CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 『未来蝶.net』人気読み物、新着読み物のご紹介☆ | Main | リワークスクール便り»
未来蝶.net
あかりプロジェクト
インフォメーション
プロフィール

NPO法人あかりプロジェクトさんの画像
NPO法人あかりプロジェクト
プロフィール
ブログ
最新記事
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク集
http://blog.canpan.info/miraichonet/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/miraichonet/index2_0.xml
★プログラム案内【3/13(水)3種の豆の珈琲手網焙煎と飲み比べ】 [2019年01月29日(Tue)]

摂食障害のひとが自分の力を感じ
より自由に生き方を選んでいくための支えあいをする
NPO法人あかりプロジェクトのいづこと山口いづみです。

『ふらっとあかり日和』追加プログラム
「3種の豆の珈琲手網焙煎と飲み比べ」を開催することになりました!★

前回の「珈琲手網焙煎とプロのドリップ」の反響が良くて、
珈琲がお好きな方って多いんだなあとあらためて感じています。

前回は3つのグループに分かれて手網焙煎体験をして、
プロのドリップのコツを教わってから試飲しましたが、
今回は、3種類の豆(ブラジル、エチオピア、タイを予定)を焙煎してみて、
どんなふうに味が違うのか、
プロの焙煎士の解説も交えながら
みんなで飲み比べをしたいと思います。
気に入った豆はドリップバッグにしてお持ち帰り下さい。

パジャマのままでいらしても大丈夫。
うつむいていても大丈夫。
しゃべってもしゃべらなくても、
焙煎してもしなくても、
試飲に参加してもしなくても大丈夫。
責めたりお説教する人もいません。

どうかこの時間だけでも、
みんなが自分で自分を責めることや
食べ物のことから解放されるといいなあと願いつつ、
お世話係をさせていただきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◇3種の豆の珈琲手網焙煎と飲み比べ【要申込】
日時:2019/3/13(水)10時〜12時
会場:リワークスクール カラフル・金沢
   (金沢市油車41番地 駐車場無)
定員:6名(先着順)
参加費:500円
持ち物:特になし

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【お申込】
☆お申込フォーム
https://goo.gl/forms/YL2jFKgLpNttD6Q53

☆メール
infodeskあっとまーくfuture-butterfly.net
 お名前/お電話番号/連絡のつく時間帯/ご住所/メールアドレス/
 ご希望のプログラム/その他連絡事項
をお送りください。
(2回目以降の方はお名前とお電話番号、ご希望のプログラムのみで大丈夫です!)
★プログラム案内【3/25(月)インナーチャイルドセラピー2】 [2019年01月28日(Mon)]

摂食障害のひとが自分の力を感じ
より自由に生き方を選んでいくための支えあいをする
NPO法人あかりプロジェクトのいづこと山口いづみです。

『ふらっとあかり日和』で一番申し込みが多かった人気プログラム
「インナーチャイルドセラピー」を
もう一度開催できることになりました!

インナーチャイルドというのは内なる子どものこと。
インナーチャイルドセラピーとは、
幼いころの傷ついたインナーチャイルド
(内なる子どもの気持ち)に出会い、
解放し、癒してゆくセラピーです。

家族って人それぞれにいろんな傷があって想い出があって
それを扱うのはなかなかにパワーのいることだけれど、
もしみんなで知恵を出し合いながら、
励まし合いながら取り組んだら、
ちょっとずつ、ちょっとずつかもしれないけれど、
心の傷にばんそうこうを貼ることが
できるのかもしれないなあと感じています。

前回はインナーチャイルドについてのレクチャーの後、
自身の子ども時代を振り返り、
みんなでロールプレイをしましたが、
今回はロールプレイではなく
自身の子ども時代をそれぞれに見つめてわかちあいます。

講師の林琴美さんは、
AC(アダルトチャイルド)のためのセルフヘルプグループ
「アロー」の主宰者で、
自らが子どものころに辛い経験を経て、
大人になってからも生きづらさを感じ、
カウンセリングを勉強なさって
今はカウンセリングルームも運営なさっています。

今回も快く講師をお引き受けくださいました☆

パジャマのままでいらしても大丈夫。
うつむいていても大丈夫。
しゃべってもしゃべらなくても、
ワークに参加してもしなくても
わかちあいに参加してもしなくても大丈夫。
責めたりお説教する人もいません。

どうかこの時間だけでも、
みんなが自分で自分を責めることや
食べ物のことから解放されるといいなあと願いつつ、
お世話係をさせていただきます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◇インナーチャイルドセラピー2【要申込】
日時:2019/3/25(月)13時〜15時
会場:リワークスクール カラフル・金沢3F
   (金沢市油車41番地 駐車場無)
参加費:無料
持ち物:特になし

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【お申込】
☆お申込フォーム
https://goo.gl/forms/YL2jFKgLpNttD6Q53

☆メール
infodeskあっとまーくfuture-butterfly.net
 お名前/お電話番号/連絡のつく時間帯/ご住所/メールアドレス/
 ご希望のプログラム/その他連絡事項
をお送りください。
(2回目以降の方はお名前とお電話番号、ご希望のプログラムのみで大丈夫です!)
10/30 「フォーカシング」レポート [2018年10月31日(Wed)]

摂食障害のひとが自分の力を感じ
より自由に生き方を選んでいくための支えあいをする
NPO法人あかりプロジェクトのいづこと山口いづみです。

昨日、10/30(火)の13時半から、
『ふらっとあかり日和』
「フォーカシング」を開催しました。

講師は女性のための護身術WENDOの講師で
あかりプロジェクトの顧問でもいらっしゃる福多唯さん。
10代から30代までの摂食障害の経験もお持ちです。

唯さんご自身が摂食障害から解放された時、
実は、知らず知らずのうちにフォーカシングを自身で行っていたのだそう!
その体験談を踏まえながら
「フォーカシングとは?」をひも解いてくださいました。

唯さん.JPG

それによってわたしが理解したフォーカシングとは、
身体はとても賢い、という前提の元、
身体の感じにフォーカスして、
それに名前をつけたりそれと共にいたり言葉をかけることで、
身体が発しているメッセージを受け取ったり、
苦しみなどの感覚からちょっと距離を置いて自分を捉えたり
頭で考えることから解放されたり、
そんなステキな事が起こるスキルのことを言うようです。

私もデモで体験させてもらったのですが、
その時に自分の中にあったモヤモヤしたいろんな塊が
フォーカシングの前までは混沌としてそこにあったのが、
いろんな塊の境界がはっきりして、
「ああ、わたしの中には今こんな感じとこんな感じとこんな感じもあるんだなあ」
と意識することができて、
おまけに、その中でも一番注意を向けて欲しがっている感じに対して
「おつかれさま」と声をかけることで、
すこし、自分が楽になるような、
心に小さな風穴があいたような、
そんな感覚になりました。

参加くださった方の中には、
普段頭で考え過ぎているような気がすると話してくださる方がいらっしゃって、
わたし自身にもそういう部分が大いにあって、
だから、フォーカシングはぜひ今後も活動に取り入れていきたいなあと感じました。

また企画したいと思います。
ご一緒してくださったみなさん、唯さん、
ありがとうございました!
10/18 みんなで畑レポート! [2018年10月22日(Mon)]

摂食障害のひとが自分の力を感じ
より自由に生き方を選んでいくための支えあいをする
NPO法人あかりプロジェクトのいづこと山口いづみです。

先日10/18(木)の午後に
みんなでいづの畑に集まって、
玉ねぎの苗を植えてきました。

行きの車の中は暑いくらいの日差しでしたが、
風が涼しく、秋晴れの青空で、
本当に畑日和の気候!
とっても気持ちよかったです。

メンバーさんのご家族が畑のベテランさんとのことで、
玉ねぎの植え方も聞いてきてくださいました!
その指南を最初にみんなで聞いてから、
それぞれ担当の場所に苗を植えていきました。

畑1.JPG

畑2.JPG

鼻歌やおしゃべりとともに、
色とりどりのメンバーが畑に咲いているようで
農業女子部みたいで楽しかったです。

最後に根を切ってしまう「ネキリムシ」対策の錠剤と
保湿?保護?保温?か何かのためのもみ殻をまいて、
畝が完成!!!

畑3.JPG

まだ細めだけど大根おろしに美味しそうな大根や
だいぶ大きくなってきたネギなど、
思い思いに収穫してもらって、
記念すべき「みんなで畑」第1回を終えました。

畑5.JPG

ちょうど1年ぐらい前から家族と一緒に畑を始めて、
うまくいかないことも多くって
こまめにお世話をする余裕もなく、
めげそうになることもありましたが、
こんなふうにみんなで畑をするのが夢だったので
とってもうれしく心強かったです!

また企画できればと思っているので、
興味のある方は第2回に乞うご期待ください!
10/15 『灯台へ』創作体験レポート [2018年10月16日(Tue)]

摂食障害のひとが自分の力を感じ
より自由に生き方を選んでいくための支えあいをする
NPO法人あかりプロジェクトのいづこと山口いづみです。

昨日、10/15(月)の13時から、
『ふらっとあかり日和』
「『灯台へ』創作体験」を開催しました。

講師はカウンセラーの村田進さん。
いづの父でもあるので、摂食障害家族の当事者、
ということにもなります。

最初に「創作体験」の心理臨床的な意味について説明を聞いた後、
作家ヴァージニア・ウルフの小説『灯台へ』のプロットを用いた
登場人物のセリフを埋めて物語を創作できるワークシートに
それぞれが取り組みました。

ヴァージニア・ウルフは、
小説の執筆を通して自身の心理的世界を描き出し
心理的問題と向き合ったと考えられているそう。
つまり、ウルフにとって小説の執筆には
心理療法的な意味があったと考えられているのですが、
果たしてA3用紙2枚に渡る創作で
どんな変化が起こるのか、
それに、物語なんて自分に創作できるのか、
最初はできる気がしませんでした。

それでも、
「ああ、ここに書かれてるお父さんのセリフ、
家の父とそっくり!」
とか、
「夫人はうっとり灯台を眺めてるけど、
もしわたしがこんな家族の中にいたら、
絶対そんな心境になれない!」
などと感想を述べあっているうちに、
自然とみんな、自分のワークシートに対峙して、
あとはペンを進める音だけが響き渡っていました。

わたしも筆を進めるうちに物語の世界に没頭していました。
そして書き終わったあと、
それぞれの登場人物の優しさや強さに自分自身が癒されるような
不思議な感覚を覚えました。

その後の分かち合いがとてもよかったです。
同じプロットでも人によって全然物語が違っていて、
ハッとさせられたり
心を動かされることが多かったです。

登場人物がある一家のメンバーということもあって、
自然とテーマが家族になり、
他の人のこれまでの生い立ちとか、
家族の中で感じてきたことがあらわれているような気がして、
とてもじーんとして、
みんなのことがもっと好きになりました。

また機会があれば企画してみたいと思いました。
ご一緒してくださったみなさん、すすむさん、
ありがとうございました!
9/25 ハンドウォーマーを編んでみようレポート [2018年09月27日(Thu)]

摂食障害のひとが自分の力を感じ
より自由に生き方を選んでいくための支えあいをする
NPO法人あかりプロジェクトのいづこと山口いづみです。

先日、9/25(火)の10時から、
『ふらっとあかり日和』
「ハンドウォーマーを編んでみよう」を開催しました。

講師は蓮のランプやパステルアートも教えてくださったyumikoさん、
秋冬仕様の毛糸を持ってきてくださいました。
こんなにキレイな毛糸たちを前にして
色選びからワクワク、色がなかなか決まりませんでした。
ハンド1.JPG

ようやくそれぞれの毛糸が決まり、いよいよスタート!
まずは練習用の毛糸で編み方を教わります。

実はわたし、蓮やパステルアートの時と同じ感覚で
軽い気持ちでのぞんだのですが…
編み物って奥が深いのですね!!!
知りませんでした。。。

編み針の持ち方とか、通し方とか、押さえ方などなかなか難しく、
しかも、何度やっても覚えられず…

こ、これは、今回わたしは完成は無理なのかも。。。
と一時は思ったのですが、

なんとか、進むたびに写真を撮って覚えながら
ようやく目標のところまで進むことができました。

最初はこういうのからはじまって、
ハンド2.JPG

難しい場面はちくいち写真を撮って
ハンド3.JPG

ようやく輪っかに!
この輪っかを増やして、
最後に毛糸を変えて始末の編み方をすると
ハンドウォーマーができあがるそうです。
ハンド4.JPG

難しかったけれど、
でも、参加者さんと一緒に、
あれ?ここはこうだったっけ?
順番はこうであってたっけ?
あ!それはそうじゃなくて…
などと教え合いながら過ごした時間がとっても楽しかったです。

申し込んでいたけれど来られない方もいらしたので、
参加者さんと一緒に何とか覚えて
みなさんにもお教えできるようになりたいです!

今回は2回シリーズの第1回目、
宿題も出されました。
さて、果たして次回無事に完成するか!?
こうご期待です!☆
9/21 つまみ細工でマグネットづくりレポート [2018年09月24日(Mon)]

摂食障害のひとが自分の力を感じ
より自由に生き方を選んでいくための支えあいをする
NPO法人あかりプロジェクトのいづこと山口いづみです。

先日、9/21(金)の13時から、
『ふらっとあかり日和』
「つまみ細工でマグネットづくり」を開催しました。

講師は長岡こころさん。
こころさんは摂食障害(拒食のみ)経験者で、
現在回復中の大学3年生。
成人式の着物と合わせた髪飾りの完成を目標に、
1年間に渡ってつまみ細工の教室に通われて、
今ではいろんなものを自由につくれるようになったそうです。

一人一人にこんなかわいらしい制作キットを準備してくださいました。
つまみ1.JPG

一人で複数の人に教えるのは今回が初めてとのことでしたが、
伝わりやすくなるための工夫をたくさんしてくださって、
とってもわかりやすく楽しい時間でした!

まずは好きな色の布を選んで花びらをつくります。
色のバリエーションがたくさんあってワクワクして、
わたしは色選びにすごく時間がかかりました。

こんな小さな布をピンセットでつまんで、
花びらをつくっていきます。
つまみ2.JPG

こういう工作系のプログラムの例に漏れず、
みんな息をするのも忘れて没頭しました。
一つ一つの花びらが小さいから、特に、
ふかーいところにはまっていく感覚でした☆

最後に葉っぱやキラキラの石も自由につけて完成!
みんなの作品はこちらです☆
つまみ3.JPG

同じ材料を目の前にして、
同じ説明をもらってつくるのに、
こうして様々なテイストの作品が最後に並ぶことに
わたしは毎回感動してしまいます。

作品にそれぞれの個性が出ていて、
また今日もみんなのことがもっと好きになった時間でした。

一生懸命教えてくださったこころ先生も、ありがとうございました!
★プログラム案内【12/11(火)アサーティブトレーニング】 [2018年09月24日(Mon)]

摂食障害のひとが自分の力を感じ
より自由に生き方を選んでいくための支えあいをする
NPO法人あかりプロジェクトのいづこと山口いづみです。

12/11(火)午後開催の『ふらっとあかり日和』プログラム
「アサーティブトレーニング」をご紹介いたします★

アサーティブネスとは、
攻撃的でもなく、自己否定的でもなく、
自分の思いを大切に主張しながらも、
他者の思いも大切にしようとする在り方、
コミュニケーション姿勢のことです。

普段から当たり前のようにそんなコミュニケーションをとれたら、
どんなに楽に生きられるだろうと思いながら、
なかなか実践が難しいのがアサーティブネスです。

そこで、どうして難しいのか、どうしたら難しさがクリアできるのか、
「人権」についても触れながら学んでいきます。

アサーティブトレーニングは奥が深く、
何度も繰り返し続けていくとより自分のものになっていきますが、
今回のテーマはずばり!「断る勇気を手にしよう」。
「断る」ことに的を絞って
みんなで知恵を出し合います。

講師は10/30「フォーカシング」講師も務めてくださる、
WEN-DO JAPANの福多唯さんです。

パジャマのままでいらしても大丈夫。
うつむいていても大丈夫。
しゃべってもしゃべらなくても、
ワークに参加してもしなくても大丈夫。

「ドタキャンになったらどうしよう…」と
不安なかたも、

「ああ、でもやっぱり行ってみたい」と
当日ひょっこり気が向くタイプの方も、

「《行きます》と宣言・連絡することで
 自分の背中を押したい」というかたも、

いろんな人がいらしてくださったら嬉しいので、
事前のお申し込みは、
しなくても、くださっても、どちらでも大丈夫です。

どうかこの時間だけでも、
みんなが自分で自分を責めることから解放されるといいなあと願いつつ、
お世話係をさせていただきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◇断る勇気を手にしよう「アサーティブトレーニング」
日時:2018/12/11(火)13時〜15時半
会場:金沢市内(お申込者にお知らせする他、決定次第ブログでお知らせします)
参加費:無料
持ち物:特になし

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ふらっとあかり日和ちらし
https://future-butterfly.net/pdf/akaribiyori.pdf

◆10/1からお申込を開始します。
お申込をしたいかたは
以下の↓お申込フォームもしくはメールでご連絡ください。

☆お申込フォーム
https://goo.gl/forms/YL2jFKgLpNttD6Q53

☆メール
infodeskあっとまーくfuture-butterfly.net
 お名前/お電話番号/連絡のつく時間帯/ご住所/メールアドレス/
 ご希望のプログラム/その他連絡事項
をお送りください。
(2回目以降の方はお名前とお電話番号、ご希望のプログラムのみで大丈夫です!)
★プログラム案内【12/5(火)珈琲手網焙煎とプロのドリップ】 [2018年09月24日(Mon)]

摂食障害のひとが自分の力を感じ
より自由に生き方を選んでいくための支えあいをする
NPO法人あかりプロジェクトのいづこと山口いづみです。

12/5(火)午前開催の『ふらっとあかり日和』プログラム
「珈琲手網焙煎とプロのドリップ」をご紹介いたします★

なぜ珈琲???
と思った方もいらっしゃるかもしれませんね。

以前、何かの記事で、
珈琲豆の仕入れから焙煎、
パッケージングや販売まで取り組んでいる
福祉サービス事業所さんのことを知って、
あかりトークで分かち合っているみんなと
そんなことができたらいいのになあと思っていました。

珈琲の焙煎って、
緑色の生豆(なままめ:実は豆ではなく果実の種)を拠り分けて
それから煎っていくのですが、
目指す味やその時の気温や風の状態など、
豆や自然との対話によって成り立つもので、
人と関わるのがそこまで得意じゃないけれど、
味覚や臭覚が敏感な方(私みたいに…)にとって
すごく合うお仕事じゃないかなと感じます。

私の夫が珈琲の焙煎をしているということもあり、
もしかしたら、何か可能性が広がらないかなあと思ったりしていて、
それで、今回、まずはみんなで手網焙煎をしてみよう!
と思い立ったのでした。

珈琲を煎る焙煎機という機械があって、
多くの自家焙煎珈琲屋さんではそれを使っていますが、
実は、フライパンや網でも豆を煎ることができるんですよ。

今回は専用の網(銀杏を煎ったりする網)とコンロで豆を煎っていきます。
煎り終わったら、プロのドリップを教わりながら
美味しい珈琲を淹れて、
みんなで一息つきましょう。

パジャマのままでいらしても大丈夫。
うつむいていても大丈夫。
しゃべってもしゃべらなくても、
焙煎してもしなくても大丈夫。

責めたりお説教する人もいません。

どうかこの時間だけでも、
みんなが自分で自分を責めることから解放されるといいなあと願いつつ、
お世話係をさせていただきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◇珈琲手網焙煎とプロのドリップ【要申込】
日時:2018/12/5(水)10時〜12時
会場:金沢市内(お申込者にお知らせする他、決定次第ブログでお知らせします)
参加費:500円
持ち物:特になし

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ふらっとあかり日和ちらし
https://future-butterfly.net/pdf/akaribiyori.pdf

◆10/1からお申込を開始します。
お申込をしたいかたは
以下の↓お申込フォームもしくはメールでご連絡ください。

☆お申込フォーム
https://goo.gl/forms/YL2jFKgLpNttD6Q53

☆メール
infodeskあっとまーくfuture-butterfly.net
 お名前/お電話番号/連絡のつく時間帯/ご住所/メールアドレス/
 ご希望のプログラム/その他連絡事項
をお送りください。
(2回目以降の方はお名前とお電話番号、ご希望のプログラムのみで大丈夫です!)
9/10 ○△□創作体験レポート [2018年09月11日(Tue)]

摂食障害のひとが自分の力を感じ
より自由に生き方を選んでいくための支えあいをする
NPO法人あかりプロジェクトのいづこと山口いづみです。

昨日、9/10(月)の13時から、
『ふらっとあかり日和』
「○△□創作体験」を開催しました。

講師はスクールカウンセラーの村田進(すすむさん)です。

すすむさんは学校の相談室で
自分自身のことや自分の気持ちを表現しにくそうな
多くの生徒さんたちと出会ってきて、
既存の心理テストよりもっと楽しく簡単に
自分自身を見つめて表現できる手段はないかと考えていたところ、
散歩に出かけた近所の鈴木大拙館で
禅僧の仙高ェ描いた「○△□」に出会い、
「これだ!」と思ったそうです。

仙高フ「○△□」は横書きで○と△と□が筆で描かれた
とても力強さを感じる書でした。
仙克ゥ身も解説しておらず、
解釈はいろいろあるのだそうですが、
鈴木大拙は、○はすべてを包摂する空、
△は人、□は人と人が合わさって生まれる社会
と捉えたそう。

鈴木大拙さんの描いた○△□も味わったりした後、
いよいよそれぞれの○△□を描いていきます。

12色のクレヨンと真っ白な紙を目の前に置いて
みんな真剣に取り組んでいました。

わたしは最初に黄色い□を描いて、
その中や線上にいろんな色の△を描いて、
それを包み込む○を描きました。

この世界はたくさんの柔らかな○に満ちていて、
人々や社会や、社会からはみ出した人たちを
あたたかく包んでいる、
というイメージです。

毎日いろんなことに追われて、
イライラしたり怒ったり嘆いたりしている自分なのに、
この世界に対するイメージは、
意外にポジティブなものなんだなあと
不思議な気持ちになりました。

○と△と□だけではつまらないから、
丸に1つずつ角を足して
いろんな形を描いたメンバー、
額縁みたいな枠を最初に描いて、
真ん中に自分を描いて、
光の輪を表現したメンバー、
時間の観念を取り入れて、
過去、現在、未来を描いたメンバーと、
同じ説明を聞いて同じクレヨンと紙を目の前にしているのに、
みんなの○△□はそれぞれに個性的で
まったく捉え方が違うような、
でも、通じる部分もあるような気がしました。

それぞれの、これまで知らなかった一面を
ちょっと垣間見ることができた気がしてうれしかったです。

さて、「ちょっとお勉強」編のプログラムは
灯台へ創作体験、フォーカシング、お灸教室、SST
と続きます。
よかったらぜひご一緒しましょう!

★10/15灯台へ創作体験のブログ記事
http://blog.canpan.info/miraichonet/archive/707

★10/30フォーカシングのブログ記事
http://blog.canpan.info/miraichonet/archive/708

★11/12ソーシャルスキルトレーニングのブログ記事
http://blog.canpan.info/miraichonet/archive/718

★11/19自分でできるお灸教室のブログ記事
http://blog.canpan.info/miraichonet/archive/719


★お申込フォーム
https://goo.gl/forms/YL2jFKgLpNttD6Q53
| 次へ