CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2017年10月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ

【情報交換会及びSIBセミナー】開催しました! [2017年10月09日(Mon)]
金融機関の地方創生部門や融資相談部門のご担当者の方々にお集まりいただき、本年度も情報交換会を開催しました!

IMG_1533.jpg


社会的投資を効率的に行うための金融機関同士のネットワークを構築するとともに、SIB(ソーシャル・インパクト・ボンド)について龍谷大学政策学部准教授深尾昌峰先生より、「地域、そして未来に活きる資金循環」という題目で講演いただきました。
講演の後は各金融機関の現状などについて情報交換を行いました。

「実施内容」
平成29年10月2日(月)14:00〜16:00
1)地域力向上支援事業の概要説明
2)龍谷大学政策部 准教授 深尾 昌峰 氏による「地域、そして未来に活きる資金循環」についての講演
3)情報交換会

要約として、ポスト近代社会の現代において成果連動型補助金(SIB)は有効な方法の一つである。
行政にとっても無駄のない補助金の方法の一つであるが、事業実施団体にとっても評価されるという観点からは前向きな姿勢が感じられる。
地域内でお金の循環を行う方法の一つとして有効である。今後、いかにして地域でお金を回すかが課題となる。
という講演会内容でした。

IMG_1553.jpg


情報交換会では、それぞれの金融機関においてのNPOなどに対する融資等の取り組みなどについて活発な意見交換がされました。

IMG_1550.jpg
【第11期割り勘事業募集開始!!】 [2017年10月09日(Mon)]
第11期割り勘事業 実施団体募集を開始しました!

いつもの助成とは違う「つながりが生まれる」助成事業

「割り勘で夢をかなえよう!」事業指定助成プログラム、通称「割り勘」とは、寄付を原資とした助成事業です。NPO・市民団体等が取り組む事業内容を社会に発信し、事業への賛同者を募ることで、寄付により資金集めを支援する地域版クラウドファンディングです。
一般的な助成事業との大きな違いは、「助成財源がない」ことです。そのため、割り勘事業実施団体は、目標金額を設定し寄付募集活動を行わなければなりません。しかし、実施団体自らが寄付募集活動を行うことで、事業に認知度、重要性が広く伝わり、事業に関わる仲間や入ってくる情報が増え、 実施団体の意識も高まることから、事業の継続性と質を高めることができます。助成金額に加え「つながり」というプラスαの価値が生まれ得ることができる助成事業です。

実施団体募集期間 2017年10月6日(金)〜11月6日(月)
寄付募集期間 2017年12月15日(金)〜2018年2月28日(水)
       (現金・郵便振替の受付は2/20(火)まで)

今回より公開プレゼンテーション審査を実施します。これは仲間を集めやすくし、活動の幅を広げるという目的があります。
募集要項:こちらから(http://mintuku.jp/warikan_season11.html


相談は個別相談のほか、下記の『NPO活動』資金調達説明会&相談会の個別相談会において実施しますのでぜひご参加ください!

★備前会場:10月25日(水)13:30〜17:00
場所:岡山県立図書館 多目的ホール 研修室1・2(岡山市北区丸の内2-6-20)

★備中会場:11月8日(水)13:30〜17:00
場所:井原市市民活動センターつどえ〜る 1階フロア(井原市井原町352-1)

★美作会場:11月28日(火) 13:30〜17:00
場所:津山市コミュニティセンターあいあい大ホール (津山市井口21-1)


詳細についてはこちらをご参照ください!
http://blog.canpan.info/mintukuokayama/archive/281

【告知】『はじめよう、お金の地産地消』木村真樹さん出版記念イベント [2017年10月03日(Tue)]
毎月29日は、自分も楽しく、周りも楽しく社会にいいことを考えたり、アクションする日!
10月のツクる日は・・・『はじめよう、お金の地産地消』木村真樹さん出版記念イベント です!

公益財団法人あいちコミュニティ財団とコミュニティ・ユース・バンクmomoの代表理事を務める木村真樹さんが、自身初の単著『はじめよう、お金の地産地消』を、2017年7月10日に出版しました。これを記念してイベントを開催いたします。
木村さんがなぜコミュニティ・ユース・バンクmomo、そして公益財団法人あいちコミュニティ財団を立ち上げたのか、そしてその仕組みはどのようになっているのかを知るとともに、「地域のために何とかしたい」という思いのこもったお金、『志金』を活用して地域課題解決のために活動しているNPOやソーシャルビジネスを応援し、地域のお金を地域をよりよいものにするための事業に回し、地域のお金を地域で生かす「お金の地産地消」について考えるイベントです。
地域のためにひとりひとりができること、この機会にぜひ考えてみませんか?

【概要】
日時:2017年10月29日(日)13:30〜15:30
会場:ヒバリ照ラス(岡山県岡山市北区表町2-7-15 表町商店街内
   (http://hibari-t.com/#hibariHouse
参加費:1,000円(1ドリンク付き)
※別途、書籍『はじめよう、お金の地産地消』をお持ちいただくか、当日お買い求めください。会場では特別価格1,500円(定価1,728円)で販売しています。このほか、momoやあいちコミュニティ財団の書籍販売等も行なっております。
定員:40名
プログラム:
1)オリエンテーション
2)個人ワーク(本を読む)
3)グループにて感想共有
4)質疑応答
5)感想共有

講師紹介
木村真樹(きむら・まさき)
公益財団法人あいちコミュニティ財団 代表理事(http://aichi-community.jp/
コミュニティ・ユース・バンクmomo 代表理事(http://www.momobank.net/)
1977年愛知県名古屋市生まれ。静岡大学卒業後、中京銀行勤務を経て、A SEED JAPAN事務局長やap bank運営事務局スタッフなどを歴任。2005年にコミュニティ・ユース・バンクmomo、13年にあいちコミュニティ財団を設立し、NPOへの助成・補助・融資による資金支援と、ボランティアとの伴走支援に取り組んでいる。

\こんな方にオススメ/
・地域で回すお金の仕組みについて知りたい方
・コミュニティ財団、コミュニティバンクに興味のある方
・『はじめよう、お金の地産地消」を読んだ、または読みたいと思っている方
・みんつくに興味のある方

などなど、

少しでも興味のある方はお気軽にご参加ください!!

申し込み方法:Facebookページ(http://u0u0.net/GePy )より参加ボタンをポチッとクリックするか、電話、メールでの参加申込も可能です!
info@mintuku.jp


みんつくでは現在イベントの企画、運営を手伝ってくれるボランティアを募集しています。
興味のある方はぜひご連絡ください。


メール:info@mintuku.jp
電話(直通):086-239-0329

【告知】Share会議 NPO法人color一時保育事業を行いたい! [2017年10月03日(Tue)]
公益財団法人みんなでつくる財団おかやまでは、「Share会議」 と称し、地域の課題を発信・発見する場を提供しています。
(今回は例外的に18日に開催します)

今回のShare会議は高梁市で活動している「NPO法人color」の現在の活動とこれからの活動について市内の方々に知っていただく機会(share会議)を開催します!

NPO法人 colorは障害児や障害者に関する福祉サービスや地域生活支援事業、相談事業などのほか、親の会の支援、行事の開催などの地域生活支援ネットワークづくり事業を高梁市で行なっています。
@自立に必要な手段を考え、伝える場
A社会性や世の中のルールを伝える場
B得意・不得意なことを知り、それらを生かした支援を考える場
として日々障害児などの支援を行なっています。
何らかの支援を必要とする子どもの成長を保護者、保健師、保育士、教諭、療育機関、行政機関など子どもを取り巻く大人がスクラムを組み、連携して支援する「高梁市スクラム作戦」を高梁市とも連携しながら実施しています。
今回は高梁市において障害の有無にかかわらず、障がいのある子どもと障がいのない子どもが関わる機会をつくることができる一時保育の新規事業を計画しており、この事業のshare会議を行います。

<実施概要>
日時:平成29年10月18日(水)10:00〜12:00
場所:高梁市図書館 4F 多目的室
参加費:無料(※任意により寄付)

\こんな方にオススメ/
・高梁市に在住で子育てに関心のある方
・NPO法人colorの活動を知りたい方
・みんつくに興味のある方
・Share会議に参加してみたい方
などなど、

少しでも興味のある方はお気軽にご参加ください!!

申し込み方法:Facebookページ(http://u0u0.net/GeJ0)より参加ボタンをポチッとクリックするか、電話、メールでの参加申込も可能です!
info@mintuku.jp


みんつくでは現在イベントの企画、運営を手伝ってくれるボランティアを募集しています。
興味のある方はぜひご連絡ください。


メール:info@mintuku.jp
電話(直通):086-239-0329

【お知らせ】「NPO活動」官民合同資金調達説明会&相談会開催! [2017年10月03日(Tue)]
2017年「NPO活動」官民合同資金調達説明会&相談会 開催!


NPO活動をしている方やNPOに関心のある方を対象に
助成金・補助金・融資等の資金調達に関する説明会&相談会を開催いたします!!
あわせて設立・運営の相談会も実施いたします。

説明会、相談会の詳細はコチラ→(http://www.pref.okayama.jp/page/530821.html

■内  容
・助成団体・金融機関・行政による助成金・融資・補助金の概説
・助成金等を活用した事例発表
・個別ブースでの助成団体・金融機関・NPO支援組織との個別相談

■ブース出展する助成団体・金融機関・NPO支援組織
・(福)岡山県共同募金会→(福祉・地域づくりに関する助成))
・(公社)岡山県文化連盟→(文化に関する助成)
・(一財)橋本財団→(医療・福祉に関する助成)
・(公財)福武教育文化振興財団→(教育・文化に関する助成)
・(公財)マルセンスポーツ・文化振興財団→(スポーツ・文化に関する助成)
・日本政策金融公庫→(融資に関する相談)
・岡山県内の信用金庫→(事前に個別相談申込があった場合のみ)
・(公財)みんなでつくる財団おかやま→(支援者・仕組み作りに関する各種相談)
・ゆうあいセンター→(設立・運営相談)

■スケジュール
【備前会場】
日  時:2017年10月25日(水)13:30〜17:00(開場13:00)
場  所:岡山県立図書館 多目的ホール 研修室1・2
    (岡山市北区丸の内 2-6-30)
   http://www.libnet.pref.okayama.jp/top/access.htm
参 加 費:無料
個別相談申込:ご希望の方は10月16日(月)までにお申込みください。
事例発表:
 ・NPO法人岡山市子どもセンター、日本政策金融公庫
 ・NPO法人ポケットサポート、(公財)福武教育文化振興財団

【備中会場】
日  時:2017年11月8日(水)13:30〜17:00(開場13:00)
場  所:井原市市民活動センター つどえ〜る1階フロア
    (井原市井原町 352-1)
   http://www.city.ibara.okayama.jp/docs/2017021500028/
参 加 費:無料
個別相談申込:ご希望の方は10月31日(火)までにお申込みください。
事例発表:
 ・認定NPO法人ハーモニーネット未来、(福)岡山県共同募金会
 ・特例認定NPO法人ペアレント・サポートすてっぷ、倉敷市
 ・山村エンタープライズ、日本政策金融公庫

【美作会場】
日  時:2017年11月28日(火)13:30〜17:00(開場13:00)
場  所:津山市コミュニティセンター あいあい 大ホール
    (津山市井口 21-1)
   https://www.city.tsuyama.lg.jp/index.cfm/21,32269,c,html/32269/20100930-122630.pdf
参 加 費:無料
個別相談申込:ご希望の方は11月20日(月)までにお申込みください。
事例発表:
 ・老いと演劇 OiBokkeShi、(公財)福武教育文化振興財団
 ・NPO法人未来へ、美作県民局


■申込方法
Facebookイベントページ
【備前会場】はこちらから(http://u0u0.net/GeFx
【備中会場】はこちらから(http://u0u0.net/GeFK
【美作会場】はこちらから(http://u0u0.net/GeFL
  
※Facebookをご使用でない方は、団体名、お名前、連絡先をご記入のうえ
こちらのメールアドレスに送信ください。確認でき次第、事務局から確認メッセージを送ります。
E-mail: info@mintuku.jp

※なお個別相談をご希望の方は資金説明会・裏pdfにてお申込ください。

2017合同説明会チラシ.jpg

資金説明会・裏.pdf


■お問合わせ先
みんなでつくる財団おかやま事務局
TEL:(代表)086-239-0329 (直通)070-5056-3029
E-mail: info@mintuku.jp
【報告】9月ツクる日 円卓会議を実施しました! [2017年10月03日(Tue)]
毎月29日は、
自分も楽しく、周りも楽しく
社会にいいことを考えたり、アクションする日!

9月のツクる日は・・・
地域包括ケアを広げよう!地域をつなぐ円卓会議
を開催しました!

IMG_1485.JPG


今回のツクる日は、総社市、新見市において取り組んでいる地域包括ケアの活動や仕組みに
ついてお互いに学びあい、これからの地域包括ケアにおける地域連携・他職種連携の可能性を円卓会議にて話し合いました。



【開催概要】
日時:平成29年9月29日(金)18:00〜20:00
場所:新見市商工会館3階 第2研修室 (新見市高尾2475-7)
参加者:18名

IMG_1493.JPG

本日は総社市で取り組んでいる地域を主体とした地域包括ケアシステム、そして医療・福祉連携を主体として地域包括ケアシステムに取り組んでいる新見市の事業について、市の担当者、社協や在宅医療・介護連携支援センターの担当者より説明をいただき、質疑応答を行いました。
両市の面積や人口動態などの比較から地域の特性を活かしたそれぞれの進め方についてお互い共通の認識を持ちました。

IMG_1491.JPG

IMG_1502.JPG

住民をその気にさせる方法は?ICTツールの医療機関への積極的なアプローチ方法は?などの具体的な手法の質疑から、徘徊する方に貼っているお守りシールの紹介などがありました。
一般の参会者の方々からの質疑応答もあり、一般の方々からはケアマネはどこに行ったら会えるのか、地域密着型の保健師はもっと必要である、コミュニティーソーシャルワーカーを地域でおいてはどうか?などの活発な意見交換がされました。

IMG_1510.JPG

参加された両市の職員の方々ならびに一般参加者の方々も、現在進めている両市の事業について聞くことができ、立場に関係なく質疑応答ができ、有益な時間であったのではと思います。

今回は本年度初の円卓会議でしたが多くの方々にご参加いただき、盛大に開催することができました。
参加された総社市、総社市社協、新見市、まんさく、新見市社協の職員の方々ならびに一般の市民の方々ご参加ありがとうございました!


------------------------------------------------
みんつくでは、誰もが気軽に寄付ができる取り組みを実践しています。
「自分も楽しく、周りも楽しく、社会にも良いことを」をコンセプトに、
毎月29日では、「ツクる日」を行っています。
チャリティーイベントなど、企画や運営をしたい方も募集していますので、
少しでも興味のある方はお気軽に当財団までお問い合わせください。


Tel:(代表)026-239-0329 
(直通)070-5056-3029
E-mail:info@mintuku.jp
HP: http://mintuku.jp/
【報告】設立5周年記念パーティーを開催しました [2017年10月03日(Tue)]
みんなでつくる財団おかやま設立5周年記念パーティーを開催しました!
日頃ご支援いただいている皆様に感謝の気持ちをお伝えするとともに、
みんつくの活動をご紹介し、ご参加いただいた皆様同士でのご交流いただけ
たのではないかと思います。

パネル.jpg

<みんつく設立5周年記念パーティー>
開催日時:平成29年9月28日(木)19:00〜21:00
会  場:THE MAGRITTE(ザ マグリット) 5F クラブモーガン
(住所:岡山県岡山市北区丸の内1−5−8)
参 加 者:41名(スタッフを含む)

大山代表挨拶.jpg

大山代表理事によるご挨拶でスタートしました。乾杯の音頭は
米良評議員です。

IMG_1476.jpg
寄付イベントでは、可愛らしいふたばマークのしおりを、会場に設置した
寄付パネルの応援したい団体のポケットに入れるという催しを実施。

IMG_1470.jpg

総額21,500円の寄付をいただきました。

< 内 訳 >
NPO法人だっぴ 3,300円
NPO法人ペアレントサポート・すてっぷ 4,200円
NPO法人岡山市子どもセンター 4,200円
NPO法人子どもシェルターモモ 5,600円
一般社団法人ソーシャルワークセンターつばさ 4,000円
公益財団法人みんなでつくる財団おかやま 200円

これらの寄付は、みんつくが責任をもって各団体にお届けし、
今後の活動に役立てて頂きます!

寄付パネルの対象とさせていただいた団体は、過去にみんつくの「割り勘で
夢をかなえよう!事業指定助成プログラム」及びみんつく冠基金事業(J基金)
において助成した団体の皆様で、寄付募集のPRもかねて、皆様にその後の
活動報告をしていただきました。

すてっぷ.jpg

つばさ.jpg

活動報告していただいた皆様
NPO法人ペアレント・サポートすてっぷ 理事長  安藤 様
一般社団法人ソーシャルワークセンターつばさ 学生理事 和田 様
NPO法人だっぴ 事務局長 森分 様
NPO法人岡山市子どもセンター 理事 道仙 様
NPO法人子どもシェルターモモ 西井様


IMG_1432.jpg
皆様にご歓談いただく中、スタッフが内緒で用意したサプライズ・
”みんつくアワード”受賞に専務理事の石田もびっくり。
感動に目を潤ませて…と、いうこともなく!
驚きつつも堂々と記念品の盾を受け取っていました。
みんつくアワード大山石田.jpg


パーティーの後半、みんつくの2017年の事業方針のご紹介をはじめとし、
「割り勘で夢をかなえよう!事業指定助成プログラム」第10期のご報告、
第11期募集のお知らせ、地域力向上支援事業の概要をご説明をすると
ともに、「NPO活動」官民合同資金調達説明会&相談会のご案内をしました。
また、乾杯チャリティーキットの紹介や子ども寄付教育のために作成した
募金箱キットの紹介を行いました。

IMG_1474.jpg
募金箱キット

IMG_1473.jpg
乾杯チャリティーキット

新しいスタッフのご紹介時には、思いがけず健康体操が始まり、和気藹々
とした空気の中でよりいっそう交流を深めて頂けたかと思います。

IMG_1444 2.jpg
気功を実践中です!


当日はお忙しい中お越し下さったにもかかわらず、お開きになった後も
会場に残って交流なさっている皆様や、パーティー会場を後にされる時の
笑顔に、今年もこうして皆様と設立記念を祝うことができた喜びと感謝の
気持ちでいっぱいになりました。

ご参加下さった皆様、本当にありがとうございました!

平成29年9月28日をもって6年目へと入ったみんつくを、今後もどうか
温かいご支援とともに見守っていただきたく思います。
これからもどうぞよろしくお願いいたします!

-----------------------------------
みんつくのことをもっと知りたい方は↓↓
みんつくウェブサイトをご覧ください!「http://mintuku.jp/
つなぐ、つたえる、シェアをする みんなでつくる財団おかやま

【報告】9月Share会議『「岡山子育て応援団パピママ」組織基盤強化ワーク』 [2017年09月20日(Wed)]
公益財団法人みんなでつくる財団おかやまでは、「Share会議」 と称し、19日に地域の課題を発信・発見する場を提供しています。

今回のShare会議は「 岡山子育て応援団パピママ」の現在の活動について振り返りを行い、これからの団体運営と資金調達について考えるワークを行いました。


<実施概要>
日時 :平成29年9月19日(火) 9:00〜11:00
場所 :みんなでつくる財団おかやま事務所
    (岡山市北区奉還町3丁目15-8奉還町第一ビル第11号)
参加者:6名


今回のshare会議はパピママのこれからの活動について事業計画を作成しました。
普段はメンバー3名のみで事業相談を行なっていましたが、今回は参加者の方々から多くのご意見等をいただき、事業計画がだいぶ進展しました。
パピママは今後パピママまつりを主軸として、子どもたちに早い段階から社会との繋がりや交流の場を持たせ、自分で選択する、生きる力を培ってほしい。との思いを込めて活動しています。
今回のワークでより具体的な事業計画を策定することができました。

パピママまつりは11月19日に開催予定です。詳細はこちらから(http://papymama.com/
参加者の皆さんお疲れサマでした!


みんつくでは現在イベントの企画、運営を手伝ってくれるボランティアを募集しています。
興味のある方はぜひご連絡ください。


メール:info@mintuku.jp
電話(直通):086-239-0329

-----------------------------------------------------
みんつくの日を一緒に盛り上げましょう!!
つなぐ、つたえる、シェアをする みんなでつくる財団おかやま
-----------------------------------------------------
【告知】9月Share会議『「岡山子育て応援団パピママ」組織基盤強化ワーク』 [2017年09月14日(Thu)]
公益財団法人みんなでつくる財団おかやまでは、「Share会議」 と称し、19日に地域の課題を発信・発見する場を提供しています。

今回のShare会議は「 岡山子育て応援団パピママ」が現在の活動について振り返りを行い、これからの団体運営と資金調達について考えるワークを行います!

〜〜岡山子育て応援団パピママのご紹介〜〜
『楽しむ』『繋がる』『日本の未来たち(子ども達)』の3つを合言葉に、世代、立場を超えた多くの方々に支えられながら、岡山市・倉敷市を中心に活動している家族サークルです。
現役の子育て中の方々を中心に「やりたい!!」と思うことを実現して楽しんでいます。
父母だけでなく祖父母も活動に参加し、 核家族化が増加する現代で忘れかけていた大切な何かに触れることも大切にしている団体です。特に大きなイベントとしてパピママ祭りを開催しています。

<実施概要>
日時 :平成29年9月19日(火) 9:00〜11:00
場所 :みんなでつくる財団おかやま事務所
    (岡山市北区奉還町3丁目15-8奉還町第一ビル第11号)
参加費:無料(※任意により寄付)


\こんな方にオススメ/
・岡山子育て応援団パピママに興味のある方
・みんつくに興味のある方
・Share会議に参加してみたい方
などなど、

少しでも興味のある方はお気軽にご参加ください!!

申し込み方法:Facebookページ(http://ur0.biz/FRBf)より参加ボタンをポチッとクリック
するか、電話、メールでの参加申込も可能です!
info@mintuku.jp


みんつくでは現在イベントの企画、運営を手伝ってくれるボランティアを募集しています。
興味のある方はぜひご連絡ください。


メール:info@mintuku.jp
電話(直通):086-239-0329

-----------------------------------------------------
みんつくの日を一緒に盛り上げましょう!!
つなぐ、つたえる、シェアをする みんなでつくる財団おかやま
-----------------------------------------------------





「第3回地域活動コーディネーター養成講座開催しました!」 [2017年09月09日(Sat)]
9月9日(土)に第3回目の地域活動コーディネーター養成講座を開催しました。
今回は発信編です。NPO法人だっぴ代表理事の柏原拓史さんをお招きして、だっぴの活動紹介をしていただいたのち、同団体が今一番広めてもらいたいこ「だっぴの大学生キャストの募集」をテーマとしてライティングを行いました。

実施概要
【第3回】講座「ソーシャルライター基礎講座【発信編】」
講師:山川 隆之さん(吉備人出版 代表)
日時:平成29 年9月9 日(土)14:00〜16:00
場所:きらめきプラザ7階702会議室(岡山市北区南方2-13-1)


IMG_1300.jpg

今回も前回行ったライティングの添削について講評を行いました。
書きたい項目をメモし、優先順位をつけ、できるだけ簡素にまとめるというポイントを教えていただきました。また、誰に何を伝えるかということを意識して書いてほしいとアドバイスがありました。

続いてNPO法人だっぴの代表理事である柏原拓史さんよりだっぴの取り組んでいる活動紹介とともに、今団体として一番必要としている「大学生キャストの募集」について説明をしていただき、ライティングへと移りました。

柏原さん.jpg

現在社会的にニーズが高まり、10月21日に開催される「中学生だっぴ」では過去最大級の規模となりますが、ここで問題となっているのが大学生のキャスト不足。
今回は受講生に募集原稿をライティングしていただきました。

25分間のライティングの後は恒例の「いいねシール」の添付です。参加者全員でそれぞれライティングした原稿を読み、いいと思った原稿にシールを貼っていくというシステムです。
いいねシール取得数が多い方上位3名に音読してもらいます。

IMG_1302.jpg
受講生全員が全員の原稿を読みいいねシールを貼ります。

IMG_1305.jpg
1回目はさっと読み、2回目はいいと思ったものをじっくりと読みます。



IMG_1308.jpg
一番いいねシールが多かった岡山市子どもセンターの道仙さん。文章のまとまりがよく、何を誰に支えたいかが明確に書かれていました。


IMG_1311.jpg
二番目に多かった備中有人舎の土屋さん
目を引くタイトルで、かつ内容もわかりやすい文章でした。


一通り終了したのち、発信編について講義がありました。ポイントとして、
スピード感・・・タイムリーな情報を提供することが重要
3回読み返し、1回音読・・・文字のバランスや文章のねじれの確認を行う。
掲載原稿に訴求力をつけるためにホームページのリンク先やパンフレットなどを添付する
の3つが挙げられました。


次回は10月21日(土)旭東中学校で行われる中学生だっぴにキャストとして参加し、体験したことを元にだっぴの活動をライティングする予定です。

| 次へ