CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2016年11月 | Main | 2017年01月»
<< 2016年12月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ

12月ツクる日! みんつく望年会開催しました。 [2016年12月30日(Fri)]
毎月29日は、
自分も楽しく、周りも楽しく
社会にいいことを考えたり、アクションする日!

12月29日は毎年恒例の
飲めば飲むほど楽しくなる寄付になる
「宵、酔い、良い」のみんつく望年会を開催しました。

【実施概要】
日 時:平成28年12月29日(木)18:30〜(約2時間)
場 所:tuktukカフェ
参加者:17名


今回は、勝手に乾杯チャリティー寄付 第9期「割り勘で夢をかなえよう!」参加1団体への募金箱と、
第7期割り勘事業を実施した倉敷トライライトホームの募金箱、
みんつく応援基金への募金箱を設置しました。


※勝手に乾杯チャリティ寄付・・・1口500円(100円×5杯)
   リングを5つお配りし、
   ドリンクおかわりのたびに、応援したい取り組みの募金箱へ
   リングを入れていただく仕組みとなっています。


★第9期割り勘
・里親家族の笑顔と成長のために〜支援の輪をつなげよう〜事業には3000円、
★倉敷トライライトホーム応援募金には3,800円、
★みんつく応援基金には1700円の寄付が集まりました。
参加者の皆さん、本当にありがとうございました。

今回は5つ全てのリングを募金箱に入れた一番最初の方に、その方の歌を
作成し、その場で歌うという素晴らしい特典がありました。

2016年は代表理事の交代、事務所移転と
みんつくにとっても動きのある年でしたが
日頃からみんつくを応援いただいている皆さんと
2016年の締めくくりにお会いすることができ、
そして有意義な意見交換などができ、素晴らしい時間
を過ごすことができました。
ぴかぴか(新しい)みなさんに感謝ですぴかぴか(新しい)

ひらめき2017年酉年も引き続きみんつくを宜しくお願いします!ひらめき

IMG_4105 2.JPG

みんつくでは、誰もが気軽に寄付ができる取り組みを実践しています。
「自分も楽しく、周りも楽しく、社会にも良いことを」をコンセプトに、
毎月29日では、「ツクる日」を行っています。
チャリティーイベントなど、企画や運営をしたい方も募集していますので、
少しでも興味のある方はお気軽に当財団までお問い合わせください。


Tel:(代表)086-206-2195 
(直通)070-5056-3029
E-mail:info@mintuku.jp
HP: http://mintuku.jp/
2016中国ろうきんNPO寄付システム配分団体募集! [2016年12月22日(Thu)]
中国労働金庫の通帳を通じて、
分野ごとに寄付をいただいたお金を
配分させていただく、「ろうきんNPO寄付システム」の
配分団体募集を開始しました。


表紙.png


使途制限のない、「団体助成」です。
たくさんのご申請をお待ちしております。

↓募集要項は、こちら↓
ろうきんNPO寄付システム2016年度募集要項

↓申請書は、こちら↓
ろうきんNPO寄付システム2016年度申請書


以下、募集要項からの抜粋です。
※詳細は、募集要項をご確認ください。

目的
この寄付システムは、中国地方の各県でNPOの支援に取り組むつ6の組織と中国労働金庫の協働事業であり、中国労働金庫に普通預金口座を通じて福祉や環境など、活動分野ごとにご寄付いただいたお金を、書類審査によって選んだNPOに配分する仕組みです。広く市民とNPOをつなぎ、多様な活動を行うNPOの基盤づくりを支援していくことを目的としています。

応募受付期間
2016年12月22日(木) 〜 2017年2月6日(月)(消印有効)

対象団体、配分団体数、配分金額
岡山県内に主たる事務所または従たる事務所を置く、法人設立から1年以上活動している岡山県及び岡山市または内閣府認証のNPO法人。(「ろうきん立ち上げ助成」との併願は出来ません。)

1 団体の情報公開を促進していく趣旨から、必要書類の提出等に同意いただけるNPO法人。

2 今回は、現行のNPO法に基づく19の活動分野の中から、次の分野で活動するNPO法人に配分いたします。(6分野・6法人)なお、各分野の申し込みには、定款において特定非営利活動の種類にその分野が規定されていることが必要です。
(1)保健・医療・福祉・・・・・・・・・・・1法人
(2)まちづくり・・・・・・・・・・・・・・1法人
(3)環境の保全・・・・・・・・・・・・・・1法人
(4)国際協力・・・・・・・・・・・・・・・1法人
(5)子どもの健全育成・・・・・・・・・・・1法人
(6)職業能力・雇用機会・・・・・・・・・・1法人                    
※上記以外の分野への寄付金については、寄付金が一定額に達するまで据え置きとします。
※昨年度配分団体は、同じ分野への申請はできません。

3 1団体に配分される金額は、一律5万円です。但し、応募団体が各分野の募集団体数を下回った場合には、1団体へ5万円を越えて配分すること、また、基準に達する法人がない場合には、申し込みがあっても配分しないことがあります。

対象となる経費
本事業は事業助成ではなく寄付金の配分であるため、団体の活動全般を助成します。
そのため、配分した寄付金は、人件費、固定費、事業費、備品購入等、自由に使用できます。

4 応募方法
別紙の応募用紙(A4サイズ2枚)にご記入いただき、下記の添付書類とともに、申請書(A4)を折らずに入る封筒を使用し、「みんなでつくる財団おかやま」まで郵送ください(FAX、メールは不可)
なお、岡山NPOセンターが運営する公益ポータルサイト「NPOkayama」に登録を行っている場合には、応募用紙の記入が省略できます。
※一定以上の情報公開規定あり

【提出書類】
1)2016年度「ろうきんNPO寄付システム」応募用紙(申請書)
2)前年度事業報告書(添付書類@)
3)3ヶ月以内に発行された登記簿謄本(現在事項全部証明書)のコピー(添付書類A)
4)団体発行のパンフレット(あれば10部)(添付書類B)

※詳細は募集要項をご確認ください。

----------------------------------------------------------------------------------------------
■お問い合わせ・応募先■

公益財団法人 みんなでつくる財団おかやま (担当:玉井、今井)
〒700-0026 岡山市北区奉還町三丁目15-8奉還町第一ビル第11号
TEL 086-239-0329  FAX 086-899-6329  MAIL info@mintuku.jp

※ご送付の際には、必ず「ろうきんNPO寄付システム申請書在中」と封筒にお書き下さい。
2016年度中国ろうきんNPO立上げ助成金の募集開始! [2016年12月22日(Thu)]
「中国ろうきんNPO立上げ助成金」の募集を開始しました。

表紙.png


↓募集要項はこちら↓
ろうきんNPO立上げ助成金システム2016年度募集要項


↓申請書はこちら↓
ろうきんNPO立上げ助成金システム2016年度申請書ダウンロード


以下、募集要項からの抜粋です。
※詳細は、募集要項をご確認ください。

【応募条件】
次の@〜Fの条件を満たすこと。
@2016年1月〜12月の間に特定非営利活動法人として認証を受けた団体でNPO法人立上げ時の助成を希望する団体(活動分野は問いません)。
A応募に際し、現在、次のいずれも該当しないことを表明することができ、かつ将来にわたっても該当しないこと。
 ア.暴力団員、暴力団準構成員、総会屋など・社会運動等標ぼうゴロまたは特殊能力暴力団構成   員等、その他これらに準ずるものが関係している団体
 イ.政治結社、宗教団体
B助成金を受領し、管理するための預金口座を中国労働金庫に開設していること、または開設できること。
C助成金の交付を受けた団体名および団体の主な活動内容が中国労働金庫および(公財)みんなでつくる財団おかやまのHP・情報誌等で公開されることに同意できること。
D助成金を活用した活動についての事後報告を中国労働金庫に提出し、それが中国労働金庫および(公財)みんなでつくる財団おかやまのHP・情報誌等で公開されることに同意できること。
E2017年3月6日(月)開催のヒアリング審査に代表者または代理の方にご出席いただけること。
F2017年3月29日(水)頃開催予定の配分式に代表者または代理の方にご出席いただけること。

【応募受付期間】
2016年12月22日(木)〜2017年2月6日(月)(消印有効)


【応募方法】
応募用紙(A3サイズ)にご記入いただき、下記の添付書類とともに、角二の封筒を使用しみんなでつくる財団おかやままで郵送ください(FAX、メールは不可)。

【提出書類】
□「中国ろうきんNPO立上げ助成金」申請書
□ 定款
□ 現在事項証明書
□ 事業計画書
□ 前年度活動決算書もしくは活動予算書
□ 見積書またはパンフレット(申請内容が設備関係の場合)
□ 定期刊行物(任意) ※提出の場合は10部
□ その他アピールしたもの(任意) ※提出の場合は10部
※提出いただいた書類につきましては審査結果にかかわらず返却いたしません。


【助成内容】
NPO法人立上げ時に必要な諸経費全般を対象とする。
1団体最高20万円を限度とし、万円単位。

【選考方法及び選考委員】
選考委員会を設置し、書類審査及びヒアリング審査(2016年3月6日)により助成先を選定します。
選考委員は、学識経験者、福祉事業団体代表、連合岡山代表、中国労働金庫代表、
岡山NPOセンター理事、(公財)みんなでつくる財団おかやま理事


【交付式&活動プレゼン】
2017年3月下旬までに選考結果を通知します。
2017年3月29日(水)に行われる配分式の会場にて、「中国ろうきんNPO立上げ助成団体 活動報告」として、プレゼンをしていただきます。

※詳細は募集要項をご確認ください。

―――――――――――――――――――――
◆お問い合わせ・応募先◆
公益財団法人 みんなでつくる財団おかやま (担当:玉井、今井)
〒700-0026  岡山市北区奉還町三丁目15-8奉還町第一ビル第11号
TEL 086-239-0329(直通)FAX 086-899-6329 MAIL info@mintuku.jp
※ご送付の際には、必ず「中国ろうきんNPO立上げ助成金申請書在中」と封筒にお書き下さい。
―――――――――――――――――――――
【告知】1月share会議のお知らせ!! [2016年12月21日(Wed)]
公益財団法人みんなでつくる財団おかやまでは、
「Share会議」 と称し、
毎月19日に地域の課題を発信・発見する場を提供しています。

2017年1月(新年最初)のShare会議は、津山市で開催です!


■内  容
【美作大学里親・里子支援サークルの活動発表】

現在第9期割り勘事業実施中の美作大学里親・里子支援サークルの活動について理解を深め、交流していただく会です。
詳細はこちら(https://motion-gallery.net/projects/satooya

ゲストに第7期割り勘事業を実施した川崎医療福祉大学「トワイライトホーム」川崎医療福祉大学子ども支援サークルにっこにこメンバーの紀さん、藤澤さんをお招きしてトワイライトの活動についても発表していただきます。
団体の詳細についてはこちら(https://motion-gallery.net/projects/ibasyo


【 以下のような方にオススメ!】
・里親里子について興味のある方
・子どもについて興味のある方
・みんつくの業務に関心のある方
・NPOに関心のある方
・みんつくに関わりたい方
・Share会議に参加してみたい方

などなど、
少しでも興味のある方はお気軽にご参加ください!!


―――――――――――――――――――――――――
 実施概要
―――――――――――――――――――――――――
日  時:1月19日(木)18:30〜20:00
場  所:美作大学31教室(〒708-8511 岡山県津山市北園町50)
参 加 費:無料(任意で寄付)

申し込み方法:
Facebookイベントページより↓
https://www.facebook.com/events/358654101177226/   

※Facebookをご使用でない方は、団体名、お名前、連絡先をご記入のうえ
こちらのメールアドレスに送信ください。確認でき次第、事務局から確認メッセージを送ります。
E-mail: info@mintuku.jp



みんつくのことをもっと知りたい方はみんつくHPをご覧ください。
http://mintuku.jp/
――――――――――――――――――――――
――――――――――――――――――――――
つなぐ、つたえる、シェアをする 
「みんなでつくる財団おかやま」
【告知】1月+1(プラスワン)セミナー「冠基金説明会」 [2016年12月20日(Tue)]

みんなでつくる財団おかやまでは
『+1セミナー」と称し、
一歩を踏み出しステージを上げることを目的とした
セミナーを毎月9日に開催しています。

2017年1月の+1セミナーは・・・
テーマ「みんつく冠基金説明会」です。
個人や団体の気になること、興味のあることに対して少額から設置することができる基金、「みんなの貯金箱をもとう!」みんつく冠基金事業の平成28年度助成団体を募集することとなりました!
今回の+1セミナーでは冠基金の事業紹介と申請書の書き方についてのセミナーを開催します。

【こんなかたにおすすめ】
・上記の助成内容に興味のある方
・助成金の申請書の書き方など知りたい方
・3つのテーマに興味のある方
・みんつくの活動を知りたい方

などなど興味のある方はお気軽にご参加ください!

【実施概要】
■日時:平成29年1月9日(月) 14:00〜16:00  
■場所:みんなでつくる財団おかやま事務所
 〒700-0026 岡山市北区奉還町3丁目15-8 奉還町第一ビル第11号
■参加費:無料(任意で寄付)
■申込方法
参加希望の方はFacebookイベントページより参加ボタンを押してください!
https://www.facebook.com/events/200535197074802/

その他、ご質問等がある場合は、お気軽にご連絡ください!
TEL:070-5056-3029
E-mail: info@mintuku.jp

-----------------------------------
みんつくのことをもっと知りたい方は↓↓
みんつくウェブサイトを!「http://mintuku.jp/

つなぐ、つたえる、シェアをする
みんなでつくる財団おかやま
☆★☆【第9期割り勘事業】始まりました☆★☆ [2016年12月20日(Tue)]
いよいよ始まりました!


ぴかぴか(新しい)第9期割り勘事業 里親家族の笑顔と成長のために 〜支援の輪を広げよう〜ぴかぴか(新しい)

今回は美作大学里親里子支援サークルが行なっている里親会のサポート事業です。
日本には社会的養護を必要とする児童が4万6千人おり、うち里親に引き取られるケースは16.5%です。
世界的に見ると日本ではこの里子等委託率は最低基準となっており、政府は平成31年までに22%に引き上げる目標を立てています。
里子里親制度の普及が広がらない理由として、里子里親制度が理解されていない。里親を支援するサポート、体制が不足していることが挙げられます。
こうした中、「美作大学里親・里子支援サークル」は2014年より美作地区里親会と岡山県津山児童相談所と連携を図り、美作地区の里親・里子を支援すると共に、里親制度の理解促進を図るため、チラシの作成、託児のサポートなど里親会に協力してきました。

今回の割り勘事業を通してみなさんに知っていただき、美作地区の里親・里子の行事・余暇活動支援や里親会のサポートを通して里親・里子会の交流、里子の学習支援、社会的体験の場の提供、里親制度の啓発活動を行い、この活動を通じて地域で支える里親・里子支援の構築を目指しています。



寄付募集期間  
  2016年12月15日(木)〜2017年2月28日(火)
   ※現金・郵便振替での受付は2/20(月)まで 
   2/21(火)〜 28(火)はクレジット決済のみ

パンフレット、振込用紙が必要な場合はみんなでつくる財団おかやま(086-239-0329)もしくはinfo@mintuku.jpまでご連絡ください!

この活動に共感できる方や応援したいと思う方は是非ご支援を!



詳細についてはこちらをご参照ください!
https://motion-gallery.net/projects/satooya






みんつくのことをもっと知りたい方はみんつくHPをご覧ください。
http://mintuku.jp/

つなぐ、つたえる、シェアをする 
「みんなでつくる財団おかやま」
平成28年度「冠基金団体募集」!最大100万円の助成事業!! [2016年12月20日(Tue)]
(公財)みんつく財団では「みんなの貯金箱をもとう!」みんつく冠基金事業の平成28年助成団体を募集しています。

本年度は3テーマ5基金となっており、最大100万円の助成基金があります。

★テーマ「まち・むら」
 
 ・奈義町の明日(助け合い)基金
助成分野:岡山県奈義町の助け合いに関わる活動 
助成総額:100,000円(一件あたり10万円まで)

 ・奈義町の明日(地域活性化)基金
助成分野:岡山県奈義町の地域活性化を目指す活動 
助成総額:100,000円(一件あたり10万円まで)

 ・くらし”き”になる基金
助成分野:岡山県倉敷市のまちづくり(全般)の活動 
助成総額:200,000円(一件あたり10万円まで)

★テーマ「障がい者」
 ・福祉人材育成基金
助成分野:障がい者(幼児や子どもに関する取り組み)
助成総額:1,000,000円(一件あたり50万円まで)


★テーマ「子ども」
 ・J基金
助成分野:子ども(貧困・子どもたちの育ちの環境)※団体経営基盤強化
助成総額:1,000,000円(一件あたり100万円まで)

応募締め切り:平成29年2月10日(必着)

申請方法:所定の「助成事業申請書」に必要事項を記入のうえ、配達状況がわかる「特定記録郵便」で当財団事務局に郵送するか、当財団事務所 まで持参してください。必要に応じて、団体の概要資料(リーフレット、チラシ、写真等)を添付いただくことも可能です。また、提出にあわせて、申請書デー タを下記アドレスまでお送り下さい。

スケジュール:
★ 助成団体募集期間
  平成28年12月13日(火)〜平成29年2月10日(金)
★審査期間
  平成29年2月11日(土)〜平成29年3月10日(金)
★採択通知
  平成29年3月中旬
★助成式
  平成29年3月29日(水)
★事業実施期間
  平成29年4月1日(土)〜平成30年3月31日(土)

対象となる事業、団体について

岡山県内に事務所を置くNPO 法人・社団法人・財団法人・社会福祉法人・任意団体・市民活動団体などであること。
法人格の有無は不問です。(詳細についてはHPにてご確認ください)


助成割合と助成金の使徒
助成割合に限度は設けませんが、自己資金をできるだけご用意ください。
申請いただいた事業の執行に関わるものであれば助成金の使途に制限はありません。施設、備品整備事業も対象となりますが事前に内容をご相談ください。



詳細についてはこちらでご確認ください!
http://mintuku.jp/chokinbako_jyosei_2016.html

みんつくのことをもっと知りたい方はみんつくHPをご覧ください。
http://mintuku.jp/

つなぐ、つたえる、シェアをする 
「みんなでつくる財団おかやま」
【報告】12月share会議開催しました! [2016年12月20日(Tue)]
公益財団法人みんなでつくる財団おかやまでは、
「Share会議」ひらめき と称し、毎月19日に地域の課題を発信・発見する場を提供しています。

12月のShare会議は、総社市で活動するぴかぴか(新しい)NPO法人キープきずなぴかぴか(新しい)さんの活動報告会です。

【実施内容】

★日時:平成28年12月19日(月)19:00〜
★場所:総社市集義館(総社市門田576)
★参加者18名


<まとめ>

本日のshare会議は総社市池田地区において地域の助け合いを行なっているNPO法人「キープきずな」の活動報告会でした。


キープきずなは平成27年度、(公財)みんつく財団で社会変革基金「地域助け合い基金」を助成した団体です。
2015年の日本の高齢化率(65歳以上の人口を総人口で除したもの)は26.7%と前年と比べると0.7%アップしています。
総社市内では2015年10月現在で27.2%、うち総社市池田地区においては39.4%と非常に高齢化率が高い地区です。
中山間部に位置しているため買い物や病院などは車がないと通えない状況です。
総社市においてはデマンド交通として「雪舟くん」を運用していますが、事前予約が必要で、このことに不便さを感じている高齢者もいるようです。

IMG_3991.JPG

キープきずなさんの取り組みは山間部である池田地区の高齢者に対して生活支援を行なっている団体です。
主な事業として、コールサービスがあります。登録いただいた個人に対して定期的に電話をかけ、安否確認を行うほか、独自で作成したアセスメントシートによる健康チェックなどを行うほか、高齢者のニーズに合わせて出前散髪やお墓、庭の掃除なども行っています。
総社市の取り組んでいる地域包括ケアシステムは全国的に見ても先進的なシステムですが、行政ではカバー仕切れない細かい高齢者の生活を支えているのがこの団体の特徴です。

IMG_4010.JPG

最初にみんつくの活動について紹介した後、キープきずなさんの活動報告をしていただきました。
参加者は市議会議員の方、総社市役所の職員の方々、総社市社会福祉協議会の方々、弁護士、クリニックの先生、総社市社会福祉士会、同様の事業を行なっている団体の方々で、グループワークでは、団体に質問したいこと、アドバイスを話し合いながら抽出していただきました。


今回の発表により、私たちのキープきずなさんの取り組み内容の理解が進むとともに、団体の抱えている課題が明確になり、非常に有意義な会となりました。

IMG_4015.JPG

参加者の皆様 お疲れ様でした! 


みんつくのことをもっと知りたい方はみんつくHPをご覧ください。
http://mintuku.jp/

つなぐ、つたえる、シェアをする 
「みんなでつくる財団おかやま」
【報告】11月+1セミナー開催しました! [2016年12月20日(Tue)]
みんなでつくる財団おかやまでは「+1(プラスワン)セミナー」と称し、
一歩踏み出しステージを上げることを目的としたセミナーを毎月9日に開催しています。
11月の+1セミナーは・・・
テーマ「組織運営の悩み相談」でした。


【実施内容】

★日時:平成28年11月9日(水)18:30〜20:00
★場所:みんなでつくる財団おかやま事務所 〒700-0026 岡山市北区奉還町3丁目15-8奉還町第一ビル第11号
★参加者8名

<まとめ>
今回は資金調達の基礎を座学形式にて学ぶ会となりました。
資金調達と一言で言ってもさまざまな方法があります。また、そもそもその活動に対する目的、目標がしっかりしていないと、単に補助金、助成金ありきの活動となってしまいます。
今回は団体としての目標設定と課題について理解し、どのような計画で資金調達を選択すべきかなどについて説明しました。
みなさんが特に気になるのはクラウドファンディングでした。
今回はこのクラウドファンディングについて質問が多く、意見が交わされました。

また、今回はお互い名前は知っていたけどあったことはない二人の出会いの場ともなりました。

このブログを呼んていただいている皆様も地域を深めるため、さまざまな方々の出会いの場としてぜひみんつくセミナーご参加ください。


参加者の皆様お疲れ様でした!!


みんつくのことをもっと知りたい方はみんつくHPをご覧ください。
http://mintuku.jp/

つなぐ、つたえる、シェアをする 
「みんなでつくる財団おかやま」
【報告】12月+1セミナー開催しました! [2016年12月10日(Sat)]
みんなでつくる財団おかやまでは「+1(プラスワン)セミナー」と称し、
一歩踏み出しステージを上げることを目的としたセミナーを毎月9日に開催しています。
12月の+1セミナーは・・・

「クラウドファンディングプロジェクト説明会兼相談会」でした。

実施内容】

★日時:平成28年12月9日(金)相談会:13:00〜17:00 ※事前予約制 
               ミニセミナー:15:00〜16:00 クラウドファンディング活用の基礎

★講師:みんなでつくる財団おかやま 専務理事 石田篤史

★場所:倉敷町家トラスト(倉敷町家トラスト 〒710-0053 倉敷市東町1−21)

★参加者:12名




<まとめ>

今回の+1セミナーは倉敷町家トラストでの開催でした。
「高梁川流域ソーシャルビジネス支援ネットワーク構築事業」の一環としてソーシャルビジネスに取り組む地域おこし協力隊の方々や、NPO法人を対象とたクラウドファンディングプロジェクトの資金調達支援を行なっています。今回はクラウドファンディングのミニセミナーについて興味のある方々を対象に+1セミナーを開催しました。
当財団専務理事の石田よりクラウドファンンディングの基礎、歴史やこの手法の上手な使い方についてセミナーを開催しました。
セミナーの中ではクラウドファンディング以外の資金調達の方法、種類やこれからのソーシャルビジネスの考え方などの話もありました。

今回のセミナーでは大学インターン生のほか、地域おこし協力隊の方々などにご参加いただきました。


IMG_3890.jpg



参加者の皆さんお疲れ様でした。


みんつくのことをもっと知りたい方はみんつくHPをご覧ください。
http://mintuku.jp/
つなぐ、つたえる、シェアをする 
「みんなでつくる財団おかやま」
| 次へ