申し込の方のみにお伝えいたしますのでご了承ください

員:15名先着順(会員限定)
○実費:各自交通費・昼食代
○解散:午後1時30分ごろ予定


担当:宮城県自閉症協会 齋藤 
090‐5234‐3806
FAX 022‐249‐4630

※参加ご希望の方は9月24日(月)までに上記担当者までお申し込みください。

宮城県自閉症協会 事務局
〒984-0816 宮城県仙台市若林区河原町2-2-3 南材ホーム
協会携帯:080-3328-3802
address:miyagiken.jiheishokyokai@softbank.ne.jp
(PC)address:m_autism@yahoo.co.jp
ブログ: http://blog.canpan.info/miyagi
「お茶しませんか」のご案内[2018年08月05日(Sun)]
☆☆☆☆☆☆ 宮城県自閉症協会主催 ☆☆☆☆☆☆

お茶しませんか」のご案内


長い夏休みも終わりですが、学校の時は気にならなかった子どもの行動に悩まされた方もいるのではないでしょうか。
心配事の、あれや、これや…同じ障がいを持つ子の保護者同士で何でもお話ししてみませんか。
話をしてすっきり、リフレッシュしましょう。きっと、帰りには心が軽くなるはずです。
また、ご本人の方の参加も歓迎です。
 皆様のご参加をお待ちしております

○日 時:平成30年9月7日(金)
     10時から12時まで

○会 場:仙台市福祉プラザ 
     10階 第3研修室

        (住所)宮城県仙台市青葉区五橋2-12-2
        *できるだけ公共交通手段でお越しください

○参加費:会員 無料
     一般 500円 (当日受付)


前のお申し込みは不要です♪
どうぞ お気軽にご参加ください (^^)/

第25回 日本自閉症協会全国大会(広島大会)のお知らせ[2018年07月27日(Fri)]
第25回 日本自閉症協会全国大会(広島大会)のお知らせ

このたびの西日本豪雨で被害に遭われました方々に
心よりお見舞い申し上げます。
皆様の安全と被災地の一日も早い復旧をお祈りいたします。

第25回全国大会(広島大会)ご参加のお願い
〜広島への思いを参加で伝えよう〜

      
一般社団法人日本自閉症協会 会長 市川 宏伸

この度の西日本を中心とした豪雨において被災された皆様には心よりお見舞い申し上げます。

現地役員をはじめ関係者の皆様の御尽力で会員の方達の状況について徐々に情報が入っているところですが、まだまだ全会員の安否や状況確認が難しい状況にあります。現在でも不自由な生活を余儀なくされていらっしゃる方、今後の二次災害への懸念のある方も多いかと思われます。全国の皆様からのご心配の声も多くお受けしております。お心をお寄せいただいた皆様には感謝申し上げます。今後の対応につきましては、現地の協会とご相談しながらすすめてまいりたいと考えております。

そうしたなかではありますが、本年9月15日(土)、16日(日)に行われる第25回全国大会(広島大会)は、会場周辺および広島市中心部では人の移動も特段の支障はないことから、予定通り開催することで準備をすすめています。

ただ広島県内は被害も広範に激しく、日常生活に支障のない方は皆無という状況です。広島市および県内市町を結ぶ主要交通機関の復旧が大会までに間に合わないことも確実となりました。

そうした中でも、大会を成就しようと全力で取り組んでおられる実行委員会の現地メンバーに感謝申し上げます。

つきましては、是非全国から広島に集い、広島への思いを伝え、力を合わせていこうではありませんか。全国の皆様におかれましては、被災地のメンバーを勇気づけるためにも、全国大会への揃ってのご参加を是非ご検討いただけますようあらためてよろしくお願いいたします。

(日本自閉症協会ホームページより)


第25回 日本自閉症協会全国大会(広島大会)
第51回 全国情緒障害教育研究協議会広島大会

《大会スローガン》

つながろうや わかりあおうや
平和のまち 広島じゃけぇ


日時 2018年9月15日㈯13時開会
   ・16日㈰16時閉会
場所 JMSアステールプラザ

      (広島市中区加古町4−17)

●記念講演 9月15日㈯ 13:30〜
「わかりあうこと。〜違うことへのリスペクト」
講師:為末大氏(元陸上選手・広島市出身)


●シンポジウム1 9月15日㈯ 15:15〜
「楽しめる“療育”をめざして。〜自閉症特性を伸ばす子育て〜

座長:内山登紀夫氏
シンポジスト:岩永竜一郎氏/今本繁氏/松田文雄氏/林優子氏
指定討論者:田中尚樹氏

●シンポジウム2 9月16日㈰ 9:20〜
「楽しさのある学校“”へ。〜毎日笑顔で過ごせる学校〜」

座長:井上雅彦氏
シンポジスト:青山新吾氏/川合紀宗氏/玉村総枝氏/三村千秋氏
指定討論者:中村大介氏

●シンポジウム3 9月16日㈰ 13:30〜
「楽しく生きる“地域”で。〜ひとりひとりが大切〜」

座長:志賀利一氏
シンポジスト:副島宏克氏/辻川圭乃氏/平井敦子氏/本田秀夫氏
※シンポジストは五十音順


★詳細・お申し込みは こちら から
(日本自閉症協会ホームページ)

主催:一般社団法人日本自閉症協会・特定非営利活動法人広島自閉症協会
共催:全国情緒障害教育研究会

お問い合わせ先
一般社団法人 日本自閉症協会(担当:小松・大岡)
〒104-0044 東京都中央区明石町6−22 築地ニッコンビル6階
Tel:03−3545−3380
Fax:03−3545−3381
E‐mail:2018hiroshima@autism.or.jp

「なんざい交流会2018」のお知らせ[2018年07月10日(Tue)]
「なんざい交流会2018」
   のお知らせ


日時平成30年 7月 21日(土) 
   9:50〜11:30
場所:南材木町児童館 図書室・ゆうぎ室
   南材木児童館駐車場
  
 *今年は会場が違いますので、ご注意ください!!
 *駐車場がありませんのでお車でのご来場はご遠慮ください。


バザー 9:30〜整理券配布
     (エコバッグご持参ください)
*自主製品販売 9:30から販売・展示しています。
*体験コーナー
 ◎ブレスレット制作体験(1回50円)
 ◎缶選別・缶つぶし体験(無料)
*児童館コーナー スーパーボールすくい(無料)
*フォンテーヌのアイスクリーム販売
*無農薬・新鮮野菜と苗の販売


みなさまのご来場を
       お待ちしております!!〜


主催:社会福祉法人みずきの郷 南材ホーム
   仙台市若林区河原町2−2−3
   電話1(プッシュホン)022-215-6951

7月6日≪年少研修会のご案内≫[2018年06月12日(Tue)]

**宮城県自閉症協会・年少研修会のお知らせ**

自閉症スペクトラム児の進路
〜個別支援計画・福祉との連携について〜


自閉症スペクトラムのこどもの能力はひとり、ひとり違います。

我が子のためにできるだけのことをしてあげたいと思うのは、親の当然の気持ちです。

では、どんなふうに進路を選び、個別支援計画や福祉との連携を考えていけば良いのでしょう?

仙台市教育委員会から講師をお迎えして、実際のお話しをうかがい、

子どもたちの未来について考えたいと思います。

日時:平成30年7月6日(金)10時から12時まで(質疑を含む)

講師:仙台市教育局 特別支援教育課 
      指導主事 佐藤 陽子先生

参加費:宮城県自閉症協会会員:無料 

  一般:500円 参加費は、当日受付にてお支払ください。

場所:仙台市福祉プラザ10階 第2研修室
    (仙台市青葉区五橋2-12-2)

  駐車場はありませんので、一般の駐車場または、公共交通機関をご利用ください。

**事前申し込みが必要です**


申し込み:(FAXまたはメールでお願いします。)

fax : 022-261-2352  address:m_autism@yahoo.co.jp

【問い合わせのみ】 : 080-3328-3802(宮城県自閉症協会)

平成30年度総会・講演会のご案内[2018年04月24日(Tue)]

宮城県自閉症協会 平成30年度総会のご案内

春暖の候、会員の皆様におかれましては、ますます御健勝のこととお慶び申し上げます。
平素は当協会活動にご協力ご支援賜り、厚く御礼申し上げます。
さて、平成30年度総会を下記の通り開催いたします。ぜひご出席ください。
なお、総会終了後の講演会は、会員でない方も参加いただけます。お誘いあわせの上、ご参加ください。

総会

・日時:平成30年5月24日(木)10時から

・会場:仙台市福祉プラザ 10階 第2研修室
    仙台市青葉区五橋2-12-2 (地下鉄五橋駅下車)

*駐車場はございませんので、公共交通機関をご利用ください。


講演会

『発達障害・活動の中から見えてきたこどもたちの本当の姿』
サポートネット(通称)は、高校卒業までの発達障害のこどもたちの療育の場です。昨年、NPOを立ち上げられてから10周年になり、先日記念式典と新活動拠点のお披露目がありました。会員は130名になる勢いとのこと。相馬潤子代表理事は、長年特別支援教育の分野で活躍されて来た方です。この機会にお母さんたちとの出会いで知った楽しい子育て、当事者が生きるための療育の重要性を深くお話しいただきます。

・講師:認定NPO法人みやぎ発達障害サポートネット 代表理事 相馬潤子さん
              
・会費: 会員 無料    会員以外  500円 

・時間: 総会終了後から12時30分まで

*お申し込みは必要ありません。直接ご来場ください


【宮城県自閉症協会会員の方へ】

総会出欠のハガキは出席の有無に関わらず、5月14日(月)までに必ずご返送ください。
また、欠席の方は委任状にご捺印の上ご返送下さいますようお願い致します。

世界自閉症啓発デーイベントのお知らせ[2018年03月08日(Thu)]

**世界自閉症啓発デーイベントのお知らせ**


宮城県自閉症会では、啓発デーイベントとして自閉症がテーマのDVDを2本上映します。

多くの方に「自閉症」という障害を知っていただけることが、宮城県自閉症協会の願いです。

おじいちゃん、おばあちゃん、おじさん、おばさん、学校の先生、保育士さん、

幼稚園の先生、ご近所の皆さん、お誘いあわせの上、ぜひご来場ください。

*申し込みは必要ありません・入場無料*

日時:平成30年4月2日(月)開場:13:00 
 
上映時間:13:30〜15:20

13:30〜「自閉症の子どもたち」 バリアフリーを目指してー
日本自閉症協会作成 啓発DVD

14:00〜 大人の自閉症スペクトラム「就労への道」

本田秀夫 NHK厚生文化事業団DVD
信州大学医学部附属病院子どものこころ診療部長先生 監修

場所:仙台市福祉プラザ 2Fふれあいホール
(仙台市青葉区五橋2-12-2)

*駐車場はありませんので、一般の駐車場、公共交通機関をご利用ください。


後援(予定):宮城県・仙台市・宮城県教育委員会・仙台市教育委員会・宮城県発達障害者支援センター(えくぼ)・仙台市発達相談支援センター(アーチル)・河北新報社・NHK仙台放送局

【主催:宮城県自閉症協会 共催:発達支援ひろがりネット】

*国連が定める啓発デーには、3月21日の「ダウン症の日」もあります。

*「世界自閉症啓発デー」とは、国連総会(H19.12.18開催)において、
カタール王国王妃の提案により、毎年4月2日を「世界自閉症啓発デー」
(World Autism Awareness Day)とすることが決議され、
全世界の人々に自閉症を理解してもらう取り組みが行われています。
わが国でも、世界自閉症啓発デー・日本実行委員会が組織され、自閉症をはじめとする
発達障害について、広く啓発する活動を行っています。
『お茶しませんか』ご案内[2018年02月21日(Wed)]
☆☆☆ 宮城県自閉症協会主催 ☆☆☆

『お茶しませんか』へ参加のご案内 
 
今年度最後になります行事『お茶しませんか』のご案内です。
困っていること。うれしかったこと。悲しかったこと。
年齢の壁を越えて、皆さんでのんびり、ゆっくりお話しませんか?
お子さんが春休みに入る前に、お母さん達はホッと一息つきましょう。また、ご本人の方の参加も歓迎です。
ご本人の立場から、私たち親に対していろんな事を教えてください。
たくさんの方々に参加していただけると嬉しいです。お待ちしております。

〇 日 時: 平成30年3月2日(金)

         10時から12時00分まで

○ 場 所: 仙台市福祉プラザ 10階 第4研修室 
   ( 宮城県仙台市青葉区五橋2-12-2)
   
○ 会 費: 会員無料・一般500円 (当日受付)
| 次へ
プロフィール

宮城県自閉症協会さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/miyagi/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/miyagi/index2_0.xml