CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

こちら「みんみんファンド」事務局!

宮城県内には、子どもや高齢者、障がい者、環境や国際交流、芸術・スポーツなど様々なテーマで活躍するNPO・市民活動団体があります。その活動を支えるためにはお金が必要。みんみんファンドは、「いま、資金支援を必要とするところへ」資金を提供する、民(市民・企業・各種団体など)による民(NPO・市民活動団体)を支える仕組みです。


<< 2010年08月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
カテゴリーアーカイブ
最新記事
最新コメント
わくわく元気応援クラブ 大沼
みやぎNPO夢ファンド公開コンペ開催 (05/19)
最新トラックバック
受刑者家族支援の歴史 [2010年03月19日(Fri)]


みやぎNPO夢ファンド事業

受刑者家族支援の歴史

犯罪が起きたとき、その影響は被害者やその遺族に止まらず、加害者の家族にまで及びます。加害者家族は、しばしば世間から犯罪者同様の扱いを受け、自責の念から自殺に至るケースも存在します。このような状況に鑑み、先進諸国では加害者の「家族」を対象とした支援が進められてきました。日本で初めて支援を行うのが私たち、ワールドオープンハート。諸外国ではどのような支援が行われているのかについて報告を受けた後、日本における支援についてディスカッションを行います。

日時:2010年3月28日(日)14:00〜17:00

会場:仙台国際センター 研修室 B

参加費:1000円 (会員無料)

申し込み:World Open Heart事務局
090-5831-0810 / world_open_heart.08@docomo.ne.jp

* 当日参加受付可。

チラシはこちら。


子どもの権利条約フォーラム in みやぎ プレ企画 [2010年03月18日(Thu)]
みやぎNPO夢ファンド助成事業

子どもの権利条約フォーラム in みやぎ プレ企画


「子どもの権利条約」はなぜ必要なのか
そして私たちは何をなすべきなのか

*統計に見る子どもの現状

警察庁統計資料2007年 子どもの自殺 毎日1.4人

厚生労働省調査2006年 子どもの虐待死 3日に1人

ユニセフ調査2007年 孤独を感じている子ども 3人に1人

日本青少年研究所2008年 疲れを感じている高校生 5人のうち4人


皆さんは、この数字をどうお感じになりますか?                              
昨年は子どもの権利条約が国連で採択されて20年、日本が批准をして15年という節目の年でしたが、虐待やいじめなど子どもの権利が守られているとは言いがたい状況です。

2010年はまた新たな歩みを始める年と位置づけて、多くの方の賛同とご協力のもと、子どもの権利条約を皆が知って子どもの権利を尊重し、少しでも子どもが生きやすい社会をつくることをめざしていきたいと思い、宮城県内の有志が集い、2010年11月13〜14日(土・日)「子どもの権利条約フォーラム in みやぎ」を開催することになりました。

子どもの権利条約フォーラムは、子どもの権利条約を普及、実施していくことに関心を寄せる人々の意見交換、出会い、交流の場として、1993年から昨年まで子どもの権利条約採択記念日(11月20日)前後に全国各地で延べ17回開催されてきました。

(東京4回、大阪、神奈川、福岡、群馬、青森、千葉、兵庫、茨城、滋賀、熊本、長野、三重、富山)

毎回2日間で延べ1000人ほどの参加者が、開催地及び全国、そして海外から集まり、子どもを取り巻く現状や課題について現状報告や意見交換を行っています。

今回は、このフォーラム開催に尽力してこられた3人のお話をお聞きし、宮城県の子どもの現状と課題をさぐりながら、フォーラム当日への機運を高めていきたいと企画いたしました。多くの方のご参加をお待ちしています。

日時:平成22年4月11日(日)14:30〜17:30
場所:仙台市シルバーセンター 第2研修室
(仙台市青葉区花京院1丁目3−2 TEL:022-215-3191)


<基調報告>
「日本の子どもと子どもの権利条約―市民・自治体・国・国連の役割を考える」
早稲田大学教授・子どもの権利条約ネットワーク代表 喜多明人

<パネルディスカッション>
「子どもの権利条約はなぜ必要なのかー子どもの権利条約フォーラム開催の意義」

山梨学院大学法科大学院教授・子どもの権利条約総合研究所事務局長 荒牧重人
尚絅学院大学教授 森田明彦
特定非営利活動法人チャイルドラインみやぎ代表理事 小林純子

「子どもの権利条約フォーラム in みやぎ」準備会連絡先
特定非営利活動法人チャイルドラインみやぎ(連絡可能時間 平日15時〜20時)
〒981−0954 仙台市青葉区川平1−16−5スカイハイツ102
TEL&FAX 022−279−7210 
Eメール c.l.miyagi@viola.ocn.ne.jp

「子どもの権利条約フォーラム2010 in みやぎ」の実行委員会に加わってください!!

「子どもの権利条約フォーラム in みやぎ」

開催趣旨
「子どもの権利条約」の普及啓発と、それに関わる人々の意見交換・交流の場作り

日   時:2010年11月13日(土)〜14日(日)

会   場:仙台市青年文化センター 

内   容:詳細は今後実行委員会で決めていく。

手   法:

実行委員会を組織し、全体のプラン、講師選考、予算などを決定しつつ、多様な人々が集う場をつくっていく。

実行委員の活動内容は、企画・事前広報・分科会運営・当日運営など、できる範囲のことで結構です。当日受付やチラシ1枚をお知り合いに配っていただくだけでも結構です。

たくさんの方の応援が必要ですので、よろしくお願いします。また、今後も表記のようなイベントを学習会として実施していきます。

実行委員は随時募集中ですので、下記チラシにご記入の上、お知らせください。


              
「こころの支援をめぐって」セミナー [2010年02月23日(Tue)]


本日はみやぎNPO夢ファンド助成事業のご案内をお届け致します。

以下、団体さんから頂いたご案内を転載致します。



「こころの支援をめぐって」セミナーのご案内

特定非営利活動法人エーキューブは仙台市動物管理センターとの協働事業のもと、今年度から不登校や引きこもりの青少年を対象に、社会や学校などに一歩踏み出していけるよう後押しをする活動(愛称:グットフレンズ・プログラム)を進めております。

事業を実施する上で、支援する青少年とその家族と共感をもって実践するために私たち自身のスキルアップの必要性を痛感いたしました。

そこで、宮城教育大学を拠点にこころの支援に幅広く取り組んでいらっしゃる佐藤静氏、精神科医であり『ヒトと動物の関係学』の第一人者でもある横山章光氏を迎え、下記の内容にてセミナー&座談会を企画いたしました。

ご多忙中とは思いますが、是非ご参加くださいますようご案内申し上げます。

テーマ:こころの支援をめぐって

内 容:

第1部 基調講演(13:00〜14:30)
『こころの支援をめぐって』
佐藤静氏(宮城教育大学 教職大学院・特別支援教育総合研究センター教授)

第2部 座談会(14:40〜16:00)
『動物の力を借りてできるこころの支援を考える』
講話:横山章光氏(精神科医 帝京科学大学生命環境学部 アニマルサイエンス学科准教授)

1年間の実践報告:エーキューブ
コメンテーター:佐藤静氏 横山章光氏 仙台市適応指導センター  エーキューブ 他

参加申込(事前申込み要)・お問い合わせ:
E-MAIL:info@a-cube-sendai.com
TEL:080-5224-6758 平日9:00〜17:00

日 時:平成22年3月16日(火) 開場:12:30  開演:13:00〜16:00
会 場:みやぎNPOプラザ 第1会議室
仙台市宮城野区榴ヶ岡5番地(TEL:022-256-0505)
参加費:無料

                                          
主 催:特定非営利活動法人エーキューブ
後 援:仙台市

ノルウェーに学ぶ共生社会の実現 [2010年02月09日(Tue)]

本日は犯罪加害者の支援を行っている「World Open Heart」さんから、みやぎNPO夢ファンド助成事業のご案内が届きましたので、ご紹介します。


ノルウェーに学ぶ共生社会の実現

日時:2010年2月21日(日)14時〜17時

場所:仙台国際センター 研修室

参加費:一般 1000円 学生 500円
※申込不要

犯罪が少なく、再犯率も低いといわれるノルウェー。その背景には何があるのか。ノルウェーの犯罪学者ニルス・クリスティと森達也(映画監督)の対談を教材に、我が国の犯罪者への処遇について考える。

主催:World Open Heart

※2008年より東北大学法学研究科の大学院生を中心に、社会的弱者や少数者へのエンパワーを目的として結成された。全国的に例のない犯罪加害者家族の支援を開始。「共生社会」の構築を目指し、研究と社会啓発活動を展開している。

協力団体:リレーションシップみやぎ(非行と向き合う親たちの会)

※非行と向き合う親たちの会とは、1996年東京でわが子の非行に悩む親と、熱心に非行問題に取り組んでいた教師の思いが集まって立ち上げられた「自助グループ」である。以来10年、全国各地30ケ所で結成され、2007年にリレーションシップみやぎとして結成された。わが子の非行に悩む親を中心に、弁護士、教師、学生など様々な人々が活動に参加している。

連絡先 World Open Heart 090−5831−0810

E-mail:world_open_heart.08@docomo.ne.jp
みやぎNPO夢ファンド応募相談会 [2010年02月01日(Mon)]

みやぎNPO夢ファンド応募相談会

募集に際してご不明に思われる点を解決する「応募相談会」を開催します。プログラム内容についての説明や、申請書記述のポイントまで幅広い相談に対応しています。昨年度は、31団体のみなさまにお越し頂きました。

ぜひこの機会をご利用ください。(事前予約制)

ステップアップ支援プログラム 2月25日(木)・3月1日(月)
組織開発(人材育成を含む)支援プログラム 3月30日(火)・4月1日(木)・2日(金)
スタートアップ支援プログラム 3月30日(火)・4月1日(木)・2日(金)

※いずれも10時〜17時 1団体につき50分以内

場所:特定非営利活動法人せんだい・みやぎNPOセンター
宮城県仙台市青葉区大町2−6−27 岡元ビル4F
電話022−264−1281

ご希望の日時、時間を電話またはファックスのいずれかによってお知らせください。調整後、再度、ご連絡を差し上げます。(担当:谷口・布田)

電話 022‐264‐1281
FAX 022-264-1209
みやぎNPO夢ファンド助成事業大募集 [2010年02月01日(Mon)]
みやぎNPO夢ファンド助成事業大募集

さまざまな社会的課題の解決に取り組んでいる宮城県内のNPOを支援する「みやぎNPO夢ファンド」。以下の3プログラムについて、助成対象事業を募集します。

(A)組織開発(人材育成を含む)支援プログラム

より優れた事業を継続して展開するために、組織の抱えている課題の解決を目的とした組織づくりや人材育成・情報発信の体制を強化したいNPOに対して、必要な経費の一部を助成します。

助成額 20万円(1万円単位)
助成団体数 1団体程度
応募締切 4月8日(木)17時

(B)ステップアップ支援プログラム

宮城県内におけるNPO活動のモデルケースへの発展が期待される非常に公益性の高い事業を実施するNPOに対して、その事業費の一部を助成します。

助成額 100万円
助成団体数 1団体
応募締切 3月10日(水)17時

(C)スタートアップ支援プログラム

すでに活動しているNPOによる新規事業の立ち上げや、これから活動を始めるNPOに必要な初期費用の一部に対して助成します。

助成額 20万円(1万円単位)
助成団体数 4団体程度
応募締切 4月8日(木)17時

詳しくはこちらからどうぞ。


けせんぬま☆☆みらい塾 [2010年01月22日(Fri)]
第3回 けせんぬま☆☆みらい塾

〜今の社会、どうしてこんなに生きづらいのでしょうか?〜

本日はみやぎNPO夢ファンド助成団体のひとつである「特定非営利活動法人ネットワークオレンジ」さんから、「けせんぬま☆☆みらい塾」(みやぎNPO夢ファンド助成事業)のご案内が届きましたので、お知らせします。

(以下、頂戴したメールからの転載)


さて、来る2月7日(日)、当法人主催のワークショップ「第3回・けせんぬま☆☆みらい塾」の開催が決定いたしました。

今回も(特活)せんだい・みやぎNPOセンター代表理事・加藤哲夫氏を講師に迎え、「今の社会、どうしてこんなに生きづらいのでしょうか?」というテーマでワークショップを実施いたします。

前回開催のワークショップでは、参加した皆様同士が意見交換を行い、スタッフにとっても大変有意義な機会となりました。

さらに詳しい内容は、添付したPDFチラシをご参照いただければと思います。



ハロウィン大作戦2009 [2009年10月15日(Thu)]
本日は「特定非営利活動法人ネットワークオレンジ」さんの「みやぎNPO夢ファンド」助成事業のご案内をお届けします。

ハロウィン大作戦2009&感謝祭

仮装行列で町のみんなを驚かし、お菓子をもらっちゃおう!

日時:10月31日(土)12:30集合

申込締切:10月17日(土)

詳しくはこちらの申込用紙をごらんください。

ママパパライン仙台 電話受け手養成講座 [2009年10月08日(Thu)]


本日は、せんだい杜の子ども劇場さんから「みやぎNPO夢ファンド助成事業」のご案内が届きましたのでお知らせします。


子育て応援ダイヤル ママパパライン仙台 
電話受け手 ボランティア募集&養成講座 開催



2004年にスタートした「ママパパライン仙台」は子育て中の方のための子育て応援ダイヤルです。現在毎週金曜日10時〜16時に行っています。

この応援ダイヤルは、ママヤパパが子育ての悩みや不安な気持ちを聴いてもらい受けてもらうことで、安定した気持ちを取り戻し、前向きに子育てや人間関係作りに取り組めるようになることを目指しています。

電話受け手のボランティアは、指導やアドバイスではなく、かけ手の気持ちに寄り添い、耳を傾け、共感的に聞く「傾聴」を基本に活動しています。

全養成講座受講後、スーパーバイザーによる審査を受け、活動することになります。

子育て支援をしている方、講座に関心のある方のために、一般聴講も受け付けています。

*受講料:電話受け手ボランティア希望者3000円(全講座資料代等)、一般聴講希望者 1講座600円

*申込方法:電話・ファックス・メールにてお申し込み下さい。(11/4締切)

*問合せ・申込先:特定非営利活動法人せんだい杜の子ども劇場 

〒981-3133 仙台市泉区泉中央4-17-1

TEL/FAX:022-375-3548

Emai:morinokodomo@s8.dion.ne.jp

http://www.hi-ho.ne.jp.terra/

*主催:特定非営利活動法人せんだい杜の子ども劇場

*宮城県・仙台市・社会福祉法人宮城県社会福祉協議会・社会福祉法人仙台市社会福祉法人・社団法人宮城県私立幼稚園連合会・河北新報社









みやぎNPO夢ファンド事業のご案内 [2009年09月24日(Thu)]


みやぎNPO夢ファンド助成事業

犯罪加害者家族のためのわかちあいの集い

犯罪加害者家族の支援をしている「World Open Heart」さんから、みやぎNPO夢ファンド助成事業のご案内が届きましたので、ご紹介いたします。

「犯罪加害者家族のための わかちあいの集い」

家族が「加害者」となってしまったことで、自分を責めている、日々周囲の人から責められている、職場や学校に行きづらい・・・など苦しい思いを一緒にわかちあいませんか。

参加を希望される方は、下記の連絡先までお申込下さい。

日時:2009年10月17日(土)14:00〜16:00

場所:参加希望者にのみ通知

連絡先:090−5831−0810 (World Open Heart事務局)

※「わかちあいの集い」参加者はあくまで「家族」であって、「加害者本人」は対象として
おりません。

| 次へ
プロフィール

さんの画像
みんみんファンド
プロフィール
ブログ
リンク集
http://blog.canpan.info/minmin_fund/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/minmin_fund/index2_0.xml