CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

こちら「みんみんファンド」事務局!

宮城県内には、子どもや高齢者、障がい者、環境や国際交流、芸術・スポーツなど様々なテーマで活躍するNPO・市民活動団体があります。その活動を支えるためにはお金が必要。みんみんファンドは、「いま、資金支援を必要とするところへ」資金を提供する、民(市民・企業・各種団体など)による民(NPO・市民活動団体)を支える仕組みです。


<< 2010年08月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
カテゴリーアーカイブ
最新記事
最新コメント
わくわく元気応援クラブ 大沼
みやぎNPO夢ファンド公開コンペ開催 (05/19)
最新トラックバック
ろうきんファンドAコース助成先決定! [2007年09月05日(Wed)]
 2007年度の「ろうきん地域貢献ファンド」Aコース(企画助成コース)につきましては、以下の3団体への助成が決定いたしました。ご応募、お問合せいただいた皆さま、誠にありがとうございました!

  ・特定非営利活動法人チャイルドラインみやぎ
  ・みやぎ自殺対策リボン委員会
  ・特定非営利活動法人やまぼうし

 詳しい審査の経緯等につきましては、どうか〔続き〕をご覧下さい。
【 応募状況 】

 募集要項に基づいて2007年7月30日17:00必着で、助成事業の募集を行ったところ、助成枠4に対して、4団体から応募がありました。(応募いただいた団体・企画の一覧はこちら

【 書類審査 】

 応募企画について、2007年8月23日(木)午前、東北労働金庫宮城県本部9階会議室にて、以下のメンバーによる書類審査会が開催されました。(敬称略 順不同)

 楳原惣一郎 連合宮城 会長
 高橋康夫   宮城県労働者福祉協議会 事務局長
 増子良一   イートス株式会社 代表取締役社長
 伊藤恵一   東北労働金庫宮城県本部 副本部長
 加藤哲夫   特定非営利活動法人せんだい・みやぎNPOセンター代表理事

審査は、
 (1) 各団体の活動概要の紹介、応募内容について事務局から説明を行う。
 (2) 説明内容について、質疑応答を行う。
 (3) 各委員が審査基準に基づき採点を行う。
という流れで行われ、予め定められた6つの審査基準により(審査基準・評価基準はこちら)、(1)〜(5)については各審査委員が、(6)については事務局が、それぞれ1〜5点の評価をつけました。その結果は、以下の通りでした。


《 得点計算方式 》
 * 各審査委員:5点×5基準=25点。 事務局:5点×5(審査員数)=25点。
 * (2)必要性、(4)実現性は1.5倍して加算され、満点は175点になります。

 尚、A・Bコース全ての助成案件の審査終了後、審査会で協議した結果、得点が満点の6割(105点)に満たない案件については助成を見送り、上記の3団体について、それぞれの申請額を満額、助成を行うことが決定されました。

----------------------------------------------------------------
 今回の助成金提供は、東北労働金庫の預金者の方から自動振替で定期的に寄付をいただく「ろうきんNPO寄付システム」による寄付金と、定期預金の利息の一部(税引き後の利息の30%)が寄付される「NPOサポーターズ」による寄付金に、東北労働金庫宮城県本部様の拠出金を加えた1,532,347円を原資として実施されました。
プロフィール

さんの画像
みんみんファンド
プロフィール
ブログ
リンク集
http://blog.canpan.info/minmin_fund/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/minmin_fund/index2_0.xml