CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

宮 直史ブログ−“信はたていと、愛はよこ糸”

岡崎嘉平太記念館(岡山・吉備高原)で出会ったメッセージに深い感銘を受けました。
『信はたていと、愛はよこ糸、織り成せ 人の世を美しく』(岡崎嘉平太氏)
・・・私も、皆様方とともに世の中を美しく織りあげていくことを目指して、このブログを立ち上げました。よろしくお願いします。


こんにちは!宮です

宮 直史さんの画像
★経営のための会計★
★経営のための会計★
ようおこし (^_^)
ようこそお越しくださいました。ありがとうございます。
「道しるべ」でお好きなカテゴリーをお選びいただき、お時間の許す限りごゆっくりおくつろぎください。
道しるべ★カテゴリー
Google

WWW このブログ
<< 2018年09月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新の記事
最新のコメント
宮 直史
宮ゼミ、本日スタート (06/12) 宮崎 勇気
宮ゼミ、本日スタート (06/11) 宮 直史
フルマラソンデビュー戦、完走! (11/02)
http://blog.canpan.info/miya38ts/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/miya38ts/index2_0.xml
伴走型の中小企業支援について考える(4) [2018年07月13日(Fri)]
昨日の記事「伴走型の中小企業支援について考える(3)」の続き――

相手の立場に立って相手の目になり、
目標を定めて、互いの心を通わせ、互いに支え合って努力を積み重ね、互いに高め合い、
共に戦ってゴールを果たし、格別の達成感で喜びを分かち合うぴかぴか(新しい)
―― そんな伴走経験から、伴走型の中小企業支援について考えます。

中小企業は弱いどころか、ある面では大企業よりも強い。
それを、社会も中小企業は弱いと考え、みずからも弱いと考えたのでは、
本来のよさが発揮されずに、ほんとうに弱い姿になってしまう。
「力強い中小企業」/松下幸之助『私の夢・日本の夢 21世紀の日本』

ガイドの使命
・自らの目標の達成を目指すランナーの努力を支え、互いの力を合わせて結果を出す

ガイドとして心がけていること
・安全第一(危険を察知して未然に排除し、安全をつくる:起きてからでは遅い)
・互いに切磋琢磨(素質なきもの、努力するのみ:互いに高め合う
・Never Give Up(決してあきらめず、あと一歩の努力を支えて積み重ねる)

ガイドとして目指していること
・自信と希望(挑戦に対する不安を除く
・信頼関係(互いの心が通い合う、任せて安心
・走りやすさ(互いにロープすら意識せず、一体感でストレスなく走り切る)

ガイドの喜び
・自分たちの努力が報われた結果に対する「達成感
・自分たちで自分たちの努力をほめる「よく頑張った!
喜びを分かち合う単独走では味わうことができない伴走の醍醐味

今の日本社会は、その人なりによくやったという褒め方はせず、
立場や境遇とは無関係の実績だけが問題にされる。
3メートルしか歩けなかった人が、100メートル歩いたら、
それはエベレストに登ったことと同じかもしれない。
人にはそれぞれの山頂がある。
神はそれを個別に見守る役である。
神の評価で見ると、その人は最高の登山者なのだ。
「山頂物語」/曽野綾子『それぞれの山頂物語』

IMG_0195.JPG
70キロ完踏を果たし、互いの達成感は1000%exclamation×2

この続きはまた明日四つ葉
会計は算術ではなく、思想である位置情報
会計情報という数字を介して、経営との対話がはじまる。
 
コメント