CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2017年09月 | Main | 2017年11月»
<< 2017年10月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ

【情報交換会及びSIBセミナー】開催しました! [2017年10月09日(Mon)]
金融機関の地方創生部門や融資相談部門のご担当者の方々にお集まりいただき、本年度も情報交換会を開催しました!

IMG_1533.jpg


社会的投資を効率的に行うための金融機関同士のネットワークを構築するとともに、SIB(ソーシャル・インパクト・ボンド)について龍谷大学政策学部准教授深尾昌峰先生より、「地域、そして未来に活きる資金循環」という題目で講演いただきました。
講演の後は各金融機関の現状などについて情報交換を行いました。

「実施内容」
平成29年10月2日(月)14:00〜16:00
1)地域力向上支援事業の概要説明
2)龍谷大学政策部 准教授 深尾 昌峰 氏による「地域、そして未来に活きる資金循環」についての講演
3)情報交換会

要約として、ポスト近代社会の現代において成果連動型補助金(SIB)は有効な方法の一つである。
行政にとっても無駄のない補助金の方法の一つであるが、事業実施団体にとっても評価されるという観点からは前向きな姿勢が感じられる。
地域内でお金の循環を行う方法の一つとして有効である。今後、いかにして地域でお金を回すかが課題となる。
という講演会内容でした。

IMG_1553.jpg


情報交換会では、それぞれの金融機関においてのNPOなどに対する融資等の取り組みなどについて活発な意見交換がされました。

IMG_1550.jpg
【第11期割り勘事業募集開始!!】 [2017年10月09日(Mon)]
第11期割り勘事業 実施団体募集を開始しました!

いつもの助成とは違う「つながりが生まれる」助成事業

「割り勘で夢をかなえよう!」事業指定助成プログラム、通称「割り勘」とは、寄付を原資とした助成事業です。NPO・市民団体等が取り組む事業内容を社会に発信し、事業への賛同者を募ることで、寄付により資金集めを支援する地域版クラウドファンディングです。
一般的な助成事業との大きな違いは、「助成財源がない」ことです。そのため、割り勘事業実施団体は、目標金額を設定し寄付募集活動を行わなければなりません。しかし、実施団体自らが寄付募集活動を行うことで、事業に認知度、重要性が広く伝わり、事業に関わる仲間や入ってくる情報が増え、 実施団体の意識も高まることから、事業の継続性と質を高めることができます。助成金額に加え「つながり」というプラスαの価値が生まれ得ることができる助成事業です。

実施団体募集期間 2017年10月6日(金)〜11月6日(月)
寄付募集期間 2017年12月15日(金)〜2018年2月28日(水)
       (現金・郵便振替の受付は2/20(火)まで)

今回より公開プレゼンテーション審査を実施します。これは仲間を集めやすくし、活動の幅を広げるという目的があります。
募集要項:こちらから(http://mintuku.jp/warikan_season11.html


相談は個別相談のほか、下記の『NPO活動』資金調達説明会&相談会の個別相談会において実施しますのでぜひご参加ください!

★備前会場:10月25日(水)13:30〜17:00
場所:岡山県立図書館 多目的ホール 研修室1・2(岡山市北区丸の内2-6-20)

★備中会場:11月8日(水)13:30〜17:00
場所:井原市市民活動センターつどえ〜る 1階フロア(井原市井原町352-1)

★美作会場:11月28日(火) 13:30〜17:00
場所:津山市コミュニティセンターあいあい大ホール (津山市井口21-1)


詳細についてはこちらをご参照ください!
http://blog.canpan.info/mintukuokayama/archive/281

| 次へ