CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

宮 直史ブログ−“信はたていと、愛はよこ糸”

岡崎嘉平太記念館(岡山・吉備高原)で出会ったメッセージに深い感銘を受けました。
『信はたていと、愛はよこ糸、織り成せ 人の世を美しく』(岡崎嘉平太氏)
・・・私も、皆様方とともに世の中を美しく織りあげていくことを目指して、このブログを立ち上げました。よろしくお願いします。


こんにちは!宮です

宮 直史さんの画像
★経営のための会計★
★経営のための会計★
ようおこし (^_^)
ようこそお越しくださいました。ありがとうございます。
「道しるべ」でお好きなカテゴリーをお選びいただき、お時間の許す限りごゆっくりおくつろぎください。
道しるべ★カテゴリー
Google

WWW このブログ
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新の記事
最新のコメント
宮 直史
自分たちの会社は自分たちで守る (11/09) 清水 洋一郎
自分たちの会社は自分たちで守る (11/09) 宮 直史
宮ゼミ、本日スタート (06/12)
http://blog.canpan.info/miya38ts/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/miya38ts/index2_0.xml
基幹事業のリ・インベンションを狙う [2019年10月04日(Fri)]
三品和弘・山口重樹『デジタルエコノミーと経営の未来』より――
s-DE2019.jpg

「まえがき」
「デジタルエコノミー」と耳にしていても体が前のめりになっている経営者は
意外と少ないのではないでしょうか。(…)
ITの世界は「オオカミ少年」の連続でしたから腰が引けるのは当然です。
エクスパートシステムにMIS(経営情報システム)、覚えていますか。
これらは1980年代に来ると言われながら来なかったオオカミの代表格で、
その顛末が頭に入っているとAIにせよ5Gにせよ「またか」と思ってしまうものです。
「PCが来てもスマホが来ても仕事は仕事、本質は何も変わらなかった」となれば
静観を決め込むのもわかりますが、最後にオオカミが本当にやってきて
大事な羊を食べられてしまった
というのがイソップ寓話です。
「これまで来なかった」という事実から
「この先も来ない」と決めつける愚を戒めていると言ってよいでしょう。
 (…)
産業の革命は破壊力が凄まじいので大げさに革命と呼ばれるわけで、
その点を過小評価しては後悔先に立たずになりかねません。
 (…)
中期経営計画を入念に立てて、基幹事業の改善改良に勤しむのも、
海外展開に賭けるのも、決して悪くはないのですが、
それで本当に時代に伍していくだけの成長シナリオを描けるのでしょうか?
いまこそ発想を入れ替えて、
基幹事業のリ・インベンションを狙うべき
ではないでしょうか。
挑戦を成り立たせるだけの素地は着々と熟しつつあります。
 (…)

---------------------
以下、色々な考え方や意見はあるでしょうが、私見

「改善」「改良」(improve)
改めて良くする
現状の悪い部分を見直して良くする(現状の延長線)

「改革」(reform)
改めて変える(部分的に)
あるべき姿を想定して改める(ゴールからの逆算)

「変革」(change)
変えて新しくする(全面的に)
あるべき姿を想定して新しくする(ゴールからの逆算)

「革新」(innovation)
革めて新しくする
今までにない考え方や方法で新たな価値を創造する

「革命」(revolution)
命を革める
まったく別のものに生まれ変わる

たとえば、駅の自動改札
今まで駅員さんが改札に立って切符を切っていたのを
自動改札によって改札業務の省力化・効率化がもたらされて
駅員さんの改札作業は消滅したが、改札そのものは相変わらず残っている。
――「革新」であって「革命」ではない

たとえば、クラウド会計の導入
以前は、振替伝票を発行して総勘定元帳に転記して試算表を作成していたが、
パソコン会計を導入することで経理業務の効率化を図った(OA化)のを
この度、オンプレミスからクラウドに運用を移行する。
――「革新」でも「改革」でもなく、せいぜい「改善」か「改良」

「リ・インベンション」(re-invention)再・発明、再・創案、従来型の○○からの脱却
基幹事業のリ・インベンション
―― 今、amazonが会計事務所をやるなら? ジョブズがやるなら?
ユニクロの柳井さんやソフトバンクの孫さんが会計事務所をやるなら?
ならば、私ならどうする?

人が機械に使われる、機械にベースを合わせるというのでは、
何のための仕事かということになる。
人間がより人間らしく仕事をしてゆくめに
ロボットを使いこなすんだという、はっきりした思想がなくてはならない
伊丹敬之『人間の達人 本田宗一郎』

例によって話はきわめて単純で、
仕事では成果がすべて」、これに尽きます。
時間をかけてやればやるほど、こちらとしては投入している量が多いので、
仕事の質がよくなったという気がします。しかし、これは自己評価にすぎません。
いつも言っていることですが、仕事である以上、
その質や成果を自分で評価しても意味がありません。
お客さんや社内の周囲の人々など、その仕事の受け手が評価するものです。
まだ仕事に対する構えが「趣味的」なのかもしれません。
自分以外の誰かに価値を届けるためにやる。これが「仕事」の基本中の基本です。
楠木建『好きなようにしてください』

私たちはお客様の声に耳を傾けます。しかし、聞くだけでは足りません
心がけるのは何かを生み出すこと
お客様が何を求めているかを予測し、お客様がそれに気づく前に生み出すのです。
私たちの顧客主義は、自分たちができることを考えて動くのではなく、
お客様が何を求めているかを把握し、
その後で、どうやれば提供できるか、考えます。
ジェフ・ベゾス(アマゾン・CEO)

愚直に一歩、一歩、もう一歩足跡
mampo.jpg

この続きはまた来週四つ葉
会計は算術ではなく、思想である位置情報
会計情報という数字を介して、経営との対話がはじまる。