CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«1/12 リワークカフェ | Main | LINE@をはじめました!»
未来蝶.net
あかりプロジェクト
インフォメーション
プロフィール

NPO法人あかりプロジェクトさんの画像
NPO法人あかりプロジェクト
プロフィール
ブログ
最新記事
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク集
http://blog.canpan.info/miraichonet/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/miraichonet/index2_0.xml
母との対話 [2019年01月15日(Tue)]

摂食障害のひとが自分の力を感じ
より自由に生き方を選んでいくための支えあいをする
NPO法人あかりプロジェクトのいづこと山口いづみです。

1月もあっという間に半分が経ちましたね。
早いなあ。。。

さて、先月12/15(土)の午後に
NPO法人SEEDきょうとさんの家族会「らくの会」さんで
京都のリカバリーフレンド仲間、小春さんと一緒に
摂食障害の体験談をお話させていただきました。

48375221_372381856668563_7413685204453163008_n.jpg

今日はその時にみなさまにお約束した
宿題の結果を報告させていただきます。

質疑応答で、
「家族の関わりで助けになったことは?」
というご質問をいただいて、わたしは

 たとえば「ハローワークに行ったら?」とか、
 「ゴロゴロしてるぐらいなら掃除でもしてよ」とか、
 「将来のことをどう考えてるの?」など、
 わたしを追い立てるようなことを一切言わずに
 ずっと待っていてくれたこと

とお答えしました。

そうしたら、あるご家族から

 それは、ご両親は心から納得して
 そういうことをおっしゃらなかったのか、
 それとも言いたいけれど我慢していらっしゃったのか、
 どっちだったと思いますか

とのご質問をいただき、
わたしはハッとしました。

どっちなんだろう…
そう言えば、考えたことありませんでした。。。

そこで、帰ってから親に聞いてみて
その結果をブログでご報告すると
みなさまにお約束して帰路につきました。

で、先日実家に帰った際に、
ちょうど母とまったりする時間があったので
だいぶんドキドキしましたが、
聞いてみました!!!!!

答えは…

 ・初期の頃は我慢して言わないようにしていて、
  それはとても苦しかったけれど、
  だんだん長引いてくると、腹が据わってきたと言うか、
  自分たちの気持ちが変わってきた。
 ・これは、この子自身が自分の力で解決することなのだ
  と感じるようになって、この子の中にはちゃんと力がある、
  と信じ続けた。
 ・そうすると、追い立てるようなことを言いたくなる気持ちが
  本当に全くおこらなくなった
 ・いづみちゃんなら大丈夫、と信じ続けた

とのことでした。
どっちなんだろう、どっちだったんだろう…
とあれこれ想像していたけれど、
答えはどっちもだったのですね。

わたしはなんだかじーんとして、
「お母さんも大変やったね」と
他人事みたいに言うのがやっとで、
本当は「ごめんなさい」と「ありがとう」を言いたかったけれど、
「わかった!じゃあらくの会さんに伝えるね、ありがとう」と
ちょっとずらした形でありがとうを言いました。

以上、ご質問の答えになっていますように。

みなさまのおかげで、
母とこんなに貴重な対話をすることができました。
楽になってしまうと、
苦しかった時のことをわざわざ蒸し返すのも億劫で、
まったくと言っていいほどこういう話をしていないので、
今回少しだけですがそれができてよかったです。

みなさまありがとうございました。
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント