CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

宮 直史ブログ−“信はたていと、愛はよこ糸”

岡崎嘉平太記念館(岡山・吉備高原)で出会ったメッセージに深い感銘を受けました。
『信はたていと、愛はよこ糸、織り成せ 人の世を美しく』(岡崎嘉平太氏)
・・・私も、皆様方とともに世の中を美しく織りあげていくことを目指して、このブログを立ち上げました。よろしくお願いします。


こんにちは!宮です

宮 直史さんの画像
★経営のための会計★
★経営のための会計★
ようおこし (^_^)
ようこそお越しくださいました。ありがとうございます。
「道しるべ」でお好きなカテゴリーをお選びいただき、お時間の許す限りごゆっくりおくつろぎください。
道しるべ★カテゴリー
Google

WWW このブログ
<< 2017年10月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新の記事
最新のコメント
宮 直史
宮ゼミ、本日スタート (06/12) 宮崎 勇気
宮ゼミ、本日スタート (06/11) 宮 直史
フルマラソンデビュー戦、完走! (11/02)
http://blog.canpan.info/miya38ts/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/miya38ts/index2_0.xml
互いに生かし合って進歩と調和を生み出す [2017年10月04日(Wed)]
松下幸之助『続・道をひらく』より――
「たしかめる」
自分の目で見、自分の手でたしかめる――これほどたしかなことはないけれど、
ともすればお互いに、自分の目のとどく範囲、手に触れる範囲のたしかさにとらわれて
これがすべてなり、これがまさに"世界"なりと速断しがちである

目で見、手でたしかめるたしかさにはまちがいがない。
しかし、自分の目のとどかないところ、手にふれえないところにも
さまざまの人がいてさまざまの考えを持ち
さまざまのものがあって、さまざまの働きをしている
これもまたまちがいのない"世界"なのである。

そうとすれば、お互いに今すこし謙虚でありたい
すくなくとも、自分の目と手のワクを超えた"世界"に対して、
謙虚に耳を傾け、これを吸収する柔軟な心を持ちたい。
これがすなわち自分をひらくことで、同時にまた
人をひらき、国をひらき、世界をひらく道にも通じてくる
のである。

果てしない対立に激動する昨今、
真の進歩と調和を生み出すために、
お互いに"たしか"と思っていることを、
もう一度たしかめあってみたいものである。


『松下幸之助の哲学』より――
「調和の思想」
平和を乱し、貧困を招くのは、
お互いが個々の思想や主義にとらわれているからであります。
個々のものは真理の一面を語っていますが
これを真理の全体としてとることは誤りであります

個々のものをそれぞれに生かし
高き秩序に従ってその力を活用するところに調和があり、
これによって真理が全面に働いてまいります

お互いの自覚と努力とによって、
すべてが調和される社会がつくられます。
その中におのずから繁栄、平和、幸福が醸成されてまいります。


“Peace and Happiness through Prosperity”(繁栄によって平和と幸福を)


P1010032.JPG
旧豊郷小学校
横や後ろを見ず、前を見て一歩一歩力強く進む足跡

この続きはまた明日四つ葉
会計は算術ではなく、思想である位置情報
会計情報という数字を介して、経営との対話がはじまる。
 
| 次へ