CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年01月30日

【報告】1月のツクる日 「障がい児の保護者が置かれている現状と新しい支援の形」に参加して

 毎月29日は、
 自分も周りも楽しみながら、
 社会にいいことを考えたり、アクションをする日!

ということで1月のツクる日は・・・
みんつくの過去の助成団体が講演する
早島町町民総合会館「ゆるびの舎」で開催された講演会に参加してきました。


 <講演会について>
 平成30年度高梁川流域地域づくり連携推進事業 採択
 障がい児の保護者の居場所づくりノウハウ移転事業〜保育士×保護者支援マインド〜
 “誰もが安心して子育てできる温かな地域づくりを目指して2019”

 講演:「障がい児の保護者が置かれている現状と新しい支援の形」
 NPO法人ペアレント・サポートすてっぷ 理事長 安藤希代子 さん


 講演は、障がい児の保護者の置かれている現状とその支援の重要性についてを中心に、NPO法人ペアレント・サポートすてっぷが取り組んでいる活動と、そのノウハウ移転に関しての内容でした。

IMG_6688.JPG
 参加者の多くは子育て支援・保育・教育・子どもの発達支援などに関わっている方でした。いわゆる講演会形式ではなく、1つのテーブルを5〜6人で囲みます。様々な人と意見を交換するワークも用意されているので、顔見知り同士が同じテーブルにならないように着席しました。

 「うさぎカフェの雰囲気をすこしでも感じてほしい」というペアレント・サポートすてっぷさんの心配りで、温かい飲み物を用意していただき、和やかなスタートとなりました。
IMG_6686.JPG

 まず岡山県の特別支援教育に関する統計についての説明がありました。特別な支援を必要とする子ど達はこの10年間で急増しています。
 それに対し、その保護者への支援が行き届いていない現状についてもお話しいただきました。障害をもつ当事者への支援に熱心な人も、その保護者への支援の必要性には気づいていないケースも多いとか。

 そして最近増えてきつつある問題として、いわゆる「グレーゾーン」「疑い」と言われる子どもたちの保護者が、不安な状態で放置されているということを指摘されていました。
 不安な保護者の「相談に乗る」「話を聞く」ことのできる居場所づくりは、子供たちの成長にも関わる大切なことだと感じました。

 安藤さんはこのノウハウを移転することで、あちこちに色々なカラーの居場所が誕生し、保護者が自分に合った居場所を選ぶことができるようにしていきたいということです。
 それは当事者ではない人の「何かをしたい」「役に立ちたい」という力の提供の場にもなるように、立ち上げから運営継続のサポートをしていき、それによって多くの人とともに成熟していきたいとお話をされました。

 今回は一方的に話を聞くだけではなく、同じテーブルで隣り合わせた方との意見交換のワークが有りました。
IMG_6692.JPG

 このワークの意見交換では、それぞれのテーブルが大いに盛り上がっていました。
 講演・ワーク共に大変有意義であり、学ぶこと・得ることの多い時間となりました。


 印象に残ったのは子ども達を取り巻く環境の変化の大きさと、それに取り組んで得たノウハウを独占するのではなく「みんなが自分の居場所を見つけるために」多くの人に知ってもらいたい!という方針でした。
 みんつくがお世話になっているペアレント・サポートすてっぷの安藤さんのお話を、このような場で聞くことができ、本当に勉強になりました。

 安藤様、そして運営にあたった皆さま、本当にありがとうございました。





 みんなでつくる財団おかやまでは当財団でのイベント開催のほか、このように講演会などに出席することを通じて学びを広げています。
 興味のあるかた・なにかアクションを起こしたいという気持ちのある方、ぜひ財団までお問い合わせください。


-------------------------------------------------
メール:info@mintuku.jp
電話(直通):086-239-0329
つなぐ、つたえる、シェアをする
みんなでつくる財団おかやま
--------------------------------------------------
















 

2018年12月25日

12月29日ツクる日 「ももたろう基金」助成対象団体活動報告会&交流会!

 日本中、そして世界各地の多くの方から寄せられた『西日本豪雨災害の被災地のために』という思いと、豪雨の被災地で活動する多くの団体を繋いだ「ももたろう基金」。

momotarou_kikin_blog.png

 12月のツクる日は、その「ももたろう基金」の助成対象団体の皆さまとともに、『団体活動報告会』を開催したいと考えております。


 報告会といっても堅苦しいものではなく、「ももたろう基金」を活用した団体の復旧・復興支援活動の内容をはじめ、その中で感じた発見や課題、さまざまな想いを気軽に語り合う場にしたいと考えています。


 そしてそこから、また新たな「人・もの・情報」の共有につなげ、今後も続く支援活動を相互に支え合っていく繋がりやきっかけ作りにしていただきたいと思います。


 年末のお忙しい時期かと存じますが、ぜひご参加いただきますようお願いいたします。




 その報告会に引き続き交流会も予定しておりますので、こちらのへのご参加もどうぞよろしくお願いいたします。




【概要】


■日時:20181229日(土) 

 ●団体活動報告会 … 13001500

  (参加費 無料)


 ●懇親会 … 1500〜17:00

  (参加費 1000円程度)


 ※いずれかのみの参加も可※



■場所:FLCB(Fun Life Center Building) 

      岡山県総社市中央2丁目2-8  旧第一生命ビル1F

     ※総社市役所のななめ向かい※



2018年11月30日

11月29日 ツクる日 復興活動&資金調達相談会を開催しました

11月29日のツクる日は、総社市において「資金調達に関するセミナー」と「相談会」を下記のとおり開催しました。

日時:2018年11月29日(木)13:00〜
場所:FLCB(Fun Life Center Building) 
          岡山県総社市中央2丁目2-8  旧第一生命ビル1F
内容:13:00〜14:30 資金調達に関するセミナー
    みんつくと福武教育文化振興財団の助成の紹介
出席者:9名



みんつく・石田専務理事による、資金調達に関するセミナーからスタートしました。
IMG_4908.JPG


この日が初参加というかたもあり、皆さん大変熱心に資金調達の仕組みを聞いていました。
IMG_4916.JPG



つづいて、公益財団法人 福武文化教育振興財団の和田さんから、2019年度の教育文化活動助成についてお話をしていただきました。
IMG_4910.JPG
教育と文化の両面から、岡山県を豊かで充実した社会にするためのチャレンジを応援する助成についてご説明いただきました。


そのあとは、出席者の自己紹介。
自己紹介と併せて、今日参加するしたきっかけや関わっている活動の紹介、その活動のなかで感じている課題などを、お茶菓子を囲んで話しあいました。
IMG_4921-1.jpg



それぞれの自己紹介と共に語られるお話は、どれもとても興味深く、いろいろなことを考えさせられるものでした。
自己紹介から交流会のような雰囲気になっていき、取り組んでいる活動をより詳しく話し合う場になりました。

これを機会に、新しいつながりやアイデアが生まれていきそうです。


個別相談会で印象的だったのは、具体的な進め方について「いちご大福」を例に挙げた話でした。
『「いちご大福」を和菓子というカテゴリーでどう売り出すか』に始まり、いちごと大福を別々に売るか、でも別々だと買う客層は違ったままになる…さあどうする?という、面白くも分かりやすい話でした。



このように、当財団の相談会は和気藹々とした雰囲気の中でおこなわれます。
今後も様々な課題に取り組んで活動をしている皆さんに向けて、同様の相談会を開催していきます。
興味や関心のある方はぜひご参加ください。




2018年11月26日

11月29日 ツクる日 復興活動&資金調達相談会 開催します

公益財団法人みんなでつくる財団おかやま(通称 みんつく)では、岡山県内で発生した「平成30年7月豪雨」に対する救援・復興活動を対象に「被災地支援」の分野において助成する基金「ももたろう基金」を設立しました。
現在第6次助成までが決定し、活動を進めています。

11月29日の「ツクる日」は、その「ももたろう基金」をはじめとする、様々な基金や助成金に関する相談会を開催します。
午前中は豪雨災害の復興活動の資金調達等に関するクローズな形の個別相談会(要・事前申し込み)とし、午後はセミナー形式での相談会をおこなう予定です。

【概要】
日時:2018年11月29日(木)13:00〜14:30
          ※午前中も事前予約の相談を受け付けています。
場所:FLCB(Fun Life Center Building) 
          岡山県総社市中央2丁目2-8  旧第一生命ビル1F
内容:13:00〜14:30 資金調達に関するセミナー
    みんつくと福武教育文化振興財団の助成の紹介
    ※事前申し込みは不要です。
     当日の飛び入り参加も大歓迎です。 
参加費:無料(任意により寄付)


復興活動に関する相談、ももたろう基金をはじめとする助成金を活用した資金調達に関心のある団体関係者のほか、「みんつくに興味がある」「ももたろう基金を知りたい」という個人の方の参加もお待ちしています。


2018年10月30日

10月29日 ツクる日 ももたろう基金 申請相談&報告書をツクる会 開催しました。

10月29日のツクる日はももたろう基金の申請相談と報告書作成の会を下記の通り実施しました。


【概要】

日時:平成30年10月29日(月)13:30〜16:00

場所:(公財)みんなでつくる財団おかやま 


本日はももたろう基金の申請相談会および報告書をツクる会を開催。被災地支援を行なっている団体も本日の会で報告書がまとまった様子です。

ももたろう基金第5次・6次は10月31日までです。


詳細はこちらから

https://www.momotarosaigai.jp



----------------------------------------------------

【お問合せ】

(公財)みんなでつくる財団おかやま 担当:石田・田原

TEL:086-239-0329 

FAX:086-899-6329 E-mail:info@mintuku.jp


みんつくウェブサイト「http://mintuku.jp/


つなぐ、つたえる、シェアをする

みんなでつくる財団おかやま

-----------------------------------------------------

2018年10月23日

10月29日 ツクる日 ももたろう基金 申請相談&報告書をツクる会 開催

平成30年7月豪雨により被災された皆様、ならびにそのご家族の皆様に心よりお見舞い申し上げます。皆様の安全と被災地の一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。
公益財団法人みんなでつくる財団、通称「みんつく」では、この度の岡山県内で発生した「平成30年7月豪雨」に対する救援・復興活動を対象に「被災地支援」の分野において助成をする「ももたろう基金」を設立しました。

10月29日のツクる日は、その「ももたろう基金」の申請相談と報告書作成の会を開催します。

現在ももたろう基金では、第5次および第6次の助成申請を募集しています。
(いずれも申請締め切りは10月31日)
第一部ではこの申請についての相談や質問を受け付けます。
また第二部は、すでに助成が決定した団体を対象に「報告書をツクる会」として、報告書の書き方や経理書類(領収書など)の整理の仕方といった、活動全般のまとめ方の説明会を行います。

【概要】
日時:2018年10月29日(月) 13:30〜16:00
場所:みんなでつくる財団おかやま
   (〒700-0026 岡山市北区奉還町三丁目15-8奉還町第一ビル11号)
内容: 第一部/ 13:30〜14:00 ※終了後、希望者は個別相談
         ももたろう基金助成の説明会および申請相談
    第二部/ 14:00〜16:00 
         ももたろう基金の助成決定団体向け「報告書をツクる会」
参加費:無料

参加希望者は事務局まで連絡ください。
※飛び入り可、途中入退室可

-----------------------------------------------------
【お問合せ】
(公財)みんなでつくる財団おかやま 担当:石田・田原
TEL:086-239-0329
FAX:086-899-6329 E-mail:info@mintuku.jp

みんつくウェブサイト「http://mintuku.jp/

つなぐ、つたえる、シェアをする
みんなでつくる財団おかやま
-----------------------------------------------------

2018年09月07日

9月29日開催 岡山NPOセンター設立二十周年記念式典 のご案内

9月29日は
岡山NPOセンター設立二十周年記念式典 
です。

みんつくの石田専務理事が記念フォーラム分科会「NPOの持続可能な基盤形成のために伴奏支援はどうあるべきか」に登壇しますので興味のある方はぜひご参加ください。

http://epo-cg.jp/blog/event/180929okayamanpo/

【概要】
日時:2018年9月29日(土)11:00〜17:00
場所:ピュアリティまきび(岡山市北区下石井4162)
定員:100名
参加費:4,000円
申し込み:下記申し込みフォーム
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSen0NBbIOoBp5jn8SznIpxePTvzLcrwKkcMaRCNNgEXPf8ZIQ/viewform


11:00〜 オープニング
・「岡山NPOセンター20年の歩み」米良 重徳(当法人・代表理事)
・ご来賓あいさつ
11:20〜 記念講演
「NPOのこれまでとこれから〜岡山NPOセンターへのメッセージ〜」
山岡義典(元日本NPOセンター 代表理事、公益財団法人助成財団センター 理事長)
12:10〜 昼食交流会
・来場者ご紹介
・新ロゴマーク&キャッチコピー発表
13:30〜 記念フォーラム分科会
A NPOの持続的な基盤形成のために伴走支援はどうあるべきか?
石田 篤史((公財)みんなでつくる財団おかやま 専務理事)
山元 圭太(合同会社喜代七 代表)
加藤 彰子(当法人・事務支援センター長)
B 持続可能な社会のために協働と社会投資はどうあるべきか?
青尾 謙(岡山大学大学院ヘルスシステム統合科学研究科 講師)
有井 安仁(株式会社プラスソーシャル 取締役、当法人・理事)
高平 亮(当法人・地域連携センター長)
C 市民のエンパワメントとそのための支援はどうあるべきか?
阿部 典子(NPO法人みんなの集落研究所 主席研究員)
赤澤 清孝(NPO法人ユースビジョン 代表理事)
西村こころ(当法人・参画推進センター長)
15:40〜 クロージングセッション
「岡山における市民社会のこれから」
深尾 昌峰(龍谷大学 教授、(一社)全国コミュニティ財団協会 会長)
石原 達也(当法人・代表理事)
17:00〜 閉会
【問い合わせ先】
特定非営利活動法人 岡山NPOセンター
〒700-0822 岡山市北区表町1丁目4-64 上之町ビル3階
TEL:086-224-0995
FAX:086-224-0997
E-mail:npokayama@gmail.com


(公財)みんなでつくる財団おかやま 事務局
〒700-0026 岡山市北区奉還町三丁目15-8奉還町第一ビル第11号
電話086-239-0329 FAX 086-899-6329
E-MAIL:info@mintuku.jp

2018年09月03日

8月29日 ツクる日 真備町支援のコミュニティ形成について

8月29日のツクる日は、「真備町 支援のコミュニティ形成について」
を開催しました。
真備町内で被災しつつも、被災者に対しての支援を行っているNPO法人の方々から、発災から現在までの活動の共有、そしてこれからのまちづくりや活動に向けた”想い”を共有しました。


【概要】
日時:2018年8月29日(水) 16:00〜18:00
場所:旧第一生命ビル(〒719-1131 岡山県総社市中央2丁目5)
内容:座談会 
参加者:16名


今回はマインドこころの多田さん、いちご一会の内藤さん、ぶどうの家の津田さん、武田さんから発災から現在までの取り組みについてお話しいただきました。
これから被災した方々に対してどのような支援が必要か、どのような気持ちでまちづくりを行っていくかといった前向きな意見交換会ができました。真備町の地域の人々を中心にした支援スキームなどの話題も上がり、これからの真備町のまちづくりに向けた取り組みが少しづつ始まっていると感じました。

APC_0567.jpg

この日は理事で弁護士の大山代表も駆けつけ、被災ローン減免制度の説明などの説明もしました。
会が終了してもしばらく談笑をされており、多田さんが箭田地区で行ったの納涼会での感想の共有やこれからのことを談笑されておりました。

APC_0563.jpg

「チョコレートが美味しかった!」という参加者の方々の言葉が、私はとても印象に残りました。


-----------------------------------------------------
【お問合せ】
(公財)みんなでつくる財団おかやま 担当:今井
TEL:086-239-0329 (直通):086-239-0329
FAX:086-899-6329 E-mail:info@mintuku.jp

みんつくウェブサイト「http://mintuku.jp/

つなぐ、つたえる、シェアをする
みんなでつくる財団おかやま
-----------------------------------------------------

2018年08月29日

8月29日 ツクる日 真備町支援のコミュニティ形成について

平成30年7月豪雨により被災された皆様、ならびにそのご家族の皆様に心よりお見舞い申し上げます。皆様の安全と被災地の一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。
公益財団法人みんなでつくる財団、通称「みんつく」では、この度の岡山県内で発生した「平成30年7月豪雨」に対する救援・復興活動を対象に「被災地支援」の分野において助成をする基金を設立しました。

8月29日のツクる日は、真備町 支援のコミュニティ形成について です。
真備町内で自団体も被災しつつも被災者を支援してきた団体の発災から現在までの取り組みを共有するとともに、これからの支援ネットワーク構築について座談会形式で開催します。


【概要】
日時:2018年8月29日(水) 16:00〜18:00
場所:旧第一生命ビル(〒719-1131 岡山県総社市中央2丁目5)
内容:座談会 
参加費:無料
下記より申込いただけます。
https://goo.gl/forms/yICskGc8oJfuagrj1

フェイスブックページはこちらから!
https://www.facebook.com/events/2149474131935199/


-----------------------------------------------------
【お問合せ】
(公財)みんなでつくる財団おかやま 担当:今井
TEL:086-239-0329 (直通):086-239-0329
FAX:086-899-6329 E-mail:info@mintuku.jp

みんつくウェブサイト「http://mintuku.jp/

つなぐ、つたえる、シェアをする
みんなでつくる財団おかやま
-----------------------------------------------------

2018年07月26日

【7月29日ツクる日】ももたろう基金説明会

share会議.jpeg
momotarou_kikin.jpg

 平成30年7月豪雨により被災された皆様、ならびにそのご家族の皆様に心よりお見舞い申し上げます。皆様の安全と被災地の一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。
公益財団法人みんなでつくる財団、通称「みんつく」では、この度の岡山県内で発生した「平成30年7月豪雨」に対する救援・復興活動を対象に「被災地支援」の分野において助成をする基金を設立しました。

 県内各機関と連携し、状況変化していく被災支援のニーズをとらえ随時、活動団体への助成を通じて被災地支援をしていきます。


7月のみんつくツクる日は
「ももたろう基金」の説明会を開始します。

 避難所などのニーズをつかんでおり、いま実施すべき事業については速やかに助成を行なっていますが、災地支援を行うにあたってのももたろう基金の使い方、資金の適用範囲、事業内容などの説明会を行います。
また、団体同士の意見交流会を行い、協働できることなどの意見交換などを行います。

【概要】

開催日時:2018年7月29日(日)10:00〜11:30
     10:00〜10:30 ももたろう基金説明会   
     10:30〜11:30 団体との交流会、意見交換会

場所:つくぼ片山家プロジェクト(〒710-0023 岡山県倉敷市帯高727)
参加費:無料(任意で寄付)
申込:こちらから


ももたろう基金についてはこちら
募集要項はこちら
審査結果はこちら



-----------------------------------------------------
【お問合せ】
(公財)みんなでつくる財団おかやま 担当:今井
TEL:086-239-0329 (直通):086-239-0329
FAX:086-899-6329 E-mail:info@mintuku.jp

みんつくウェブサイト「http://mintuku.jp/

つなぐ、つたえる、シェアをする
みんなでつくる財団おかやま
-----------------------------------------------------