CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

こちら「みんみんファンド」事務局!

宮城県内には、子どもや高齢者、障がい者、環境や国際交流、芸術・スポーツなど様々なテーマで活躍するNPO・市民活動団体があります。その活動を支えるためにはお金が必要。みんみんファンドは、「いま、資金支援を必要とするところへ」資金を提供する、民(市民・企業・各種団体など)による民(NPO・市民活動団体)を支える仕組みです。


<< 2010年08月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
カテゴリーアーカイブ
最新記事
最新コメント
わくわく元気応援クラブ 大沼
みやぎNPO夢ファンド公開コンペ開催 (05/19)
最新トラックバック
「こどもを守るボランティア」研修事業報告会開催 [2008年03月25日(Tue)]


本日は2007年度ろうきん地域貢献ファンド助成団体の1つである「チャイルドラインみやぎ」さんから、事業報告会のご案内が届きましたので、以下にご紹介いたします。

(以下、頂戴したメールからの転載)

本年度ろうきんファンドの助成を受けて、子どもを守るボランティアのための研修会を実施しました。その後、「チャイルドラインみやぎ」代表理事の小林が、仙台市主催の「安心安全まちづくりフォーラム」に参加しました。それらの報告と、青森市で実施している「たすけっこの会」の活動紹介をした上で、子どもの安全についてみなさんと考え合いたいと思います。

2007年度ろうきん地域貢献ファンド助成事業

「子どもを守るボランティア」研修事業報告会

日 時 : 2008年3月28日(金)10:00〜12:00
場 所 : 仙台市青葉体育館(青葉区堤町1丁目1-15)

内容:

1.「子どもを守るボランティア」研修事業報告

2.仙台市主催「安心安全街づくりフォーラム」報告
携帯電話のフィルタリング・子どもとメディアなどについて

3.青森市「たすけっこの会」活動紹介
子どもの安全を守るために、子どもたちに届ける笛を寄付する活動を行っている。笛にはボランティアや子どもたちによる「命」を考える手書きのメッセージが添えられている。

参加費 : 無料 ※資料準備の都合上3月26日までにお申し込みください。
     
問い合わせ先:
特定非営利活動法人チャイルドラインみやぎ
仙台市青葉区川平1-16-5 スカイハイツ102
TEL/FAX 022-279-7210



助成決定団体さんへの説明会を開催しました [2007年09月11日(Tue)]
 今日はろうきん地域貢献ファンド、2007年度Aコースの助成決定団体さんへの説明会を開催しました。(Aコース助成団体さんの一覧はこちら

 設置者である東北労働金庫宮城県本部の小野寺様のご挨拶に始まり、今後の助成スケジュールや事務手続きのこと、助成事業を実施するにあたっての注意事項、事務局せんだい・みやぎNPOセンターとNPO情報ライブラリーのこと、そして日本財団のCANPANのことなどなど、資料をもとに1時間半程度、質疑応答も交えながらご説明させていただきました。


           《 説明会 いつの間にやら 相談会 ? 》

 冒頭、各団体・参加者の簡単な自己紹介も行ったのですが、団体さんと事務局、設置者とが相互に顔が見えるお付き合いができるような気がしました。

 残念ながら、Bコース(助成団体さんの一覧はこちら)は備品購入ということもあり、特に説明を要することは少ないのかなと思われることから、説明会は開催しないのですが、2007年度のろうきんファンド助成団体の皆さま、半年間、どうかお付き合いの程、よろしくお願いいたします!
ろうきんファンドBコース助成先決定! [2007年09月05日(Wed)]
 2007年度の「ろうきん地域貢献ファンド」Bコース(備品購入応援コース)につきましては、以下の9団体への助成が決定いたしました。ご応募、お問合せいただいた皆さま、誠にありがとうございました!

  ・知的障がい者の社会参加支援ネットワークオレンジ
  ・特定非営利活動法人くりはら活性化ネット
  ・特定非営利活動法人麦の会
  ・特定非営利活動法人MIYAGI子どもネットワーク
  ・パソコン要約筆記文字の都仙台
  ・水魚方式研究会
  ・特定非営利活動法人ふぁるま・ねっと・みやぎ
  ・特定非営利活動法人みやぎダンス
  ・特定非営利活動法人いきいき亘理(一部助成)

 詳しい審査の経緯等につきましては、どうか〔続き〕をご覧下さい。
続きを読む...
ろうきんファンドAコース助成先決定! [2007年09月05日(Wed)]
 2007年度の「ろうきん地域貢献ファンド」Aコース(企画助成コース)につきましては、以下の3団体への助成が決定いたしました。ご応募、お問合せいただいた皆さま、誠にありがとうございました!

  ・特定非営利活動法人チャイルドラインみやぎ
  ・みやぎ自殺対策リボン委員会
  ・特定非営利活動法人やまぼうし

 詳しい審査の経緯等につきましては、どうか〔続き〕をご覧下さい。
続きを読む...
ろうきんファンド、応募相談会(1日目) [2007年07月23日(Mon)]
 今日はろうきん地域貢献ファンド 個別応募相談会の1日目。残念ながらキャンセルがあったりして、相談件数はゼロ件! 今年初めての試みだったので、広報の仕方をもう少し工夫すればよかったかなぁと反省です。

 応募相談会はこれまでみやぎNPO夢ファンドでは実施していましたが、応募相談がいつの間にか団体さんの「経営相談」になっていることがよくあります。ステップアップ支援プログラムは団体さんの中長期的な経営について、必要に応じて現在の経営状況からご相談に乗らせていただいていますし、人材育成支援プログラムでも、なぜその研修が必要なのか、課題の所在からご相談に乗らせていただく場合もあったりと、結果、どうしても「含む、経営相談」にならざるを得ないのかもしれません。

 ろうきんファンドの応募相談会。初めてということもあり、今後どのような場として定着していくのか、まだ見えてはきませんが、例えばAコースの「多くの市民がボランティアとして参加できる」企画を検討している団体さんとだったら、どうしたらより多くの市民の皆さんが参加できる企画になるか、一緒に考えながらアイデアの整理のお手伝いなんかもできたらいいのかなぁと思います。

 今回の応募相談会、「無料」なことと、当センターの「加藤」代表と二人で相談に応じることが、伝えきれなかったことが敗因かな? と反省しきり…。申請締切りまであと1週間。予め事務局でセッティングした相談会は23・24日の2日間ですが、この他にも随時、相談には乗らせていただいておりますので、ご不明な点など、事務局までお気軽にお問合せいただけますよう、よろしくお願いいたします!
仙台市シニア活動支援センターへ行ってきました [2007年07月20日(Fri)]
 今日はろうきん地域貢献ファンド 個別応募相談会(無料)の申し込み状況が、いまひとつ伸び悩んでいることから、急遽、相談会開催を前面に押し出したチラシをつくり、みやぎNPOプラザ仙台市市民活動サポートセンター(以下、サポセン)、そして要項に「重視する活動や事業」の一つとして「はたらく人や『シニア』が、それぞれの経験を活かして参加できるもの」が挙げられていることから、サポセン3Fの「仙台市シニア活動支援センター」の3ヶ所に配架の依頼をして回りました。

 シニア活動支援センターは今年の7月1日にオープンしたということもあり、初めての訪問です。中を少し見学させてもらいましたが、ここはサポセンの1室という感じなので、1Fの相談・受付カウンターのオープンな雰囲気と比べると、どこか隠れ家的な落ち着いた佇まいです。シニア活動支援センターのパンフレットのキーワードや置いてあるチラシの種類から、ここは定年を機に何か活動を始めようとする団塊の世代の男性が主な対象なのかな? という印象も受けました。

 「ボランティア カワラ版」という冊子も見つけました。これは7月1日に実施された「シニアのためのボランティア大相談会」の資料として作られたようですが、相談会に参加した、もしくは情報提供をした17の団体の連絡先、活動内容、ボランティア募集情報などが掲載されています。こうしたシニアの方たちと団体さんとの橋渡しも事業の一環として行っているようですので、シニアの方にとってのみならず、団体さんを支援する場にもなり得るように思われました。


         《 ボランティア カワラ版はA5版 20ページの冊子 》

 前出のように、ろうきんファンドの重視する活動に「シニア」という文言があることから、こうした方々を対象とした企画で申請してくる団体さんもいらっしゃいます。助成団体さんから「どうすればシニアの方々に情報を届けられるか」といった相談も寄せられたりしますので、ファンド事務局といたしましてもシニア活動支援センターは要チェックの施設になりそうです。

 何やら「ろうきんファンド」、シニアの方が参加できる企画に対しての助成みたいな記事になってしまいましたが、この他にも重視する活動や事業には「自らの地域をより良くするために、さまざまな住民がボランティアとして参加できるもの」や「地域のさまざまな団体が連携・協働して参加するもの」もありますので、皆さま、応募のご検討の程、よろしくお願いいたします!
ろうきん地域貢献ファンド 評価基準を公開します! [2007年07月10日(Tue)]
 現在、助成事業募集中の「ろうきん地域貢献ファンド」ですが、設置者である東北労働金庫宮城県本部様との協議を経て、今年度、助成案件の評価基準をインターネットで公開することになりました! 以下の「三方よし(?)」になることを期待しての試みです。

★資金提供者(東北労働金庫宮城県本部様・ご寄付いただいた皆さま)にとって

  「こういう社会がいいな、それにはこういう団体・事業に増えて欲しいな」という「思い」をより具体的に表明できる。

★NPO・市民活動団体にとって

 1) 申請書作成時には「何をどこにどのように書けばいいのか」のガイドラインとして、
 2)「より高い評価を得るにはどうすればいいのか」団体の企画力・実行力・情報発信力に関するベンチマークとして、
 3) 評点は団体の「強み・弱み」を客観的に知る素材として、
 それぞれ活用することができる。

★審査会・事務局にとって

 説明責任を果たす際に活用でき、助成決定プロセスの透明性を担保できる。


 他の支援団体のファンド担当者との会話の中で「助成決定になったことを『当たった!』とか言われると、なんだか寂しいよねぇ…」という話が出たことがあります。幸い自分は言われたことはないのですが、確かに「当たった」という表現には、勝った負けた、出す出さない的なデジタルの香りがどことなく漂います。一発勝負ではなく、団体さんの成長のため、皆さまに今回の評価基準公開を活用していただければ幸いです。

《 Aコース:評価基準 》



《 Bコース:評価基準 》

2007年度「ろうきん地域貢献ファンド」助成事業募集中!! [2007年07月09日(Mon)]
 今年5年目となる「ろうきん地域貢献ファンド」助成事業の申請を現在受付中です! 今回は宮城県内の団体さんの2008年3月末までに実施される事業や物品購入が助成の対象です。(参考までに昨年度の助成事業一覧はこちら

 「ろうきん」は、地域の「企業市民」として、はたらく人の福祉金融機関として、暮らしや福祉の充実、生き生きとしたまちづくりを目指し、社会貢献活動に取り組んでいます。(東北労働金庫さんのHPはこちら

 その一環として勤労者・市民の皆さまの善意の寄付が"ひと・まち・くらし"づくりに活かされるために、自動振替機能を利用した「NPO寄付システム」や定期預金の利息の一部が寄付される「NPOサポーターズ」をラインアップに加えた「ろうきん地域貢献ファンド」を創設して、地域の課題解決のために一生懸命頑張っているボランティアやNPOを応援するマッチング型の助成制度を実施しています。

 応募締切りは2007年7月30日(17:00必着)とまだ日がありますので、皆さま、〔続き〕の募集要項をお読みいただきまして、応募のご検討の程、よろしくお願いいたします。ぜひ、この機会をご活用ください!
続きを読む...
個別応募相談会を開催します [2007年07月04日(Wed)]
 みやぎNPO夢ファンドでは例年実施していますが、今年度はろうきん地域貢献ファンドでも以下の要領で個別応募相談会を開催します。

□日 時:2007年7月23日(月)・24日(火) 10時〜18時
□場 所:せんだい・みやぎNPOセンター(地図はこちら
□お問合せ・お申込み先:
      ろうきん地域貢献ファンド事務局 せんだい・みやぎNPOセンター
      電 話 022-264-1281  FAX 022-264-1209
      Eメール minmin@minmin.org
          (*コピーペーストの際は@を小文字にしてください)

 希望される方は、上記お申込み先まで電話・FAX・Eメール等にて「団体名」「担当者のお名前」「連絡先」「希望の日と時間帯」をご連絡ください。(時間帯につきましては、原則、先にお申込みいただいた団体さんのご希望を優先させていただきます。)

 尚、これまでの経験からすると、書きかけでも構いませんので申請書をご準備いただけると、より具体的に相談に乗れるかと思われます。

 募集要項の内容で不明な点や申請しようとする内容が要項の条件に該当するのかの確認はもとより、相談を通じて申請内容が伝わりやすい申請書になるようお手伝いをさせていただければ幸いです。
ろうきんファンド助成情報、記事に載りました! [2007年06月28日(Thu)]
 先日、原稿を執筆した2007年度ろうきんファンドの助成情報が、当センター事務局通信「みんみん」と仙台市が発行している「せんだい百杜通信bX」に載りました。(写真左側の水色が「みんみん」。右側ライトブルー2色刷りが「百杜通信」です。)



             《みんみん、百杜通信 揃い踏み》


 また、事務局通信「みんみん」にはろうきんファンドの設置者である東北労働金庫宮城県本部、営業推進グループ次長の小野寺様からの寄稿「NPOとの協働の取組みについて」も掲載されています。

 百杜通信は市の関連施設に配布されるため、要項の請求や当センターHPろうきんファンドのページへのアクセス件数が増えるといいな、なんて期待してしまいます。
| 次へ
プロフィール

さんの画像
みんみんファンド
プロフィール
ブログ
リンク集
http://blog.canpan.info/minmin_fund/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/minmin_fund/index2_0.xml