CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年10月21日

【告知】11月share会議 第14期割り勘で夢をかなえよう!事業指定助成プログラム 公開プレゼン

公益財団法人みんなでつくる財団おかやまでは、
「Share会議」 と称し、
19日に地域の課題を発信・発見する場を提供しています。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 11月のShare会議は、『第14期 割り勘で夢をかなえよう!事業指定助成プログラム』の審査会(公開プレゼン)をおこないます。

 本日公開予定の第14期割り勘事業は、11月8日まで応募を受け付けます。
 その応募団体の審査会(公開プレゼン)を、以下の日程で開催予定です。

 ※なお第14期割り勘事業に関しての詳細は、決まり次第HPおよびブログにて紹介していきます※



【概要】
日 時 : 2019年11月19日(火曜日) 18:30開始

場 所 : みんなでつくる財団おかやま 事務所
      岡山市北区奉還町3丁目15-8

内 容 : ・みんつくの紹介
      ・応募団体の事業紹介(プレゼン)
      ・質疑応答
      ・審査実施

presentation_pc_woman2.png


こんな方にオススメ
・地域のために何かしたいと思っている方
・みんつくに興味のある方



などなど
少しでも興味のある方はお気軽にご参加ください!!


申し込み、お問い合わせなどはこちらまで。
-----------------------------------------------------
メール:info@mintuku.jp
電話(直通):086-239-0329

つなぐ、つたえる、シェアをする
みんなでつくる財団おかやま
-----------------------------------------------------


2019年08月20日

【報告】8月Share会議は、奨学生との交流会を開催しました

公益財団法人みんなでつくる財団おかやまでは、
「Share会議」 と称し、
19日に地域の課題を発信・発見する場を提供しています。




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 8月のShare会議は、「福祉人材育成奨学金」の奨学生との交流会を開催しました。

<<開催概要>>
 日時:8月18日(日)14:00〜
 場所:ゆうあいセンター大会議室3
    (岡山市北区南方2−13−1)

  ※当初、事務所の予定でしたが変更となりました。


 当日の交流会には、今年度の福祉人材育成奨学金の奨学生2名、当財団の冠基金の「福祉人材育成基金」の採択団体である『しょくにんたち』の代表者、支援者の方、そしてこの交流会に関心のある方に参加いただきました。
IMG_1417.JPG

 まず社会人から順に自己紹介を行い、最後にこの春から福祉について学んでいる学生に、近況や関心のあることを発表してもらいました。
 春から今までの様子について、「福祉分野の勉強って大変でしょう?と言われるんですが、毎日が新鮮です」「すでに実習に出て、そこでの体験が印象に残り、この道に進んでいこうという気持ちが強まりました」といった、充実した日々について話してくださいました。


 その後、『しょくにんたち』の活動についてお話をいただいたり、子ども達が進路を決めるにあたってどんなことが大切なのか…といったことなど、多岐にわたって意見の交換をおこなうことが出来ました。





 みんなでつくる財団おかやまでは、このようにさまざまなイベントに参加するきっかけも提供しています。
 興味のあるイベントの際には、ぜひお気軽にご連絡・ご参加ください。

-------------------------------------------
メール:info@mintuku.jp
電話(直通):086-239-0329

つなぐ、つたえる、シェアをする
みんなでつくる財団おかやま
-------------------------------------------


2019年08月06日

【告知】8月Share会議は、奨学生との交流会を開催します

公益財団法人みんなでつくる財団おかやまでは、
「Share会議」 と称し、
19日に地域の課題を発信・発見する場を提供しています。




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 8月のShare会議は、「福祉人材育成奨学金」の奨学生との交流会を開催します。

 ≫≫「福祉人材育成奨学金」とは?→→★★


 ※なおこちらの交流会は、必ず事前の申し込みをお願いいたします※


 <<開催概要>>
 日時:8月18日(日)14:00〜
 場所:ゆうあいセンター大会議室3
    (岡山市北区南方2−13−1)

  ※当初、事務所の予定でしたが変更となりました。


 〜こんな方にオススメ〜

・福祉系で学ぶ学生の声を聴いてみたい
・福祉人材育成奨学金のことを知りたい
・みんつくに興味のある方

 …など、少しでも興味のある方はお気軽にご参加ください。



-----------------------------------------------------
メール:info@mintuku.jp
電話(直通):086-239-0329

つなぐ、つたえる、シェアをする
みんなでつくる財団おかやま
-------------------------------------------


2019年07月05日

【告知】7月Share会議「ももたろう基金個別相談会@まびシェア」

公益財団法人みんなでつくる財団おかやまでは、
「Share会議」 と称し、
19日に地域の課題を発信・発見する場を提供しています。




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 7月のShare会議は、「ももたろう基金個別相談会@まびシェア」と題して、
個別相談会を開催します。

 現在、岡山県内の西日本豪雨の被災者支援事業に対する助成基金の「ももたろう基金」では、第9次、第10次、第11次(緊急助成・子ども支援)の助成団体の募集をしております。
 多くの団体の方に問い合わせをいただいていますので、真備にて個別相談会を以下の通り開催します。


 【開催概要】 
 日時:令和元年7月19日(金)
    14:30〜17:00
 場所:まびシェア(倉敷市真備町有井94番地 備南観光開発ビルA-205)


 1団体につき30分を目安に個別相談を行います。
 相談は、必ずメールまたは電話にて事前予約の上お願いいたします。

  >電話番号:086-239-0329
  >メール:info@mintuku.jp

 募集要項等はももたろう基金のホームページをご覧ください。




-----------------------------------------------------
つなぐ、つたえる、シェアをする
みんなでつくる財団おかやま
-----------------------------------------------------

2019年06月20日

【報告】6月 Share会議 第13期割り勘事業「不登校 日中活動支援事業Mikatana」事業説明会

 

公益財団法人みんなでつくる財団おかやまでは、
「Share会議」 と称し、
19日に地域の課題を発信・発見する場を提供しています。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


 6月のShare会議は、第13期割り勘事業『不登校 日中活動支援事業 Mikatana(ミカタナ)』事業説明会をおこないました。

 【実施概要】
 開催日時:令和元年6月19日(水)19:00〜
 場所:みんなでつくる財団おかやま 事務所
 参加者:6名

 ・一般社団法人WOLFINGの事業紹介
 ・質疑応答



 一般社団法人WOLFINGの代表理事である中西さんは、瀬戸内市で不登校の児童生徒の居場所づくりに取り組まれています。
 いまは瀬戸内市内の古民家を自身の手で改修されているそうです。その作業をはじめ、今後は一緒に子どもたちのことに取り組んでくれる仲間を集めたいと仰っていました。

 その場所を活用して、子どもたちの学習支援のほかに、プログラミングなどのITに関する技能も取り入れながら、安心して過ごせる居場所を作りたいという思いをお話しいただきました。引き続いての質疑応答も活発に行われました。



 みんつくでは、このような活動の発表やそれを通じた仲間集めの機会を、毎月9のつく日(9日、19日、29日)を中心に企画しています。
 今後もブログ・FBでイベントを告知してまいりますので、
 ・地域のために何かしたいと思っている方
 ・一緒に活動する仲間を集めたい方
 ・みんつくに興味のある方
 …など、少しでも興味のある方はお気軽にご参加ください。

2019年06月17日

【告知】6月 Share会議 第13期割り勘事業「不登校 日中活動支援事業Mikatana」事業説明会

公益財団法人みんなでつくる財団おかやまでは、
「Share会議」 と称し、
19日に地域の課題を発信・発見する場を提供しています。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


 6月のShare会議は、第13期割り勘事業『不登校 日中活動支援事業 Mikatana(ミカタナ)』事業説明会をおこないます。


 一般社団法人 WOLFING(ウルフィン)は、瀬戸内市牛窓町を中心に、不登校や障がい、引きもこり等で生き辛さを抱える子どもたちや若者に対し、安心できる居場所の提供と、生活や学習の支援をおこなうことを目的としています。

 今回はその居場所作りのための資金と、ともに活動してくれる仲間集めのために、割り勘事業に挑戦することになりました。

 その活動の輪を広げるための場として、下記のとおり事業説明会(審査会)を開催いたします。


【実施概要】
 開催日時:令和元年6月19日(水)19:00〜
 場所:みんなでつくる財団おかやま 事務所 (岡山市北区奉還町3-15-8)
 参加費:無料(任意で寄付)

 ・みんつくの紹介
 ・一般社団法人WOLFINGの事業紹介
 ・質疑応答
 ・感想共有
 ・交流会



 こんな方にオススメ
 ・地域のために何かしたいと思っている方
 ・不登校や引きこもりの支援に関心のある方
 ・一般社団法人WOLFINGに興味のある方、協力したい方
 ・みんつくに興味のある方

 など、少しでも興味のある方はお気軽にご参加ください。
 申し込みは 電話またはメールで お願いします。




-----------------------------------------------------
メール:info@mintuku.jp
電話(直通):086-239-0329

つなぐ、つたえる、シェアをする
みんなでつくる財団おかやま
-----------------------------------------------------

2019年05月21日

【報告】エネルギーについて考えよう 〜柏木孝夫先生の講演会に参加しました

(公財)みんなでつくる財団おかやまでは、「share会議」と称し、地域の課題を発信・発見する場を提供しています。

5月のShare会議として、ひまわりチャリティー主催のセミナーに参加しました。



〜 概要 〜
ひまわりチャリティー 第1回講演会 どうする日本のエネルギー

*日 時  2019年5月18日(土)14:00〜15:00
*場 所  両備ビル2F(岡山市北区錦町6-1)
参加者   15名 (うち4名みんつく経由)

講  師  東京工業大学特命教授・名誉教授 柏 木 孝 夫 氏



再生エネルギーの制度概要や

CO2排出権のこと

今後のエネルギー事情など

エネルギー関連の話を分かりやすくそして楽しく

お聞かせいただきました。


IMG_2665.JPG

特に驚いた質問は、


「富士山をカップにした時、今、発見されている世界の石油の埋蔵量は?」


みなさんどれくらいだと思いますか。


なんと1杯にも満たないそうです。(0.8杯分くらい)


日本は人口減少ですが、世界が人口増加していく中で

あらためて、エネルギーの今後を考えなくては

いけないと思いました。


太陽光発電や風力、

自宅で発電する仕組みも増えていますが、

日常生活のエネルギー消費にはバラつきがあるので

蓄電が非常に重要になります。

将来、電気自動車に逐電して家の電力をまかなうって

こともあるかもしれません。


それぞれの未来の暮らし方を考える機会となりました。


IMG_2664.JPG

-------------------------------------------------
メール:info@mintuku.jp
電話(直通):086-239-0329
つなぐ、つたえる、シェアをする
みんなでつくる財団おかやま
--------------------------------------------------

2019年05月17日

【告知】5月Share会議「エネルギーについて考えよう 〜柏木孝夫先生の講演会に参加してみよう〜」

(公財)みんなでつくる財団おかやまでは、「share会議」と称し、地域の課題を発信・発見する場を提供しています。
※通常19日に開催ですが、今回は18日開催になります。

 今月のShare会議は、エネルギーについて考えます。
DV被害者の自立支援への寄付を行うひまわりチャリティー主催の
講演会に参加させていただきます。
※みんつく主催行事ではありません、参加者としてまぜていただきます。

〜 概要 〜
ひまわりチャリティー 第1回講演会
どうする日本のエネルギー

*日 時  2019年5月18日(土)14:00〜15:00
*場 所  両備ビル2F(岡山市北区錦町6-1)
*参加費  500円

高度な経済発展を遂げている日本
それを支えるエネルギーの未来は? 
子どもたちの未来を
一緒に考えてみませんか?

講  師
東京工業大学特命教授・名誉教授
柏 木 孝 夫 氏

■ プロフィール
1946年生まれ。70年、東京工業大学工学部生産機械工学科卒。79年、博士号取得。1980〜81年、米商務省NBS招聘研究員、東京工業大学工学部助教授、東京農工大学大学院教授を経て、2007年より東京工業大学大学院教授、2009年より先進エネルギー国際研究センター長、2012年より特命教授・名誉教授。2011年より、コージェネ財団理事長。2018年より、内閣府戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)第2期エネルギー・環境分野プログラムディレクターに就任。現在、経済産業省 総合資源エネルギー調査会基本政策分科会委員、内閣府 エネルギー・環境イノベーション戦略推進WG座長などを歴任。長年、国のエネルギー政策づくりに深く関わる。2017年、エネルギー・環境分野で最も権威のある国際賞「The Georg Alefeld Memorial Award」をアジアで初めて受賞。おもな著書に「超スマートエネルギー社会5.0」、「スマート革命」、「エネルギー革命」、「コージェネ革命」など。

主 催 : ひまわりチャリティー ・ 一般財団法人 サンフラワー基金(http://sunflower-f.or.jp)

経費を支払った後の剰余金はDV被害者の自立支援を行っている(一財)サンフラワー基金に寄付させて頂きます。

〜こんな方にオススメ〜
・エネルギーに興味のある方、協力したい方
・福祉に関心のある方
・みんつくに興味のある方
などなど
少しでも興味のある方はお気軽にご参加ください。

申し込み方法:
 申し込みはみんつくまででOKです、まとめてお伝えします。
申し込みは、イベントページ参加を押すかみんつく事務局に連絡をください。
みんつく(石田)が人数まとめて、ひまわりチャリティーに伝えます。



-----------------------------------------------------
メール:info@mintuku.jp
電話(直通):086-239-0329

つなぐ、つたえる、シェアをする
みんなでつくる財団おかやま
-----------------------------------------------------

2019年04月16日

【報告】4月Share会議「ダウン症のある家族会を知ろう」

公益財団法人みんなでつくる財団おかやまでは、
「Share会議」 と称し、
毎月19日頃に地域の課題を発信・発見する場を提供しています

4月16日(火)に当財団事務所にて開催しましたので、その様子をご報告します。

* * * * * * * * * * * * * * * * * *


4月のShare会議は「ダウン症のある家族会を知ろう」と題して、JDS(日本ダウン症協会)岡山支部の活動紹介をしていただきました。


※JDS(日本ダウン症協会)岡山支部について※

 岡山県全域を対象にした、ダウン症のある本人、家族の為の会です。
・乳幼児、学童、青年、成人、成長に合わせた多様な行事を開催
・学習会・地域交流の開催
・出産前・出産後・成長についての相談・支援活動


まず、ダウン症協会の組織についての説明が有り、具体的な活動内容についてお話しいただきました。

ダウン症協会では、「出生前検査」によって赤ちゃんに何らかの障害があるかもしれないとわかった妊娠時から、出生後の成長を見守る家族へのピアサポート、そして会員間の親睦を図ることを目的としています。
過去には、非会員の方でも気軽に相談できるイベントを開催し、大きな反響があったということです。
IMG_8557.JPG


IMG_8558.JPG

今回はさらに踏み込んで、ダウン症のお子さん特有の体質や、必要な配慮についてもお話しいただきました。

筋肉の発達が弱いため、頸椎を傷める恐れが高いこと。そのため、毎年一度は必ず頸椎の検査を受ける必要があるそうです。
また、舌に厚みがある為に言葉の発音が難しいこと。うまく喋れないのは知的なものではなく、舌の機能の問題であることを初めて知りました。
そのために咀嚼が苦手で丸呑みをしてしまいがちで、成長期に太りやすくなってしまうことなど…。

このようにさまざまな身体的な問題を解消するために、早い段階で専門家による指導を受けることが欠かせないそうですが、このようなピアサポートの団体があることへの認知がまだ低いそうです。
県内の医療機関のほか、自治体の保健師など母子健康に関わる人との連携を取りながら、
『潜在的にサポートを必要としている人のところに、
          いかに情報を届け、支援につなげるか』
これが今一番の課題です…とお話し下さいました。


今回はダウン症という障害について、当事者家族と支援者の、両方の立場からのお話を聞くことが出来ました。
なかなか生の声を聴く機会が無いので、大変貴重な機会になりました。




今回特に印象に残ったのは、『必要な人に、いかに情報を届けるか』という言葉です。
これはは私たちにとっても非常に大きな課題です。今までのさまざまな活動の中でも、何度も同じような声を耳にしました。

この共通する課題を、いろんな人が集まることで思いがけない形で繋がり、解決に結びつけることができるかもしれません。

今後も、様々なテーマで「Share会議」を開催していく予定です。
ぜひ皆様にも参加いただき、それぞれが持つ共通の課題解決のきっかけにしていただければと考えています。







2019年04月09日

2019年4月Share会議「ダウン症のある家族会を知ろう」

公益財団法人みんなでつくる財団おかやまでは、
「Share会議」 と称し、
毎月19日頃に地域の課題を発信・発見する場を提供しています
今月は、16日に開催します!

4月のShare会議は「ダウン症のある家族会を知ろう」
JDS(日本ダウン症協会)岡山支部 の活動紹介をします。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
JDS(日本ダウン症協会)岡山支部について

 岡山県全域を対象にした、ダウン症のある本人、家族の為の会です。
・乳幼児、学童、青年、成人、成長に合わせた多様な行事を開催
・学習会・地域交流の開催
・出産前・出産後・成長についての相談・支援活動

などを中心に、岡山県内で活動をしている団体です。

 今回は、今年度に取り組む予定の行事を紹介しながら、その活動内容について紹介していただきます。

【実施概要】
開催日時:平成31年4月16日(火)11:00〜12:00
場所:みんなでつくる財団おかやま 事務所 
(〒700-0026 岡山市北区奉還町三丁目15-8 奉還町第一ビル第11号)
参加費:無料(任意で寄付)

こんな方にオススメ
・ダウン症について興味のある方、協力したい方
・障がい者、障がい児福祉に関心のある方
・地域のために何かしたいと思っている方
・みんつくに興味のある方

などなど
少しでも興味のある方はお気軽にご参加ください!!

申し込み方法:
参加するボタンをポチッとするか下記よりお申し込みください。
https://forms.gle/KJYTXPme9mb2wL8s5
確認後、事務局よりご連絡いたします。

-----------------------------------------------------
メール:info@mintuku.jp
電話(直通):086-239-0329

つなぐ、つたえる、シェアをする
みんなでつくる財団おかやま
-----------------------------------------------------