CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« Share会議 | Main | +1セミナー»
<< 2017年04月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ

【告知】4月のツクる日イベント「いちごパーティ」with杜の家 [2017年04月03日(Mon)]
毎月29日は、自分も楽しく、周りも楽しく社会にいいことを考えたり、アクションする日!
4月のツクる日は・・・〜いちごパーティー〜(仮称)です!
今回はいちご栽培で障がい者就労支援に取り組むNPO法人「杜の家」とのコラボでお送りします!!

いちごのイメーrじ.jpeg


今回はそのままのいちごは美味しい!美味しいけれど、あえて違う食べ物と食べてみよう!!ということで「いちごのガスパチョ」「ルッコラとパルマサラミ、いちごのサンドイッチ」などEXCAFEの杉本さんご考案の料理といちごのミルクシェイク、いちごのハニーレモンフィズなどのノンアルコールも準備しております。もちろんストロベリーチンザノトニック、ストロベリーアマレットジンジャなどのアルコールも取り添えています。

いつもと違った「いちご」楽しみませんか?


日時:平成29年4月29日(土)祝 18:30〜20:00ごろまで入場可
場所:EXCAFE(岡山県岡山市北区中山下2丁目1−21)
会費:セットメニュー1,000円(内50円寄付) ワンドリンク+プレートのセット
   ドリンク単品追加はall500円(内50円寄付)
   プレート料理の単品注文は受け付けておりません。(20食限定です!(予定))
参加ご希望の方はこちらのメールアドレスに参加人数とお名前を明記の上、送信ください。

FBページからも応募できます!
https://www.facebook.com/events/670121263172052/

確認でき次第、事務局から確認メッセージを送ります。
E-mail info@mintuku.jp
その他、ご質問等がある場合は、お気軽にご連絡ください!
TEL:086-239-0329 E-mail: info@mintuku.jp
-----------------------------------------------------
みんつくの日を一緒に盛り上げましょう!!
つなぐ、つたえる、シェアをする みんなでつくる財団おかやま -----------------------------------------------------
みんつくフォーラム2017開催しました! [2017年04月03日(Mon)]
3月29日は日本記念日協会公認みんつくの日。この日に合わせてJunkoFukutakeHall@岡山大学鹿田キャンパスに置いてミンツクフォーラム2017を開催しました。
本年のテーマは「学びと育ち」です。注目が集まっている団体の活動紹介をはじめ、奨学金、助成金などみんつくの取り組み紹介を通じて、学びと育ちを考える機会として開催いたしました。
次第はこちらから!!
1チラシ.pdf
2チラシ.pdf


IMG_1395.jpg

IMG_1404.jpg

IMG_1393.jpg
寄付者の皆様のお名前を掲載した寄付パネルです。みんつく事務所に掲示しています。


IMG_1424.jpg
開会前の石田専務理事です。リラックスした表情です。


第1部 「学びと育ちを考える」

学びと育ちというテーマで、みんつくが2016年度に行ってきた事業紹介とこれからについて石田専務理事より発表がありました。2015年度に立ち上げた福祉人材育成基金のほか、「みんつく子ども基金」の設置の設置についての概説を行いました。

IMG_1428.jpg
みんつくの活動報告と共に昨年度J基金の助成を受けた認定NPO法人子どもシェルターモモの西井さんより活動報告がありました。

IMG_1402.jpg
続いてコレクティブインパクトの事例発表です。野村さんがみんつくに来てから取り組んだコレクティブインパクトについて、わずか5分という短い時間でしたが概要説明を行いました。


それぞれ日本各所で活躍されている3団体の活動発表の様子です。

IMG_1434.jpg
認定NPO法人D×Pの今井紀明さん  「しんどさをかけた高校生に未来を」 
「人とのつながり」と「できた!と思える成功体験」を提供する、通信・定時制高校向けキャリアプログラム「クレッシェンド」を提供しています。2017年度より岡山市にある烏城高校においてもプログラムを実施されます。

IMG_1435.jpg

今井さんはは日本の高校生に「"挑戦するオトナの姿"を見せたい!」と思い、
いつか高校生が成長して、ふと「あんな挑戦してたオトナもおったな」と思ってもらえたら
という重いからサハラ砂漠マラソンという大きなチャレンジをします。
4月5日にモロッコへ向けて旅立ちます。無事に完走し、帰国後はぜひお話を伺いたいですね!

IMG_1436.jpg

NPO法人だっぴ代表理事の柏原拓史さん 「大人になるのが楽しみになる出会い」
「進路や働き方を模索する若者」と「魅力的な大人」が交流するトークセッション「だっぴ」
参加した中学生に大きな変化が起こる「中学生だっぴ」はメディアにも取り上げれ注目を集めています。


IMG_1437.jpg
NPO法人YouthCreate 代表理事 原田謙介さん 「若者が政治視点で街の未来を考える」
若者がどんどんと地域や政治に関わりだす状態を目指すプロジェクト「WASAO」
若者が身近な街を知ることを入り口として街の政治を自分事としてとらえ気軽に話し合うための機会と場の創出についてお話いただきました。


第2部 活動報告および助成式

ろうきんNPO寄付システム・ろうきん立上げ助成金では審査員長の濱西先生よりご講評をいただき、それぞれの団体へ授与賞が授与されました。

IMG_1441.jpg
ろうきんNPO寄付システム

IMG_1444.jpg
ろうきん立上げ助成金

IMG_1454.jpg
第9期事業指定助成プログラム

IMG_1457.jpg
冠基金

IMG_1462.jpg
冠基金

ろうきんNPO寄付システム3団体、立上げ助成金8団体、冠基金4団体各団体に授与賞および助成賞が授与されました。都合により全ての写真を掲載することができませんが受賞された団体の皆さんおめでとうございます。そしてこれからの活動頑張ってください!!



みんつくの2017年度について
29年度は組織の基盤強化を図るとともに、「地域のインフラとしてコミュニティ財団のサービスを届ける」を目的とし、
・「つなぐ」ハブ機能の強化
・「つたえる」「shareをする」機能の強化
・ インフラ機能の維持・強化
を重点テーマとして活動いたします。

来年度からのみんつく応援お願いします!!
【みんつくフォーラム2017】開催します!! [2017年03月02日(Thu)]
【みんつくフォーラム2017】
チラシ画像.png

☆日時 3月29日 15:00〜18:00
 
☆場所 JUNKO FUKUTAKE HALL (岡山大学鹿田キャンパス)

☆詳細
3月29日は日本記念日協会公認「みんつくの日」。「自分も楽しく、周りも楽しく、社会にも良いことを」をコンセプトに、みんつくでは毎月29日に「ツクる日」企画を実施しています。

今年のテーマは「学びと育ち」です。注目が集まっている団体の活動紹介をはじめ、奨学金、助成金などのみんつくの取り組み紹介を通じて、学びと育ちを考える機会にしてみませんか?

■プログラム
第1部 15:00〜 「学びと育ちを考える」 
みんつくの取り組み紹介
コレクティブインパクト取り組み紹介
団体活動紹介
 認定NPO法人D×P  理事長 今井紀明さん
 NPO法人だっぴ   代表理事 柏原拓史さん
 NPO法人YouthCreate 代表理事 原田謙介さん

第2部 16:45〜 「活動報告および助成式」
各種授与式・助成式
2016年度みんつく活動報告
2017年度のみんつくについて

■会場
JUNKO FUKUTAKE HALL レクチャーホール
岡山市北区鹿田町2-5-1 (岡山大学鹿田キャンパス内)

※会場には駐車場がございません。公共交通機関でお越しいただくか、近辺の有料駐車場をご利用ください。

■お申込み方法
Facebookページにて参加ボタンをポチッと押すか、別紙より申し込みをお願いいたします。
※後日、確認のメッセージを送らせていただきます。


☆facebookページはこちらから
https://www.facebook.com/events/1446282142051600/

★別紙申込用紙はこちら
みんつくforum.pdf



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


みんつくでは、みんつくフォーラムの企画、運営を手伝ってくれるスタッフを募集しています!!
興味のある方はお気軽にみんつくまでご連絡ください。

メール:info@mintuku.jp
電話(直通):070-5056-3029

つなぐ、つたえる、シェアをする
みんなでつくる財団おかやま

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
【報告】1月29日ツクる日 [2017年01月30日(Mon)]
毎月29日は、
自分も楽しく、周りも楽しく
社会にいいことを考えたり、アクションする日!

今回は
カウラのトランクと木像展示会」〜カウラ事件とハンセン病〜 
元高校教員野村泰介さんのスペシャル解説付き!
を開催しました!


【開催概要】

日時:1月29日(日)14:00〜16:00
場所:奉還町みんなでつくる財団おかやま事務所
内容:【展示】
   ・カウラから持ち帰った戦時中のトランク
   (平成29年3月以降しょうけい館(戦傷病者資料館)へ展示されることが決まっています)
   ・立花さんと高校生の交流の証の木像お披露目
   【解説等 ※随時】
   ・ビデオ「ダブルプリズナー」(2015年山陽女子高校編集部制作)の上映(約8分)
   ・野村泰介さんによるハンセン病とカウラ事件に関する概要説明

ぴかぴか(新しい)参加者:16名ぴかぴか(新しい)


今回のツクる日は野村さんによるスペシャル解説付きということもあり、大勢の方々にご参加いただきました。

オーストラリアでの捕虜の時の様子や実際どの様にカウラ事件が起こったのか、そして帰国されてからの生活など、山陽女子高校の学生が制作されたビデオとともに、立花さんから伺ったエピソードを、持ち帰ったトランクやノート、靴屋やナイフなどの解説とともにを野村さんや山陽女子高校の卒業生から聞くことができました。

IMG_4375.JPG

野村さんによる解説です。

IMG_4382.JPG

こんなに間近で見ることができました!


IMG_4386.JPG

トランクの中には帽子、靴や写真などが収められていました。
トランクは全て立花さんが自作されたそうです。当時はノコギリ、釘などがないため、全てあるもので作られています。戦後72年経った今でもまだまだ使えるくらい頑丈です。


IMG_4387.JPG

ノートには英単語と日本語訳が書いてありました。綺麗な筆記体と漢字が印象的でした。


IMG_4388.JPG

立花さんと高校生の交流を記念して制作された木像です。


第2次世界大戦とハンセン病、この二つは過去の遺産ではなく今尚継続中で、私たちはこのことにしっかりと向き合い、理解し、後世に伝えること。それがこれからの私たちのすべきことなのではと思う”ツクる日”でした。



参加してくださった皆さん、野村さん、山陽女子高校OGの皆さん、ありがとうございました。




みんつくでは、毎月29日の「ツクる日」を企画、運営するスタッフを募集しています!!
興味のある方はお気軽にみんつくまでご連絡ください。

メール:info@mintuku.jp
電話(直通):070-5056-3029

つなぐ、つたえる、シェアをする
みんなでつくる財団おかやま
【告知】1月ツクる日は「カウラのトランクと木像展示会」〜カウラ事件とハンセン病〜  元高校教員野村泰介さんのスペシャル解説付き! [2017年01月06日(Fri)]
毎月29日は、
自分も楽しく、周りも楽しく
社会にいいことを考えたり、アクションする日!

1月29日は「カウラのトランクと木像展示会」〜カウラ事件とハンセン病〜 
元高校教員野村泰介さんのスペシャル解説付き!を開催します。


【開催概要】

 戦争捕虜とハンセン病 差別の構造に気づき、次世代への継承を考える会 として瀬戸内市虫明の長島にある国立ハンセン病療養施設、邑久光明園の入所者、立花誠一郎さんとの継続的な交流から見えた「差別の構造」を共有する会を開催します。
岡山県瀬戸内市の長島には同じ島の中に長島愛生園、邑久光明園という2つの国立ハンセン病療養所がある全国でも珍しい地区です。その中の邑久光明園の入所者、立花誠一郎さん(現在95歳)と、高校生の交流が長年行われていました。
立花さんはハンセン病患者として約65年邑久光明園で暮らしています。一方、第二次世界大戦中、捕虜となりオーストラリアのカウラという場所にある捕虜収容所に収容されていました。
当時の日本人の中にあった「捕虜は恥である」という意識の中でおこった大規模な脱走事件「カウラ事件」を体験しています。
ハンセン病とカウラ事件、2つに共通する「人権侵害を伴う差別」について、捕虜収容所時代に使っていた生活道具や、2008年から2015年まで行われた立花さんと高校生との交流の記録を見ながら、次世代への継承をテーマに参加者で意識を共有します。


日時:1月29日(日)14:00〜16:00  ※出入り自由
場所:奉還町みんなでつくる財団おかやま事務所(予定)
内容:【展示】
   ・カウラから持ち帰ったせ戦時中のトランク
   (平成29年3月以降しょうけい館(戦傷病者資料館)へ展示されることが決まっています)
   ・立花さんと高校生の交流の証の木像お披露目。

   【解説等 ※随時】
   ・ビデオ「ダブルプリズナー」(2015年山陽女子高校編集部制作)の上映(約8分)
   ・野村泰介さんによるハンセン病とカウラ事件に関する概要説明
会費:無料(任意で寄付)


(*)野村泰介さん(元山陽女子高校地歴公民の元教員 以前勤務していた高校はハンセン病の学習が盛んで2003年より担当となり、以後14年、2008年からは授業の一環として取り上げたオーストラリアのカウラ事件について研究をされ、邑久光明園に入所されている立花誠一郎さんと出会いました。「戦争捕虜」と「ハンセン病による社会からの隔離」というダブルプリズナ(=二重の囚われ)という体験をされた立花さんの数奇な半生を後世に伝える活動を行なっています。)


参加ご希望の方はFBページより申し込みすることも可能です。
https://www.facebook.com/events/1291052590933667/


みんつくでは、毎月29日の「ツクる日」を企画、運営するスタッフを募集しています!!
興味のある方はお気軽にみんつくまでご連絡ください。

メール:info@mintuku.jp
電話(直通):070-5056-3029

つなぐ、つたえる、シェアをする
みんなでつくる財団おかやま
12月ツクる日! みんつく望年会開催しました。 [2016年12月30日(Fri)]
毎月29日は、
自分も楽しく、周りも楽しく
社会にいいことを考えたり、アクションする日!

12月29日は毎年恒例の
飲めば飲むほど楽しくなる寄付になる
「宵、酔い、良い」のみんつく望年会を開催しました。

【実施概要】
日 時:平成28年12月29日(木)18:30〜(約2時間)
場 所:tuktukカフェ
参加者:17名


今回は、勝手に乾杯チャリティー寄付 第9期「割り勘で夢をかなえよう!」参加1団体への募金箱と、
第7期割り勘事業を実施した倉敷トライライトホームの募金箱、
みんつく応援基金への募金箱を設置しました。


※勝手に乾杯チャリティ寄付・・・1口500円(100円×5杯)
   リングを5つお配りし、
   ドリンクおかわりのたびに、応援したい取り組みの募金箱へ
   リングを入れていただく仕組みとなっています。


★第9期割り勘
・里親家族の笑顔と成長のために〜支援の輪をつなげよう〜事業には3000円、
★倉敷トライライトホーム応援募金には3,800円、
★みんつく応援基金には1700円の寄付が集まりました。
参加者の皆さん、本当にありがとうございました。

今回は5つ全てのリングを募金箱に入れた一番最初の方に、その方の歌を
作成し、その場で歌うという素晴らしい特典がありました。

2016年は代表理事の交代、事務所移転と
みんつくにとっても動きのある年でしたが
日頃からみんつくを応援いただいている皆さんと
2016年の締めくくりにお会いすることができ、
そして有意義な意見交換などができ、素晴らしい時間
を過ごすことができました。
ぴかぴか(新しい)みなさんに感謝ですぴかぴか(新しい)

ひらめき2017年酉年も引き続きみんつくを宜しくお願いします!ひらめき

IMG_4105 2.JPG

みんつくでは、誰もが気軽に寄付ができる取り組みを実践しています。
「自分も楽しく、周りも楽しく、社会にも良いことを」をコンセプトに、
毎月29日では、「ツクる日」を行っています。
チャリティーイベントなど、企画や運営をしたい方も募集していますので、
少しでも興味のある方はお気軽に当財団までお問い合わせください。


Tel:(代表)086-206-2195 
(直通)070-5056-3029
E-mail:info@mintuku.jp
HP: http://mintuku.jp/
【報告】11月ツクる日 in奉還町! [2016年12月01日(Thu)]
毎月29日は、
自分も楽しく、周りも楽しく
社会にいいことを考えたり、アクションする日!
今月のツクる日は、みんつく事務所(奉還町)で開催します!!

今回の作る日は
「マスキングテープでつくる募金箱、貯金箱づくり」を開催しました。

本日のツクる日は12月1日〜31日の期間に行われる「寄付月間」に合わせて
募金箱づくりを行いました。


【開催概要】
日時:平成28年11月29日(火)16:00〜18:00
場所:みんつく事務所 (岡山市北区奉還町3丁目15-8 奉還町第一ビル第11号)
参加者:2名

寄付月間とは東日本大震災を機に、社会全体の寄付への関心の高まりを受け、民間非営利団体、企業、大学、国際機関など、寄付に関する活動を行なっている機関が集まり、「寄付月間〜Giving December〜」を行うことを決めました。35の法人代表者が実行委員会を形成し、実行委員会の有志が共同事務局を設置し、運営しています。
寄付月間は特定の団体への寄付をお願いするものではなく、一人ひとりがこの機会に寄付について考え、実際に寄付をすることにより、また寄付月間をSNSなどを通じて広げることにより、寄付を受ける側が寄付者に感謝し、きちんと寄付の使い道を報告することが進むきっかけにすることを目的としています。
(Wikipediaより一部抜粋)

本日の参加者は川崎医療福祉大学にて子供の居場所づくりに取り組んでいる倉敷トワイライトホームの藤澤さんが募金箱を作りに来てくれました。


IMG_3867.JPG

藤澤さんは同志の紀さんとともに一般社団法人子どもソーシャルワークセンターつばさを設立し、今後もこの事業に一緒に寄り添って行かれます。

いよいよ12月より寄付月間が始まります。
みんつくも今後寄付について様々なアプローチを行い、寄付についての啓発事業を行なっていきたいと思います。

藤澤さんありがとうございました。


その他、ご質問等がある場合は、お気軽にご連絡ください!
TEL:070-5056-3029
E-mail: info@mintuku.jp
-----------------------------------------------------
みんつくの日を一緒に盛り上げましょう!!
つなぐ、つたえる、シェアをする
みんなでつくる財団おかやま
-----------------------------------------------------
【告知】12月ツクる日! みんつく望年会 [2016年11月28日(Mon)]
毎月29日は、
自分も楽しく、周りも楽しく
社会にいいことを考えたり、アクションする日!

12月29日は毎年恒例望年会
2016年を振り返りながら、
楽しい思い出を一つ増やし
2017年への抱負を語りましょう!

今月は、飲めば飲むほど楽しくなる寄付になる
「宵、酔い、良い」のみんつく望年会です。
割り勘事業の紹介もします!

日時:平成28年12月29日(木)18:30〜(約2時間)
場所:tuktukカフェ
(岡山市北区奉還町2-8-15)
http://tuktuk-cafe.com/
会費:4,000円
  <詳細:飲食代3500円+勝手に乾杯チャリティ寄付代500円>

  ※勝手に乾杯チャリティ寄付代・・・1口500円(100円×5杯)
   ドリンクおかわりのたびに、応援したい取り組みの募金箱へ
   リングを入れていただく仕組みとなっています。

申込み〆切日:極力、12月27日(火)夕方までにお願いします。

お申込み方法:
参加希望の方はFacebookのイベントページより参加ボタンを押してください。
https://www.facebook.com/events/936149436486083/

※Facebookをご使用でない方は、
こちらのメールアドレスに送信ください。
確認でき次第、事務局から確認メッセージを送ります。
E-mail info@mintuku.jp

それでは、12月29日を楽しみに
2016年もラストスパートがんばりましょう!
皆さまのご参加を心よりお待ちしております!!

----------------------------------------------------------
みんつくでは、毎月29日の「ツクる日」を
企画、運営するスタッフを募集しています!!
興味のある方はお気軽に みんつく までご連絡ください。

メール:info@mintuku.jp
電話(直通):070-5056-3029

つなぐ、つたえる、シェアをする
みんなでつくる財団おかやま
【告知】11月ツクる日 in奉還町! [2016年11月15日(Tue)]
毎月29日は、
自分も楽しく、周りも楽しく
社会にいいことを考えたり、アクションする日!
今月のツクる日は、みんつく事務所(奉還町)で開催します!!

今回の作る日は
「マスキングテープでつくる募金箱、貯金箱づくり」を開催します!! オリジナル募金箱・貯金箱を作ってみませんか?


IMG_4658-thumbnail2.JPG.jpg


(熊本震災のための募金箱、自分の貯金箱など)
<< 以下のような方にオススメです! >>
・手作り募金箱を作ってみたい方
・親子で物づくり体験をしたい方
・ツクる日イベントに参加してみたい方
・みんつくについてもっと知りたい方

などなど、
少しでも興味のある方はお気軽にご参加ください。
皆さまの参加、心よりお待ちしております。
【開催概要】
日時:平成28年11月29日(火)16:00〜18:00
場所:岡山市北区奉還町3丁目15-8 奉還町第一ビル第11号
 
会費:大人は500円(材料代)
お申込み:
参加希望の方はFacebookのイベントページより参加ボタンを押してください。
https://www.facebook.com/events/187564798370134/
※Facebookをご使用でない方は、
こちらのメールアドレスに参加人数とお名前を明記の上、送信ください。
確認でき次第、事務局から確認メッセージを送ります。
E-mail info@mintuku.jp


その他、ご質問等がある場合は、お気軽にご連絡ください!
TEL:070-5056-3029
E-mail: info@mintuku.jp
-----------------------------------------------------
みんつくの日を一緒に盛り上げましょう!!
つなぐ、つたえる、シェアをする
みんなでつくる財団おかやま
-----------------------------------------------------
【報告】10月ツクる日!「ブラインドサッカー!」 [2016年11月04日(Fri)]
毎月29日は、
自分も楽しく、周りも楽しく
社会にいいことを考えたり、アクションする日!

10月のツクる日は・・
「ブラインドサッカー体験会」を開催しました!

※ブラインドサッカーとは
1チーム選手5人で試合をし、キーパー以外の4選手は
視力を公平にするためアイマスクを着用する。
ボールは音で位置が分かるよう鈴が入っており、
選手の他に相手ゴール裏から指示を出すガイドがいる。
日本ブラインドサッカー協会によると、
現在の競技人口は全国で約400人で、約15チームが活動する。
国内ルールでは、アイマスクを着けた健常者も出場できる。


【開催概要】
◆日  時:平成28年10月29日(土)13:30〜16:30
◆場  所:六番川水の公園 体育館(岡山市東区升田614-64)
     http://www.okayama-park.or.jp/facility/rokubangawa
◆講  師:デビルバスターズ(岡山のチーム)
       監督 安藤 久志 氏 
     (元ブラインドサッカー ロービジョンの部 日本代表監督)
◆:参加者:13名


【まとめ】
少し肌寒いこの日はハロウィンも近いせいか、お化けが子供にお菓子をくれるというハプニング?からスタートしました。

IMG_3518.jpg


IMG_3533.jpg
岡山デビルバスターズの監督、選手の皆さんです。


参加者の皆様からの自己紹介終了後、目を閉じた状態で白杖を使用して、ガイドの方とともに障害物をよけるという体験からスタートしました。白杖により何か障害物はあるのはわかるけど、どのようにしたら良いのかわからない・・・とても不安な気持ちになりましたが、ガイドの方の指示により、障害物を避けることができました。相手を信頼するという大切さをあたらめて感じました。

IMG_3547.jpg

次はアイマスクを装着し、お互い手を繋ぎ円陣を組み、コーチの言う事と同じ言葉を言い、同じ事をする「言う事一緒、する事一緒」ゲーム、「言う事一緒、する事反対」ゲーム、「言う事反対、する事一緒」ゲームを行いました。これは認知症予防にも効果があるようで、とても頭を使いました。
また、同様に円陣を組んだまま、一人王様を決め、鬼が王様を捕まえると言ったゲームも行いました。皆で鬼に王様が捕まらないように右、左と掛け声をかけながら円陣を左右に回します。このゲームではチームの一体感が生まれました。鬼はかなりしんどい思いをします(3回やりましたが王様を捕まえる事はできませんでした)
相手に思いやりを持つ、相手を信頼すると言った内容がメインだったので企業研修にも役にたつのではないかと感じました。

ウォーミングアップが終了したらいよいよボールを使用した練習です。片方がアイマスクを装着し、パスを出す、またはパスを受けると言った練習ののち、PK、シュート練習を行いました。

IMG_3551.jpg
ドリブルの練習風景


PK練習.jpg
PKの練習風景


IMG_3628.jpg
パスを受けてからのシュート練習です!


一通りの練習が終了したのちはいよいよ試合です。2名がペアとなり、1名はアイマスクを装着(選手)し、もう1名はガイド役として選手に指示を出します。キーパーを含めて3対3の試合ですが、ガイドの方を含めるとフィールド上には1チーム5名が立っています。実際に試合をしてみると、自分が今どこに立っているのか、ボールはどこにあるのか、ゴールはどの方向にあるのかわからなくなり、ガイドの方の指示がとても頼りになりました。結局試合は0対0の引き分けでしたが、やっぱり試合となると白熱しますね!燃えました!


今回ご協力いただいた岡山デビルバスターズのユニフォームはマスカットをイメージしています。名前の由来は桃太郎の鬼退治にちなんで監督の安藤さんが考案しました。
監督の安藤さんは根っからのサッカー好きですが、中学校の時にサッカーボールが目にあたり、右目の視力を失いました。約10年前に東京にブラインドサッカーチームがあることを知り加入し、自らの技術を磨きました。指導資格も取得し、2013年弱視クラスの日本代表監督として指揮をとられた方で、岡山県内からも日本代表選手を輩出したいと意気込んでおられます。
チーム主将の幸田さんは交通事故により高次機能障害により左手足や視界の一部に障害が残りましたが安藤さんの活動を知ってチームに参加しています。人柄の良い方で、常にチームのムードメーカーとして盛り立てています。


この岡山デビルバスターズですが、よいよ今週末(11月6日)に西日本リーグにて公式戦デビューを迎えます。http://www.b-soccer.jp/9889/news/pr161029nishinihonleague2.html

今回のリーグ戦を皮切りに、2020年に開催される東京パラリンピックにぜひ日本代表として岡山から選手を輩出していただきたいと思います!!

この岡山デビルバスターズの活動についてかFacebookページにてご覧いただけます。
https://www.facebook.com/devilbusters.okayama/

また、岡山デビルバスターズでは公式戦等に参戦するために資金が必要です。ぜひ皆さんの手でこのブラインドサッカーチーム「岡山デビルマスターズ」を応援し、岡山を盛り上げていきましょう!!

IMG_3638.jpg


デビルバスターズの皆さん、参加者の皆さんありがとうございました!

-----------------------------------------------------
みんつくの日を一緒に盛り上げましょう!!
つなぐ、つたえる、シェアをする
みんなでつくる財団おかやま
-----------------------------------------------------
| 次へ