CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« edge2009 | Main | あかりプロジェクトメルマガバックナンバー»
未来蝶.net
あかりプロジェクト
インフォメーション
プロフィール

NPO法人あかりプロジェクトさんの画像
NPO法人あかりプロジェクト
プロフィール
ブログ
最新記事
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク集
http://blog.canpan.info/miraichonet/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/miraichonet/index2_0.xml
感謝を込めて [2009年05月26日(Tue)]

こんにちは!
あかりプロジェクトのいづ、こと村田いづ実です。

今日、ついに、ついに、未来蝶.netを公開することができました。
長かったぁ…
ついに、ついに、やっと!!!

いまは、ひとまず嬉しい気持ちと感謝の気持ちでいっぱいです。

メンバーに参加してくださり、
いろんなお願いメールに目を通してくださり、
それぞれがお持ちの力をくださった
あかりメンバーのみなさん。

快くインタビューや情報掲載をお受けくださった
多くの医療関係者やカウンセラーのみなさま。
自助グループや家族会のみなさま。

厳しくあたたかく、スパルタに事業計画に向き合ってくださった
edgeメンターのみなさま、ファイナル審査員のみなさま。
熱い思いを分かち合ったプレイヤーのみなさま。

サイト構築に並々ならぬお力添えをくださった、
エスフィールドの小西さん。
デザイナーの鄭さん。
HTMLコーダーの八木さん。

たくさんの励ましをくださった多くの仲間や先輩や友人たち。
(一人ひとりお名前を書きたい気持ちでいっぱいです!)

いつも膨大な考え事に一緒に望んでくれる発起人メンバーのみんな。

お父さんとお母さん。

みなさまがお力をくださって、
そのお力がたくさん絡み合ったからこそ、
こうしてサイトの公開ができました。

本当に、本当にありがとうございました。

未来蝶ネットの公開は、
あかりPJにとってほんの入り口。
次は、会員制ページの仕組みづくりに励む予定です。

このブログで、進捗のご報告をいたしますね。
それから、新たに発起人メンバーによるリレーブログもスタートする予定です☆
発起人メンバー5名が交代で
『わたしたちの小さな幸せ』というテーマで
ここに記事を書かせていただきますね☆

みなさま、今後ともあかりプロジェクトをどうぞよろしくお願い申し上げます。

ウルトラ規模の感謝を込めて
村田 いづ実





変化の春です!☆ [2009年04月18日(Sat)]

久しぶりの更新です。
みなさまこんにちは、ご無沙汰しております。

滋賀県で、受けとめサポートの仕組みづくりメンバーと顔合わせをしてから、
はやもう一ヶ月が経ちます。

この一ヶ月の間に、あかりプロジェクトには大きな大きな、とっても嬉しい変化がありました!
それは…発起人が増えたことです!☆

あるとき母から、
「発起人って一人じゃなくてもいいんだよ」
と教えてもらってから(目からうろこでした!☆)、
村田は、わたしと一緒に発起人として、同じ立ち位置でプロジェクトの根本の部分から
一緒に考えてくださるコアメンバーの存在を、
すごくすごく願って来ました。

そして、滋賀での顔合わせの後、
受けとめサポートの仕組みに参加してくださっているメンバーに、
勇気を出してお声がけをしてみると、
快く引き受けてくださった方がお二人!
わたしは、ほんとにほんとうに、心強く嬉しくありがたい気持ちになりました。

あかりプロジェクトは新たに、
saahkoさん、岡井ルマさん、ちいちゃん、そしてわたしの四人という
強力な発起人メンバーで進み始めました☆

これも、顔合わせの効用だと、身に染みて感じています。
一つの場所に実際に集ったという事実、
顔を合わせてお話ができたからこそ感じることのできる、
みなさんそれぞれの思いや雰囲気。
目には見えないなにか大切なものを
あの顔合わせで与えて頂いたと感じています。

この一ヶ月は、発起人メンバーで細かなことから大きなことまで
いろんなことを話し合ったり、
村田はひたすら未来蝶ネットのコーディングに励んだり
少しずつ、少しずつ、サイトの公開に向けて進んできました。

公開は、もうあと少し!
今月の末から、5月の半ばあたりを予定しています。

これらを踏まえて、
このブログも仕様を少し変更しようと思っています。
今後、このブログをあかりプロジェクトの公式ブログとして、
メールマガジンのバックナンバーや、
お知らせや、
それから、発起人によるリレーブログなども考えているところです☆

春は何かと変化が多い季節ですが、
この春は、あかりプロジェクトにとっても変化の多い春となりました☆
桜が、本当にキレイでしたね!

以上、最近の進捗のご報告でした!




顔と顔を合わせたら☆ [2009年03月13日(Fri)]

今週の村田のキーワード、
それは“顔と顔を合わせる”という言葉でした。

受けとめサポートの仕組みづくりグループをウェブ上に立ち上げて、
今週はメンバー同士でたくさんの意見交換を行いました。
びっくりするほどたくさんのご意見、感想、アイディアなどを
みなさん寄せてくださるので
村田はほんとうに嬉しくありがたく、
みんなで意見を出し合ったら、
受けとめ掲示板の仕組みについても
だいぶんまとまってきたような気がしています。

わたしたち、熱い!
このグループ、とっても熱くて温かいです☆
あらためて、メンバーの皆さんとのご縁に心から感謝☆

このメンバーのみなさんと、来週には初の顔合わせが実現します!
実はわたしは
みんなそれぞれバラバラな場所に住んでいて同時に顔合わせは難しいし、
そのためのウェブなのだから
という感じで、特に顔合わせについては考えていなかったのでした。

ところがメンター古野さんにこのグループの仕組みを占っていただいたところ、
「メンバー同士が顔を合わせておくことは大切やね」
とのお言葉。
ダメ元でみなさんにお声がけしてみたところ、
なんと、集まれそうなのです!☆

ほんとに嬉しく、楽しみです。
みんなに同時にお会いできるなんて!

顔と顔を合わせることで、
この先どんな広がりが生まれるのか、
とっても楽しみです!

さらに、メンター東口先生に受けとめサポートの内容を占っていただいたところ、
「顔を合わせてお話できるような専門家のスーパーバイザーが、
サポーターをサポートするような仕組みが必要と思います」
とのお言葉。
“顔を合わせる”が、また出てきてなんだかびっくり!

電話やメールでのスーパービジョンというのもないではないけれど、
やはり直接会ってわかることってたくさんある
と教えてくださいました。

わたしは、「受けとめサポート」の話し手と聞き手にも
もしかすると“顔を合わせる”ということが必要な場合もあるのかもしれないと
なんとなく、考え始めています。

「ウェブ上だからできること」と、
「顔と顔を合わせてはじめてできること」

なんだかこれが、なんとなく、大きなヒントのような…
そんな気がしています。

しわとしわをあわせたらしあわせ
かおとかおをあわせたら…
何がうみだされるのだろう♪

顔合わせが、本当に楽しみです!☆
進捗報告その2☆ [2009年03月04日(Wed)]

昨日に引き続き、最近の進捗のご報告です☆

<プレサイトを修正しました>

edgeでブラッシュアップさせていただいたプランに基づいて、
プレサイトの内容も大幅に修正を行いました。
「あかりプロジェクトとは」というページを追加して、
edgeファイナルの事前配布資料をPDFで見ていただけるように☆

苦労してつくった資料、
たくさん活用させていただいています!

<受けとめメールのしくみづくり>

ファイナル以降、
いろんな方のご意見をいただきながらなんとなく見えてきた
受けとめメールの形。
それは、まずは未来蝶ネット上の会員専用掲示板に
認定サポーターが複数人巡回して
苦しい気持ちの受けとめ役をする
というもの。
メールでのやりとりに関しては、
はじめはあかりセミナーに参加なさった方の中で
ご希望の方がおられれば行う
というものです。
まずは受けとめ掲示板からはじめて、
徐々に受けとめメールのしくみも模索していく
という流れにしようかと思っています。

そこで、あかりメンバーの中でも
受けとめメールに今後深く関わりたいと思ってくださる方、
それから、ご助言をいただけるアドバイザー的な方をお誘いして、
ウェブ上のグループ機能を使って
いろんな意見交換をおこなっていくことにしました。
昨日はその準備と呼びかけをおこない、
明日にはスタート時のメンバーを登録させていただいて、
意見交換を進めていこうと思っています。

この意見交換の仕組み、
この先応用できそうな予感がしています。
例えば未来蝶.netコンテンツ制作に関して
とか、
例えば医療機関とのつながりづくりに関して
などと、それぞれの課題に対して一つのグループをつくっていけば、
この先とてもいいのではないだろうか☆

まずは「受けとめメール仕組みづくりグループ」からスタートです。

<協賛金のお願いに際する資料づくり>

病院やカウンセリングルームに協賛金のお願いをさせていただく場合の
いろいろな書類を一通りつくってみました。
edgeのしばはらさんに教えていただいた書類は以下の5点。
・趣意書
・協賛金のご案内
・協賛金申込書
・予算書
・お礼状
しばはらさんが挙げてくださったいろんな事例を参考にしながら、
四苦八苦してなんとか完成。
協賛金のお願い一つとっても、
してみようと思ったら知らないことばかり!
今までの人生において「協賛金」っていう言葉、
まったくご縁がなかったのに、
こうしてどっぷりと資料作りをしている自分が
なんだか不思議です。

日々、勉強です。。。

しばはらさんに教えていただいたからこそ、
なんとか完成できたのでした。
そうじゃなかったらわたし、どうしていたんだろう。。。
本当に、本当に、ありがとうございます!

以上、進捗でした☆
明日からは、なかなか手のつける暇がなかった
未来蝶.netのコンテンツ制作にとりかかろうと思っています☆
進捗報告その1☆ [2009年03月03日(Tue)]

わたしたちのプロジェクト、
一ヶ月後にはいよいよ、未来蝶.netの公開が控えています♪

ファイナルまではプランのブラッシュアップに注いでいたエネルギーを、
今度は始動の準備に全力で注ぐ日々☆
不思議でありがたいご縁に恵まれたりもして、
なんだか、神様が味方してくださっているような(笑)
きっと、そうに違いない!
などと、自分に言い聞かせながら…

ここ最近の進捗のご報告です。

<素敵な出会いが二つも!♪>

ファイナルの翌々日に有馬温泉の
NPO法人心ざわざわさまにお邪魔させていただきました。
理事長の岡本さんは看護師の資格をお持ちの摂食障害の回復者でいらっしゃり、
本のご出版や講習会やメール療法など、
摂食障害の回復サポートに長い間取り組んでこられた方。
一度お会いしてみたいとずっと思っていた夢が叶ったのでした☆

びっくりしたのは、ファイナルの質疑応答の際にご指摘をいただいた
「聞くことの専門性」を兼ね備えた方に
すごいタイミングでお会いできたということ。

本当に懐の深い方で、
プロジェクトにもできる限りご協力をいただけるとの
ありがたいお気持ちをたくさんいただいて
ホクホクした気持ちで村田は家路につきました。

この先、壁にぶつかること、たくさんあるのだろうなあと思うけれど、
その度にバンッと背中を押してくださいそうな、
とても心強い存在で、
本当にありがたいご縁でした。
“深い愛情が基盤にある強さ”というものを、たくさん感じさせていただきました。

そして、金沢に帰った翌々日は、
自分を見つけるママの会Snigel m.(スニーゲルマム)主宰で
女性に役立つセルフディフェンスWEN-DOのインストラクターでもいらっしゃる
福多唯さんとお会いしました。
彼女も摂食障害の回復者で、長い間、根気強く自助グループやセミナーなどの活動をなさってこられた方。
しかも金沢で!☆
こんな近くに、いらっしゃったなんて!
これまたとっても嬉しいありがたいご縁でした。
あかりプロジェクトでは自助グループそのものを立ち上げる予定がなかったのですが、
福多さんの自助グループと一緒に連携しながら活動できたら素敵だね
という嬉しいお話をいただき、
今後、金沢の地で、力を持ち寄りながら幅広い活動を一緒に行わせていただけそうです。
さらに、福多さんはウェブの掲示板での相談や
メール相談のご経験もおありとのこと。
具体的にどんなふうだったか、
どんなことに気をつけたらいいのか、
など、受けとめメールサポートに関してもたくさんのアドバイスをいただくことができました。
さらにはあかりセミナーのことまで、びっくりするほど親身に、
プロジェクトのことを一緒に考えてくださって、
わたしは本当にあたたかい気持ちになりました。


お二人とも、飾らず、懐が深〜くて、魅力的な方々。
わたしは、本当に嬉しかった!
二つの嬉しい出会い、あかりプロジェクトにとって
一生物の宝物になりそうです。

感謝!!!☆

あら、ついつい長くなってしまいました(笑)
進捗の続き、また明日書かせていただこうと思います☆









こころが、楽だ〜 [2009年02月18日(Wed)]

はぁ、こういう穏やかなこころって、どれだけぶりだろう。
いま、ほんとにこころが穏やかで、
呼吸がとっても楽です。

ほかのファイナリストのみなさんも、そうかなあ☆
昨日、ファイナルプレゼンテーションのパワポを提出したら、
びっくりするほど楽になりました。

考えてみれば、10月に第一次審査シートを埋めようとしたあの瞬間から、
村田のこころは休まるというときがいっときもなかった気がします。

それだけ真剣に、プランに向き合ってきた。

ファイナルはまだ終わっていないけれど、
すでにこの段階で自分を誉めていいと思う。
自分で思います、わたしほんとに、ほんとによくやった!

それにそれに、たくさんの人に助けていただいた。
たくさんの方が、力を貸してくださった。
妹、両親、あかりメンバーのみなさん、メンターのみなさん、edge事務局のみなさん、仲間や先輩や友人…
感謝の気持ちで、こころが満ち満ちています。
みなさま、本当にありがとうございます!!!

あら…
まるで、ファイナルが終わった感想みたいな感じですね(笑)
プレゼンの練習、質疑応答の準備、パネル制作の準備…
まだいろいろやることはあるのですが、
後はぜんぶ、楽しんでできそうです☆

昨日までは不安でたまらなかったこの先の未来蝶ネットの公開に関しても、
新しい力がどんどん湧いて来そうな予感がしています。
このままのこころの元気を保てれば、
何でもできそうだ!

そうそう、今日はさっそく、ファイナルの配布用資料が役に立ちました。
あかりセミナーを会場費が無料の公共施設で開催できるかどうか、
資料を手に担当の方にお願いをしてきたのでした。
ブラッシュアップを進める中で、
プランの説明もだいぶ簡潔にできるようになってきたから、
とてもスムーズに願いをお伝えすることができて、
まだ正式にはわかりませんが、
使わせていただけそうな感触でした。
嬉しかったです!

ああ、今日は本当になんだかこころが元気で穏やかで、
なんでもできそうな気がします!
この感覚、忘れたくない。
忘れそうになったら、この記事を読み返そうと思います。

合掌☆







プレッシャー [2009年02月12日(Thu)]

ファイナル配布用資料、なんとか無事に提出できました。
ああ、ホッとしました。
きっとほかの皆さんも、一緒ですね!
次はプレゼンの準備。
あと少し、ふんばって頑張りましょうね☆

さて、村田は先月の集合メンタリングが終わってからというもの、
これまでにも増して
大きな不安やプレッシャーにさいなまれる毎日です。
海を見に行ってみたり、
美術館に足を運んでみたり、
本を読んでみたり、
重たい気分をなんとかしようといろいろやってみるのですが、
それでもやっぱり軽くはならない。

それは、ファイナルプレゼンテーションのプレッシャーだと思っていたのですが、
そうではないことに気づきました。
もちろんファイナルのプレゼンもプレッシャーだけれど、
それよりも、その先のこと、
3月末にはいよいよ未来蝶ネットを公開するということ、
ついに一歩を踏み出すというそのことが、
とてつもなく恐怖であり、不安であり、この気分の重たさの原因なのでした。
コンテンツが途切れないように更新の計画を立てて、
人手をなんとか探して、
会員さんを募集して、
セミナーを開催して、
オフィスも確保して…
始動するためには、詰めなくてはならないことがまだまだ山積み。
その山の高さに、今にもこころが押しつぶされそうになっていたのでした。

大丈夫、大丈夫だから、なんとかなるから、なーんにも心配しなくていいよ。
やってみないとわからないんだし、
やってみよう!やってみてから考えよう!

などと、自分にたくさんの励ましの言葉をかけ続けながら…
ああ、ここ何年かは、こんな調子の毎日なのかな。
社会起業なんて、するもんじゃない
なんて(笑)☆

でも大丈夫!
社会起業なんて、するんじゃなかった
とは、まったく思っていない自分が居てるから。

こんな感じで、重苦しい気分でありつつも、
それも仕方ないと受け入れて、
ふんばっていこうと思います。

さてと、プレゼンの計画を立ててみよう☆


少し落ち着いた☆ [2009年02月06日(Fri)]

2/11締切の事前配布資料、
第一案をつくってみました。

こんがらがっていた頭がこれにより整理され、
少しだけ落ち着きました。
メンター田村さん関原さんのアドバイスをいただくまで、
少し一服☆

edgeのファイナルのためにこの資料をつくっているわけですが、
これは、後々ずーっと、いろんなところで利用できる資料になりそうです☆
自分ひとりだったら、なかなか作成する気力がおきないから、
この、“どうしてもつくらねばなりませぬ”状況
ありがたいです☆

頭が少し整理されたら余力が出て、
ボランティア募集についても一歩進めることができました。
今日、ちいちゃんがボランティア募集ちらしをつくって送ってくれた♪ので、
金沢大学の担当部署に電話をしてみると、
掲示していただけるし、
ボランティアサークルにもお声がけをしてくださるとのこと。
ありがたい!
ということで、早速担当の方にメールでお送りしました。

それから、知り合いに福祉系の学校にお勤めの方がいらっしゃったことをふと思い出し、
思い切って電話を!
興味のありそうな学生さんにお声がけしてくださるそうです!

ああ、学生さんが手伝ってくださると、
ほんとに助かるなあ☆
はやく、そんな日が来るといいのに☆☆☆
その日のことを思い浮かべると、ちょっとウキウキします♪

今日はこんなところで☆

まったくの余談ですが、村田は最近手の指に発疹がでて、
それがどんどん広まっていくので怖くなって
病院に行きました。
そうしたら…
手足口病!だそうです。。。
まったく心配ありません、ほうっておいて大丈夫ですよ
と言われホッとしたものの、
気になって自宅に帰ってから調べてみると、
「主に乳幼児がかかる病気」と書いてあるではないですか!
ははは。。。
生きていると、いろんなことが起こりますね。

まったくの余談でした…
では、ほんとにこんなところで☆
嵐のようだ… [2009年02月01日(Sun)]

今日は日曜日で、日曜日は強制的にでも休む!と自分に約束をしているのだけれど、
ああ、やっぱり気になっていろいろ作業している自分…。
ブログを書いたら、映画でも借りに行こうと思います☆

最近の進捗を。

<プランに見つかった落とし穴の穴埋め>

あかりピアメンター認定講座を行うのはいいけれど、
このままのプランでは月にお渡しできる額が少なすぎる!
ということが発覚。
一番いい解決方法は、受けとめメールの受けとめ係や
セミナーファシリテータ以外にも
何か仕事を作り出すこと。
これについて、ウンウンうなりながら2日ほど考え続けるも、
今の段階では現実的な答えが見えてこず…
あかりプロジェクトの規模が大きくなったなら、
可能性はあちこちにありそうだとは思いました。

これ以上考え込んでいたら何にも進まない!
ということで、この点に関しては可能性を探り続けることとして、
未来蝶ネットの会費でピアメンターさんの報酬を補填することに。

無理なく働ける職場をつくりだすという夢は、
症状を抱えながら職を転々としてきた村田にとってはすごく思い入れのある夢で、
それと、啓発キャンペーンを何とか結びつけることができたらいいなと思っていて、
だからあきらめずに夢を見続けていようと思います。

<作業計画を立てる>

これに関しては、またもやオフィスブルーバード(OBB)さんにお世話になりました☆
作業計画の立て方を伝授していただき、
できあがった表に補填までしていただいて、
ほんとにありがたいことこの上ありません。
患者支援団体の支援団体…
OBBさんの存在、とても心強いです。
ありがとうございます!

必要な作業項目を洗い出してみると、
その作業量の膨大さに愕然。
でも、目で見えるようにしたらとても楽にもなりました。
具体的にどうしたらいいのか見えてきて、次に進む力になりますね☆
とにかく、ボランティアを募ることは必須だとわかりました。
さて、と、動きますか☆

<プレゼン資料の作成>

ファイナルの前に提出する事業計画書を書く前に、
まずはプレゼンの資料をつくって骨組みを整理することに。
第一稿、昨日でだいたい完成!
あとは収支予測を入れ込んで、
メンターの関原さん、田村さんに見ていただこうと思います☆


そんなこんなあわただしい日々の中、
わくわくするような可能性が一つ☆
わたしの大切な友人がクラシック音楽家支援の活動をしておられるのですが、
未来蝶.netの宣伝コンサートを合同でしてみよう
という話が持ち上がり…
今すごくわくわくしています!

クラシック音楽家情報サイトムジカー100


そして、人に助けを求める練習は、
日々、怖い気持ちをなだめつつ、
実践に励んでいマス☆
あたたかく見守ってくださる協力者のみなさまに、心から、心の底から、感謝!☆
毎日まいにち、不安やプレッシャーにしつこくつきまとわれていて
穏やかではいられない日々ですが、
支えてくださる方々のあたたかなお気持ちが
びっくりするほど心の栄養になって
だからわたしは歩いて行けます。

生きているって、スバラシイ!
みなさま、ありがとうございます☆☆☆

することリスト [2009年01月28日(Wed)]

2泊3日の三都物語から、おとついの夜帰ってきました。
3日間でたくさんのメンターさんや社会起業仲間と会話をして、
おみやげをいっぱいいっぱい持って帰りました。

それを踏まえて、することリストを。

○プランの中に見つかった欠陥について解決策を練ること

メンター関原さんが丁寧に数字を見てくださったおかげで、
プランに大きな穴があいていることが発覚!
あかりピアメンター認定講座を開くのはいいのだけれど、
実際に計算してみると
せっかくあかりピアメンターになっても
お渡しできる報酬が一人当たり月に1〜2万円程度に留まってしまっている。
これでは「就労支援」とは言えないです。
就労支援とは言えないけれど、それでも人の役にたっているという感覚を感じることはできるのだから良しとするのか、
認定講座の募集人数に制限を設けて一人当たりの報酬がある程度保障されるようにするのか、
受けとめメールやファシリテータ以外の新たな仕事をつくるのか、
この辺のところ、練り直す必要がありそうです。

○実際に動かすシュミレーションをして、作業計画を立てること

永井さんのメンタリングで気づかせていただいたことは、
構想ばかりが先行しすぎて
実際の作業計画があいまいになっているということ。
本当に、確かにそうでした。
シュミレーションをすることで、
どのタイミングでどの作業をするのか、
そのためには何が必要になるのか、
いろんなことが見えてきそう。
新たな問題点もきっとたくさん見えてきそうな気がします。

○人に助けを求めること

河内さん、菊池さん、田村さん、古野さんのメンタリングで
共通して気づかせていただいたことは、
ずばり、「人に助けを求める必要がある」ということでした。
これは、まさに村田のネックの部分です。
本当は穴だらけで、自分のキャパからとっくに作業があふれているのに、
穴がないように見せてしまう癖、
あふれていても助けを求めない癖、
このことを、強く強く再認識しました。
例えば、もっともっとあかりメンバーに助けを求めてみる、
例えば、大学などのボランティアサークルに手伝いのお願いをしてみる、
例えば、つぶれそうになる前に電話をかけてみる、
いっぱいいっぱいだよ、力を貸してほしいよ
と伝えてみること。

助けを求められない癖は、
変えるのがすごく難しい部分なのだと思い込んでいたけれど、
古野さんがおっしゃるには
これは練習すれば誰にでも変えられることなのだそうです!☆
練習なのだから、失敗してもいいのだそうです!☆☆☆
変わりたい!
そうでなければ、あかりプロジェクトはスムーズに進まないと感じます。
怖いけれど、助けを求めること、できてなさ加減を出していくこと、
こころがけてみようと思います。

「助けを求めるのが苦手」という部分、
摂食障害に苦しむ多くの方に共通して見られる部分だと思います。
だから、村田がその部分を変えていこうとすることが、
そのままプランに何かの影響を与えてくれるような気がしています。

話を聞いてくださったメンターのみなさま、
たくさんの素敵なお土産をありがとうございました!
引き続き、もがきながら奮闘してみます!☆

| 次へ