CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2016年08月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
染井 敏
この夏、福島の高校生の舞台を東京で (08/07) 楢葉町応急仮設住宅 (宮里応急仮設住宅)
移動カフェ (03/14) ぴえ〜る☆
移動カフェ (03/13) 楢葉町応急仮設住宅 (会津美里町)
楢葉町きずな再生電子回覧板事業 (01/29) ナイス叶野
楢葉町きずな再生電子回覧板事業 (01/24) ボランティアセンター
春の嵐 (04/04) まんまるの気持ち
春の嵐 (04/04) ボランティアセンター
ならはっ子の一年 (03/15) usako
ならはっ子の一年 (03/14) まんまるの気持ち
あの日から… (03/12)
原発事故により警戒区域に指定されている楢葉町。
姉妹都市である会津美里町に建てられた
宮里応急仮設住宅や会津地方の借り上げ住宅での様子をお届けします。

※尚、平成24年9月末日をもちまして、
会津美里町災害ボランティアセンターは閉鎖いたしました。
沢山のご支援、誠にありがとうございました。

このブログは、会津美里町災害ボランティアセンターから、
楢葉町応急仮設住宅・ブログ担当者へと引き継がれています。
引き続き、皆様のあたたかいご支援をよろしくお願いいたします。

窓口:楢葉町会津美里出張所

TEL.0242-56-2155 FAX.0242-56-2188 

〒969-6164 大沼郡会津美里町字本郷道上1


Email:misato-n@town.naraha.lg.jp

※尚、写真の無断転載はお断りいたします
我家笑飯めし実施!! [2016年08月25日(Thu)]
晴れ台風が去ってから、毎日蒸し暑い日が続いて残暑厳しい会津美里町です。たらーっ(汗)

 さて、8月24日(水)午前10時から、グループホームで『会津我家笑飯めし』が行われました。宮里仮設から10名が参加され、スタッフを含め18名で協力しながらの作業となりました。グッド(上向き矢印)

今回のメニューは、「かつおの焼きつけ」の予定でしたが、台風の影響でかつおが水揚げされず、急きょ、さんまに変更がく〜(落胆した顔)
他、春雨サラダ、冷汁、かぼちゃ、とうもろこし等です。

とうもろこしは、仮設前にある交流農園で朝取りした新鮮なとうもろこしを使用。ぴかぴか(新しい)

各自、レシピを見て確認しながら一生懸命取り組んでいた皆さん、簡単メニューのようですが、時間がかかりました。あせあせ(飛び散る汗)


H28.8.24我家笑飯めし@.jpg

和気あいあいと、真剣に調理していく皆さん ふらふら


H28.8.24我家笑飯めしA.jpg

薄焼き卵作り ー(長音記号1)


H28.8.24我家笑飯めしB.jpg

味噌とすりごまで冷汁作り 手(パー)


H28.8.24我家笑飯めしC.jpg

春雨サラダ作り  ー(長音記号2)


H28.8.24我家笑飯めしE.jpg

出来上がり 決定 


H28.8.24我家笑飯めしD.jpg

皆で嬉しい会食 わーい(嬉しい顔)


 冷汁は、茄子、胡瓜、ミョウガ、豆腐、しそ入りの具沢山。かわいい

野菜いっぱいの体に優しいメニューで、美味しくいただきました!パンチ

8月の会津野マルシェ開催!! [2016年08月17日(Wed)]
台風台風が去り、再び、蒸し暑さが戻って来た会津美里町です。

皆さまに好評を頂いております会津野マルシェが、8月30日(火)午前10時30分〜11時00分第9仮設 第一集会所前で開催されます。ひらめき

今回のおすすめ品はキュウリです。わーい(嬉しい顔)


朝採りの新鮮な野菜です。この機会にぜひ、ご賞味下さい!

8月30日会津野マルシェB.jpg

会津宮里仮設住宅で“ほっつぁ〜れ2016盆楽祭”の花ふき準備!! [2016年08月15日(Mon)]
 8月14日(日)楢葉町JR竜田駅前広場で行われる“ほっつぁ〜れ 2016 盆楽祭”花ふき会津宮里仮設住宅の住民がお手伝いしました。グッド(上向き矢印)

 新鶴の農家から頂いた孟宗竹を男性陣が細長く割り、女性陣で花作り。障子紙でこよりを作り、赤えのぐで色付け、竹に上テープを巻き、短冊や葉っぱ付けなど、約1週間の作業で出来上がりました。ぴかぴか(新しい)

 初めて作るお祭りの花だったため、作り方をネットで調べ、楢葉町で花作りをした経験者にお聞きして丁寧に仕上げました。ふらふら

 
遠い会津から、楢葉町のお祭り復活に心を込めて 黒ハート


花ふきよう竹@.jpg

新鶴農家から頂戴した孟宗竹 揺れるハート


花ふきよう竹B.jpg

しなるように、細長く均等に竹割り作業 あせあせ(飛び散る汗)


花ふきよう竹D.jpg

精魂を込めて、花ふきの下準備 決定


花ふき@.jpg

細かい作業 目


花ふきA.jpg

高齢者の方による大変丁寧な作業…手(パー)


花ふきF.jpg

刺し子仲間の協力を得て…ハートたち(複数ハート)


花ふきB.jpg


皆で協力しながら たらーっ(汗)

花ふきC.jpg

大変、きれいな仕上がりに かわいい


盆楽祭.jpg

やぐらに飾られた“花”  ぴかぴか(新しい)


 
震災後初 楢葉町内で盆踊りに華を添えた”花” 爆弾


”ほっつぁ〜れ2016”も大勢の町民らで賑わい、宮里仮設の皆で作った60本の花も、一役買って祭を盛り上げることが出来たようです。わーい(嬉しい顔)

よかったですねexclamationめでたし、めでたし ひらめき
大沼高校生演劇部、仮設訪問! [2016年08月02日(Tue)]
 晴れ梅雨が明け、今年1番の熱さとなった30日(土)大沼高校演劇部の生徒さん7名が、避難者を題材にしたストーリーを演じるにあたり、「被災者の気持ちを学びたい」と、楢葉町宮里仮設住宅の住民の話を聞きに見えられました。グッド(上向き矢印)

大沼高校演劇部の皆さんの訪問は今回で4回目となり、仮設を回って住民の方のお話を聞く予定でしたが、猛暑の為、ふれあい館で仮設住宅自治会の遠藤副会長のお話を聞くようにしました。ふらふら

午前9時〜10時半まで、震災後の体験談に耳を傾け熱心に話を聞く生徒さんたち。積極的に質問をし、今後の演劇に活かしたい思いが伝わってきました。揺れるハート


H28.7.30大沼高校生演劇部取材@.jpg

お話を聞いて一生懸命メモをとる大沼高校生 目



H28.7.30大沼高校生演劇部取材A.jpg

真剣に話を聞く大沼高校生 耳



暑い中、お疲れ様でしたexclamation


今日のお話が少しでも演劇に役立つといいですね。わーい(嬉しい顔)


まだまだ、暑い夏は続きますが、演劇発表に向けて頑張って下さいexclamation×2
7月の会津野マルシェ開催!! [2016年07月21日(Thu)]
 曇り梅雨明けも近いですが、今日の会津美里町は曇り空の中、ジメジメして蒸し暑い1日でした。たらーっ(汗)

演劇さて、7月の会津野マルシェ開催のお知らせです。

7月26日(火)午前10時40分〜11時林城仮設集会所前で、午前11時30分〜12時内郷仮設集会所前で開催されます。ひらめき

今回のおすすめ品はトウモロコシです。わーい(嬉しい顔)

是非、この機会に会津の新鮮な野菜をご購入下さいexclamation×2手(パー)

H28.7.26会津野マルシェ.jpg
カスミソウ収穫作業体験実施!! [2016年07月19日(Tue)]
 曇り梅雨時期で雨が心配されましたが、曇り空のもと、宮里仮設住宅や借上げ住宅から希望者9名が、朝8時宮里仮設を出発し、カスミソウ収穫作業体験をするため、昭和村へ向かいました。グッド(上向き矢印)

 車(RV)坂下町を通り、柳津町、三島町を抜け、約2時間かけて昭和村へ到着。去年の県会津農林事務所主催の「奥会津と只見線沿線交流事業」第1回 昭和村・矢の原湿原散策でお世話になった栗城 久登氏所有のカスミソウ栽培ほ場と自宅で体験させていただくこととなりました。パンチ

希望者9名の内、4名栗城さん宅でカスミソウの苗作り出荷前の種分け作業、他5名栽培ほ場でネットの支柱立てとネット張り作業に分かれて開始。右斜め上

作業に取り掛かろうとした際、雨が降り出しましたが、中での作業だったのでひと安心。

まず、2週間後に地植えする苗作りでポットに土を入れ苗を植える作業、次に、朝、収穫したカスミソウの形を見ながらM、L、LLの3つに種分けし、ハサミでめくらがを切り落とし、下の方の葉をとって形を整えていく作業手(パー)

カスミソウを整える仕上げの作業について、丁寧に説明・指導をしていただきましたが、コツを掴むまで時間を要して難しく、やっと慣れてきた所で終わりになってしまいました。あせあせ(飛び散る汗)

カスミソウを束ねる際もいろいろとコツがあり、10本重ねた後に親指と人差し指で軽く回しながら枝を折らないよう気をつける、時々紙板で叩いて下枝を整えていく、輪ゴムの止め方etc.

カスミソウを優しく配慮しながら扱い、愛情を込めて出荷の準備をしていく大切さを学びましたぴかぴか(新しい)

栗城さん宅には、カスミソウ収穫・出荷作業をお手伝いする若い青年たちが一緒に生活しており、大変賑やかでした。わーい(嬉しい顔)


カスミソウ収穫体験@.jpg

1 ポットの苗植え作業


カスミソウ収穫体験A.jpg

2 種分けや整え方を丁寧に指導してくれたシティボーイ


カスミソウ収穫体験7C.jpg

3 カスミソウのめくらがとり作業


カスミソウ収穫体験B.jpg

4 カスミソウの大きさ別に、10本ずつ束ね作業


カスミソウ収穫体験D.jpg

5 ネット支柱立て後、ネット張り準備中


カスミソウ収穫体験E.jpg

ネット張り完了 ー(長音記号2)  


カスミソウ収穫体験F.jpg

お土産にカスミソウを頂戴しました。 揺れるハート


カスミソウ収穫体験G.jpg

みんなで記念撮影  カメラ


 
栗城さん、お世話になりましたexclamation×2

10時から15時までカスミソウの苗植え、花の種分け・束ね作業、栽培ほ場でのネット張りetc.目
カスミソウの花を出荷するまでの一連の流れ作業で、大変貴重な経験をさせて頂きありがとうございましたexclamation
大変勉強になりました。手(チョキ)

栗城さん・シティボーイ達と一緒にランチタイム、作業を通して若い方々と交流、そして、昭和村の自然に触れ、体も動かして少し若返ったかな?るんるん

栗城さんと、栗城さん宅に集まって来る皆さんのあったかい優しさに触れることが出来ました。揺れるハート

参加された皆様、お疲れ様でしたふらふら
交流農園で柿の摘果実施! [2016年07月14日(Thu)]
 曇り雨が心配されましたが、7月12日(火)交流果樹園の柿の摘果が行われ、仮設住宅や借上げ住宅から約10名の方が参加されました。グッド(上向き矢印)

 初めに、会津美里町の柿農家の方と交友を深められている渡邊さん(上小塙)から、柿の摘果の仕方について指導を受けました。

その後、枝に柿1個だけを残す・枝の付け根から下、半分より上を残すようにする・伸びている枝の新芽は3分の1位残して枝落としするなど…それらに気をつけて作業を行いました。ふらふら


H28.7.12柿の摘果1.jpg

摘果作業開始 右斜め上


H28.7.13.柿の剪定@.jpg

三脚に上って作業中 手(パー)


H28.7.13.柿の剪定A.jpg

高い所は、主に男性陣で あせあせ(飛び散る汗)


H28.7.12柿の摘果2.jpg

低い所は、主に女性陣が…たらーっ(汗)


H28.7.13.柿の剪定B.jpg

磐梯山を臨んだ交流果樹園 カメラ


H28.7.13.柿の剪定C.jpg

落とした枝の間から顔を覗かせる蛙 目


H28.7.13.柿の剪定D.jpg

蝉の抜け殻、発見 目


H28.7.13.柿の剪定H.jpg

周囲にはフキノトウやスカンポ…etc.た〜くさん ー(長音記号1)


H28.7.13.柿の剪定I.jpg

作業を終えて休憩中…ふらふら


 お手伝いいただいた皆様、ありがとうございましたexclamation×2

今回の摘果で、もったいないと思いながら、沢山の柿の実を切り落としました。手(パー)

大きく立派な身知らず柿が実りますように…黒ハート

秋の収穫を楽しみに待ちたいと思います。わーい(嬉しい顔)
参議院議員通常選挙、初めての18歳以上参加! [2016年07月11日(Mon)]
 晴れ投票日前日までの雨もあがり晴天となった7月10日(日)、「18歳選挙権」が適用された初めての国政選挙となる「第24回参議院議員通常選挙」が実施されました。
 
宮里仮設住宅では18歳以上の高校生3名、他、19才を含む約10名が初めての選挙を体験しましたexclamation×2

初めての選挙に嬉しさと不安が半々だったようで、誰を選んで良いか「難しい」との声も聞かれました。

少し緊張しながらも、親と一緒に投票を済ませ、ホッとした様子でした。わーい(嬉しい顔)


18才選挙@.jpg

初の一票を投じる18歳  揺れるハート


18才選挙A.jpg

 
お疲れ様でしたexclamation

 選挙への関心が少しずつ高まり、思いを込めて1票を投じ、有権者としての自覚を新たにしていたようです。かわいい
宮里仮設へ台東区議会議員視察!! [2016年06月30日(Thu)]
 雨6月29日(水)、今日は梅雨寒の日で、急に肌寒い天気になった会津美里町でしたが、東京都台東区から宮里仮設住宅へ来客がありました。グッド(上向き矢印)

 台東区は会津美里町の友好都市であり、昭和19年に当時の下谷小学校と西町小学校の子どもたちが旧会津高田町に学童疎開していたことが、ご縁であるとのことです。ひらめき

 宮里応急仮設住宅へのご訪問は、台東区議会の新任議員の皆さんの会津美里町への表敬訪問の一部とのこと。

午後3時40分から4時30分台東区新任議員5名、議長、事務局を含めて8名会津美里町議会から事務局を含め5名13名の方が視察に見えられました。目

最初にサポートセンターで「東日本大震災発生から5年を経て」ということで、楢葉町会津美里出張所副所長より楢葉町の避難〜現在・今後までの概要説明会津美里町くらし安心課長から会津美里町内の除染状況説明があり、その後、仮設住宅住居内を見学されましたexclamation


台東区議会議員表敬訪問C.jpg

楢葉町会津美里出張所 副所長による説明 カラオケ


台東区議会議員表敬訪問A.jpg

説明に耳を傾ける台東区議会議員 耳


台東区議会議員表敬訪問B.jpg

郡山出身の台東区議員の方による質問 ー(長音記号1)


台東区議会議員表敬訪問D.jpg

会津美里町 暮らし安心課長による説明 カラオケ


台東区議会議員表敬訪問F.jpg

仮設住宅住居内見学 目


 
台東区議員の皆さま、遠いところお疲れ様でしたexclamation×2
「復興支援講演会」開催!! [2016年06月21日(Tue)]
 晴れ晴れた良い天気の中、6月21日(火)会津美里町高田体育館で、京都・清水寺貫主 森 清範師による「復興支援講演会」が会津美里町・楢葉町共催で開催されました。グッド(上向き矢印)

会場には、約500人の会津美里町民・楢葉町民が集まり、大賑わいとなりました。パンチ

森清範先生は「今年の漢字」で有名な方で、今回の講演会では、会津美里町や楢葉町の町民から「震災からの復興、そして今後更なる発展を目指す町にふさわしい漢字一文字」の募集をいたしました。目

第一部 揮毫式では、中学生が選んだ漢字「挑戦」、町民が選んだ漢字「美」が森清範先生によって揮毫されました。ぴかぴか(新しい)

大変力強い森清範先生の揮毫に、会場内のみなさんは、どんな漢字が選ばれるのか興味津々の御様子でした。揺れるハート

第二部の講演「梵心」では楽しい、大変ためになるお話をいただきました。exclamation


H28.6.21復興支援講演会@.jpg

復興支援講演会開始 右斜め上


H28.6.21復興支援講演会A.jpg

会津美里町長ー(長音記号2)楢葉町長


H28.6.21復興支援講演会D.jpg

会津美里町 渡辺 英敏 町長 挨拶 カラオケ


H28.6.21復興支援講演会E.jpg

楢葉町 松本 幸英 町長 挨拶 カラオケ


H28.6.21復興支援講演会F.jpg

京都清水寺貫主 森 清範 師 目


H28.6.21復興支援講演会G.jpg

中学生が選んだ漢字揮毫中 手(パー)


H28.6.21復興支援講演会H.jpg

粛々と進行 ハートたち(複数ハート)


H28.6.21復興支援講演会I.jpg

町民が選んだ漢字揮毫中 手(パー)


H28.6.21復興支援講演会K.jpg

素晴らしい 森 清範師の揮毫  ぴかぴか(新しい)


H28.6.21復興支援講演会B.jpg

復興支援講演会 かわいい


 森 清範 先生、遠いところ、京都からお出でいただきましてありがとうございましたexclamation×2
| 次へ