CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2017年09月 | Main | 2017年11月»
<< 2017年10月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ

【募集開始!】2018年度対象 「福祉人材育成奨学金」助成 開始しました。 [2017年10月31日(Tue)]
みんなでつくる財団おかやまでは平成30年度より岡山県内の大学もしくは専門学校などに進学する予定のある方々を対象として福祉人材育成奨学金の奨学生を募集します。

福祉人材育成奨学金は福祉分野に関心がある大学生・専門学校等に進学等希望者を学費・経営両面からサポートし、未来の福祉人材のリーダーの育成を目的として助成します。

スクリーンショット 2017-10-31 16.13.57.png


【対象者】
・岡山県内在住
・岡山県内の大学・専門学校などに進学希望
・学費に不安を感じている
・福祉分野に興味がある
・学びを通じてリーダーシップをとれるスキルを身につけたい(※世帯収入590万円以下をおおよその基準とする(参考:文部省高校就学支援金1.5倍加算支給対象世帯)
・あなたのやる気を推薦してくれる人がいる

【支援の内容】
1.学費について
年額120万円を上限に、入学金、学費、生活費(上限5万円)、活動費をサポートします。

2.学びの機会の提供について
大学などで学ぶにあたり、モチベーション維持向上のための相談や、あなたの興味にあった福祉分野のNPOや施設などの紹介サポートを行います。

【奨学生の採択数】 若干名

【募集期間】
平成29年10月23日(月)〜12月20日(水)必着

【申請方法】
申請書と推薦書に必要事項を記入の上、親権者の課税証明書(市町村民税所得割額のわかる書類)と合わせて平成29年12月20日(水)必着で下記宛に郵送でお送りください。

【申請先】
公益財団法人 みんなでつくる財団おかやま 福祉人財育成奨学金係
〒700-0026 岡山市北区奉還町3丁目15-8奉還町第1ビル第11号

詳しい情報はこちら(募集要項)をご参照ください。
http://mintuku.jp/fukushi_leader2018.html

【お問合せ】
TEL:086-239-0329 FAX:086-899-6329 E-mail:info@mintuku.jp
担当:石田(電話によるお問合せは月〜金 9:30〜17:30)
※通常時間内に事前に連絡し、予約いただければ、土日祝の対応も可能です。

【報告】Share会議 NPO法人color一時保育事業を行いたい! 開催しました! [2017年10月31日(Tue)]
公益財団法人みんなでつくる財団おかやまでは、「Share会議」 と称し、地域の課題を発信・発見する場を提供しています。

今回のShare会議は高梁市で活動している「NPO法人color」の現在の活動とこれからの活動について市内の方々に知っていただく機会(share会議)を開催しました。

IMG_1624.jpg

<実施概要>
日時:平成29年10月18日(水)10:00〜12:00
場所:高梁市図書館 4F 多目的室
参加者:19名

IMG_1635.jpg

今回のshare会議は高梁市の図書館で行いました。真新しく、都会的な建物の一角にある会議室にて開催しました。
今回のテーマは「一時預かり事業」です。現在高梁市では子育て世代包括支援センター事業の一環として子どもを個人が預かるファミリーサポートなどの子育て支援事業を行なっていますが、一時預かり場が足りているという状態ではありません。
NPO法人カラーは発達障害児の預かりを行なっていますが、このノウハウを活かし、一時預かり事業を行う予定です。今回はこの事業について現在子育て中のお母さんや高梁市役所の方々にお集まりいただき、この事業の必要性や方向性などについてshare会議を行いました。
今回は厚生労働省から出向で来られている土岐政策監にもご参加いただきました。


IMG_1627.jpg

特に現在子育て真っ最中のお母さん方からは非常に前向きなご意見をいただきました。
改めてこの事業についてブラッシュアップができたのではないかと思います。

参加者の皆さん、ありがとうございました!


+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*

みんつくでは現在イベントの企画、運営を手伝ってくれるボランティアを募集しています。
興味のある方はぜひご連絡ください。

メール:info@mintuku.jp
電話(直通):086-239-0329

+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*
【告知】活動の輪を広げよう!みんなで座談会 [2017年10月31日(Tue)]
毎月29日は、自分も楽しく、周りも楽しく社会にいいことを考えたり、アクションする日!
11月のツクる日は・・・『活動の輪を広げよう!みんなで座談会』です!

今回のツクる日は、ペアレントサポート・すてっぷのうさぎカフェをお借りして、子どもの支援、障がい児の親の支援を行なっている団体の交流会を行います。
それぞれの団体の活動を知ることにより、これからの自分たちの団体の活動の仕方や他の団体との連携などを考えるきっかけをつくリましょう!

【実施概要】
日時:2017年11月29日(水)19:00〜21:00
会場:うさぎカフェ(倉敷市粒浦217−2)
参加費:無料(任意により寄付)

こんな方にオススメ!!
・ペアレントサポート・すてっぷの活動に興味のある方
・団体間でのつながりを持ちたい方
・障がい児の親の支援に興味のある方
・みんつくに興味のある方

などなど

参加ご希望の方はメールもしくはお電話で申し込みください。
確認でき次第、事務局から確認メッセージを送ります。
フェイスブックページでも受付可能です!
http://ur0.link/GL02


E-mail info@mintuku.jp
その他、ご質問等がある場合は、お気軽にご連絡ください!
TEL:086-239-0329 E-mail: info@mintuku.jp

-----------------------------------------------------
みんつくの日を一緒に盛り上げましょう!!
つなぐ、つたえる、シェアをする みんなでつくる財団おかやま
-----------------------------------------------------
【告知】募金箱を作ろう in パピママ祭り! [2017年10月31日(Tue)]
公益財団法人みんなでつくる財団おかやまでは、「Share会議」と称し、19日に地域の課題を発信・発見する場を提供しています。

〜〜岡山子育て応援団パピママのご紹介〜〜
岡山子育て応援団パピママとは、『楽しむ』『繋がる』『日本の未来たち』の3つを合言葉に一般の主婦のみで運営が行われており、岡山市・倉敷市を中心に活動している家族サークルです。父母だけでなく祖父母まで活動に参加するので、核家族化が進む現代で忘れかけていたなにかに触れることを大切にしている団体で、以前Share会議で活動報告会を実施しました。

今回のShare会議は、岡山子育て応援フェスタ実行委員会(岡山子育て応援団Papymama /LaLa Okayama)が主催で行うパピママまつりで子どもたちを対象に募金箱作成イベントを行います!


〈実施概要〉
日時:平成29年11月19日(日)10:00〜16:00
場所:倉敷文芸館 広場
雨天決行(規模縮小する場合があります)

\こんな方にオススメ/
・幼稚園・保育園、小学生のお子さんとご家族の方
・岡山子育て応援団パピママに興味のある方
・みんつくに興味のある方
・Share会議に参加してみたい方
などなど、
詳細については
PAPYMAMA(パピママ)
E-Mail:mama@papymama.com
電話:090-9411-1899
HP:http://papymama.com/

パピママおもて.pdf

チラシ裏.pdf


少しでも興味のある方はお気軽にご参加ください!

みんつくでは現在イベントの企画、運営を手伝ってくれるボランティアを募集しています。
興味のある方はぜひご連絡ください。

メール:info@mintuku.jp
電話(直通):086-239-0329
【告知】遺贈寄付セミナー(法務編) [2017年10月31日(Tue)]
遺産の一部をNPO等の団体に寄付をする遺贈寄付の関心が年々高まっています。これは人生の集大成としての寄付を、社会がよりよくなるために使って欲しいという意識の表れといえます。こうした遺贈寄付の窓口となりうる士業やNPO等の活動団体に求められる知識は法務・税務・信託など幅広い領域にわたります。
当講座では、遺贈寄付の実務を行う際に必要となる知識を、遺言書作成やNPO支援を積極的に行なっている弁護士からお伝えいたします。
遺贈寄付希望者のご意思に沿って実務を行うことは、寄付者の幸せにつながるだけでなく、日本の社会的課題解決に向けて必要となる地域の未来資産を増やしていく活動ともいえます。公益の担い手として遺贈寄付の知識の習得をしてみませんか。


【実施概要】
日時:平成29年11月14日(火) 18:00〜20:30(参加者情報交換会あり)
場所:SGSG(岡山県岡山市北区奉還町3-1-30)
講師:おかやま番町法律事務所 弁護士 池田 曜生 氏
   みんなでつくる財団おかやま 代表理事(弁護士)大山知康
対象:税理士、司法書士、社会保険労務士、行政書士、弁護士など士業の方々
定員:20名
参加費:無料(任意で寄付)

参加ご希望の方は電話、メールにてご連絡ください。
参加者の方には担当よりご連絡いたします。
フェイスブックページでも参加申込可能です。(http://u0u1.net/GNGo)


お問い合わせ先:公益財団法人みんなでつくる財団おかやま事務局
電話:086-239-0329 E-MAIL: info@mintuku.jp

※当講座は公益財団法人トヨタ財団から助成を受け、遺贈寄付の普及を目的に提供しています。
【報告】10月ツクる日!『はじめよう、お金の地産地消』木村正樹さん出版記念イベント! [2017年10月30日(Mon)]
毎月29日は、自分も楽しく、周りも楽しく社会にいいことを考えたり、アクションする日!
10月のツクる日は・・・『はじめよう、お金の地産地消』木村真樹さん出版記念イベント 開催しました!

ヒバリ.jpg

【概要】
日時:2017年10月29日(日)13:30〜15:30
会場:ヒバリ照ラス(岡山県岡山市北区表町2-7-15 表町商店街内
   (http://hibari-t.com/#hibariHouse
参加者:20名

プログラム:
1)オリエンテーション
2)個人ワーク(本を読む)
3)グループにて感想共有
4)質疑応答
5)感想共有

本日はあいちコミュニティ財団、コミュニティ・ユース・バンクmomoを設立し、『はじめよう、お金の地産地消』を発行した木村正樹さんの出版記念イベントを開催しました。

贈呈式.JPG
前半は第10期割り勘事業の助成式を行いました。

ユース.JPG

今日は岡山ユースミーティングの月山さんにご参加いただき、助成式を無事に行いました。
岡山ユースミーティングのフォーラムは11月25日です。皆様ぜひご参加ください。



木村さん講演会.jpg
終了後は木村正樹さんの『はじめよう、お金の地産地消』の出版記念講演会を行いました。
普通の講演会とは異なり、メインは本を読むこと。

木村さんの描かれた本を読み、疑問に思ったことなどを付箋に記載し、質疑応答をするという新しい形式で開始しました。


質疑応答では、momoやコミュ二ティ財団の仕組みの話などの質問のほか、仕組みや想いに対する突っ込んだ質疑応答がありました。

ワーク1.jpg

志金をどのように地域のお金として活用するか、そのための仕組みはどのようなものなのか

個人的にはあいちコミュニティ財団の活動の深掘りができるとともに新たな視点の気づきをいただきました。

ご多忙の中、また、足元の悪い中、ご参加いただきた講師の木村さん、そしてご参加いただいた皆様、ありがとうございました!!



みんつくでは、毎月29日の「ツクる日」を企画、運営するスタッフを募集しています!!
興味のある方はお気軽にみんつくまでご連絡ください。

メール:info@mintuku.jp
電話:086-239-0329
(祝日を除く月曜日〜金曜日 9:30〜17:30)

つなぐ、つたえる、シェアをする
みんなでつくる財団おかやま


【備前会場】NPO活動官民合同資金調達説明会&相談会を開催しました! [2017年10月28日(Sat)]
 来たる10月25日、岡山県立図書館で資金調達説明会&相談会を開催しました。
本年度より、岡山県内の地域への深化を目的として県民局単位にて開催しています。


スクリーンショット 2017-10-28 15.15.57.png
岡山県県民生活交通課の和仁課長よりご挨拶いただきました。


【実施概要】
日時:平成29年10月25日(水)13:30〜17:00
場所:岡山県立図書館 多目的ホール、サークル活動室1・2
参加者:49名

1)「資金調達とは」 みんなでつくる財団おかやま 

2)助成金・補助金・融資の概要説明 
   ・みんなでつくる財団おかやまが主要な助成団体の助成金について概要説明
  個別説明
   ・融資について・・・日本政策金融公庫 
   ・助成金について・・・(一財)橋本財団
   ・補助金について・・・備前県民局

3)事例発表
 ・NPO法人岡山市子どもセンター、日本政策金融公庫
 ・NPO法人ポケット・サポート、(公財)福武教育文化振興財団、(公財)みんなでつくる財団おかやま



4)個別相談
  1)岡山県共同募金会
  2)(公社)岡山県文化連盟 
  3)(一財)橋本財団 
  4)(公財)福武教育文化振興財団 
  5)日本政策金融公庫 
  6)岡山市ESD・市民協働推進センター
  7)備前県民局
  8)ゆうあいセンター ・
  9)NPO法人岡山市子どもセンター
 10)(公財)みんなでつくる財団おかやま

スクリーンショット 2017-10-28 15.16.05.png
補助金の概要説明の様子


今回の事例発表は、資金提供をする側(助成団体・金融機関)の資金提供の目的や意図について、資金提供を受けた側(NPO団体)は資金提供を受けて団体としてどのように活用したのか、また団体としてどのような変化があったのかをそれぞれ発表していただきました。

NPO法人岡山市子どもセンターはプレーパーク普及事業を岡山市から委託として受けていますが、年度末の市役所からの支払いまでのつなぎ融資として日本政策金融公庫のソーシャルビジネス支援資金を活用しました。
融資を受けて変わったことは、毎月の資金繰りの心配をしなくて良い、今まではメンバー個人から借り入れにより後ろめたい気持ちから解放されて事業に集中できるようになったことです。

NPOポケットサポートは福武教育文化振興財団からの助成金を受けています。助成を受けたことによりスタッフの教育や、活動を知ってもらうためのイベント開催をする資金に活用しました。団体にとって活動に広がりが生まれ、共感者を増やすことができ、仲間が増えました。また、助成を受けることにより自分たちの活動の自信にも繋がったそうです。

スクリーンショット 2017-10-28 15.16.24.png
個別ブース相談の様子

事例発表の後は個別相談となりました。
個別相談では活動団体の熱心さが伝わって来ました。

今回の説明会&相談会にご参加された方々ありがとうございました。
今回の会が、みなさまの活動の役に立てばと思います。
また、ご参加いただきました助成団体、金融機関、行政関係者のみなさま、ありがとうございました。



次回は11月8日(水)13:30より備中会場(井原市市民活動センターつどえ〜る)で開催となります。

【第4回地域活動コーディネーター養成研修】開催しました! [2017年10月27日(Fri)]
10月21日(土)に第4回地域活動コーディネーター養成講座のフィールドワークを実施しました。
今回はNPO法人だっぴが開催した「旭東中学生だっぴ」に参加し、実施内容や参加してみて感じたことを原稿としてSNSで発信するフィールドワーク研修を行いました。

171021_だっぴ0.jpg
実施概要

【第4回】フィールドワーク「イベントを通しての取材と発信について」
講師:NPO法人だっぴ 柏原拓史さんほかスタッフ
日時:平成29年10月21日(土)9:00〜12:00
場所:岡山市立旭東中学校(岡山市東区大多羅町276)



NPO法人だっぴの活動は第3回の講座で代表の柏原拓史さんにきていただき、説明していただきました。
今回はこの講座を元に、「だっぴの活動のどのような点がいいと感じたのか」「どのような資源を活用して(活動費)いるのか」
という課題について、実際にだっぴに参加してライティングしていただきました。


171021_だっぴ1.jpg

今回は旭東中学校1年生約300名、大学生約100名、大人約80名、合計500名近くの参加者でした。
いつもは体育館で円座となって開催するのですが、今回は各教室での開催となりました。

中学生4名、キャストの大学生1名、大人1名の円座の中でコーディネーター養成研修受講生はキャストとして3名、大人として14名参加しました。

だっぴ参加前と参加後ではコーディネーター受講生の表情も変わっていました。
異年齢で学び合うことは双方にとって様々な学びがあるなと感じました。

171021_だっぴ2.jpg

終了後はテーマに沿ってライティングしていただき、それぞれのSNSでアップしていただきました。
ソーシャルメディアを介して情報発信する場合は速報性が大切であると講師の山川さんがおっしゃっていました。
今回のフィールドワークでは実際に体験して得たものを短期間で可視化すること。を習得できたのではないかと思います。


次回は11月7日(火)特例認定NPO法人ペアレントサポート・すてっぷへのフィールドワークとなります。






【情報交換会及びSIBセミナー】開催しました! [2017年10月09日(Mon)]
金融機関の地方創生部門や融資相談部門のご担当者の方々にお集まりいただき、本年度も情報交換会を開催しました!

IMG_1533.jpg


社会的投資を効率的に行うための金融機関同士のネットワークを構築するとともに、SIB(ソーシャル・インパクト・ボンド)について龍谷大学政策学部准教授深尾昌峰先生より、「地域、そして未来に活きる資金循環」という題目で講演いただきました。
講演の後は各金融機関の現状などについて情報交換を行いました。

「実施内容」
平成29年10月2日(月)14:00〜16:00
1)地域力向上支援事業の概要説明
2)龍谷大学政策部 准教授 深尾 昌峰 氏による「地域、そして未来に活きる資金循環」についての講演
3)情報交換会

要約として、ポスト近代社会の現代において成果連動型補助金(SIB)は有効な方法の一つである。
行政にとっても無駄のない補助金の方法の一つであるが、事業実施団体にとっても評価されるという観点からは前向きな姿勢が感じられる。
地域内でお金の循環を行う方法の一つとして有効である。今後、いかにして地域でお金を回すかが課題となる。
という講演会内容でした。

IMG_1553.jpg


情報交換会では、それぞれの金融機関においてのNPOなどに対する融資等の取り組みなどについて活発な意見交換がされました。

IMG_1550.jpg
【第11期割り勘事業募集開始!!】 [2017年10月09日(Mon)]
第11期割り勘事業 実施団体募集を開始しました!

いつもの助成とは違う「つながりが生まれる」助成事業

「割り勘で夢をかなえよう!」事業指定助成プログラム、通称「割り勘」とは、寄付を原資とした助成事業です。NPO・市民団体等が取り組む事業内容を社会に発信し、事業への賛同者を募ることで、寄付により資金集めを支援する地域版クラウドファンディングです。
一般的な助成事業との大きな違いは、「助成財源がない」ことです。そのため、割り勘事業実施団体は、目標金額を設定し寄付募集活動を行わなければなりません。しかし、実施団体自らが寄付募集活動を行うことで、事業に認知度、重要性が広く伝わり、事業に関わる仲間や入ってくる情報が増え、 実施団体の意識も高まることから、事業の継続性と質を高めることができます。助成金額に加え「つながり」というプラスαの価値が生まれ得ることができる助成事業です。

実施団体募集期間 2017年10月6日(金)〜11月6日(月)
寄付募集期間 2017年12月15日(金)〜2018年2月28日(水)
       (現金・郵便振替の受付は2/20(火)まで)

今回より公開プレゼンテーション審査を実施します。これは仲間を集めやすくし、活動の幅を広げるという目的があります。
募集要項:こちらから(http://mintuku.jp/warikan_season11.html


相談は個別相談のほか、下記の『NPO活動』資金調達説明会&相談会の個別相談会において実施しますのでぜひご参加ください!

★備前会場:10月25日(水)13:30〜17:00
場所:岡山県立図書館 多目的ホール 研修室1・2(岡山市北区丸の内2-6-20)

★備中会場:11月8日(水)13:30〜17:00
場所:井原市市民活動センターつどえ〜る 1階フロア(井原市井原町352-1)

★美作会場:11月28日(火) 13:30〜17:00
場所:津山市コミュニティセンターあいあい大ホール (津山市井口21-1)


詳細についてはこちらをご参照ください!
http://blog.canpan.info/mintukuokayama/archive/281

| 次へ