CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« はっぴーあいらんど☆ネットワーク 健康相談会と甲状腺エコー検査 | Main
<< 2018年01月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
最新コメント
京都の橋本より
もうすぐ1年、いま考えること (02/14) 千葉
手作り酵素の会 (10/17) 沖村
手作り酵素の会 (09/29) 佐藤さとみ
6月の講座と健康相談 (06/03)
カテゴリアーカイブ
「初期被曝の衝撃〜その被害と全貌」勉強会のお知らせ  フクシマンの福島リポートから転送[2018年01月10日(Wed)]
「初期被曝の衝撃〜その被害と全貌」勉強会のお知らせ〜 フクシマンの福島リポートから転送

テーマ:草の根の市民運動を学ぶ
 初期被爆について、是非読んでみたい本が出版されました。
 残念ながら、私もまだ読めていないのですが、是非読んでみたいと思っている1冊です。

 よんでもいないのに恐縮なのですが、こちらの本の勉強会が開かれるという情報を、福島市の方からいただいたので、共有させていただきます。

 著者の山田國廣さんもいらっしゃるそうです。

 私も是非参加してみたいと思っています。

########

「子どもと 家族と 自分を守る初期被曝の衝撃 勉強会キックオフ&意見交流ミーティング」

2018 年1月21日(日)午後 3 時〜8 時

● 会場/郡山しんきん開成山プール・会議室
福島県郡山市開成一丁目5番12号 電話1(プッシュホン)024-924-3441

● 主催 / ふくしまと全国の集い 準備会
暫定呼びかけ人 / 佐藤八郎(飯館村村会議員) 他

 さあ民の反撃 を!!

 隠され続ける「初期被曝」の真実をつかみ、加害者を特定し、原状回復と正当な補償を勝ち取りましょう。

 原発事故の真因が地震であることを立証し、再稼働はもちろん、全原発の廃絶への道をしっかりと拓きましょう。

 いまなお事故現場から大量に大気中と海洋に放散されている放射性物質の全国・全世界への放散と被曝被害を直ちに止めましょう。

 山田國廣さんによる「初期被曝の衝撃〜その被害と全貌」は、そのための強力な味方。しかしこれを有効な武器とするためには、わたしたち一人ひとりが原子力や放射性物質についての初歩的知識を得るだけでなく、「証拠」としての被曝被害を証す手段を身につけ、なおかつ全世界に広がる放射性物質や今後も必ず起きる原発事故から子どもと家族と自分を守り抜くための方法などを、自ら考え・身につけていかねばならないと思います。

 いま、大阪・福島・愛知などで、この本を上手に生かしていくための共同勉強会の準備が始まっています。

 今回の集りは、それをスムーズに進めるための打ち合わせであり、山田國廣さんもお招きしてその助言を頂くとともに、ゆるやかな交流の場である「ふくしまと全国の集い」の今後の基本となる方針についての意見交換もしたいと考えています。

 ぜひ多くの方々のご参加・ご参画をお待ちしております。
Posted by 橋本 at 23:45 | この記事のURL
この記事のURL
http://blog.canpan.info/miharu1126/archive/115
プロフィール

橋本さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/miharu1126/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/miharu1126/index2_0.xml