CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

宮 直史ブログ−“信はたていと、愛はよこ糸”

岡崎嘉平太記念館(岡山・吉備高原)で出会ったメッセージに深い感銘を受けました。
『信はたていと、愛はよこ糸、織り成せ 人の世を美しく』(岡崎嘉平太氏)
・・・私も、皆様方とともに世の中を美しく織りあげていくことを目指して、このブログを立ち上げました。よろしくお願いします。


こんにちは!宮です

宮 直史さんの画像
★経営のための会計★
★経営のための会計★
ようおこし (^_^)
ようこそお越しくださいました。ありがとうございます。
「道しるべ」でお好きなカテゴリーをお選びいただき、お時間の許す限りごゆっくりおくつろぎください。
道しるべ★カテゴリー
Google

WWW このブログ
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新の記事
最新のコメント
宮 直史
自分たちの会社は自分たちで守る (11/09) 清水 洋一郎
自分たちの会社は自分たちで守る (11/09) 宮 直史
宮ゼミ、本日スタート (06/12)
http://blog.canpan.info/miya38ts/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/miya38ts/index2_0.xml
70歳台でタイタン達成 [2019年09月20日(Fri)]
制限時間ギリギリとはいえ、丹後ウルトラマラソンを2年連続で完走を果たした後、
「8年後の70歳でTI-TAN(100キロの部を10回完走)達成」とデカい口を叩いてたら、
過去に70歳台でタイタン達成された方がおられたとの情報をいただきました。

自分の励みにさせていただきたいと大会事務局に問い合わせたところ、
過去の大会で当時76歳の方がタイタン達成されたことを教えていただきました。
お名前は教えていただけませんでしたが、その年のタイタン達成者と同じお名前の方が
同じ年に海外で開催されたフルマラソンで75+yearsの1位になっておられました。
おそらくこの方でしょう。

その方が76歳でタイタン達成されたタイムは、私の去年や今年の記録より格段に早い。
さらにビックリしたのは、72歳での記録がなんと12時間23分30秒。スゴイです。
今のままでは10年後の自分にこんなタイムは出せない。いや、完走すら厳しい。
制限時間ギリギリのゴールで浮かれているようでは話にならない。

ガツンと一撃に覚醒。これを励みに本気で自分と切磋琢磨です。

村上春樹『走ることについて語るときに僕の語ること』より――
個々のタイムも順位も、見かけも、人がどのように評価するかも、
すべてあくまで副次元的なことでしかない。
僕のようなランナーにとってまず重要なことは、
ひとつひとつのゴールを自分の脚で確実に走り抜けていくことだ。
尽くすべき力は尽くした、耐えるべきは耐えたと、自分なりに納得することである。
そこにある失敗や喜びから、
具体的な――どんなに些細なことでもいいから、なるたけ具体的な――教訓を
学び取っていく
ことである。
そして時間をかけ歳月をかけ、そのようなレースをひとつずつ積み上げていって、
最終的にどこか得心のいく場所に到達することである。
あるいは、たとえわずかでもそれらしき場所に接近することだ
(うん、おそらくこちらの方がより適切な表現であろう)。

走り終えて自分に誇り(あるいは誇りに似たもの)が持てるかどうか
それが長距離ランナーにとっての大事な基準になる。
同じことが仕事についても言える
自分の設定した基準に到達できているかいないかというのが
何よりも大事になってくるし、
それは簡単には言い訳のきかないことだ。
他人に対しては何とでも適当に説明できるだろう。
しかし自分自身の心をごまかすことはできない
モチベーションは自らの中に静かに確実に存在するものであって、
外部にかたちや基準を求めるべきではない。
村上春樹『走ることについて語るときに僕の語ること』

もし忙しいからというだけで走るのをやめたら、
間違いなく一生走れなくなってしまう。
走り続けるための理由はほんの少ししかないけれど、
走るのをやめるための理由なら大型トラックいっぱいぶんはあるからだ。
僕らにできるのは、その「ほんの少しの理由」を
ひとつひとつ大事に磨き続けることだけだ。
暇をみつけては、せっせとくまなく磨き続けること。
村上春樹『走ることについて語るときに僕の語ること』

いつかはゴールに達するというような歩き方ではだめだ。
一歩一歩がゴールであり、一歩が一歩としての価値をもたなくてはならない
(坂村真民さんが好きなゲーテの言葉)

僕は走りながら、ただ走っている
村上春樹『走ることについて語るときに僕の語ること』

愚直に一歩、一歩、もう一歩足跡
mampo.jpg

この続きはまたいつか四つ葉
会計は算術ではなく、思想である位置情報
会計情報という数字を介して、経営との対話がはじまる。
 
コメント