CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
特定非営利活動法人せんだい・みやぎNPOセンターのブログ
特定非営利活動法人せんだい・みやぎNPOセンターが運営しているブログです。

仙台市、宮城県の市民活動やNPOの情報を中心に、中間支援組織ならではの情報をお届けします!
« 2015年12月 | Main | 2016年02月 »
<< 2016年01月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
【まち・むすび助成金】第2期公開審査会を開催しました【2015年12月13日】[2016年01月27日(Wed)]

「みんみんpresents まち・むすび助成金」の第2期助成団体を決定する公開審査会が、師走も半ばを迎えた 2015年12月13日(日)13:00 〜 16:30 に、仙台市市民活動サポートセンター 6F セミナーホールにて開催されました。

001.JPG

開会の挨拶の後、第1期助成団体である以下5団体に活動紹介を行って頂きました。

 関山街道フォーラム協議会(事業名:探訪会・作並駅回転台見学会他)
 多賀城市高橋東二区町内会 (事業名:認知症予防健康麻雀)
 Anego (事業名:東北レインボーSUMMER他)
 mon-stella (事業名:1日で弾ける!楽器講座)
 みやぎ夢燈花 (事業名:みやぎ夢燈花2015)

進行の都合上、1分間という大変短い団体紹介となってしまいましたが、各団体ともに「活動内容」と「本助成の効果」を端的にまとめられ、「この9ヶ月の活動の成果が現れている」と審査員にも好評でした。一方、当日参加できなかった団体の皆様につきましては、事前に頂いたメッセージを次第書に別添しております。

続いて、審査員として以下の5名の方をご紹介させて頂きました。

 天野美紀(仙台市教育局 生涯学習課)
 大泉大介(河北新報社 デジタル推進室)
 大滝精一(東北大学大学院経済学研究科教授 経営政策担当/当センター代表理事)
 大野加南恵(東北学院大学 工学部 電子工学科)
 金子昭夫(多賀城市高橋東一区 区長)
  ※五十音順・敬称略

002.JPG

いよいよ公開プレゼンテーションの始まりです。
今回は書類審査を通過した以下の11団体の皆様に発表して頂きました。

 気仙沼ゲストハウス架け橋
 IT同好会・フレッシュパール会
 みやぎ高次脳機能障害友の会 岩沼
 にこまむフィットネス
 七ヶ浜ぼっけ倶楽部七友会
 関山街道フォーラム協議会
 七夕の仕掛けモノを作ろうプロジェクト
 富沢・長町地区おやじの会地域ネットワーク推進委員会
 特定非営利活動法人麦の会
 一般社団法人梅部
 ぼ〜だれすアートくらぶ BACせんだい

昨年と同様に「持ち時間の5分間で何をアピールできるか」が問われるプレゼンとなりますが、今回も熱意の籠もった口述に留まらず、パワーポイントを駆使したプレゼンでは、審査員全員が真剣に聞き入る場面もあり、寸劇や綱引きの実演に至っては、会場全体が盛り上がる一幕までと、時間を感じさせない充実した公開プレゼンとなりました。

003.JPG

004.JPG

5分間のプレゼン後は、5分間の質疑応答となります。
審査員からの鋭い質問や的確なアドバイスが飛び交います。

全11団体のプレゼン終了を受けて、審査委員長の大滝理事から、「事前に読んでいた申請書よりも、プレゼンでの話はずっと良かった。採択後は、本助成をきっかけにして協働の輪を広げ、次のステップに進むような活動を続けて下さい。そのためにも、10万円で何が達成できるかという『具体的な目標と成果』を意識すると共に、『振り返り』を行って『何ができて何ができなかったか』を整理することが重要です。また、単独ではできることが限られるので、パートナーや応援団を作るような活動も心がけて下さい」と総評を頂きました。

005.JPG

前回に引き続き、今回の公開審査会でも、会場後方に募金箱を用意し、各団体への寄付を募っておりましたが、「あそこの団体は大変そうだから募金していこう!」と団体から団体へと寄付する姿も見え、本助成の目指す「小さな協働」に「互助のつながり」が加わり、一層力強い「協創」の芽生えを予感させました。

また、公開審査会終了後の交流会では、始めて顔を合わせた団体同士が意気投合して、「更なる協働」の約束を取り付けるという意外な交流もあったようです。

そのような中、階下の研修室4では、審査員による厳正な審査が行われていました。

昨年に引き続いて審査員をお願いした大野さんと金子さんからは、「協働」という本助成の趣旨についての鋭いご指摘が相次ぎました。
また、河北新報社の大泉さんからは「これだけの団体が熱く活動していることを、ウチの社は知っているだろうか」と意外な本音が飛び出し、継いで、仙台市職員の天野さんの「事前に読んでいた申請書と、プレゼンでは印象が全く異なる」という意見に、当センターの大滝理事からも同意の声が挙がりました。

白熱の審査を経た満場一致の結論は、「『まち・むすび助成金』は、金も出すが口も出す助成金である。それを踏まえ、一部の団体には減額をした上で、全団体を採択する」とされ、減額された団体も、満額採択の団体も、当センターの伴走型支援と共に事業を実施する運びとなりました。

2016年は、第1期と第2期を合わせた21団体との伴走型支援が始まります。どうぞご期待下さい。(文責:大町事務局 高荷)

【まち・むすび助成団体】一日で弾ける楽器講座! マシュマロック!!! 【mon-stella × 尚絅ピア】[2016年01月08日(Fri)]

クリスマス気分の高まる2015年12月23日(水)の夕暮れ時に、体格に比して大きく見えるギターケースを担いだ後ろ姿が、太白区中央市民センター地下2階スタジオに吸い込まれて行きました。他にも、同世代と思われる女学生を含めた計5名が次々と入室していきます。彼らこそが今日の主役「1日で弾ける!楽器講座 マシュマロック!!!」の生徒たちです。

この講座は、小学生から大学生までを対象に、楽器演奏に触れる機会や、若者同士が繋がりを持てる環境を提供し、そこで得られる達成感を、自尊心へと昇華させることを目的として活動する学生バンドの「mon-stella」と、尚絅学院大学のサークル「尚絅ピア」の協働事業の一環として実施されています。詳しくは下記のリンクをご覧下さい。

★参考リンク
ONEDAY楽器講座「マシュマロック!!!」

再び生徒たちに目を戻しますと、大学生1名と高校生4名の皆さんが、それぞれ、ギターに男性2名と女性1名、ベースに男性1名、ドラムに女性1名と分かれていきます。特に、ギターとベースの男性2名は常連さんとのことで、機材のセッティングを進める「mon-stella」メンバーと一緒に慣れた手つきで準備をしていました。

p001.JPG

サウンドチェックが終わったところで、「mon-stella」の白鳥さんより開催の挨拶となりました。それに続いて、生徒たちも自己紹介を行います。その後、練習曲の解説や注意点の説明を経てから、その一曲を通して聴音しました。

いよいよ、ギター、ベース、ドラムと3ヶ所に分かれて練習開始です。
ギター3名は「mon-stella」のギタリスト「スガさん」が担当し、ベースとドラムは白鳥さんが先生を務めます。
最初は少し緊張気味だった生徒たちも、練習が進むと表情が和らぎ、スタジオ内は程よくリラックスした空気となりました。

p002.JPG

「何度か手を止めて練習曲を聞き込み、再び楽器に向かっては練習」を繰り返す真剣な表情の生徒たち。
30分ほど過ぎると、ぎこちなかった単音が「フレーズ」へと変わりました。

透かさず、白鳥さんから「いったん合わせてみましょう」と声が掛かります。
ドラムの拍子に合わせて、ギターとベースが加わり、音合わせの始まりです。
何回かトライ&エラーを重ねた末、なんとか自分のパートを完遂させた生徒たちは、一様に嬉しそうな笑顔を浮かべます。

p003.JPG

短い休憩を挟んで、白鳥さんとスガさんから「上手に弾くポイント」の教示を受けると、再び白熱の練習タイムです。
楽器に慣れることが第一目標だった前半とは異なり、それぞれのレベルに応じた練習となりました。

p004.JPG

集中するあまり、スタジオ内に篭っていた熱気さえも忘れていた20時40分頃に、「最後に皆で合わせてみましょう!」と白鳥さんの声。
先生と生徒が一体となって演奏すると、「フレーズ」が重なりあって、厚みのある「サウンド」へと変貌。
「やった!」と表情を明るくする生徒たちと、「上手いね!」と頷き返す白鳥さんとスガさんの笑顔に胸が熱くなります。

演奏を通じて「一体感」を味わった7名の若者たちは、20時50分の講座終了後も、まだまだ話が尽きない様子でした。

p005.JPG

さて、今回の講座では、「mon-stella」の先生お二人が、生徒たちのペースに合わせて声がけするためか、上達速度が異常に早かったことが印象的でした。相手に合わせて対応するピアカウンセリングの本領発揮を目の当たりにした思いです。

もし、このテクニックが年齢や音楽のジャンルを越えて適用できるのだとしたら、「定禅寺ストリートジャズフェスティバル」に向けた取り組みとしても有効ではないかと考えさせられました。

ところで、このような音楽の練習は、海外なら「ガレージ」となるのでしょうが、日本の住宅事情では「思い切り練習できる場所」自体が少なく、また費用もかかることから、諦めてしまう人も多いのではないでしょうか。

「楽都仙台」として屋外フェスも増えてきた昨今に因むなら、産官学民一体の「場所の提供」という支援があっても面白いかと思います。

折しも、せんだいメディアテークにて「せんだいリノベーションまちづくり」が開かれ、未来の都市計画が語られる時分でもあります。
好きなだけ楽器を練習できる防音改装された空きテナントがあっても面白いかも知れません。
あるいは、こういった取り組みこそが、仙台発のミュージックシーンを勃興させ、延いては、日本のバンドが世界を席巻するなどという夢を想い描くことも「まちづくり」には欠かせないのではないかとも考えます。

果たして、産官学民の取り組みになるか、NPO単体となるか、模索してみる価値はありそうです。(文責:大町事務局 高荷)

最新コメント
月別アーカイブ