CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2017年11月 | Main
<< 2017年12月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ

【美作会場】NPO活動官民合同資金調達説明会&相談会開催しました! [2017年12月05日(Tue)]
11月28日(火)、津山市コミュニティセンターあいあい大ホールにて資金調達説明会&相談会を開催しました。
昨年に引き続き2回目、そして本年度最後の資金調達相談会&説明会となりました。

1会場風景 (2).jpg

【実施概要】
日時:平成29年11月28日(火)13:30〜17:00
場所:津山市コミュニティセンター第ホールあいあい(津山市井口21-1)
参加者:36名

1)「資金調達とは」 みんなでつくる財団おかやま 

2)助成金・補助金・融資の概要説明 
   ・みんなでつくる財団おかやまが主要な助成団体の助成金について概要説明
  個別説明
   ・助成金について・・・(一財)橋本財団
   ・補助金について・・・美作県民局
   ・融資について・・・日本政策金融公庫・津山信用金庫 
   
3)事例発表
 ・老いと演劇 OiBokkeShi、(福)岡山県共同募金会
 ・NPO法人未来へ、美作県民局


4)個別相談
  1)(社)岡山県共同募金会
  2)(公社)岡山県文化連盟 
  3)(一財)橋本財団 
  4)(公財)福武教育文化振興財団 
  5)日本政策金融公庫 
  6)津山信用金庫
  7)美作県民局
  8)老いと演劇 OiBokkeShi
  9)NPO法人未来へ
 10)ゆうあいセンター(みんなでしょうえいと共同開設) 
 11)(公財)みんなでつくる財団おかやま

2開会あいさつ 宮原さん (2).jpg
岡山県県民生活交通課宮原副参事の挨拶

今回も情報提供として資金調達の方法についてみんなでつくる財団おかやまより説明させていただきました。
また、各助成団体の助成概要についても説明しました。
今回は(一財)橋本財団、美作県民局、日本政策金融公庫の他に、津山信用金庫にもご参加いただき、11月1日よりスタートした作州ソーシャルビジネス支援ネットワークの説明、津山信用金庫・日本政策金融公庫連携融資制度「ソーシャルビジネスサポートローン「つなぐ心」の融資制度についてご説明していただきました。

3助成金の概要説明 橋本財団 (2).jpg
橋本財団、濱田事務局長より助成金の概要説明


3助成金の概要説明 美作県民局.jpg
美作県民局松原主幹より補助金の概要説明


3助成金の概要説明 日本政策金融公庫 (2).jpg
日本政策金融公庫濱田融資課長より融資制度の概要説明

3助成金の概要説明 津山信用金庫 .jpg
津山信用金庫山本課長代理より「作州ソーシャルビジネス支援ネットワーク」、津山信金、日本政策金融公庫連携融資制度「ソーシャルビジネスサポートプラン「つなぐ心」の概要説明




休憩中には今回、ボランティアスタッフとして会場運営を手伝ってくれた美作大学の「里親里子支援サークル」の野木くんより活動報告を行いました。
4美作大学 野木くん発表.jpg








続いて事例発表です。
今回の事例発表も資金提供をする側(助成団体・自治体・金融機関)の資金提供の目的や意図について、資金提供を受けた側(NPO団体)は資金提供を受けて団体としてどのように活用したのか、また団体としてどのような変化があったのかをそれぞれ発表していただきました。
美作会場では助成金・補助金の2事例の発表を行いました。
老いと演劇 OiBokkeShiの活動は、文化関連の活動発表会では講演を行なっていますが、一般向けの今回のような会においては初の発表となりました。

5事例発表 老いと劇場 (2).jpg
演劇を介護を組み合わせた新しい表現方法で、「老い」「認知症」「死」をテーマとして表現されています。現在介護を行なっている当事者にもいい影響を与えています。
今回は福武教育文化振興財団からの助成を受けましたが、助成した側からは、助成交付基準にすべて該当しており、かつ取り組みが斬新でユニークであったため、この団体の活動にかけてみようと思い助成しました。一方で団体は助成を受けたことで県内の様々な団体と繋がりが生まれるとともに、今後の活動の明確なビジョンが見えたという変化がありました。
介護と演劇を組み合わせるユニークな取り組みについての助成事例でした。一度講演会など鑑賞に行ってみたいと思います。


5事例発表 未来へ.jpg

続いてNPO法人未来へと美作県民局の事例を行いました。
NPO法人未来へは社会的養護が必要な子どもたちの他、自立に向けて困難を抱える若者の支援を行う団体で、平成27,28年度;美作国創生事業の補助事業として15歳〜39際の社会生活に困難を抱える若者に対しての無料出張相談会、面接練習などの就労前サポート、職場体験などの支援活動事業を行いました。補助事業として行うので信用が担保され、結果として多くの面談、講座の開催や支援の広報活動をスムーズに行うことができたとともに活動に対する理解と協力が得られるようになりました。
またサポートスタッフも個々のケースに合わせたサポート支援をすることができ団体としても一歩前にすすむことができました。


事例発表の後は個別相談となりました。
設立して間もない団体や、助成金を初めて検討しているが方法がわからないと言った団体からの相談が多く、熱心な相談会となりました。

8個別相談 全体風景 (4).jpg
全体の相談会の様子

7個別相談 老いと劇場.jpg
OiBokkeShiの菅原さんとの面談風景

7個別相談 未来へ.jpg
NPO法人未来への原田さんとの面談風景


7個別相談 共同募金会 (2).jpg
岡山県共同募金会の個別ブース


7個別相談 岡山県文化連盟.jpg
岡山県文化連盟の個別ブース


7個別相談 福武.jpg
福武教育文化振興財団の個別ブース


7個別相談 日本政策金融公庫.jpg
日本政策金融公庫の個別ブース


7個別相談 津山信用金庫 (2).jpg
津山信金の個別ブース

7個別相談 ゆうあい (3).jpg
ゆうあいセンターの個別ブース


7個別相談 みんつく.jpg
みんつくの個別ブース

美作会場で今年度の『NPO活動』官民合同資金調達説明会&相談会は終了となりました。
大勢の方々にご参加いただきましてありがとうございました。