CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«あかりプロジェクト便り 《NO.33》〜お知らせと未来蝶.net更新情報〜 | Main | NHK『きらっといきる』に出て☆»
未来蝶.net
あかりプロジェクト
インフォメーション
プロフィール

NPO法人あかりプロジェクトさんの画像
NPO法人あかりプロジェクト
プロフィール
ブログ
最新記事
<< 2017年07月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク集
http://blog.canpan.info/miraichonet/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/miraichonet/index2_0.xml
あかりグループワークvol.1が終了しました☆ [2010年04月25日(Sun)]

みなさまこんにちは。

摂食障害からの回復サポートを
当事者の視点から考え実現していく
“あかりプロジェクト”のいづこと村田いづ実です。

昨日24日(土)の午後、
あかりプロジェクトのはじめてのグループワーク、
あかりグループワークvol.1「この生きづらさって、なんだろう」が終了しました。

ぐずついたお天気が続いていた金沢も、
昨日は気持ちの良い青空でしたね☆

リカバリーフレンド、あかりコーディネーターを含め、
13名のみなさまといろんな気持ちをわかちあいました。

その模様を、いづなりの視点で、ここでお伝えさせていただきますね☆

はじめに、大きな輪になって参加者全員で「気分調べ」をしました。
いまの気分、今日ここに期待してきたことなどを30秒ずつ話しました。
緊張した雰囲気の中、みなさん一生懸命にご自身のことを話してくださいましたね☆
いづもすごく緊張していて、なにを話したかあまりおぼえていないありさまです(笑)

第一部は、リカバリーフレンド4名が
それぞれの「生きづらさ」と、そこと向き合ってきた過程について
順番に語り、そこからディスカッションを行いました。
摂食障害のわたしたちの「生きづらさ」の部分に、
なにか共通するものがあるのをあらためて感じた時間でした。
みなさんメモをとりながら、真剣に聞いてくださっていましたね☆

第二部は、第一部の話を聞いて感じたことやご自身のことを
3つの小グループにわかれて語り合い、わかちあいました。
ファシリテーター(進行役)は
あかりコーディネーターのともさん、すすむさん、そしていづ&ちいちゃんでした。
この小さな輪も、一つのご縁。
ときには涙して、ときには笑いあいながら、
隣り合わせた仲間と、向かい合った仲間と、
自分自身の「生きづらさ」について話をし、
また、仲間の話を聞き、
そんななかで、“あたたかな共感の輪”ができあがっていくのを感じました。

第三部は、言葉のプレゼントワーク。
それぞれが挙げてくださった、“自分をいたわる言葉”に共感し、
こころからの思いを込めてその言葉をプレゼントし、
また、こころからの思いを込めてその言葉をプレゼントしてもらう中で、
みんなのことがさらに愛おしくなって、
同時に自分のこともまた愛おしくなって、
ほっこりした気分になりましたね☆

最後に大きな輪に戻って一言ずつ今日の感想を。
輪の大きさが一番はじめの「気分調べ」の輪よりもギュっと縮まって
みんなとの距離が近くなっていたのが印象的でした☆


☆参加者のみなさまからのお声・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・小グループに分けて近い距離でお話したとき、
みんなそれぞれ本音というか、心の染みの部分を出し合えたことがうれしく思い
印象に残っています。

・とってもあったかかったです。
がんばらなくて、そのまんまの自分で今ここにいていい感覚!
うれしかったです。

・なんだか、自然な自分だなって。心では、いつも通りのこと考えてるけど、
顔はわらってる。そんな自分にびっくりです。

・自分だけではなくて、みんなも苦しみとかをかかえて生きていたんだなと思って、
なんだかうれしかった。

・人が好き。大好き。またみんなに逢いたいです。

・みなさんとお会いして、すごく優しい気持ちになりました。
治したい気持ちはあっても、治らないだろうなってずっと思っていましたが、
光が見えてきたような気がします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ご参加くださったみなさま、
心の筋肉を集中的に使って、おつかれのことと思います。
そういういづも、昨日は帰路に車を運転するのもやっとの思い。
ずっしりとした疲れを感じる反面、
あたたかいものが胸の奥でほんわかと熱を放って、
みなさんの表情が、ことばが、息づかいが、
何度も何度も思いだされて
眠りにつくまで興奮状態だったのでした。

みなさま、本当にありがとうございました。
みなさまお一人お一人と、また新しくいろんなわかちあいができたこと、
本当にうれしく思います。
どうかゆっくりと、つかれをとっていただけますように。

次回のグループワークは7月25日(日)の午後、
石川県金沢市に於いて、
テーマは「わたしの育った道のり」
を予定しています。
詳細が固まり次第、未来蝶ネットやこのブログでお伝えいたします。

では、またみなさまにお会いできることを楽しみにしています。
ありがとうございました☆

トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/396244

コメントする
コメント
みいさん、こんにちは!
先日は、お顔が見られて、とってもうれしかったです。
ありがとうございました。
つかれは、もうとれましたか☆

みいさん…ご両親に打ち明けられたのですね。
どんなにどんなに勇気がいったことかと思います。
みいさん、がんばったんだね!

ご両親、よく我慢していたんだねって、受けとめてくださったのですね!
みいさん、よかったね!

大きな一歩を踏み出したと感じておられるのですね。
そんなみいさんにまたお会いできることを楽しみにしています。
是非是非、そんなお話など、聞かせてください。

コメント、うれしかったです。
みいさん、ありがとう!


Posted by: 村田いづ実  at 2010年04月27日(Tue) 06:53

みいさん、こんばんは。saahkoです。
コメントありがとうございます。(*^^*)

グループワークでは、あたたかな時間と空間を共有する事ができ、
とても嬉しかったです。
こちらこそ、本当にありがとうございました。

ご両親へのカミングアウト。。。
この、みいさんの“勇気”を持って踏み出された一歩は、
きっと、みいさんご自身の心あたたまる方へと繋がっていくと思います。

また、お逢い出来る機会を、心から楽しみにしています。
Posted by: saahko  at 2010年04月27日(Tue) 00:42

参加させていただいたみいです。
準備された皆様、本当にお疲れさまでした。
有意義な時間と温かい時間をありがとう。

さて、私ことですが、昨夜両親に摂食障害の事をカミングアウトしました。
今まで、家族や友達には一切隠していたので、本当に勇気がいりましたが、
今での思いなども一緒に吐き出しました。
ワガママで、我慢ができないだけと言われるのが心配でしたが、両親ともよく我慢していたんだねと、言ってくれて、何でこんな重要な事、すぐに話してくれなかったんだとも言ってくれました。

録画していた、「きらっといきる」も一緒に見て、まさか娘が出ているとは想像もつかなかったみたいです。

私の中でまた一歩、それも大きな一歩を踏み出す事ができました。

それも皆さんのおかげです。
本当にありがとうございました。

完全に完治するまでには、もうしばらくかかると思いますが、また、皆さんと温かい時間を過ごせたらいいなと思います。
Posted by: みい  at 2010年04月26日(Mon) 23:16