CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

宮 直史ブログ−“信はたていと、愛はよこ糸”

岡崎嘉平太記念館(岡山・吉備高原)で出会ったメッセージに深い感銘を受けました。
『信はたていと、愛はよこ糸、織り成せ 人の世を美しく』(岡崎嘉平太氏)
・・・私も、皆様方とともに世の中を美しく織りあげていくことを目指して、このブログを立ち上げました。よろしくお願いします。


こんにちは!宮です

宮 直史さんの画像
★経営のための会計★
★経営のための会計★
ようおこし (^_^)
ようこそお越しくださいました。ありがとうございます。
「道しるべ」でお好きなカテゴリーをお選びいただき、お時間の許す限りごゆっくりおくつろぎください。
道しるべ★カテゴリー
Google

WWW このブログ
<< 2019年07月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新の記事
最新のコメント
宮 直史
自分たちの会社は自分たちで守る (11/09) 清水 洋一郎
自分たちの会社は自分たちで守る (11/09) 宮 直史
宮ゼミ、本日スタート (06/12)
http://blog.canpan.info/miya38ts/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/miya38ts/index2_0.xml
ぶらり函館(3) [2019年07月12日(Fri)]
こんにちの呼称でいうと函館半島の先端の山は函館山と言い、
あるいは牛のねそべったような形状から臥牛山などとよばれているが、
嘉兵衛のころには「薬師山」とよばれたりした。
函館山は三峰から成っている。
御殿山、薬師山、立待山がそれで、
とくに薬師山は山中に薬師堂があり、金銅仏七体を安置している。
信仰ぶかい船乗りたちは海上から山をおがんだりした。
嘉兵衛の船は、沖からちかづいてきてその山を半周し、湊に入った。
司馬遼太郎『菜の花の沖(3)』


函館マラソン(7/7)の翌朝、
心を新たにして、護国神社にお参りして心願成就を祈願。
その後、函館山の旧登山道へ
s-IMG_4973.jpg

颯爽と駆け登るランナーを尻目に、こちらは身体を労わりながら一歩一歩...
s-IMG_4978.jpg

函館山の山頂
s-IMG_4989.jpg
残念ながら雲におおわれて津軽海峡越しに青森方面は拝めませんでしたが、
函館市街だけでなく松前方面も眺められて、気分は高田屋嘉兵衛か、伊能忠敬か...
s-IMG_4988.jpg



この続きはまたいつか四つ葉
会計は算術ではなく、思想である位置情報
会計情報という数字を介して、経営との対話がはじまる。
 
コメント