CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2018年04月20日

【報告】4月share会議「美作大学 里親・里子支援サークル活動説明会」開催しました!

公益財団法人みんなでつくる財団おかやまでは、
「Share会議」 と称し、
19日に地域の課題を発信・発見する場を提供しています。

4月19日は津山市の美作大学で美作大学里親・里子支援サークルの活動
説明会を開催しました。

【概要】
日時:平成30年4月19日(木)18:30〜20:30
場所:美作大学525講義室
参加者:35名

里親・里子支援サークルは第9期割り勘実施団体(H28年度実施)です。
今回は4月より仲間となった1年生のオリエンテーションも兼ねつつ、今後のサークル活動の
目的と共通の意識を持ってもらうためにshare会議を開催しました。
この日は1年生19名のほか、2,3年生の上級生、そして一般の参加者2名にもご参加いただきました。

30726903_2070411993240113_5671184399433990144_n.jpg
今までの活動の紹介を野木くんと前田さんから発表し、その後ワークを行いました。

ワークでは「サークルに入った理由」、「発表を聞いた感想」、「サークルで顧問の有岡先生を交えた勉強会をする是非」、「勉強会を楽しくする工夫」を話し合いました。上回生は新入生がサークルに興味を持った理由が、新入生は先輩がサークルにどんな思いを持っているか知ることができ、活動を続けるために重要な目標の共有ができていました。
30738145_2070405276574118_623247776678936576_n.jpg
 勉強会については賛成の意見が大半でしたが、先生への負担を心配する声も出ており、より良い勉強会の形を考えるのが今後の課題となりました。
30710108_2070429026571743_4598852523002953728_n.jpg

30741863_2070428829905096_1743818234697613312_n.jpg
ワークの後は、参加された一般の方の感想の共有と、みんつくの理事でもある美作大学の堀川涼子先生の活動「じ・ば・子のおうち」(津山市城東地区で実施している多世代交流事業。詳しくはこちらを!→https://jibako.localinfo.jp/)の紹介をしました。今年から津山に単身赴任されてきた方からは「こんな素晴らしい活動をしている学生と知り合えただけで津山に来た甲斐があった」という嬉しい声をいただきました!

今回の活動で、今までの活動の整理と新入生のサークルへの思いが確認できたのではないかと思います。美作大学里親里子支援サークルの皆さん、参加者の皆さん、お疲れ様でした!ありがとうございました!

次回は29日ツクる日!
倉敷市玉島の海岸で「瀬戸内海の生態調査」を予定しています。
みなさんのご参加お待ちしております!
出欠はこちらから!
この記事へのコメント
コメントを書く
この記事へのトラックバックURL
http://blog.canpan.info/tb/1353473
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック