CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«第12期「割り勘で夢をかなえよう!」事業指定助成プログラム 実施団体募集開始!! | Main | 【告知】+1セミナー 〜割り勘ワークブックを読む会〜»
<< 2018年06月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ

【報告】5月ツクる日share会議 ハンセン病療養所に関する取り組み「ゆいの会活動紹介」です! [2018年05月30日(Wed)]
(公財)みんなでつくる財団おかやまでは、
「Share会議」 と称し、地域の課題を発信・発見する場を提供しています。

5月29日は国際交流センターにて
『ハンセン病療養所に関する取り組み「ゆいの会活動紹介」』を行いました。

【概要】
日時:平成30年5月29日(水)19:00〜20:30
場所:国際交流センター3階研修室
参加者:7名

今回のshare会議は、第12期割り勘事業を検討しているゆいの会の発表でした。
ゆいの会は、ハンセン病療養所の入所者との交流や、ハンセン病問題の普及啓発を行うボランティア団体です。
長島にある歴史観案内ボランティア、入所者との交流ボランティアを養成するため年1回養成講座を実施し、人材育成を行っているほか、ハンセン病療養所世界遺産登録運動に向けて十坪住宅の保存活動をはじめています。

本日は
・ハンセン病問題とは何か
・ゆいの会の活動ミッション、ビジョン
・十坪住宅を保存する意義

この3つの視点から弁護士の則武先生よりお話していただきました。
特に十坪住宅とゆいの会の活動について下記の通りまとめました。

みんつくの紹介.jpg
大山代表あいさつとみんつくの紹介

十坪住宅は愛生園初代園長の「十坪住宅運動」によって建築された建物です。背景として長島愛生園は国立療養所第1号ということで、当初から定員を無視してハンセン病患者を収容しました。住居建物の観点から収容可能にしたのがこの十坪住宅です。
この建築費用は「愛国献金」という名称で民間の寄付を募り、1棟500円で患者自らの手で建てられてました。
昭和7年5月に第1号が建設され、昭和19年までに143棟が建設されましたが、その後の老朽化により現在は5棟のみが残っていますがいつ崩壊してもおかしくない状態にあります。

則武先生の発表.jpg
則武先生による活動発表

ゆいの会では
@人権遺産(負の遺産)・・・強制隔離政策の象徴的な建物(原爆ドーム、アウシュビッツ強制収容所)と同じ意味を持つ建物)
A入所者の生の証・・・強制隔離の下でも、入所者自らの手で住宅を増築するなどして改善を加え、生きてきた証の側面を保存する意義として定義し、保存活動を行っています。

発表ののち、大学生やすでにこのハンセン病問題について長島で活動されている人など、参加者との意見交換を行いました。
明確に数値として表現した方がいい部分や深掘りの必要な部分、明確にした方がいい課題など様々な意見交換を行いましたが、とても白熱した内容となり、素晴らしい意見交換ができたと思います。

意見交換.jpg
意見交換会の様子

参加者の皆様、ゆいの会の則武先生、小野先生ありがとうございました。


(公財)みんなでつくる財団おかやま
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/1363012

コメントする
コメント