CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

こちら「みんみんファンド」事務局!

宮城県内には、子どもや高齢者、障がい者、環境や国際交流、芸術・スポーツなど様々なテーマで活躍するNPO・市民活動団体があります。その活動を支えるためにはお金が必要。みんみんファンドは、「いま、資金支援を必要とするところへ」資金を提供する、民(市民・企業・各種団体など)による民(NPO・市民活動団体)を支える仕組みです。


<< 2010年08月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
カテゴリーアーカイブ
最新記事
最新コメント
わくわく元気応援クラブ 大沼
みやぎNPO夢ファンド公開コンペ開催 (05/19)
最新トラックバック
助成事業報告書大賞のお知らせ [2010年04月15日(Thu)]
みんみんファンドの各冠ファンドで助成を受けた団体様から報告書を提出いただく時期がまいりました。

4月の末日が提出の締切ですが、準備は進んでいらっしゃいますか?

事務局一同、みなさまから報告書が届くのを首をなが〜くしてお待ちいたしております。

お忙しいでしょうが、よろしくお願いいたします。

そして、みなさまからいただいた助成事業報告書ですが、当センターでは昨年度からご提出いただく報告書から、表彰制度を設けています。

題して「助成事業報告書大賞」です。

今年も大好評につき開催することになりました。

昨年度は特定非営利活動法人ワンダーポケットさんが見事大賞を受賞されました。

ご参考までに昨年度の受賞報告書はこちらからどうぞ。

まだ詳細は未定ですが、当センター中堅スタッフによる審査を経て、大賞や他の賞を差し上げる予定です。

いただいた報告書はウェブサイトでご紹介させていただき、広く社会一般に公開させていただきます。

それでは、よくわかる! 楽しい! 助成事業報告書をスタッフ一同お待ちしております。
助成事業報告書大賞賞品授与 [2009年08月24日(Mon)]
助成事業報告書大賞
「やる気が見えるで賞」賞品授与式 in 名取

受賞されたのは、「国際交流ボランティアグループ ともだち in 名取」さん。

名取市市民活動支援センターで開催している「お茶っこin名取」にて、当日、相談業務にあたっていたせんだい・みやぎNPOセンターの太田が賞品を贈呈させていただきました。

「写真を撮るの?ドレスを着てこなかったよ」という声が聞こえてくる、楽しい雰囲気での贈呈式。「何が出てくるかな?」というみなさまのご期待のなか、出てきたのはかわいいキャラクター文具でした。思わず子どもさんたちからは、「欲しい!」という声が。

見事受賞された助成事業報告書は、臨場感あふれるリポートになっていて、雑誌のように楽しく読める点が高く評価されました。

毎回の研修タイトルが「士気向上!」と繰り返されるので、やる気がよく見えたのが受賞の理由です。これからも頑張ってくださいね。










助成事業報告書大賞 [2009年07月03日(Fri)]


助成事業報告書大賞で次点を受賞した「せんだいファミリーサポート・ネットワーク」さんへ、資金提供者の「東北労働金庫宮城県本部」さんからお子さまたちのためにとおしぼりセットをご提供いただきましたので、早速、お届けに上がりました。

 

事務局長の出雲洋一さんは、「宝くじが当たったくらいびっくりしました(笑)。一生懸命書いたので、評価して頂いてたいへんうれしいです。事務局はなかなか日の目をみない存在なので、励みになります」というコメントをくださいました。


助成事業報告書大賞を始めます!!■■■ [2009年04月23日(Thu)]


■■■助成事業報告書大賞を始めます!!■■■

せんだい・みやぎNPOセンター
代表理事 加藤哲夫


助成金の報告書を提出いただく時期がまいりました。
準備は進んでいらっしゃいますか?

よく、「助成金提供はありがたいけど、あの報告書を書くのが面倒で・・・」
という声を耳にします。

原則からいうと、社会の(他人の)お金を使って企画した事業を適正に執行し
たかどうか、報告する義務がある、ということは自明の理です。これがわから
ないとNPOは困りますね。

しかし、大変だという実感は、わかります。
私も大変でしたから・・・

上手に報告書をつくるポイントをお教えします。

@事業の実施中から、必要な写真や資料をバインダーなどにファイルしておく。
(あとから記憶で探すと、時間がかかりますね。)

A必ず、助成金の申請書を手元において、参照しながら報告を書く。
(特に決算書がそうですが、申請時の内容と乖離しているのはダメですね。)

B報告先は、資金の提供者(ドナー)であり、市民であると考える。
(事務局に出すのではなく、広く市民に公開され、資金提供者に渡されます。)

C広く活動と成果を市民にアピールする機会だと考え活用する。
(広報活動と考えましょう。当センターHPでも掲載。リンクを張ってPR!)

というようなことができれば、また支援が届き、団体の信用が高まります。

さて、そんな助成事業報告書ですが、今年の提出いただく報告書から、
表彰制度を設けます。題して、「助成事業報告書大賞」です。

まだ内容の詳細は未定ですが、今年度は試行期間として、当センター内で審査
をさせていただき、大賞や他の賞を差し上げ、その報告書をHPでも皆さんの
参考になるように紹介させていただきます。

以下の2008年度助成事業のすべての報告書を対象にさせていただきます。
・みんみんファンド(本体)
・ふくふくファンド
・ろうきん地域貢献ファンド
・みやぎNPO夢ファンド

大賞の選考は、5月末、発表は6月初旬を予定しております。

さあ、頑張って、よくわかる! 楽しい! 助成事業報告書をご提出ください。

以上
プロフィール

さんの画像
みんみんファンド
プロフィール
ブログ
リンク集
http://blog.canpan.info/minmin_fund/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/minmin_fund/index2_0.xml