CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

宮 直史ブログ−“信はたていと、愛はよこ糸”

岡崎嘉平太記念館(岡山・吉備高原)で出会ったメッセージに深い感銘を受けました。
『信はたていと、愛はよこ糸、織り成せ 人の世を美しく』(岡崎嘉平太氏)
・・・私も、皆様方とともに世の中を美しく織りあげていくことを目指して、このブログを立ち上げました。よろしくお願いします。


こんにちは!宮です

宮 直史さんの画像
★経営のための会計★
★経営のための会計★
ようおこし (^_^)
ようこそお越しくださいました。ありがとうございます。
「道しるべ」でお好きなカテゴリーをお選びいただき、お時間の許す限りごゆっくりおくつろぎください。
道しるべ★カテゴリー
Google

WWW このブログ
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新の記事
最新のコメント
宮 直史
自分たちの会社は自分たちで守る (11/09) 清水 洋一郎
自分たちの会社は自分たちで守る (11/09) 宮 直史
宮ゼミ、本日スタート (06/12)
http://blog.canpan.info/miya38ts/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/miya38ts/index2_0.xml
結果を求めず、最後まで全力を尽くす [2019年10月01日(Tue)]
とかく、わたくしどもは、
結果を求めることばかり焦って、脚下がお留守になり
今日のつとめを怠りがちでありますが、そこに失敗の原因があります
その日その日のつとめを堅実に果たしてゆけば、
未来の成功はおのずから席をあけて待っておる
のであります。
「太閤さんの心がけ」/山田無文『白隠禅師坐禅和讃講話』

タイガースが逆転CS進出exclamation×2
その最大の勝因は、横田の引退表明であり、
その横田の決断を受けて引退セレモニーを企画した球団、
そして引退セレモニーに参加するため鳴尾浜に駆けつけた矢野監督や一軍の選手たち、
その前で8回から守備で3年ぶりに2軍の公式戦出場を果たした横田の渾身のバックホーム。
あの横田のプレイに魂を揺さぶられた監督や選手の皆さんが心を一つにして、
最後まであきらめずに戦い抜いた結果です(身びいきでなく冷静な意見)。

s-IMG-5623.jpg
二軍戦なのに、矢野監督や一軍の選手たちも鳴尾浜に結集

s-IMG-5625.jpg
引退セレモニーでチームメイトの騎馬で登場する横田
担ぐ騎馬の中央は北條、両脇は高山と中谷、後ろは梅野
s-IMG-5649.jpg
同期入団の梅野から花束

s-IMG-5651.jpg
矢野監督から花束

s-IMG-5676.jpg
監督やコーチ、選手、スタッフの皆さんによる胴上げ

s-IMG-5719.jpg
ずらっと並んだチームメイト一人ひとりと固く握手

今月22日のお昼に行われた引退会見で、横田は、
脳腫瘍の闘病から寮に戻って再びユニフォームを着て頑張ってきたけど、
眼の見え方だけが元に戻らなかったことを初めて明かした。
育成扱いになって背番号が124番になった横田が
背番号24番のユニフォームを取り戻して再び甲子園で大暴れすることを願って、
チームの誰よりも懸命にひたむきに練習して日々努力してきたことは皆んなが知っている。
だからこそ、入団から6年間で一軍で華々しい活躍はなく、
この3年間は二軍ですら公式戦の出場はないのに、球団は引退セレモニーを用意し、
矢野監督や一軍の選手たちも引退セレモニーに参加した。
そして3年ぶりの公式戦で見せた横田の覇気あふれるプレイに、
チームの誰もが魂を揺さぶられたであろう。

しかも、横田は引退セレモニーの後も、いつもと変わりなくトレーニングしているひらめき
---------------------------
21日のカープとの最終戦は、西が8回を投げ、その裏に代打で登場の北條の2ランで勝利し、
首の皮一枚つながり、この試合からシーズン最終戦まで連戦連勝のスタートです。

22日の引退会見の翌23日、大阪マラソン試走会があり、
ご一緒したカープ女子のYちゃんにタイガース逆転CS進出の話をしたら
「ない、ない、絶対にない」とまったく相手にされませんでした。

そして26日は横田の引退試合とセレモニーがあり、
その翌27日はカープのシーズン最終戦。対戦相手はドラゴンズで、
胃がんと闘いながら頑張ってきた赤松さんが9回から守備で登場しましたが、
カープはシーズン最終戦を勝利できず、
逆に、タイガースが自力でCS進出できるチャンスが到来。

タイガースはその時点で3試合残していましたが、カープの最終戦の戦いぶりを見て
タイガースの逆転CS進出を確信(期待や願望でも、結果論でもありません)。

28日のベイスターズ戦は中谷が先制の2点打、
29日のドラゴンズ戦は陽川の代打ホームランで先制し、高山と梅野のタイムリーで加点。
そして昨日の最終戦で北條はチーム唯一の2安打でいずれもホームに生還。

負ければ終戦の土俵際に追い込まれてから
「横田を見習って最後まであきらめずに必ず勝つ!」と覚悟を決めたチームが
一丸となって逆転CS進出です。

CS進出は結果の話であり、問われるのは、CS進出の意味や価値ではなく、
最後まで全力を尽くしてチーム一丸で戦うか否かです。
タイガースは最後まで全力を尽くしてチーム一丸で戦ったことに価値がある。
CS進出はゴールではないし、
ポストシーズンの試合は拾い物のおこぼれではない。
結果を求めず、チームが一丸で最後まで全力を尽くして結果を出せexclamation

大切なことは、
どのような境遇にいようとも、
精いっぱい人事を尽くす
ことではないでしょうか。
自分の人生にはどうにもならない面もあるということを知った上で、
信念を持って、自分自身の歩みを力強く進めていく
そうすれば大きな成功をおさめても有頂天にならないし、失敗しても落胆しない。
あくまで淡々となすべきことをなしていけるのではないか。
「人事を尽くして…」/松下幸之助『人生談義』

愚直に一歩、一歩、もう一歩足跡
mampo.jpg

この続きはまた明日四つ葉
会計は算術ではなく、思想である位置情報
会計情報という数字を介して、経営との対話がはじまる。