CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2017年12月22日

「寄付の教室」を開催しました!

12月17日(日)に【小学生対象】お金と寄付の教室〜お金の4つの使い方〜を開催しました。

開催概要
日 時:平成29年12月17日(日)
    14:30〜16:30(受付開始14:00)
場 所:倉敷物語館(倉敷市阿知2丁目23−18)
参加人数:
講師:馬越裕子さん(コモンズ投信株式会社)
   大石俊輔さん(認定特定非営利活動法人日本ファンドレイジング協会)


535181562.398579.JPG


今回は主に小学生・中学生の皆さんに、ほしいものを買う、貯金をする、誰かを応援するなど、「つかう」・「ためる」・「ふやす」・「ゆずる」といったお金の4つの使い方を勉強してもらいました!
*この講座は、日本ファンドレイジング協会が開発した社会貢献教育プログラム「寄付の教室レジスタードマーク」を使用しており、寄付月間の公認イベントでもあります。

講座内では、コモンズ投信の馬越さんの分かりやすく、優しいお話で、生徒の皆さんも積極的に発言したり、質問したりしていました。

この教室では、はじめにおもちゃの10,000円が手渡されます。これを使い、「何のためにお金を使うのか」のワークをしました。「欲しいものを買うために貯金をする」、「投資をしてお金を増やす」など使う以外の使い道をしっかりと考えた意見も出ていました。

また、「団体をよく知り、寄付先を選ぶ」ワークもあり、今回は、途上国の児童労働をなくす活動をする「ACE」、野鳥と人がいつまでも仲良く暮らせる環境保全活動を行なっている「日本野鳥の会」、フード・ロスの削減と子どもの貧困に取り組む「セカンドハーベスト・ジャパン」の3つの団体から寄付先を選びました。団体紹介ビデオと活動紹介の資料を見て、理由も考えながら寄付先を選びました。個人ワークの後には「同じ年の子達が働くのはかわいそうだから」、「食べ物を捨てず、みんなに美味しいものをあげることができるから」と、短い準備時間の中でしっかり意見をまとめ、堂々と寄付先を発表していました!

講座の最後には、使う・ためる・ふやす・ゆずるの「4つのお金の入り口」のある貯金箱「ピギーちゃん」ぴかぴか(新しい)のプレゼントもありました!
お金をどのように使うのか、目的を考えるきっかけになったのではないかと思います。

馬越さん、大石さん、そして参加者の皆さん、お疲れ様でした!ありがとうございました!

#寄付月間

寄付月間 -Giving December-
この記事へのコメント
コメントを書く
この記事へのトラックバックURL
http://blog.canpan.info/tb/1326898
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック