CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2017年10月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
最新コメント
京都の橋本より
もうすぐ1年、いま考えること (02/14) 千葉
手作り酵素の会 (10/17) 沖村
手作り酵素の会 (09/29) 佐藤さとみ
6月の講座と健康相談 (06/03)
カテゴリアーカイブ
山田國廣講演会&福島・東葛活動報告会決定!in松戸・千葉[2017年10月07日(Sat)]
健康自立を目指し互いに助け合う、快医学ネットワークの活動報告会のお知らせです。http://kainet.fem.jp/wkn2/


11月4日(土)山田國廣講演会&福島・東葛活動報告会決定!in松戸・千葉

時間:11時〜19時
場所:馬橋市民センター(千葉県松戸市)
     参加費1200円

第1部:山田國廣氏講演会「福島原発問題点の全てを開示します!−初期被曝の真実から今現在まで。」時間:11時〜13時

山田國廣氏:工学者・京都精華大学名誉教授・エコロジスト・環境問題に関する著書多数
『放射能除染の原理とマニュアル』藤原書店2012
・避難・疎開は、最も効果的な人体の除染および被曝予防対策である。
◦ 住宅、道路、学校、田畑、森林、水系……さまざまな場所に蓄積した放射能から子供たちを守るため、現場で自ら実証実験した、「原理的に可能な放 射能除染」の方法を紹介。

第2部:
13時〜16時:山田國廣先生を囲む交流会(会議室)
第3部:16時〜19時
福島・東葛活動報告会
・パネラー/関久雄(福島県二本松市)香取直孝(千葉県松戸市)橋本俊彦(福島県三春町、現在長野県松本市在住/ビデオ参加予定)
・松戸市議会議員、DELI議員と増田薫議員の報告
・福島県からの避難者の報告/住宅支援打ち切り後の生活について
交流会:19時〜21時

【問い合わせ】NPO法人快医学ネットワーク事務局 
野本 rengesouan@mx6.ttcn.ne.jp
Posted by 橋本 at 10:41 | この記事のURL
保養相談会のご案内[2017年10月06日(Fri)]

「ほよ〜ん相談会2017冬」
【日程と会場】(^◇^)
★【1日目】★2017年11月18日(土)
中通り相談会(郡山市)13時〜17時
会場:郡山市民文化センター1階 展示室
(〒963-8878 福島県郡山市堤下町1−2)
http://bunka-manabi.or.jp/kc-center/

■1日目の予定)
11:00〜12:00 スタッフ集合・会場設営(野菜の袋詰めは終了済み
12:00〜13:00 参加団体集合・打ち合わせ・ブース準備
13:00〜17:00 「相談会」
17:00〜17:30 撤収作業
17:30〜18:00 ふり返り(同会場にて) ←翌日の交流会があるので簡略化

※会場内で快医学手当て隊の手当てコーナー及び健康相談を受け付けています。
==

★★【2日目】★★2017年11月19日(日)
〜311受入全国協議会5周年企画〜
原発事故から7年目の今を考える「いのちと希望の全国交流会」
日時:11月19日(日)9時30分〜15時
会場:郡山市民文化センター5階 集会室
(〒963-8878 福島県郡山市堤下町1−2)
http://bunka-manabi.or.jp/kc-center/

■2日目の予定)
08:30 スタッフ集合・会場設営     
09:00  参加団体集合・打ち合わせ
09:30〜11:30 送り出し団体と受け入れ団体の意見交換会<クローズド>
11:30〜12:30 昼食休憩
『市民による測定』からわかること、考えること <一般参加>
12:30〜13:15  いわき放射能市民測定室たらちね  活動報告 45分
13:30〜15:00 『 福島県内での測定について(仮)』
 講師:吉田千亜さん(フリーライター) 質疑応答含め90分
15:30〜16:30 ふり返り(同会場にて)

===

◆主催:311受入全国協議会
◆協力:未知の会、踏青楽舎、フクシマの子ども保養プロジェクト、青空保育たけの子、ライフケア、Earth Angels、かふぇぷらす郡山、3a!郡山(安全安心アクションin郡山)、はっぴーあいらんど☆ネットワーク、銀河のほとり、いわきの子どもを守るネットワーク、いわき放射能市民測定室たらちね、森の遊学舎/こめらの森・南会津、とちの実保養応援団
   
◆後援:福島県、福島県教育委員会、郡山市、郡山市教育委員会
◆協賛:特定非営利活動法人 CWS Japan0001-8-150x150.jpg
Posted by 橋本 at 18:08 | この記事のURL
快医学講座・福島[2017年10月06日(Fri)]
9月30日(土)須賀川市で快医学講座を行いました。
写真は歪みのチェック法、その後に操体法で歪みを治していきます。人のからだは家の構造と同じです。歪みによって血液の循環にも影響しますので、内臓の問題もまずは、筋骨格系の歪みを治します。さらに学びたい方は、11月4日㈯、5日㈰の2日間、須賀川市で基礎と実践講座があります。

22281318_1416470028450041_294854554_o.jpegCIMG0949.JPG
Posted by 橋本 at 14:10 | この記事のURL
シンポジウムのご案内 〜原発避難の現実から考える〜[2016年11月20日(Sun)]
■シンポジウム
 原発安全神話と科学技術の問い直し
  〜原発避難の現実から考える〜

http://www.tku.ac.jp/news/018364.html (チラシはHPよりDL可)
県外避難者の「命綱」であった住宅補助の今年度末での打ち切りや福島県
県民健康調査の結果の扱い方から,避難そのものを「ない」ものにしてしまおう
という圧力を感じます。シンポジウムでは,初めて「避難者の権利」を保障した
チェルノブイリの実例に学びながら,「科学」のあり方に迫ります。


日 程: 2016年11月26日(土)14:30〜17:30
場 所: 東京経済大学 国分寺キャンパス 大倉喜八郎進一層館
     http://www.tku.ac.jp/access/kokubunji/
備 考: 参加無料、参加申込不要
主 催: 東京経済大学学術研究センター、環境思想・教育研究会

●基調講演
  「チェルノブイリ原発事故と『避難者の権利』」
     尾松 亮 氏(ロシア研究者,関西学院大額災害復興制度研究所研究
    員。著書に『原発事故 国家はどう責任を負ったか』,『3・11とチェル
    ノブイリ法』ほか。岩波書店の雑誌『世界』2016年5月号〜12月号に連
    載中)

●特別発言
   「福島第一原発事故・母子避難の苦悩」
     吉田 千亜 氏(ジャーナリスト、近著に『ルポ母子避難――
           消されゆく原発事故被害者』)

●パネラー報告
  @「避難者の原発事故・汚染認識と避難の決断」
     早尾 貴紀 氏(東京経済大学准教授・311受入全国協議会共同代表)
  A「被ばくの健康リスクをめぐるディスコミュニケーションと住民運動」
     山川 幸生 氏(東京災害支援ネット事務局長)
  B「なぜ『変わらない』ようにみえるのか〜原子力関連施設立地地域の調査から」
     澤  佳成 氏(東京農工大学講師)
 司会・コーディネーター: 関 陽子(長崎大学),尾崎寛直(東京経済大学)

●プログラム
  14:30  開催挨拶・趣旨説明
  14:40〜15:30 基調講演
  15:45〜16:00 特別発言
  16:00〜17:00 パネラーからの報告
  17:00〜17:40 総合ディスカッション
−−−−−−−−−−−−−−−

(報告の概要紹介)

●基調講演(14:40〜15:30)
「チェルノブイリ原発事故と『避難者の権利』」 尾松 亮 氏

 チェルノブイリ原発事故(1986年)の5年後、91年に成立した「チェルノブイ
リ被災者保護法」(チェルノブイリ法)では、一定の汚染度を超える地域の住民
に「移住の権利」と同時に「住み続けるリスクに対する補償」を認めた。
 これは短期的な原状回復が不可能であることの認識に立ち、「甲状腺がん」な
どの目に見える実害がなくとも、「居住地域が法定基準を超えて汚染された」リ
スクに対する補償を認めるものだ。
 近年この法律の執行率が下がったことや、補償金額が縮小されたことばかり報
じられる。しかし、この法律が、地域住民の「避難」「放射線防護」についての
選択を社会的に承認した効果は大きい。このような社会的関係を可能にした、チェ
ルノブイリ法の思想に注目する。

●特別発言(15:45〜16:00)
「福島第一原発事故・母子避難の苦悩」 吉田 千亜 氏(ジャーナリスト)

 原発事故が発生し、今なお、福島県だけで、86863人(9月12日時点)の方が避
難生活を送っている。避難指示のなかった区域、いわゆる自主避難者の人数は未
だに正確に把握されていない。把握されていないどころか、今後は、2017年3月
に迫る借上住宅打ち切りを機に、どんどん登録から抹消されていくことになる。
避難指示のなかった地域の、数えられなかった被害、消されてゆく被害について、
改めて考える時期に来ている。「母子避難」「自主避難」そして、福島県中通り
を中心にした、現地の取材をもとに考える。


●パネルディスカッション(16:00〜17:40)
 パネラー発言
(1)早尾 貴紀 氏(東京経済大学准教授・311受入全国協議会共同代表)
「避難者の原発事故・汚染認識と避難の決断」
 原子力発電所の深刻な放射能汚染をともなう事故の際に、避難さらには移住と
いう方法で被曝リスクを避けようと行動した一般市民は、原子炉の構造や、放射
性物質の特徴、被曝のメカニズムなどについて、あらかじめ知識を持っている者
は極めて限られていた。また事故後にある程度学習が進んだとはいえ、情報開示
は不十分で、さらに専門家のあいだでさえ、事故や汚染の程度、健康への影響に
ついて一致した見解がない状況であった。
 そうしたなかで、被災地の市民らの避難や移住の決断はどのようになされ、ま
た実際の避難や移住はどのようなルートや行き先だったのか。原発に関する理論
や技術の「素人」たる市民の判断と行動を整理する。


(2)山川 幸生 氏(東京災害支援ネット事務局長)
「被ばくの健康リスクをめぐるディスコミュニケーションと住民運動」
 福島第1原発事故では、東北・関東を中心とする広範な地域が放射性物質で汚
染された。放射線による被ばくの影響を懸念する住民は多い。しかし、福島県内
で事故当時18歳以下だった者を対象とする甲状腺検査が行われているほかは、
政府は同事故に関連する医療健康対策には消極的である。
 その甲状腺検査の結果、これまでに、がんまたはがんの疑いと診断されたのは
174人(2016年9月14日の県民健康調査検討委員会)。これに対し、環
境省の専門家会議は、同事故による被ばくの生物学的影響を認めず、今後の疾病
リスクの可能性も小さいとした。低線量被ばくは心配ないという政府側のPR
(リスコミ)に覆われるなか、検査対象地域の拡大など医療健康対策の充実を求
める住民運動にも注目したい。


(3)澤  佳成 氏(東京農工大学講師)
「なぜ『変わらない』ようにみえるのか?――原子力関連施設立地地域の調査からみえてきたこと」
 3・11が起き、避難を巡って被災者が苦悩する姿を目の当たりにしているは
ずなのに、なぜ、原子力関連施設立地地域では、自治体が再稼働の要請を行った
りするのだろうか。よくいわれるように、原発マネーがなければ自治体行政が成
り立たなくなっているからだという理由は、その通りだと思われる。
 しかし、だからといって、「推進」する人びとを「結局はいのちよりカネが大
事なのか」と感情的に批難したところで、事態はけっして改善しない。では、ど
うすればよいのだろうか。
 本報告では、青森県下北地域での4年半の調査をもとに、原子力政策に「賛成」
する人びとの中には、積極的に「推進」する人びとだけでなく、なかば「容認」
しているだけの人びともいるのではないか、という仮説を提起する。また、「容
認」する人びとと「反対」する人びととの間に共通する思いもあるのではないか
と指摘したうえで、私たちに出来ることはあるのか、考えてみたい。


○シンポジウムに関するお問い合わせ
 東京都国分寺市南町1-7-34東京経済大学尾崎研究室気付
  環境思想・教育研究会事務局
  eco-forum@tku.ac.jp
  tel. 042-328-7711(代表),fax.042-328-7745
Posted by 橋本 at 19:19 | この記事のURL
「第8回福島・東葛活動報告会」[2016年10月14日(Fri)]
「第8回福島・東葛活動報告会」 
「東葛甲状腺問題の核心/チェルノブイリ・福島から学ぶ。本当の健康被害と今向き合う」〜保養相談会同時開催

★11月27日(日)「第8回福島・東葛活動報告会」 
タイトル「東葛甲状腺問題の核心/チェルノブイリ・福島から学ぶ。本当の健康被害と今向き合う」〜保養相談会同時開催
場所:馬橋東市民センター(常磐線馬橋駅徒歩8分)
料金:1,000円(保養相談のみの方は、無料)
申し込み/問い合わせ:我妻(080-3391-4792)
 メール: h.azuma_27_12_@t.vodafone.ne.jp
受付開始時間12時〜
タイムテーブル(予定)
12:15〜1:30保養相談会
1:30〜福島東葛活動報告/橋本・関・香取・我妻
2:30〜「福島甲状腺被害の実態、私たちが考え、実践すべきこと」牛山元美医師(さがみ生協病院・311甲状腺がん家族の会世話人)(1時間)
・福島甲状腺ガン被害者からの報告:Watanabe Norio夫妻(郡山)(30分)
〈東葛の実態を共有する〉
・東葛放射能データについて:香取さん(10分)
・増田松戸市議会議員/市民アンケートについて(15分)
・常総生協甲状腺検査の現状報告。(15分)
・流山市への甲状腺検査実施要請嘆願について:大橋歩(10分)
・質疑応答&まとめ(10分)
終了17時30分頃 *終了後、交流会を予定しています。
【理事会より】
第8回を迎えた今回の集まりは、かつてないほどの充実した内容になりました。小児甲状腺ガン病者として、初めてメディアの前に登場した勇気ある女の子に、河合弁護士と共に寄り添っていたのが牛山元美医師です。早くから福島の子供たちのことを案じた活動を続けてきた牛山先生の話しは、子供たちの未来にとってたいへん貴重なものです。また、福島では小児だけでなく、大人たちも甲状腺ガンをはじめとする様々なガンに晒される危険性が高まってきています。
郡山市からご夫婦で来て下さる予定の方は、ご主人が甲状腺ガン、奥さんが甲状腺ホルモンの疾患で苦しんでいます。
福島で放射能と病の中で日々を過ごす苦悩はいかばかりでしょうか。
しかしこのことはおそらく未来の東葛や東京の、私たちの姿なのでしょう。
今回は東葛の実態になるべく迫れるように、様々な角度から検証したいと思います。
また、同時に東葛の方を対象とした保養相談会を行います。
「はくりゅうの家」を除けば初の試みとなります。
今後も継続的に自らの「いのち」を守るために避けては通れないと思います。
多くの方に来ていただき、活発な集まりとなることを切に願っています。
Posted by 橋本 at 20:34 | この記事のURL
保養相談会[2016年10月09日(Sun)]
ほよ〜ん相談会のご案内です。

橋本は快医学手当て隊として健康相談を行なっています。
まつもと子ども留学も参加します。

◆日程・会場
【1日目】2016年11月5日(土)
県南相談会(西郷村)13:30〜17:00
会場:西郷村商工会館(〒961-8091 西白河郡西郷村大字熊倉字折口原69-3)
http://www.shokokai.or.jp/07/0746110000/index.htm

【2日目】2016年11月6日(日)
県北相談会(福島市)11:00〜15:00
会場:ラコパふくしま 5F 会議室(〒960-8105福島市仲間町4−8)
https://www.locopa.com/

主催:311受入全国協議会
協力:未知の会、そうま・かえる新聞、hand to hand project kawamata、踏青楽舎、福島の子ども保養プロジェクト、福島YWCA、青空保育たけの子、ライフケア、Earth Angels、かふぇぷらす郡山、3a!郡山(安全安心アクションin郡山)、はっぴーあいらんど☆ネットワーク、銀河のほとり、いわきの子どもを守るネットワーク、森の遊学舎こめらの森・南会津、とちの実保養応援団

後援:福島県、福島県教育委員会、西郷村、西郷村教育委員会、福島市、福島市教育委員会、川俣町、川俣町教育委員会
協賛:特定非営利活動法人 CWS Japan
AD
Posted by 橋本 at 07:12 | この記事のURL
松戸・天神庵講座[2016年09月07日(Wed)]
・松戸天神庵講座(千葉県) 
9月24日(土) 午前11時〜午後1時
内容は子どもの手当て法として「家庭でできる小児はり」です。「はり」と言っても刺す針ではありません。軽く擦る程度の刺激で効果を出す方法です。震災直後、福島の治療室では小児はりの問合せが急増しました。今回は小児はりについてお話をします。講座参加費:1500円
お申し込み・047-343-2756 (香取)

講座終了後、個別相談になります。
Posted by 橋本 at 11:18 | この記事のURL
宮城県丸森講座[2016年09月05日(Mon)]
スタッフの蛭田さんがFacebookにUPしました。転載します。

今日は、快医学の、鍼灸師橋本俊彦先生の弟子として、出前講座で、宮城県丸森町へ!
橋本先生の、松本での保養キャンプに参加
されたママさんのつながりで、子育て真っ只
中の、若いママさんとお子さん、それと、
橋本先生と、20数年以上も前から交友がある
方が、お集まりくださり、総勢、10名オーバーのにぎやかな講座でした(≧∇≦)
講座では、快医学とはなんぞや、からはじまり、
*お家でできる手当て法の概要
*カラダのゆがみチェック
*ライフエネルギーテスト(筋肉反射テスト)による、内臓の働き具合の確認、適した食べ物ののアドバイス、
*操体法、
*アイロンによる温熱療法体験…
などなどを、伝授!
重力と筋肉の関係などのお話しもありました。
子育ては、日々お子さんをだっこしたりおん
ぶしたりと、肉体的にハード。
若いママさんでも、結構ゆがみありました。(*_*;
毎日、朝晩、1回3分!操体法でのケア、
続けて欲しいです♡
子育て&家庭円満は、ママの元気があって
こそ!ですから〜。
今日は参加のママさんラッキーなことに、
橋本先生直々に、アイロンあてていただけました〜八分音符
良かったですね\(^o^)/
…そう!蛭田は子守担当だったから( ´艸`)
参加のママさんたち、若いのに、意識が高く
感心しました。
ワクチン接種しない、フッ素洗口回避、
すでに実践中!!
やはり、バッシングはあるようですが、
勉強会を重ねて横のつながりを強くして、
常在菌、発酵食品を摂って、腸内環境を
整えていけば、人脈と菌が味方になり、
乗り越えて行けますね\(^o^)/
Posted by 橋本 at 09:50 | この記事のURL
*甲状腺エコー検査健康相談会[2016年08月24日(Wed)]
*甲状腺エコー検査健康相談会
8月26日(金)17:00〜19:30
会場:銀河のほとり
〒962-0403 福島県須賀川市滑川字東町327-1
問い合わせ・予約:電話: 070-5321-8241 (柳沼) 
メール:happy.island311@gmail.com  
原発事故が起きた事による放射線への不安や疑問に対して相談を受けていこうと「はっぴーあいらんど☆ネットワーク」では毎月、種市医師、今田かおる医師の協力で健康相談会を開催してます。
 震災から5年が経過しても家族の中で放射能について話をする事が難しい、うまく不安を伝える事ができないなど悩みは様々です。
お子様だけでなく不安を感じる大人の方の甲状腺エコー検査、健康相談を行っています。
専門の知識を持った医師との相談は共通の認識を持つ事へも繋がります。
日々過ごす生活の中での不安や放射能への疑問など気軽に相談下さい。
甲状腺エコー検査については原発事故当時高校生の方が予約優先となります。
ご了承下さいませ
担当医師:種市靖行医師
予約時間
17:00・17:30・18:00・18:30・19:00
予約:happy.island311@gmail.com   070-5321-8241(柳沼)
料金:無料
Posted by 橋本 at 23:44 | この記事のURL
甲状腺がん子ども基金が設立記念シンポジウム[2016年08月24日(Wed)]
甲状腺がん子ども基金が設立記念シンポジウム

 甲状腺がんの子ども等への支援および原発事故による健康被害状況の調査・把握を行うことを目的とし、「3・11甲状腺がん子ども基金」が民間の寄付により設立されました。チェルノブイリ原発事故後、甲状腺がんの子どもたちの治療にあたってきた、菅谷昭・松本市長をお迎えし、設立記念シンポジウムが開催されます。

 福島原発事故後、福島県では172人が甲状腺がんまたは疑いと診断され。131人が手術を受けました。リンパ節転移や遠隔転移、再発など、深刻な症例も報告されています。福島県外でも、自治体や民間の自主的な検診により、子どもたちの甲状腺がんが報告されています。 甲状腺がんと診断された子どもと家族は一生治療と向き合わなければなりません。その上地域社会では孤立を強いられ、たび重なる診察や通院費用などで経済的にも困窮している家庭もあります。  こうした中、民間からの寄付により、甲状腺がんの子ども等への支援および原発事故による健康被害状況の調査・把握を行うことを目的とし、「3・11甲状腺がん子ども基金」が設立されました。  チェルノブイリ原発事故後、甲状腺がんの子どもたちの治療にあたってきた、菅谷昭・松本市長(3・11甲状腺がん子ども基金 特別顧問)をお迎えし、設立記念シンポジウムを行います。ぜひご参加ください。

日 時 2016年9月17日(土) 14:00〜16:30 (開場13:30)
会 場 北とぴあ つつじホール (東京都北区王子1丁目11−1)
最寄駅:JR王子駅北口より徒歩2分、地下鉄南北線・王子駅5番出口直結、都電荒川線 王子駅前 徒歩 5分
内 容 基調講演
「チェルノブイリと福島…子どもたちの未来のために」 菅谷 昭さん(松本市長) 「甲状腺がん子ども基金」設立について
パネルディスカッション「いま、求められていること」
パネリスト:崎山比早子さん/武藤類子さん/河合弘之さん(予定)
参加費 500円
主 催 3・11甲状腺がん子ども基金
申込み 不要
問合せ 090-6142-1807  E-mail:311kodomokikin@gmail.com
Posted by 橋本 at 23:05 | この記事のURL
| 次へ
プロフィール

橋本さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/miharu1126/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/miharu1126/index2_0.xml