CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

宮 直史ブログ−“信はたていと、愛はよこ糸”

岡崎嘉平太記念館(岡山・吉備高原)で出会ったメッセージに深い感銘を受けました。
『信はたていと、愛はよこ糸、織り成せ 人の世を美しく』(岡崎嘉平太氏)
・・・私も、皆様方とともに世の中を美しく織りあげていくことを目指して、このブログを立ち上げました。よろしくお願いします。


こんにちは!宮です

宮 直史さんの画像
★経営のための会計★
★経営のための会計★
ようおこし (^_^)
ようこそお越しくださいました。ありがとうございます。
「道しるべ」でお好きなカテゴリーをお選びいただき、お時間の許す限りごゆっくりおくつろぎください。
道しるべ★カテゴリー
Google

WWW このブログ
<< 2017年12月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新の記事
最新のコメント
宮 直史
宮ゼミ、本日スタート (06/12) 宮崎 勇気
宮ゼミ、本日スタート (06/11) 宮 直史
フルマラソンデビュー戦、完走! (11/02)
http://blog.canpan.info/miya38ts/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/miya38ts/index2_0.xml
ドレイを使うように使っている [2017年10月12日(Thu)]
昨日(10/11)、仕事を終えて話題の映画「ドリーム」を鑑賞するため
八丁堀のデパート福屋さんの8階にある映画館、八丁座へ...
IMG_8865.jpg
映画「ドリーム」(HIDDEN FIGURES)も見応えありましたが、
映画館の造作も素晴らしく、満ち足りた気分でゆったり映画を楽しめました。

職場に非白人用のトイレがないため、時間との闘いの中でも
800m離れたトイレに走って通うことを強いられ、そして雨の日にはずぶ濡れに...
人種隔離政策の差別の中で、能力が認められ、貢献し、信頼を得る。
しかしコンピュータの登場で計算係は不要とお払い箱に・・・
が、地球周回のロケットに乗り込む飛行士グレンに
「彼女は? 彼女が数字を確認してOKなら飛ぶ」と絶大な信頼を寄せられて
「キャサリンを探せ」と彼女は再び、現場の第一線に戻って貢献する。

一方、計算手として働く黒人女性たちのリーダー(ドロシー)は、
コンピュータの登場で自分たちの仕事がなくなることを察して、
先手を打って(先見性)コンピュータを使うために必要な勉強をし、
そして自ら学んだことを共に働く仲間たちに教えて導き、
プログラマーとして活躍する場を作り出して仲間の雇用を守る。

本部長「我々は月に行けると思うか?」
キャサリン「もう行っています」ぴかぴか(新しい)

色々と多くの気づきを得て見応えありました。

本田宗一郎『俺の考え』より――
どうして従業員に対して大企業並みの給料が払えないのだろうか
まず私が指摘したいのは、その経営者が、企業全般を私物視していること、
従業員に対しては賃金が安くていいんだという固定観念を持っていること、
そして希望と働く意欲を与えようとしない点である。
ズバリというならばドレイを使うように使っていることである。
ドレイという言葉は行きすぎであろうが人間を私有物視し、
希望も生き甲斐も生み出さぬような環境で働かすことはそれに近いといえるだろう。
そして、そういう環境からは絶対にアイデアは生まれてこない
アイデアが生まれないから企業が発展せず
賃金も上げられずという悪循環が生じてくるのである
私の知っている企業にも、そういう悪循環から、脱しきれないところがある。
その経営者をみていると、外面的には働き者のように見えるし、
率先陣頭指揮のように見えるけれども、
部下のアイデアを開発し、働く気特を起させないために、
肝腎の能率や製品の向上に役立っていない場合がしばしばある。
働くということは決して遮二無二動くということではない
個人の働きというものは知れている、
人をしてその最高の性能を発揮させることが大切な時代なのである
(…)
従業員を大切にし、希望ある仕事を与えることができれば
仕事を前進させるアイデアは自ずとして湧き出し、その成功は期して待つべきである

人間尊重

自立
自立とは、既成概念にとらわれず自由に発想し、
自らの信念にもとづき主体性をもって行動し、
その結果について責任を持つことです。

平等
平等とは、お互いに個人の違いを認め合い尊重することです。
また、意欲のある人には個人の属性
(国籍、性別、学歴など)にかかわりなく、
等しく機会が与えられることでもあります。

信頼
信頼とは、一人ひとりがお互いを認め合い、
足らざるところを補い合い、
誠意を尽くして自らの役割を果たすことから生まれます。
Hondaは、ともに働く一人ひとりが常に
お互いを信頼しあえる関係でありたいと考えます。

「人間は本来、夢や希望を抱いてその実現のために思考し、
創造する自由で個性的な存在である」ととらえ、
「こうした人間が集い、個性を尊重しあい、平等な関係に立ち、信頼し、
持てる力を尽くすことで、ともに喜びを分かちあいたい」という理念。
◆Hondaフィロソフィー/Honda

確かに中小企業は、大企業と比べると、規模も小さく、社員も少なくて、
一見、弱くて不利なことばかりのように見えます。しかし実際には、
中小企業だからこそ強い、有利だという点が少なくないのです。
経営者が適切な指導をすれば
一人ひとりが力を、100%どころか、120%も150%も発揮できて
大企業以上に高い生産性をあげられる
そんなことからすれば、中小企業は本来、
決して不利でも弱いものでもない、むしろ強い
ものだといえる。
松下幸之助『人生談義』


P1010032.JPG
旧豊郷小学校
横や後ろを見ず、前を見て一歩一歩力強く進む足跡

この続きはまた明日四つ葉
会計は算術ではなく、思想である位置情報
会計情報という数字を介して、経営との対話がはじまる。
 
コメント