CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2018年05月30日

【報告】5月ツクる日share会議 ハンセン病療養所に関する取り組み「ゆいの会活動紹介」です!

(公財)みんなでつくる財団おかやまでは、
「Share会議」 と称し、地域の課題を発信・発見する場を提供しています。

5月29日は国際交流センターにて
『ハンセン病療養所に関する取り組み「ゆいの会活動紹介」』を行いました。

【概要】
日時:平成30年5月29日(水)19:00〜20:30
場所:国際交流センター3階研修室
参加者:7名

今回のshare会議は、第12期割り勘事業を検討しているゆいの会の発表でした。
ゆいの会は、ハンセン病療養所の入所者との交流や、ハンセン病問題の普及啓発を行うボランティア団体です。
長島にある歴史観案内ボランティア、入所者との交流ボランティアを養成するため年1回養成講座を実施し、人材育成を行っているほか、ハンセン病療養所世界遺産登録運動に向けて十坪住宅の保存活動をはじめています。

本日は
・ハンセン病問題とは何か
・ゆいの会の活動ミッション、ビジョン
・十坪住宅を保存する意義

この3つの視点から弁護士の則武先生よりお話していただきました。
特に十坪住宅とゆいの会の活動について下記の通りまとめました。

みんつくの紹介.jpg
大山代表あいさつとみんつくの紹介

十坪住宅は愛生園初代園長の「十坪住宅運動」によって建築された建物です。背景として長島愛生園は国立療養所第1号ということで、当初から定員を無視してハンセン病患者を収容しました。住居建物の観点から収容可能にしたのがこの十坪住宅です。
この建築費用は「愛国献金」という名称で民間の寄付を募り、1棟500円で患者自らの手で建てられてました。
昭和7年5月に第1号が建設され、昭和19年までに143棟が建設されましたが、その後の老朽化により現在は5棟のみが残っていますがいつ崩壊してもおかしくない状態にあります。

則武先生の発表.jpg
則武先生による活動発表

ゆいの会では
@人権遺産(負の遺産)・・・強制隔離政策の象徴的な建物(原爆ドーム、アウシュビッツ強制収容所)と同じ意味を持つ建物)
A入所者の生の証・・・強制隔離の下でも、入所者自らの手で住宅を増築するなどして改善を加え、生きてきた証の側面を保存する意義として定義し、保存活動を行っています。

発表ののち、大学生やすでにこのハンセン病問題について長島で活動されている人など、参加者との意見交換を行いました。
明確に数値として表現した方がいい部分や深掘りの必要な部分、明確にした方がいい課題など様々な意見交換を行いましたが、とても白熱した内容となり、素晴らしい意見交換ができたと思います。

意見交換.jpg
意見交換会の様子

参加者の皆様、ゆいの会の則武先生、小野先生ありがとうございました。


(公財)みんなでつくる財団おかやま

2018年04月20日

【報告】4月share会議「美作大学 里親・里子支援サークル活動説明会」開催しました!

公益財団法人みんなでつくる財団おかやまでは、
「Share会議」 と称し、
19日に地域の課題を発信・発見する場を提供しています。

4月19日は津山市の美作大学で美作大学里親・里子支援サークルの活動
説明会を開催しました。

【概要】
日時:平成30年4月19日(木)18:30〜20:30
場所:美作大学525講義室
参加者:35名

里親・里子支援サークルは第9期割り勘実施団体(H28年度実施)です。
今回は4月より仲間となった1年生のオリエンテーションも兼ねつつ、今後のサークル活動の
目的と共通の意識を持ってもらうためにshare会議を開催しました。
この日は1年生19名のほか、2,3年生の上級生、そして一般の参加者2名にもご参加いただきました。

30726903_2070411993240113_5671184399433990144_n.jpg
今までの活動の紹介を野木くんと前田さんから発表し、その後ワークを行いました。

ワークでは「サークルに入った理由」、「発表を聞いた感想」、「サークルで顧問の有岡先生を交えた勉強会をする是非」、「勉強会を楽しくする工夫」を話し合いました。上回生は新入生がサークルに興味を持った理由が、新入生は先輩がサークルにどんな思いを持っているか知ることができ、活動を続けるために重要な目標の共有ができていました。
30738145_2070405276574118_623247776678936576_n.jpg
 勉強会については賛成の意見が大半でしたが、先生への負担を心配する声も出ており、より良い勉強会の形を考えるのが今後の課題となりました。
30710108_2070429026571743_4598852523002953728_n.jpg

30741863_2070428829905096_1743818234697613312_n.jpg
ワークの後は、参加された一般の方の感想の共有と、みんつくの理事でもある美作大学の堀川涼子先生の活動「じ・ば・子のおうち」(津山市城東地区で実施している多世代交流事業。詳しくはこちらを!→https://jibako.localinfo.jp/)の紹介をしました。今年から津山に単身赴任されてきた方からは「こんな素晴らしい活動をしている学生と知り合えただけで津山に来た甲斐があった」という嬉しい声をいただきました!

今回の活動で、今までの活動の整理と新入生のサークルへの思いが確認できたのではないかと思います。美作大学里親里子支援サークルの皆さん、参加者の皆さん、お疲れ様でした!ありがとうございました!

次回は29日ツクる日!
倉敷市玉島の海岸で「瀬戸内海の生態調査」を予定しています。
みなさんのご参加お待ちしております!
出欠はこちらから!

2018年04月06日

【告知】4月share会議「美作大学 里親・里子支援サークル活動説明会」

公益財団法人みんなでつくる財団おかやまでは、
「Share会議」 と称し、
19日に地域の課題を発信・発見する場を提供しています。

4月のShare会議は
美作大学 里親・里子支援サークル活動説明会です。

〜〜美作大学 里親・里子支援サークルのご紹介〜〜
里親の需要が全国的に増加しているにもかかわらず、里親・里子家庭に対する支援が不足している現状があります。
そのような中で、美作大学里親・里子支援サークルは日本でも数少ない学生の里親・里子支援団体で、交流会の開催やレスパイト(里親の休養)支援、市民への啓発活動、また様々な専門家とのネットワークの構築を目指して里親・里子が暮らしやすい社会を目指して活動しています。

2016年度にはみんつくの第9期「割り勘で夢をかなえよう!」事業指定助成プログラムを利用し、地域版クラウドファンディングを行いました。

今回は、美作大学にて里親・里子支援サークルの2018年度の活動説明会をいたします!

【実施概要】
開催日時:平成30年4月19日(木)18:30〜20:30
場所:美作大学 5号館2階 525号室(〒708-8511 岡山県津山市北園町50) 
参加費:無料(任意で寄付)

・みんつくの紹介
・美作大学里親里子支援サークルの活動紹介
・グループワーク


こんな方にオススメ
・美作大学里親・里子支援サークルに興味のある方、協力したい方
・里親制度や児童福祉に関心のある方
・地域のために何かしたいと思っている方
・みんつくに興味のある方

などなど
少しでも興味のある方はお気軽にご参加ください!!

申し込み方法:下記よりお申し込みください。
https://goo.gl/forms/ckotf2aSmZsCWoLy2
確認後、事務局よりご連絡いたします。

-----------------------------------------------------
メール:info@mintuku.jp
電話(直通):086-239-0329

つなぐ、つたえる、シェアをする
みんなでつくる財団おかやま
-----------------------------------------------------

2018年03月01日

【報告】2月share会議 第11期割り勘事業 ともに生き活き(いきいき)カラフル保育事業説明会開催しました! 

公益財団法人みんなでつくる財団おかやまでは、
「Share会議」 と称し、
19日に地域の課題を発信・発見する場を提供しています。

2月のShare会議は
第11期割り勘事業『共に生き活き(いきいき)カラフル保育事業〜高梁市に誰でも利用できる一時保育を〜』事業説明会@倉敷を開催しました!

NPO法人colorは、高梁市にて、児童発達支援、放課後等デイサービス、保育所等訪問事業などの活動をしています。
しょうがいの有無にかかわらず、さまざまな子どもたちが集い、地域の方々と子育て支援を通じて交流することで現在は、子どもの社会力を育む多様な受け入れ態勢のある事業(一時預かり保育事業)を実施するために、資金集めすると同時に、協力してくれる『仲間』集めをしていました。

【実施概要】
開催日時:平成30年2月19日(月)19:00〜20:30
場所:倉敷物語館 会議室(〒710-0055 岡山県倉敷市阿知2-23-18)
参加者:5名

今回は以前に割り勘事業を使って「ひとりじゃないよ Vol.2」を出版した特例認定NPO法人の代表理事安藤さんと倉敷でこどもの居場所づくりをしている(一社)子どもソーシャルワークセンターの藤澤くんにきていただき、colorの事業内容の説明を受けたあと、この割り勘事業を行ったことにより得られた効果やこれからのことについて座談会を行いました。

IMG_2496.jpg

実施をして見て仲間が増えたこと、たくさんの方々に知っていただけたことなどや今後どのような活動をして行ったらいいかなど深い部分にまで踏み込んだ意見交換がされました。
第11期実施団体のNPO法人colorも2月28日で見事目標金額を達成しましたがこれからの活動のためにいい情報交換ができたのではと思います。

IMG_2500.jpg

参加いただいた皆さんありがとうございました!

みんつくではイベントにご協力いただけるボランティアを募集しています!
興味のある方はお気軽にご連絡ください!
info@mintuku.jp 086-239-0329


2018年01月25日

【告知】2月share会議 第11期割り勘事業 ともに生き活き(いきいき)カラフル保育事業説明会

公益財団法人みんなでつくる財団おかやまでは、
「Share会議」 と称し、
19日に地域の課題を発信・発見する場を提供しています。

2月のShare会議は
第11期割り勘事業『共に生き活き(いきいき)カラフル保育事業〜高梁市に誰でも利用できる一時保育を〜』
事業説明会@倉敷です。

NPO法人colorは、高梁市にて、児童発達支援、放課後等デイサービス、保育所等訪問事業などの活動をしています。
しょうがいの有無にかかわらず、さまざまな子どもたちが集い、地域の方々と子育て支援を通じて交流することで現在は、子どもの社会力を育む多様な受け入れ態勢のある事業(一時預かり保育事業)を実施するために、資金集めすると同時に、協力してくれる『仲間』集めをしています。

プロジェクトの詳細はこちら
https://motion-gallery.net/projects/color

今回は高梁市以外の方にも集まっていただき、情報を共有し、同業の方たちとの意見交換をしたり活動の輪を拡げたりしようというコンセプトにて、
下記の通り事業説明会を開催いたします!

【実施概要】
開催日時:平成30年2月19日(月)19:00〜20:30
場所:倉敷物語館 会議室(〒710-0055 岡山県倉敷市阿知2-23-18)
参加費:無料(任意で寄付)

★・みんつくの紹介
・NPO法人colorの事業紹介
・質疑応答
・感想共有


こんな方にオススメ
・地域のために何かしたいと思っている方
・NPO法人colorに興味のある方、協力したい方
・みんつくに興味のある方
・倉敷物語館に関心のある方

などなど
少しでも興味のある方はお気軽にご参加ください!!

申し込み方法:Facebookページより参加ボタンをポチッとクリック
するか、(https://www.facebook.com/events/552934068375904/
こちらよりお申し込みください!
https://goo.gl/forms/Lvq9EwcGBPcT9C0C3
電話、メールでの参加申込も可能です!

団体のフェイスブックページはこちら!
https://www.facebook.com/NPO%E6%B3%95%E4%BA%BA-color-985402984866680/

-----------------------------------------------------
メール:info@mintuku.jp
電話(直通):086-239-0329

つなぐ、つたえる、シェアをする
みんなでつくる財団おかやま
-----------------------------------------------------

2018年01月19日

【報告】1月share会議開催しました!

公益財団法人みんなでつくる財団おかやまでは、
「Share会議」 と称し、
19日に地域の課題を発信・発見する場を提供しています。

2018年1月のShare会議は
『共に生き活き(いきいき)カラフル保育事業〜高梁市に誰でも利用できる一時保育を〜』
NPO法人colorの割り勘事業説明会でした。

180119share会議.jpg


【実施概要】
開催日時:平成30年1月19日(金) 10:00〜11:45
場所:高梁市立図書館4階多目的室(〒716-0039 岡山県高梁市旭町1306)
参加者:32名
実施内容
・みんつくの紹介
・NPO法人colorの事業紹介
・質疑応答
・質問および協力できることの共有


高梁市では現在スクラム作戦といってサポートが必要な子どもたちを横断的にサポートできるように、様々なステークホルダーの方々が連携しネットワークを構築しています。
 より一層の子育て環境の充実のためにNPO法人colorはしょうがいの有無にかかわらず、さまざまな子どもたちが集い、地域の方々と子育て支援を通じて、交流することで子どもの社会力を育む多様な受け入れ態勢のある事業(一時預かり事業)を実施するため、資金集めともに協力してくれる『仲間』集めとして、share会議を開催しました。
https://motion-gallery.net/projects/color


180119sharecolor.JPG


参加者のうち9名は市議会議員さん、そしてファミサポ会員の方や現在子育て中のお母さんたちなど、多岐に渡りご参加いただきました。

ワークでは4グループに分かれていただき、それぞれの質問の共有や自分で協力できることは何かの意見出しをしていただき、全体で共有させていただきました。
現在の市の子育ての状況やcolorの活動内容や、実施事業をするにあたり疑問に思うことなど、それぞれの立場、そして視点からご意見の他、自分ごとと捉えてもらうために協力できることは何かについてもご意見いただきました。大勢の方々から非常に有益なご意見をいただいたり、今後協力していただけるご提案をいただくことができました。


今回の様子はキビケーブルテレビにて20日18:00から、ニューストピックスとして放映されますので是非ご覧ください!



つなぐ、つたえる、シェアをする
みんなでつくる財団おかやま

2017年12月22日

【告知】新年初share会議!NPO法人colorの事業説明を高梁市立図書館にて行います!

公益財団法人みんなでつくる財団おかやまでは、
「Share会議」 と称し、
19日に地域の課題を発信・発見する場を提供しています。

2018年1月のShare会議は
『共に生き活き(いきいき)カラフル保育事業�〜高梁市に誰でも利用できる一時保育を〜』
NPO法人colorの割り勘事業説明会!!です。


今回のプロジェクトはしょうがいの有無にかかわらず、さまざまな子どもたちが集い、地域の方々と子育て支援を通じて、交流することで子どもの社会力を育む多様な受け入れ態勢のある事業(一時預かり事業)を実施するための資金集めと協力してくれる『仲間』集めです。
プロジェクトの詳細はこちら
https://motion-gallery.net/projects/color

 このプロジェクト説明会を下記の通り開催いたします。
colorの活動を知る、そして高梁市の地域を知るきっかけとしてご参加ください!

【実施概要】
開催日時:平成30年1月19日(金) 10:00〜11:45
場所:高梁市立図書館4階多目的室(〒716-0039 岡山県高梁市旭町1306)

・みんつくの紹介
・NPO法人colorの事業紹介
・質疑応答
・感想共有

参加費:無料(任意で寄付)

こんな方にオススメ
・高梁市にお住いの方
・地域のために何かしたいと思っている方
・NPO法人colorに興味のある方、協力したい方
・みんつくに興味のある方
・高梁市立図書館に関心のある方

などなど
少しでも興味のある方はお気軽にご参加ください!!


申し込み方法:Facebookページより参加ボタンをポチッとクリック
するか、電話、メールでの参加申込も可能です!
フェイスブックページはこちら!
https://www.facebook.com/events/168072150591922/


メール:info@mintuku.jp
電話(直通):086-239-0329

つなぐ、つたえる、シェアをする
みんなでつくる財団おかやま

2017年12月04日

【報告】募金箱を作ろう in パピママ祭り!

公益財団法人みんなでつくる財団おかやまでは、「Share会議」と称し、19日に地域の課題を発信・発見する場を提供しています。


今回のShare会議は、岡山子育て応援フェスタ実行委員会(岡山子育て応援団Papymama /LaLa Okayama)が主催で行うパピママまつりに参加しました。

IMG_1825.jpg



〈実施概要〉
日時:平成29年11月19日(日)10:00〜14:00
場所:倉敷文芸館 広場

今回のイベントでは、子どもたちへの寄付文化醸成事業の一つとして、イベントに参加してくれた子どもたちとともにどこでも使える募金箱を作成するとともに、12月20日に開催する「お金と寄付の教室」についてのPR活動のために参加しました。


IMG_1828.jpg



1つ目の目的である募金箱作成は、度重なる突風の影響でテントが壊れたり、ガチャガチャとともに机も倒れたりと、安全面に支障をきたすと判断したため勝手ながら中止とさせていただきました。
2つ目の目的である「お金と寄付の教室」のチラシをみんつくインターン生の学生とともに、主に小学生の高学年と一緒に来場している父兄の方々に配布し、寄付に対するご理解とご案内活動を行いました。

イベント自体はスムーズに進められ、特に参加対象年齢が幼稚園〜小学生低学年の子どもづれが多かった印象がありました。
強風により配布資料などが散乱した時、近くの方々には資料を集めていただいたりと、とても暖かいイベントでした。ご協力いただいた皆様、本当にありがとうございました。


さて、12月20日に開催する「お金と寄付の教室」〜お金と寄付の教室は小学生を対象としています。つかう、ためるの他、ふやす、ゆずるという4つの選択肢について、コモンズ投信の方よりわかりやすく説明していただきます。
この機会にぜひご参加ください!
http://blog.canpan.info/mintukuokayama/archive/298

みんつくでは現在イベントの企画、運営を手伝ってくれるボランティアを募集しています。
興味のある方はぜひご連絡ください。

メール:info@mintuku.jp
電話(直通):086-239-0329

2017年10月31日

【報告】Share会議 NPO法人color一時保育事業を行いたい! 開催しました!

公益財団法人みんなでつくる財団おかやまでは、「Share会議」 と称し、地域の課題を発信・発見する場を提供しています。

今回のShare会議は高梁市で活動している「NPO法人color」の現在の活動とこれからの活動について市内の方々に知っていただく機会(share会議)を開催しました。

IMG_1624.jpg

<実施概要>
日時:平成29年10月18日(水)10:00〜12:00
場所:高梁市図書館 4F 多目的室
参加者:19名

IMG_1635.jpg

今回のshare会議は高梁市の図書館で行いました。真新しく、都会的な建物の一角にある会議室にて開催しました。
今回のテーマは「一時預かり事業」です。現在高梁市では子育て世代包括支援センター事業の一環として子どもを個人が預かるファミリーサポートなどの子育て支援事業を行なっていますが、一時預かり場が足りているという状態ではありません。
NPO法人カラーは発達障害児の預かりを行なっていますが、このノウハウを活かし、一時預かり事業を行う予定です。今回はこの事業について現在子育て中のお母さんや高梁市役所の方々にお集まりいただき、この事業の必要性や方向性などについてshare会議を行いました。
今回は厚生労働省から出向で来られている土岐政策監にもご参加いただきました。


IMG_1627.jpg

特に現在子育て真っ最中のお母さん方からは非常に前向きなご意見をいただきました。
改めてこの事業についてブラッシュアップができたのではないかと思います。

参加者の皆さん、ありがとうございました!


+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*

みんつくでは現在イベントの企画、運営を手伝ってくれるボランティアを募集しています。
興味のある方はぜひご連絡ください。

メール:info@mintuku.jp
電話(直通):086-239-0329

+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*

【告知】募金箱を作ろう in パピママ祭り!

公益財団法人みんなでつくる財団おかやまでは、「Share会議」と称し、19日に地域の課題を発信・発見する場を提供しています。

〜〜岡山子育て応援団パピママのご紹介〜〜
岡山子育て応援団パピママとは、『楽しむ』『繋がる』『日本の未来たち』の3つを合言葉に一般の主婦のみで運営が行われており、岡山市・倉敷市を中心に活動している家族サークルです。父母だけでなく祖父母まで活動に参加するので、核家族化が進む現代で忘れかけていたなにかに触れることを大切にしている団体で、以前Share会議で活動報告会を実施しました。

今回のShare会議は、岡山子育て応援フェスタ実行委員会(岡山子育て応援団Papymama /LaLa Okayama)が主催で行うパピママまつりで子どもたちを対象に募金箱作成イベントを行います!


〈実施概要〉
日時:平成29年11月19日(日)10:00〜16:00
場所:倉敷文芸館 広場
雨天決行(規模縮小する場合があります)

\こんな方にオススメ/
・幼稚園・保育園、小学生のお子さんとご家族の方
・岡山子育て応援団パピママに興味のある方
・みんつくに興味のある方
・Share会議に参加してみたい方
などなど、
詳細については
PAPYMAMA(パピママ)
E-Mail:mama@papymama.com
電話:090-9411-1899
HP:http://papymama.com/

パピママおもて.pdf

チラシ裏.pdf


少しでも興味のある方はお気軽にご参加ください!

みんつくでは現在イベントの企画、運営を手伝ってくれるボランティアを募集しています。
興味のある方はぜひご連絡ください。

メール:info@mintuku.jp
電話(直通):086-239-0329