CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

(特非)NPOみなと しほがま 光源氏が愛したまち『塩竈』より

 「紫式部の著した源氏物語」 塩釜(塩竈)は、東北で最も長い歴史を積み重ねてきた町です。そして古来より、美しいものの代名詞・歌枕として多くの歌に詠まれている地でもあります。源融(みなもとのとおる)は、「源氏物語」の主人公「光源氏」のモデルの一人といわれ、今から千年以上も前に、千賀ノ浦(塩釜湾)の風光明媚な風景をこよなく愛したといわれています。この塩釜の地から、「海、みなとに育まれてきたまち塩竈の歴史、文化を発掘し、広く市民等への普及を図り、そして郷土への愛着心を育み、海、みなとを生かした活気あるまちづくりを進める特定非営利活動団体のブログです。
 なお、「塩釜」と「塩竈」どちらも同じ「しおがま」です。


旧えびや旅館の保存活用について その後

[2015年10月30日(Fri)]
しばらくぶりの更新となります。
皆様にご支援をお願いしております。
旧えびや旅館(前松亀園)の保存活用については、市民の皆様による後押しにより、金融機関からの融資により土地建物を当NPOが取得し保存いたしました。。
 その後、保存活用のための様々な活動により、国(経済産業省)及び宮城県のご支援により現在建物の改修を行っております。
 活用方法としては、取得後に開催した市民有志によるお掃除会や車座会議により提案された「 塩釜のお菓子の情報発信やワンディシェフによるコミュニティカフェと塩釜の様々な歴史文化をご紹介する施設、まちかどトイレ」として活用することになりました。
 現在その改修中の様子をフェイスブックでご紹介中ですのでご覧下さい。
みなとしほがま えびやはれま フェイスブック
https://www.facebook.com/%E5%A1%A9%E9%87%9C%E3%82%91%E3%81%B3%E3%82%84%E3%81%88%E3%81%B3%E3%82%84%E3%82%AB%E3%83%95%E3%82%A7%E3%81%AF%E3%82%8C%E3%81%BE-390085501186074/photos

また、塩竈では現在「しおがま夢博」を10月末まで開催中です。
そのファイナルイベントとして旧えびや旅館の改修中の建物内部の見学会を下記の日時で開催します。
 ご案内は、みなとしほがまのメンバーでもある建築士の改修設計者がご案内します。
ただし、見学料は無料ですが、建物のスペース並びに改修中であることを踏まえ、各開催時間、先着15名の方々に限らせていただきます。整理券を発行致します。
 受付は、旧えびや旅館隣の総合案内所で受付配布となります。
なお、詳しくは、塩釜商工会議所(TEL 022-367- 5111)にお問い合わせください。

                  記

 しおがまみなと夢博 ファイナルイベント 旧えびや旅館プレオープン見学会
          日時 平成27年10月31日 (土)
11:00〜 12:00〜 13:00〜 14:00〜  各定員15名まで

 旧えびや旅館所在地 塩竈地名発祥の地 お釜神社前(住所・宮城県塩竈市本町9−3)

 引き続き、土地建物の取得や改修工事に要した費用の募金活動を行っています。
皆様の暖かいご支援お待ちしています。
 
 PS NPOみなとしほがま 観光ボランティアガイドの会 フェイスブックは下記をご覧下さい。
   https://www.facebook.com/minatoshiogamaguide 


 







 
Posted by NPOみなとしおがま at 00:26 | 歴史的建造物 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。

この記事へのトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/1133880
コメント
プロフィール

NPOみなとしほがまさんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/minatoshiogama/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/minatoshiogama/index2_0.xml