CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
NPO法人クラブハウスこころのリカバリーの公式ブログです。スタッフによる活動報告やイベント告知等を行っています。


2019年10月13日

台風19号明け


今日は素晴らしい晴天です。
ホームのメンバーの部屋は窓のシャッターが開いて、ベランダに洗濯物を干しているメンバーもいます。
ホームの建物も異常がなく、浸水もありませんでした。
posted by kuniko_sakamoto at 10:54| Comment(0) | TrackBack(0) | (カテゴリなし)

2019年10月12日

台風19号 緊急速報が届いた


暴風雨が続いています。

21時半ごろ、防災無線の緊急速報が携帯に届きました。あのアラームは怖い!
「命の安全を確保してください!」のメッセージに緊張。
ホームのメンバーAさんから「今すぐ避難したほうがいいんでしょうか」と問い合わせ。
私は「暴風雨なので外に出ないように。できるだけ窓から離れて!」とみんなに伝えました。
メンバーのほとんどは「ですよね。窓のシャッターもうとっくに閉めました」と落ち着いている。
メンバーのBさんは私の緊張をよそに「あのぅ、窓のシャッター閉めた方がいいんですか?コンビニ行きたいんですけど」とのんびり。
Bさんの声を聴いて、緊張がとけました。
posted by kuniko_sakamoto at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | (カテゴリなし)

台風19号


今夜はホームで当直です。
練馬も暴風雨が続いていますが、幸い停電なし、避難勧告なしです。
練馬区のホームページもこまめにチェックしていますが、昨日から更新されていません。
一方、隣の板橋区は避難勧告が出ました。荒川でしょうか...
隣の豊島区も警報が発令されました。
世田谷はこんな暴風雨の中、避難指示がでました!多摩川でしょうか...
posted by kuniko_sakamoto at 20:38| Comment(0) | TrackBack(0) | (カテゴリなし)

2019年10月06日

研修会でプレゼンしました


知的発達障害部会 利用者支援研究会でプレゼンをしました。

日時:9月28日(土)13:00〜16:30
場所:東京都社会福祉協議会(東京都飯田橋)
内容:私達の知らない自閉症の世界V〜支援の原点 これからの福祉〜

参加された方たちの6〜7割ほどが、成人の発達障害者の支援をされている方でした。
心理知能検査でIQ値が平均範囲の発達障害は「高機能自閉症」とよばれ、
知的に障害のある自閉症と区別されています。
では、IQ値が130以上の発達障害は?
そのような当事者にであったことは? 
65名ほどの参加者のなかで、お一人だけ手を挙げた方がいらっしゃいました。
当日は、IQ値が130以上の高知能の自閉症の世界の紹介と、高知能の人たちが社会生活で障碍がないわけでは決してないこと、自閉症のなかには、IQ値が高く出る傾向にあるハイパーレクシアHyperlexiaの人たちが一定数いて、その人たちのことは日本ではほとんど知られておらず、障碍への配慮もまだほとんど行われていないこと、などを話しました。

posted by kuniko_sakamoto at 18:19| Comment(0) | TrackBack(0) | (カテゴリなし)

2019年09月20日

7周年


9月1日にクラブハウスIPSが7周年を迎えたのでお茶会をしました。
7thAniv.jpg

NPOこころのリカバリーが活動をはじめて7年、前身のボランティア団体こころのリカバリーの活動を含めると、間もなく9年になります。
posted by kuniko_sakamoto at 20:39| Comment(0) | TrackBack(0) | (カテゴリなし)

2019年08月24日

美しすぎる羊羹


言葉をうしなうほど美しい羊羹に出会いました。

IMG_1839.jpeg

深くて透明なブルーに銀色の粒子が舞い、ほのかな赤みを含んでいます。 

IMG_1828.jpeg

差し入れをしてくれたスタッフは、真夏の炎天下、片道20kmの道のりをかけて、この美しい羊羹を求めたそうです。これほど人を惹きつける羊羹は、作ったひとの心から生まれたのでしょう。
IMG_1826.jpeg

羊羹をながめながら、作った人の美しいこころの風景を思いました。

posted by kuniko_sakamoto at 16:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 報告

2019年08月22日

場所が少し離れていますが


二日間限定オープンの美術展の紹介です。
IMG_0090.JPG

IMG_0091.JPG

この美術展のパンフレットの次の文章が印象にのこり、この美術展を紹介したいとおもいました。
IMG-0092.JPG

posted by kuniko_sakamoto at 14:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報

都美術館TURNフェス


18日の日ようび、上野の東京都美術館のアートフェスティバルにいきました。
IMG-0093.JPG

このアートフェスティバルは、パンフレットに「違いを超えた出会いで表現を生み出すアートプロジェクト」と紹介されていました。
私個人は「違いを超えようと思わなくていい」と思っています。
会場は「障碍者の作品展示」でおわらない、見る人との交流、に視点があてられていました。私自身は、会場の一室のハンモックにねそべって、ゆる〜い時間を過ごせたのが最高でした。まわりに知らない人たちがたくさんいて、それぞれが自分の時間を過ごしている。公園とか海辺やキャンプ場で過ごすのともまったく違う。その違いは、<公園とか海辺やキャンプ場は、場所取りしたり、周りに迷惑をかけないように気を使ったり、「周りの目」を意識する>のに対して、このアートフェス会場では、「周りの目」を意識しないで過ごせる心地よさがあったことです。
posted by kuniko_sakamoto at 13:55| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントレポート

2019年08月10日

書けなかった問診票


Aさん(仮名)はこのところ、ずっと微熱が続いていて、食欲もありません。

顔がすっかり細くなり、別人のようです。
私「明日、内科に一緒に行きましょうよ」
Aさん「外は暑いですよね。もう少し、涼しくなってから。。。」
内科受診は気が進まないようです。ニュースなどの雑談。
Aさん「テレビつけると、いやなニュースばかりで。。。京アニの放火事件、ひどいですね」
私「ひどいことしますね」
Aさんは視線を落としました。
私「犯人のこと、どう思います?」
Aさんは、つぶやくような小さな声で
「(ニュースで)訪看が入ってたそうですよ。」
間もなくAさんは、主治医の指示で内科を受診することになりました。
内科の外来受付で渡された問診票に、Aさんは「治療中の病気」「服薬中の薬」の欄でしばらく鉛筆を止めました。そして「なし」にチェックしました。
Aさんは精神疾患で、長い期間、服薬治療を続け、訪問看護も受けています。
「なし」にチェックをした時、Aさんには小さな葛藤があったかもしれません。
先の、私「ひどいことしますね」は「ニュース報道側が、ひどいことをしますね」という意味もあります。
posted by kuniko_sakamoto at 13:23| Comment(0) | TrackBack(0) | できごと

2019年08月05日

つくりっこの家クラブハウスのオープンハウス


練馬で40年間活動されてきた、障がいのある人もない人も一緒に働く、つくりっこの家クラブハウス、の移転オープンハウスに行きました。

移転先は、今までの、大泉学園の一般民家からほど近い、学園大通り沿いの3階建てリニューアル建物です。クッキー工房とさき織工房も同じ建物になり、通り沿いに面してお店もオープンされるそうです。

お土産に頂いたクッキー。ここで作って、販売されます♪

cokie02.jpg cokie01.jpg

つくりっこさんでの私は、お客さんのときもあり、見学同行者のときもあります。つくりっこさんでは、だれもが忙しそうに働いています。そんななかで、忙しくて放っておかれる時間がありますが、そんな時間、自分が場違いな感じとか、間が持たない感じがなく、居心地がいいのが不思議です。自分の家のような感じでしょうか。お母さんたちが忙しく働いていて、自分は絵本をのんびり見ているような。
posted by kuniko_sakamoto at 12:16| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントレポート